☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-09-25 大学生は国を護るリーダーたれ! 〔『水間条項』より転載〕
日本の現状は、大変厳しい状況にあっても、国を愛する大学生が行動を起こせれば、この国はギリギリのところで護れます。

バブル経済は遥か昔、長い景気後退のあとは、一億総中流社会から格差社会に変質しました。

そんな中にあって、殆どの国民は、日々の生活に追われ、目にするものは低レベルのテレビ番組位になってしまっていることでしょう。

日本社会の中で、一番時間的余裕があって日々の生活以外に、コンサート美術展を気軽に嗜むことが出来る時間的余裕があるのも大学生です。

戦前の大学生は、自他ともに認める社会のエリートでした。

それは、彼らが日本社会のリーダーとして、この国を安心で安全な国造りに励んでくれることが、社会との無言の約束事だったからです。

今、国民の殆どは、民主党政権によって矢継ぎ早に日本解体法案が、国会で審議され、可決される状況にあることを知りません。また、知るすべもないのです。

都内・関東の大学生で社会貢献に興味があっても、心が動かされる対象がない方は、「外国人参政権付与法案」と「戸籍制度の廃止」「1000万移民受入」「二重国籍」が、法律となって施行された後の日本社会のことを考えて見て下さい。

外国人参政権付与法案が可決しただけで、日本最南端の与那国島の自治は、中国のコントロール下に置かれます。

中国はいまだ共産党独裁政権です。チベットウイグルの悲劇は、他人事ではなくなってきたのです。

与那国島の人口は、約1200人ですので、中国解放軍コントロール下のリゾートホテルが進出し、中国人従業員(解放軍OB)が600人赴任した後の自治体選挙は、首長も過半数の議員も中国人になるでしょう。

被選挙権を与えないから、首長や議員になれないと、反論するものは甘いです。

中国人は欧米で国籍をとってもチャイナタウンに象徴されるように、中国人のアイデンティティを守り通します。

現在、中国人で日本に帰化した人口は、10万人以上になっています。
その中から20人を与那国島へ、中国政府の指令で住民票を移せば、首長と議員の殆どは中国人になってしまうのです。

それが、都道府県1800自治体の過疎化しているとろから、中国人にコントロールされるようになります。

その弊害を想定して見て下さい。これらの弊害を考える時間的余裕があるのが学生の方々なのです。

民主党は、沖縄ビジョンの中で3000万人ステイ計画を謳っています。
日本は沖縄から中国に人口侵食されることになります。

これは荒唐無稽なことなどではなく、中国国内では、解放軍がホテルを運営していることなど、少しでも中国の内政を知っているものにとっては常識なのです。

「10・27『日本解体法案』反対請願受付国民集会&デモ」(憲政記念館&日比谷公園噴水前スタート)に、請願書を持参して参加してください。ここで学生の方々が奮起して頂けなければ、来年早々、悪夢が現実化してしまいます。

奇しくも10月27日は、吉田松陰の150回忌です。

拡散して下さい【ネットだけ転載フリー】ジャーナリスト・水間政憲 : http://mizumajyoukou.jp/ 

ご賛同頂ける方は人気ブログランキンク FC2ブログランキンクをクリック!

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。