☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意見書文例:もっともっと多くの声を届けよう!「女性宮家創設への反対意見書」その2(パブリックコメント用意見書)*利用、改変可*
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆

もっと多くの「女性宮家創設への反対意見書」を送りましょう!

ひとつ下の記事において、「『皇室制度に関する有識者ヒアリングを踏まえた論点整理』に関する意見の募集」に対応し、「意見書文例:女性宮家創設への反対意見書」を掲載いたしましたが、まだあまり多くの意見が届いていないようです。

この理由の一つには、ご皇室問題に関し、国民が議論を行うことに違和感があるという意見があるからのようでございます。
たとえば、たちあがれ日本では、下記のような声明を出しています。
http://www.tachiagare.jp/data/pdf/newsrelease_121017.pdf

***声明文から一部を抜粋して転載***

そもそも皇室制度のあり方について国民が議論を行うこと自体に強い違和感を覚える。皇室制度の改正は、皇族を中心とした皇室会議を新たに設立し、そこにおいて慎重に検討されるべきであって、政府が一方的に進めるべきことではない。ましてパブリック・コメントという形で国民の意見を募集して決定すべきことでもない。

******抜粋転載は以上******

〔しーたろう〕もその意見には、基本的には理解し賛成します。

しかし、これまで多くの反日政策が水面下で静かに成立してきたように、日本を守ろうと気がついた国民が意見を送らなければ、組織的に行動する声の大きい反日勢力の意見が通ることになりかねません。

そして、一度改正された皇室典範を再改正することは、現時点で改正を止めるよりもずっとずっと困難です。

ですからやはり今、少しでも多くの声を届けなければならないと考えます。
一度意見を送られた方も、短文で結構ですから、期日(平成24 年12 月10 日)まで何度も送って下さいませんか。

幸い、コメント欄には他の方の文例もご紹介頂きました(ご紹介、ありがとうございました)。
↓↓↓

ブログ「かけだし鬼女の『フジテレビ抗議デモに行こう!!!』」さまより
【拡散&凸依頼】皇室パブコメを出そう、とっても簡単!文例アリ!ひとりで何回出しても、短くてもOK
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/7ddd5b2c28eaba1a8457b599ef2941c8#comment-list


ご賛同頂ける方は、何卒よろしくお願い申し上げます。

※なお、意見の送信につきましては、皆さまお一人お一人の真摯なお考えを含めることが重要と考えます。
下記の文例は、あくまで「例」と考え、たとえ少しずつでも皆さまのお声に変えてご意見を送信下さいませ。

「皇室制度に関する有識者ヒアリングを踏まえた論点整理」に関する意見の募集について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=060121009&Mode=0

***(以下は転載)***
「皇室制度に関する有識者ヒアリングを踏まえた論点整理」に係る意見募集について
内閣官房皇室典範改正準備室

内閣官房では、女性皇族の婚姻による皇族数の減少と皇室の御活動の維持という課題について、「皇室制度に関する有識者ヒアリング」を本年2月から7月にかけて開催し、各界の有識者から意見を聴取してまいりました。
今般、上記ヒアリング結果を踏まえ、内閣官房としてこれまでの議論を整理・検討し、論点整理を取りまとめましたので、今後の議論の参考とさせていただくため、下記の要領にて広く国民の皆様の御意見を募集いたします。御意見をお寄せください。

1 意見募集対象
「皇室制度に関する有識者ヒアリングを踏まえた論点整理」(平成24 年10 月5日公表)
2 意見提出期限
平成24 年12 月10 日(月)必着(郵送の場合は同日消印有効)
3 意見提出方法
可能な限り電子メールにて、電子メールによる提出が困難な場合には郵送又はFAXにて、以下まで提出してください。
(1)電子メールの場合
以下のメールアドレスに送信してください。
goiken.ronten@cas.go.jp
(注1) ウイルスメール対策のため、御意見については、添付ファイルは利用せず、メール本文に直接御記入下さい。
(注2) 文字化け等を防ぐため、半角カナ、丸数字、特殊文字は使用しないでください。
(2)郵送の場合
以下の宛先に送付してください。
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1
内閣官房皇室典範改正準備室 「意見募集」係 宛

