☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意見書文例:「自民党総裁選で領土問題を争点にしてもらう要望書」(超短文Ver.もあり)*利用、改変可*〔自民党本部あて〕
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆

当ブログでは、政党を問わず、私益や外国のために利する政治ではなく、日本のための政治を行う政治家を応援しています。

残念ながら民主党政権下のこの3年間は、混迷する日本の政治をさらに混乱させただけでなく、著しく国益を損なってきたとしか言えない状況です。

◆自由民主党政権の時代も、マスコミに情報操作をされたままそれに有効な対処もとらず、左傾化した教育問題に正面から取り組むこともできず、誤った歴史認識を国民に植え付け、拉致問題や領土問題に具体的な解決策を講じられないまま、長い期間に徐々に徐々にと国益を損なってきたことは間違いありません。
また個別に見れば、「保守」から遠い考えの政治家もいらっしゃるようです。

しかしながら自民党は、「外国人でも党員資格があり、そもそもの党の目的が外国人参政権付与」という民主党や、マスコミが作り上げた無責任な「第三極」とは、大きく一線を画しているはずですし、古くから信頼関係を構築し、組織的な支持者も数多く存在する、わが国を代表する大政党であることは間違いありません。

◆そこで当ブログとしましては、民主党が政権の座を下りるときには、もう一度自民党へ政権復帰を果たして頂き、自民党を中心とした保守の政権を運営して頂きたいと思っております。

◆来る9月26日には、自民党総裁選があり、14日には告示がなされます。
13日の時点で、安倍晋三氏、石原伸晃氏、石破茂氏、町村信孝氏、林芳正氏の出馬が決まっているようです。
消費増税、原発問題、TPP、それに尖閣諸島問題などが議論されるようで、それはどれも大切なことに違いはありませんが、
今般、喫緊の課題である領土問題をとくに大きく取り上げて頂きたいと思います。


◆なぜなら、有力候補者と目される石原伸晃氏が、↓↓↓

中国は「尖閣に攻めてこない」 自民・石原氏が断言
  2012.9.12 00:25 msn産経ニュース

自民党の石原伸晃幹事長は11日夜のテレビ朝日番組で、政府の沖縄県・尖閣諸島の国有化に関連し、領有権を主張する中国側が「攻め込んでくるのでは」と問われ、「攻めてこない。誰も住んでいないんだから」と断言した。国家主権に関わる領土問題について認識の甘さを露呈した格好だ。
同時に「いい漁場だから周辺海域には来る」とも強調。日本と中国の排他的経済水域(EEZ)の中間にあたる日中中間線までは中国の漁業監視船などが航行するとの認識を示し、灯台などの施設の整備が必要と指摘した。(後略)


という、驚くべき発言をしているからです。

◆一方、新党である、「日本維新の会」は、下記のとおり尖閣、竹島問題を強調しています(パフォーマンスかもしれませんが)。↓↓↓

尖閣、竹島も入ってます! 「日本維新の会」ロゴ発表  2012.9.13 06:48 Sankei Biz

新党「日本維新の会」代表に就任する橋下徹大阪市長は12日、市内で開いたパーティーの席上、新党のロゴマークを披露した。
もっとも強調したことは「日本地図こだわりました。尖閣諸島も竹島も入っています」。
実際に目視できるかどうかはわからないが、「ナショナルパーティーになるんだったら…」と気合を入れて語った。


当ブログでは今般、いずれ総理大臣になって頂くべき人物を決める、自民党総裁選において領土問題をとくに大きく取り上げて頂き、総裁となる方の国家主権に関する自覚を再確認いただくと共に、議論により国民の意識を喚起させることにもつながると考え、
自民党本部宛に意見を送信することにいたしました。



※送信につきましては、ペンネームで結構です。
※ご賛同頂ける方は、よろしくお願い申し上げます。


◆◇◆メール・FAXの送信について◆◇◆

◆自民党・「自民党へのご意見」フォーム◆
https://ssl.jimin.jp/m/contact

◆◇「自民党総裁選で領土問題を争点にしてもらう要望書」超短文Ver,*利用、改変可*◆◇◆

「自民党総裁選で、竹島、尖閣、北方領土を争点にして下さい。領土問題は国家主権に関わる重大事項です。以上。 自民党支持者より」
送信先(再掲)
https://ssl.jimin.jp/m/contact


