☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
◆文例◆ CO2 25%削減 1
請願書文例
 〔CO2 25%削減 1〕
 ・本文例は、一切の著作権を放棄いたします(利用、転載、改変可)。 どうぞ自由にご利用下さい。

 ――――――――――――――――――――――――

 請 願 書
 鳩山由紀夫内閣総理大臣殿
 
平成 年 月 日

 
【請願する法案】
CO2 25%削減

【法案に反対する理由】
1) そもそも地球温暖化の原因がCO2の排出ではないとする専門家の意見が存在するから

地球温暖化の原因が、CO2を主とした人為的な温室効果ガスの排出が主因だとされていることに反対する専門家の意見があります。太陽活動や宇宙線の影響、地球内部の活動、火山活動などの、自然活動の影響の方が大きいとする学術的知見です。しかもこれは決して少数意見ではないようで、NASAでも太陽活動の影響であるとの意見が出ているようです。 CO2の排出が主因でない可能性が大きく存在する以上、まずは長年に亘りこの研究を行っている専門家の叡智に耳を傾け、安易な削減目標を具体的数値として国内外に公表すべきではないと考えます。

2) CO2 25%削減を公約することは、国内企業に対し大幅な削減義務を強いることになり、経済に多大な負担が予想されるから

CO2 25%削減の目標達成には、個人や一般家庭の取組みよりも、製紙業界・出版業界、石油業界・鉄鋼業界、自動車業界、発電業界など、企業の取り組みが不可欠であり、生産活動の抑制を迫られる可能性があります。 目標達成が見込めない企業は、国内での工場の閉鎖を余儀なくされ、海外へと拠点を移さざるを得なくなり、その結果、人員削減や解雇という状況を招くことになります。これらの業界の下請企業は倒産の憂き目に合う事が予想されます。 海外へ拠点を移すことのできない企業は、その分のコストを製品や商品価格に転嫁せざるをえず、それらを購入する国民にとって、大きな経済的負担となり、その結果消費が低迷することも予想されます。

 以上

住所
氏名             (印)(*ワープロの場合には印鑑が必要)
年齢   歳

―――――――――――――――――――――――― 

 ◆上記文例の作成にあたっての参考資料◆
 ●地球温暖化に対する懐疑論:出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E6%B8%A9%E6%9A%96%E5%8C%96%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E6%87%90%E7%96%91%E8%AB%96

●Blog: Science - June 4, 2009 9:37 AM(英語) http://www.dailytech.com/NASA+Study+Acknowledges+Solar+Cycle+Not+Man+Responsible+for+Past+Warming/article15310.htm

“NASA Study Acknowledges Solar Cycle, Not Man, Responsible for Past Warming”
NASAが過去の温暖化の原因は、人的なものではなく、太陽活動の影響であると認めた。」

●「『生産活動に制約』鳩山氏の温室ガス25%削減に産業界が猛反発」 9月8日 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090908-00000509-san-soci

25%削減という目標について化学大手の幹部は『信じがたい数字だ。日本だけが突出した目標を示すのでは欧米や新興国メーカーとの国際競争が激化する中、国内メーカーは生き残れない』と悲鳴を上げた。」

◆皆様へのご連絡◆
主催者の方から頂いた請願書フォームに基づいて、作成しています

文例は後日修正する可能性があります。


CO2 25%削減に反対の方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!






コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.