***(転載は以上)***

◆◇◆意見の送信について◆◇◆

●送信先
◆「皇室制度に関する有識者ヒアリングを踏まえた論点整理」に関する意見の募集について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=060121009&Mode=0
(上記サイトの一番下に意見提出フォームボタンがあります。2000字)

◆メールアドレス
goiken.ronten@cas.go.jp

◆郵送
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1
内閣官房皇室典範改正準備室 「意見募集」係 宛


◆◇◆文例:女性宮家創設への反対意見書その2(「皇室制度に関する有識者ヒアリングを踏まえた論点整理」に対するパブリックコメント用意見書)*利用、改変可*◆◇◆

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*
お世話になっております。
本日は、「皇室制度に関する有識者ヒアリングを踏まえた論点整理」に関する意見の募集について、一国民としての意見を送信いたします。よろしくお願い申し上げます。

意見の募集につきましては、わが国の「象徴」たる天皇陛下や皇族方に心からの信頼を寄せ、繁栄を願う良識ある多くの国民の声が届いていることと思います。
一方で、ご皇室問題に関し、国民が議論を行うことに違和感があるという考え方があることも承知しています。このような考え方が存在するため、深慮して意見を寄せること無きまま、事の推移をもどかしくも見守るしかない国民も大勢いることと思います。従いまして、ご皇室に対し深く心を寄せていればいるほど、意見を投じない現象もあり得、実際には寄せられている意見数よりはるかに多くの意見が潜在することもご高配頂きたく願います。

しかし私は、多くの良識ある国民が口を閉ざし、ご皇室のあり方を変えようとする一部の考えの方々の声だけが届いているかもしれない現状を強く憂い、あえてこの意見をお送りいたします。

私といたしましては、
(1)女性皇族が婚姻後も皇族の身分を保持することを可能とする案
(2)女性皇族に皇籍離脱後も皇室のご活動を支援していただくことを可能とする案
の両案ともに反対です。
女性皇族が婚姻後も皇族の身分を保持することを可能とし、ご皇室を政府や国会の管理下に置こうとする姿勢が垣間見える今般の「論点整理」は、国民として到底理解できません。

しかしながら、ご皇族数の減少にともない、現在のようなご活動の維持が困難であることは理解いたしました。そこで、論点整理にありました、「抜本的な解決策として、皇室典範の養子禁止規定の見直し又は特別立法により旧11宮家の男系男子孫の復帰を認めるべきである」という意見には賛成いたします。

ご皇室のご活動も含めた象徴天皇制度は、日本国憲法に明記された、わが国の根幹を成すものですから、議論そのものが真の国民の理解と支持があって初めてなされるべきだと考えます。

何卒、安易な皇室典範の改正を行って国民と国際社会からの信頼を損なうことのなきよう、これに関連する問題につきましても幾重にも慎重なるご判断を下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

以上

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*
「安易な皇室典範の改正に反対!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!



★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

都坂さま、KENさまへ
・都坂さま
いつもお世話になっております。
都坂さまが下さった、たちあがれ日本の声明文と、他のブログさまの文例情報に基づき、当記事も公開させていただきました。
改めまして、ありがとうございます。

なおご紹介頂いた、たちあがれ日本の声明文の後に意見を述べさせて頂きましたが、〔しーたろう〕はこの声明自体に異を唱えているのではなく、
こうした日本人の奥ゆかしさや良心を裏切る輩に対して意見しているのでございます。
ご理解頂ければ幸いでございます。

また、意見書の掲載されたサイトのご紹介も有難うございました。
これからも何卒よろしくお願い申し上げます。

・KENさま
ひとつ下の記事のコメント欄に頂いた、KENさまのコメントの拝読を契機に、当文例を作成させて頂きました。
誠に有難うございました。
これからもよろしくお願い申し上げます。
〔しーたろう〕 | URL | 2012/10/31/Wed 21:29 [編集]
しばらく留守を致します
皆さまへ

〔しーたろう〕は、個人的な事情により、今後1ヶ月はブログの更新やコメントができません
(病気などのマイナスの事情ではありません。くれぐれもご心配なさらないで下さいませ)。

時節柄どなたさまもお体をご自愛下さり、国思うお気持ちと共に、ご自身それぞれの生活を大切になさって下さいませ。
〔しーたろう〕 | URL | 2012/10/31/Wed 21:34 [編集]
お疲れ様です^^
しーたろう様
文例作成お疲れ様です^^
しーたろう様の考え、よくわかりますのでご安心を!再度、送信しましたので、また意見を送ります~!