◆◇「自民党総裁選で領土問題を争点にしてもらう要望書」*利用、改変可*◆◇◆

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*
私は自民党の支持者です。
本日は、来る9月26日に投開票が行われる自民党総裁選にあたり、竹島、尖閣諸島をはじめとする領土問題を取り上げて頂きたくこの送信をいたします。

今夏多くの国民が、竹島と尖閣諸島についての韓国や中国に対する民主党内閣の及び腰の外交に立腹しており、これが民主党に政治を任せられないと判断する大きな理由になっていると思います。
ところが、自民党総裁選の候補者のうち、有力候補と目されている某候補者も、テレビ番組に出演された際、政府の沖縄県・尖閣諸島の国有化に関連し、領有権を主張する中国側が「攻め込んでくるのでは」と問われ、「攻めてこない。誰も住んでいないんだから」と断言したと伺い、これには大きく失望しています。

この候補者の主張は、「憲法9条があれば戦争は起きない」と主張する政治グループと類似の思考回路に基づいた見識であるとしか思えません。

この候補者は、再選を希望する現職の総裁を押しのけて出馬した人物であり、こうした人物を推薦する議員の先生方についても、世論を読むことができないというその資質に疑念を抱かせることとなり、自民党全体に対する失望を招いていることは、党本部としてご理解なさっているでしょうか?

これでは、衆議院の解散・総選挙が行われても、「日本地図こだわりました。尖閣諸島も竹島も入っています」。として発表した「日本維新の会」ロゴ発表のパフォーマンスに負けてしまうであろうことは、火を見るより明らかです。

他の問題も大切ですが、自民党総裁選において領土問題をとくに大きく取り上げて頂き、総裁となる方の国家主権に関する自覚を再確認いただき、議論により国民の意識を喚起させることは、党全体のプラスになると考えます。

何卒、自民党総裁選で竹島・尖閣をはじめとする領土問題を争点にして下さい。自民党のご発展を心よりお祈りいたします。
以上
*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*
「保守の政治家は、もっと領土問題を語れ!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

皆さまへ
国内の多くの地域ではまだまだ残暑が厳しいですが、
皆さまはお変わりなくお過ごしですか?

このごろあまり記事を更新できませんが、久々に文例を作成しました。
ご賛同いただける方は、よろしくお願い申し上げます。

なお、「自民党へのご意見」フォームは600字までしか入りません。
文例をそのままお使いになる場合、
超短文Ver.をご利用頂くか、長い方の文例は2回に分けてご利用下さいませ。

お手数をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。
〔しーたろう〕 | URL | 2012/09/13/Thu 21:47 [編集]
台風の進路をもう少し向こうに(祈)!!
しーたろう様
文例作成お疲れ様です!
また、送信開始させていただきますね^^

連日の反日デモと言っていますが、もうデモなんかじゃありません!日本企業があちこち放火させられて(イオンは自業自得)それでも政府も外務省も何もしない!許せん!


反日デモと尖閣沖の情報、どんどん過熱してきましたね。
http://twinklestars.air-nifty.com/sorausa/2012/09/post-89b6.html
>情報がかなり錯綜しているようですが、危険大なのは間違いありません!!
それに、日本では報道しない自由の方が大きいですから!


最近の日中関係の動きに係る注意喚起
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo.asp?infocode=2012C287
1 最近の尖閣諸島を巡る情勢等から、中国国内に限らず一部の欧米諸国等をはじめとする各地においても、中国系住民による日本の在外公館に対する抗議活動及び反日デモが散発的に発生しています。9月18日が柳条湖事件(いわゆる満州事変)の発生日でもあることから、北米地域においてはネット上で、同日前後に日本の在外公館への示威行動を行うとの呼びかけがなされています。

2 現在のところ、実際にどの都市で抗議活動等が行われるかにつき確たる情報はありませんが、今後中国国内に限らず欧米諸国等をはじめとする各地においても様々な抗議活動等が発生する可能性は排除できません。つきましてはこれら地域に渡航・滞在される予定の方、または既に滞在中の方は、最新の情報の入手に努めるとともに、実際に集会やデモ行進が行われている現場には近づいたりせず、速やかにその場を離れる等、自らの安全確保に努めてください。


(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902

>害務省、仕事しろ!!!日本人守る気ゼロです(怒)!!
渡航禁止、引き揚げを要求します!!

都坂 | URL | 2012/09/16/Sun 23:08 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。