☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
2009-10-15 請願法と今日の不思議な出来事! 〔『水間条項』より転載〕
● 請願書に関する疑問が寄せられているようです。 請願法は、憲法16条の請願権に基づく法律です。
6条からなる法律ですが、請願したことによって如何なる差別待遇を受けないことが規定されています。

【請願先】は、官公署となっていますが、これから立法化する場合、関係各省庁が入り混じっていて判断できかねないときは、内閣に請願できることになっています。

内閣の統括責任者は、 鳩山由紀夫内閣総理大臣です。
現在、国会の立法過程がどうなるか不明確で、国家戦略局が国家の重要法案を指導するのか、いずれにしても適切なところに、官邸(官公署)から転送しなければならないと規定されています。

どうしても、個人情報を記載したくない方は、団体名でも請願は認められています。

【住所】仮に、【東京都三鷹市 OL 27歳】となっていても、丁寧に意見が述べられていれば、正式な請願になりませんが参考意見として効力があり、決して無駄になりません。

【印鑑】請願法が施行されたのは、昭和22年であり、個人がワープロ・パソコンで文書を作成することを想定していませんでした。そこで、直筆の場合は捺印が必要ないですが、ワープロなど機械で文書を作成する場合は、常識的に押印した方が正式な書類になると判断しました。

いずれにしても、中川昭一先生の追悼を兼ねていますので、多ければ多いほどマスコミに対しての抗議にもなり、中川先生も安心して天国へ旅立たれます。

●話しが変わりますが、赤池誠章先生のブログ(Yahoo!)が削除されたようです。また、小生がメール(Yahoo!)を送信したらエラーとなりました。

分かりやすい現象ですが、Yahoo!に関しては前からいろいろありましたので、確実な証拠を持っている方は、総務大臣に請願書を発送してください。請願を受け取ったら適切に処理することが義務づけられています。

【ネットだけ転載フリー】「請願受付国民集会&デモ」実行委員会・事務局長・水間政憲 http://mizumajyoukou.jp/

* 赤池まさあき先生の公式サイト http://www.akaike-office.net/
o 赤池まさあき先生の消えたYahoo!ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/masaaki_akaike
o 赤池まさあき先生の旧ブログ http://akaikemasaaki.spaces.live.com/blog/

Yahoo!は信用できないと思われた方は人気ブログランキンク FC2ブログランキンクをクリック!

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.