都坂 | URL | 2012/11/07/Wed 23:49 [編集]
人権侵害救済法案、提出決定
人権侵害救済法案提出が閣議決定!
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121109/trl12110907140000-n1.htm


長尾たかしの・・・未来へのメッセージ(Unknown)
2012/11/9 10:40

人権委員会設置法案閣議決定を受け、皆さんにお願いしたいこと

【拡散希望】

残念ながら、ステージが議会へ移ってしまいました。
党内で止めることが出来なかったことを心からお詫び致します。

この際、主戦場は「議会」ということを再認識させて頂ければと思います。

賛成反対議員が、与野党超えて入り乱れています。政党を見るのではなく、個々の議員に向けて、反対を促すような皆さんの後方支援をよろしくお願い致します。

法案の背景、我々の敵は、
「法務省役人の成果主義と、それに乗じた推進団体、賛成をする個々の議員」
との戦いです。

短期の決戦です。敵を、ターゲットを見間違うことな く、
本丸を攻撃していかなければなりません。

議員間では与野党反対派議員で動いています。みなさんは、外部からいろいろなツールで働きかけてくださるとあり難いです。よろしくお願い致します。

追記・・・・
皆さんがお住まいの議員事務所に足を運んで頂いて、
訴えてくださいると嬉しいです。
メール、FAXなど 「飛び道具」にはある種の限界があります。
議員、もしくは、秘書さんに訴えてみて下さい。
※13:08追記

http://blog.goo.ne.jp/japan-n



萌えで人権侵害救済法案を解説した動画があります。

http://www.youtube.com/watch?v=23Rq1BUcj9Q&feature=youtube_gdata_player

見れないならば「ギャルゲ風」でYOUTUBEを検索して下さい。
無常 | URL | 2012/11/09/Fri 15:35 [編集]
真偽不明ながら
法務省人権擁護局長萩原秀紀は創価学会員だった!

ヤフコメからの情報です。
現在は削除されている模様。
以下引用です。↓

法務省人権擁護局で抗議電話すると
公僕意識皆無の高圧的陰湿さ
あなたたちは創価学会員ですか?と聞くと黙り込む

平成24.11.9所謂「人権擁護法案」を閣議決定の張本人は
法務省人権擁護局長萩原秀紀=金秀紀=帰化在日韓国人=創価学会員


法務省人権擁護局は同和=1639年前後の密入国の帰化朝鮮半島人
在日朝鮮半島人=1910年後流入の帰化未帰化朝鮮半島人
在日韓国人=1945年後密入国の帰化未帰化韓国人
による日本人人権弾圧機関です

閣議決定撤回
人権擁護局廃止
萩原ら帰化三国人・同和の地方&国の機関等からの解雇&雇用禁止
三国人・同和の定住・永住・特別永住・帰化(日本国籍)の剥奪と
付与禁止と帰国事業断行
指紋押捺復活
通名禁止
を下記へ要求しましょう

法務事務次官西川克行
法務省官房長黒川弘務
法務省人権擁護局長萩原秀紀F03 3592 7675・7940

2012/11/09(金) 19:00:48 | URL | 日の丸子#- [ 編集]
無常 | URL | 2012/11/10/Sat 12:40 [編集]
いいニュース!しかし
人権救済法案審議入り断念(産経新聞) - Y!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121113-00000095-san-pol
政府・民主党は12日、人権侵害救済機関「人権委員会」を法務省の外局として新設する「人権委員会設置法案」(人権救済法案)の今国会での審議を断念する方針を固めた。
>いいニュースです!よかった!

