☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
◆募集文例◆ 夫婦別姓(選択制別姓) 1
◆募集文例◆
 〔夫婦別姓(選択制別姓) 1〕

作成者: 瑠璃さま
ご応募ありがとうございました。

・本文例は、応募者のご了解の下、一切の著作権を放棄して頂いております(利用、転載、改変可)。
どうぞ自由にご利用下さい。

なお、現在皆様の文例を募集しております。
◇募集要項◇はこちら

皆さまも、奮ってご応募下さい。

――――――――――――――――――――――――

請 願 書

鳩山由紀夫内閣総理大臣殿
平成 年 月 日

【請願する法案】
夫婦別姓(選択制別姓)に反対します

【法案に反対する理由】
・レーニン時代に夫婦別姓を導入した旧ソ連では、結婚や家庭に縛られる事がなくなった国民は自由になり堕胎と離婚の濫用の結果、出生率が急減、孤立化した 子ども同士が愚連隊を組んで、勤労者の住居に侵入し、掠奪し、破壊し、抵抗者は殺害、汽車の中で猥褻な歌を歌い続け、終わるまで乗客を降ろさなかったり、学校は授業をさぼった生徒たちに包囲され、先生は殴られ、女性たちは襲われるといった少年犯罪が急増したから
・事実婚が増加した事を背景とした婚姻法の自由化も、姓の選択性の導入も行われたスウェーデンでは、簡単に別れる事のできる事実婚がさらに増加し、その結果、最近のスウェーデンの青少年犯罪統計の示すところからもわかるように非行青少年の発生源は欠陥家庭にあると言われているから
・子供がどちらの親の姓を名乗るかという点について、両家の間でトラブルが起きかねないから
・他人が見て誰と誰とが家族であるか分からないので日常生活で不都合が生じ、戸籍や住民票の記載も紛らわしいものとなる事から、行政事務の現場での混乱をきたすから
・家族関係が希薄になり、介護放棄などの家庭内トラブルが絶えない昨今において、夫婦の間に生まれた複数の子供の姓について、父親または母親のいずれかの姓を選択できる制度になった場合、親子兄弟が同一でない姓を名乗る事により個人主義を助長させる可能性が考えられ、家族間の相互扶助の責任が果たされるのか、疑問が生じるため

以上

住所
氏名         (印)(*ワープロの場合には印鑑が必要)
年齢   歳


夫婦別姓(選択制別姓)に反対の方は人気ブログランキンク FC2ブログランキンクをクリック!





コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

瑠璃さま

いつもご応募ありがとうございます。

思慮深い沢山の反対理由、皆さまも随分参考になさることでしょう。
またどうぞ、よろしくお願い申し上げます。
しーたろう | URL | 2009/10/15/Thu 14:19 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.