☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
10・27限定ブログ様に感謝 〔『水間条項』より転載〕
《【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】http://sitarou09.blog91.fc2.com/ 》管理人[しーたろう]様の国を憂うる精力的な活動に敬意を表します。

10月27日が迫ってきましたが、すでに請願書関連の告知が終了し、これから国内外への告知に集中するとのお考えに、心よりエールを送ります。
インターネットの時代と言われて十数年経っても、いまだ、政治に大きな影響力を与えたと、実感されている方は殆どいらっしゃらないでしょう。
日本人が、外国人から軽蔑されることに「愛国心」の無さがあります。

それは、GHQ占領下からの洗脳教育で「愛国心」はいけないこととされ、現在、それがより加速し「日本列島は日本人だけのものじゃ無い」と、公言する首相が誕生してしまいました。

「日本列島…」発言だけで、外国であれば政治家として失脚しています。

覚醒しているインターネットユーザーの方々は、常識的気持ちだけで爆発しそうな苛立ちを、グーッと抑えていることと存じます。
国籍法改悪のときの永田町は、緊張感に包まれて一種異様な雰囲気になっておりました。

それは、国会議員がいままで経験したことのない、国民の怒りを感じとったからです。民団の集会に駆け付けて、外国人参政権に賛成表明していた田中康夫議員までも、「国籍法一部改正反対緊急集会」に目ざとく駆け付けて来ていました。それは、選挙のことを考えてのことでも、国民が一丸となって怒りをぶつけた結果のことなのです。
10・27は、自分たちの国は自分たちの力で守る基本的姿勢を見せることで、中川昭一先生へ、なによりの追悼になると考えております。
遠方から参加できない方は、一枚でも多く請願書を発送して頂けることを願っております。また、火曜日の17時前後は、国会議員の移動時間帯に重なっていますので、請願書を持参して頂ける方は、中川昭一先生に成り代わって、一人ひとりの「姿」を中川先生の「意思」として伝わることを願っております。

今後、式次第等は順次発表いたします。

【ネットだけ転載フリー】「請願受付国民集会&デモ」実行委員会・事務局長・水間政憲 http://mizumajyoukou.jp/

ご賛同頂ける方は人気ブログランキンク FC2ブログランキンクをクリック!

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.