しかし
11/9「人権擁護委員法の一部を改正する法律案」も閣議決定され、法案中「欠格事項」が全て削除されており、人権委員会設置法案の半分ほど実現してしまいます。こちらも審議入り阻止が必要です。
KEN | URL | 2012/11/13/Tue 12:27 [編集]
緊急拡散希望 人権法断念のニュースは罠!
◆人権法断念のニュースは罠!これを見て! http://r10.to/h7JL8a #r_blog
KEN | URL | 2012/11/13/Tue 13:34 [編集]
皆様、お疲れ様です!
「紀州」は日本や、中国商標局に和歌山県が「待った」!
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/121114/wlf12111408130001-n1.htm
こんな国とは付き合わない方が良いと改めて思います。

中国の恫喝に屈するな 「反三戦」をただちに撃て!
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121114/chn12111403010000-n1.htm

ダライ・ラマが国会内で講演 安倍氏にスカーフ 中国は案の上反発
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121113/chn12111322320012-n1.htm



無常様、KEN様
情報ありがとうございます。人権人権・・・・・本っ当にしつこいですね(怒)
都坂 | URL | 2012/11/14/Wed 12:22 [編集]
血税の垂れ流し…
ご存知でしたか?

東京都は日本人の血税を、毎年12,000,000円以上も韓国学校に垂れ流しています。
http://www.tokos.ed.jp/

血税を垂れ流しているのに、教科書や教育内容等、全く調べてません!
竹島で日本人44人が殺傷されたのもお構いなし!

大統領が陛下を侮辱してもお構いなし!

平成22年度 12,979,200円
平成23年度 12,736,600円
平成24年度 支払う気満々
平成25年度 予算計上する気満々

お問い合わせ先

東京都生活文化局私学部私学振興課企画振興係
Tel 03-5388-3181
Fax 03-5388-1336
S0000035@section.metro.tokyo.jp
韓国嫌い | URL | 2012/11/16/Fri 13:08 [編集]
衆院解散
しーたろう様、皆様
やっとです。でも、これからがスタートですね・・・!
まだまだ気が抜けません!


政治評論家の三宅さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
安倍総裁が総理になるまで生きていて欲しかったです。どうか安らかに・・・

都坂 | URL | 2012/11/17/Sat 23:03 [編集]
轟尚紀吉
轟尚紀吉も同意見です
轟尚紀吉 | URL | 2012/11/18/Sun 04:10 [編集]
お疲れ様です
ベトナム入管が中国新旅券拒絶 別紙にビザや入国印、比も
http://www.47news.jp/CN/201211/CN2012112801001614.html
 【ハノイ、マニラ共同】中国政府が発行する新旅券に南シナ海の大半を自国領とする地図などが記載されている問題で、ベトナム当局がハノイやホーチミンの国際空港を含む全ての出入国地点で、新旅券を拒絶し、査証(ビザ)の発給や入国印の押印を別紙にする措置を始めたことが分かった。ベトナム公安筋などが28日、明らかにした。
 在外のベトナム大使館などで既に発給され、新旅券に貼られたビザについては、入国の際に「無効」の押印をしているという。
 フィリピン外務省も28日、新旅券への対抗策として、ビザを別紙に発給することを決めた。近く実施する。
2012/11/28 20:48 【共同通信】

>日本も見習ってやらないともっとエスカレートするぞ!
KEN | URL | 2012/11/29/Thu 19:41 [編集]
お疲れ様です
支持政党、維新24%、自民18%、民主10% - LINEを利用したアンケート調査で #BLOGOS http://blogos.com/article/51305/  

> LINEということは、若者が騙されているということですね!
若者に周知する必要がありますね。

ネット世論でも捏造始まる!危険人物→橋下徹の日本維新の会に投票してはいけない理由http://blog.goo.ne.jp/halfbank/e/cf3ee825917a0de12d24dd946106dc5f … …
KEN | URL | 2012/11/29/Thu 21:36 [編集]
皆さま、有難うございます
・都坂さま
・無常さま
・韓国嫌いさま
・轟尚紀吉さま
・KENさま

コメント有難うございました。
ご賛同や、様々な情報に感謝いたしております。
お一人お一人にお返事できませず、大変失礼いたしました。
本日、衆院選で保守の圧勝がわかり、
皆さまのご苦労も報われたことと思います。

まだまだ「日本を、取り戻す。」には道半ばですが、これからもまたよろしくお願い申し上げます。
〔しーたろう〕 | URL | 2012/12/17/Mon 21:54 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。