☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★主催者からの最新メッセージ 1 ★
実行委員会事務局の方から、皆さまへ最新のメッセージをお預かりしております。
なお、27日まで、拙ブログ管理人にお預かりしたメッセージと、
『水間条項』の記事とが同時に配信されることがあります。
(カテゴリ「『水間条項』より転載」 とこの「★請願書Q&A★主催者からのメッセージもあり」
 の記事内容が重複することがあります。)

また、本日(10月12日)の『水間条項』の記事で、拙ブログをご紹介頂きましたので
皆さまにご報告申し上げます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

いよいよ、臨時国会が10月26日から始まります。
永田町には、民主党の新人議員の姿はまったく見えません。
いよいよ、臨時国会冒頭から、「外国人参政権付与」法案の審議が始まります。

10月17日の決起集会には、来るべき戦いの「前哨戦」として、小生も登壇する予定です。

民主党は、子供手当て捻出の為、ありとあらゆる予算と地方の声を切り捨てています。

これで、お分かりのように民主党独裁政治がスタートしたのです。

東アジアに、全体主義国家が新たに一つ加わりました。

中川昭一先生が「日本が危ない」と警鐘を鳴らした「危機」は、正にこの状況を指してのことだった
のです。
既に、マスコミは民主党独裁と批判することを自粛しています。

言論の自由が規制されることの意味は、低俗な番組にならされている一般市民には気付きません。
しかし、ここまで国民を舐めると、お人よしの日本人でも、少しおかしいと気付き始めてます。

中川昭一先生が暗示した、日本の危機を止めれるのは、みなさん一人ひとり力です。

臨時国会冒頭の10月27日は、21世紀日本の分水嶺の日になります。
当日参加できない、国内外の愛国心あふるれ方々も、一枚でも多くの請願書を発送して下さい。


【ネットだけ転載フリー】「請願受付国民集会&デモ」実行委員会・事務局長・水間政憲
:http://mizumajyoukou.jp/

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


ご賛同頂ける方は人気ブログランキンク FC2ブログランキンクをクリック!

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。