☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
転載記事:超拡散《夏休みは愛国心が覚醒する季節です》
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
ブログ『水間条項』さまの7月25日の記事、またブログ主である水間政憲さまご自身より、直々に下記の拡散依頼がございましたのでご紹介いたします。


***以下は転載記事***

超拡散《夏休みは愛国心が覚醒する季節です》

2012年07月25日 15:41




※写真は夕暮れの井の頭公園での一枚です。


超拡散《夏休みは愛国心が覚醒する季節です》


夏は、甲子園野球大会で郷土愛が盛り上がりますが、今年はオリンピックで日の丸が乱舞し、いやが応でも愛国心も全開になります。


夏休み小中高校生「動画歴史特別講座」】は、来週から「南京問題;動かぬ証拠」がスタートします。

戦後の日本罪悪史観の象徴は、「南京大虐殺」ですので、先ず一点突破することが情報戦の要諦ですので、小中高校生に日教組の反日教師が授業中に、「南京問題」を採り上げれないように徹底的に急所を伝授します。

これらは、動画をインターネットで配信できるようになって可能になったことです。これら一連の情報をひとりでも多くの小中高校生に拡散していただければ、大人が成し得なかった「教育現場の正常化」が、学生自らの連携で実現できることになります。

頑張れ日本、誇りと自信を取り戻そう!

夏休み小中学高生【動画歴史特別講座】

http://www.yamatopress.com/pg124.html


YouTubeに動画の第一回目(尖閣諸島)がアップされています。


【必見】これが証拠だ!第1回 尖閣諸島動かぬ証拠「中国」


http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=tfcf9FRfxRk

Mobil:http://m.youtube.com/watch?gl=US&hl=en&client=mv-google&v=thUoPYFMm-U&fulldescription=1


■文科大臣を務められ「ゆとり教育」を廃止し、平成の教育改革に大鉈をふるわれた中山成彬先生から、「日本人がこれを見れば自信を持って主張するようになるでしょう。一部のどうしょうもない反日分子を除いて。是非国民が一冊ずつ持つ愛読書になってほしいと願っています」と、皆様へ激励のメッセージをいただきました。


★『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』は、地方紙の週刊書店ベストセラーランキング入りを目指し、札幌・新宿・梅田・福岡紀伊國屋書店本店並びに各紀伊國屋書店や紀伊國屋書店のWEBで優先的に購入をしていただければと思っております。

【紀伊國屋書店のWEB】http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4569806864.html


★こちらからの嫌がらせで、アマゾンを利用されていらっしゃる方は、アマゾンでもと思っております。

◆新刊本『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』発売中です。

ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実


【読み終えた皆様へのお願い!】

ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』は、一 冊丸ごと情報戦の武器としてまとめたものですので、読み終えましたら是非、皆様の親しくなさっていらっしゃる歯医者さんや理美容室、喫茶店などのブックス タンドに置いていただけるようにお願いしていただければと、切に願っております。それは、発行部数1万冊でも数ヶ月後には、一気に200万人以上が歴史の 真実に目覚めることになると確信してますので、宜しくお願い致します。

※ ジャーナリスト水間政憲;ネットだけ転載フリー《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-591.html?cr=ba5237382c263b508786a3b46575c7c8》(条件;上記全文掲載)


****転載は以上****

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚
「子供たちに愛国心を!」とお考えの方は

人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

お疲れ様です
●超緊急拡散《中国で7月28日~30日、王子製紙が中国人群集に襲われる》
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-965.html
水間さんが26日にあげられていました!


王子製紙の排水計画に抗議デモ 中国で数千人集結
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120728/chn12072809510001-n1.htm
王子製紙が中国江蘇省の南通市に置いている工場の排水計画をめぐり、環境汚染や健康被害の懸念があると主張する地元住民らが28日、排水管の建設中止などを求める抗議デモを始めた。数千人が参加しており、一部は地元政府庁舎に乱入するなど騒ぎが広がっている。

 問題となっているのは長江(揚子江)下流に位置する南通市中心部の王子製紙の工場から、さらに海岸に近い約100キロ離れた啓東地区に排水するためのパイプ施設。南通市が建設計画を打ち出したが住民らは強く反発。中国語版ツイッター「微博」やネットで、28日から30日まで3日間デモを行うと宣言していた。

 啓東の当局は26日、建設中断を発表、27日にはデモに参加しないよう、住民側にさまざまな圧力をかけてきた。しかしデモ参加者らは、「建設の中断ではなく取り消しを求める」と態度を硬化させた。また、「微博」などでは、今回のデモを沖縄県の尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる中国の不満に重ね合わせ、「反日デモ」とみなしてネット上で批判をエスカレートさせる発言も増え始めた。


>何でも悪いのは他人のせいにする国!こんな国とは断交が一番なのに!!


都が米紙に意見広告 尖閣購入に理解呼びかけ「米国は太平洋の全てを失いかねない」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120728/plc12072800480000-n1.htm
尖閣諸島(沖縄県石垣市)の購入を計画している東京都は、27日付の米紙「ウォールストリート・ジャーナル」に購入への理解と支持を求める意見広告を掲載した。石原慎太郎知事は先月末、訪問先のシンガポールで、ロンドン五輪前に広告を出す意向を示していた。

 広告は「東京からアメリカのみなさまへ」と題し、尖閣諸島の写真と地図を掲載。東日本大震災での支援に感謝を記した上で、「成長著しい中国が東シナ海で、歴史的に日本の領土である尖閣諸島への圧力を強めている」などと指摘した。購入計画に対して寄せられた意見の9割が賛成で、13億円以上の寄付が集まっていることも紹介した。

 同諸島沖での中国漁船衝突事件にも触れ、「アジアの海域が不安定な状況になれば、アメリカにとっても経済的な面などに影響を及ぼす。この問題で中国と対(たい)峙(じ)するアジア諸国を支持しなければ、アメリカは太平洋の全てを失いかねない」とした。


しーたろう様
大雨の被害は私の方は大丈夫でした!ご心配頂きありがとうございます^^
都坂 | URL | 2012/07/28/Sat 11:42 [編集]
皆さま、お疲れ様です。
【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】(372)「フリーメーソンだよ」記者を脅す首相の前後援会長
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120729/bks12072907010000-n1.htm
この手口で年間21億円を詐取していたというのだから野田首相、〈「消費増税」を行う資格なし!〉と断じられてもしかたあるまい。許せない!解散総選挙だ!

性犯罪:韓国では10年間で約2倍に 告訴されていない分を含めると年間20万件? http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/07/29/2012072900356.html
性犯罪の被害に遭った女性が、被害について届け出る比率は6-7%にすぎない。実際に韓国で発生する性犯罪の件数は、年間20万件に達する可能性がある。

〔アングル〕韓国サムスンが日本人技術者引き抜き加速、人材戦略弱い国内勢http://jp.reuters.com/article/domesticEquities2/idJPTK078769020120423
日本が先行する技術が人材とともに流出すれば、大きな競争力格差が生じかねず、逆境の今こそ持ち前の技術をビジネスに活かす人材戦略が必要だ。

皆さま、ご無沙汰しています。
暑い日が続きますので、くれぐらもお体にはご自愛ください。
KEN | URL | 2012/07/29/Sun 18:37 [編集]
土地は買われても「実効支配」は許すな
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/voice-20120728-01/1.htm
--一部転載--
そもそも中国では、日本人を含む外国人はおろか、自国民でさえも、土地は1ミリ平方メートルたりとも所有できない。売った、買ったといっても、使用権の話である。土地はすべて国家のもの。といえば聞こえはいいが、つまりは独裁者たる共産党が、あの広い国土を独占しているのだ。

 当然、あちらの日本公館も、日系企業の工場もみな、用地は共産党政権からの「賃貸」である。一方の中国側は、日本にある公館はもちろんのこと、日本に在住さえしていない個人でも日本の土地を買って「所有」できる。まずは、この不平等、「相互主義」からは程遠い事態を考え直さなければならないだろう。

 それにしても、5,000坪とは、なんと法外な広さであろうか。

 ちなみに、新潟の買収以前の時点で、中国政府が公館用地として日本国内に所有する土地はおよそ41,000平方メートル。そのうち東京・麻布にある中国大使館の敷地が約12,200平方メートルと最大。これと比べても、あるいは大阪の中国総領事館が事務所と館舎を合わせて900平方メートルしかないことをみても、新潟の件は異様である。

--一部転載--
都坂 | URL | 2012/07/30/Mon 12:04 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.