☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
転載記事:超拡散《現在の朝鮮半島情勢の見方で、保守言論人のレベルが判る》
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
ブログ『水間条項』さまの1月14日の記事、またブログ主である水間政憲さまご自身より、直々に下記の拡散依頼がございましたのでご紹介いたします。

***以下は転載記事***

超拡散《現在の朝鮮半島情勢の見方で、保守言論人のレベルが判る》

2012年01月14日 11:41

ENGLISH TRANSLATION






◆写真は、慶応元年2月(1865年)、長崎にて上野彦馬が撮影した「尊皇攘夷志士46人像です。同写真は、鹿児島での幕末特別展にも出品された貴重なものとのことですが、実に不思議な写真で、何故か尊皇攘夷の志士の中(左端)に勝海舟が写っています。


その外の人物は、大久保利通、伊藤博文、西郷隆盛、後藤象二郎、江藤新平、陸奥宗光、黒田清隆、坂本龍馬、高杉晋作、大隈重信、岩倉具視、桂小五郎、大村益次郎など、皆様方も御存知の明治政府の重鎮が一堂に会していて壮観です。


※ 尚、「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」に、ご支援いただいた皆様の中で、ご希望の皆様方には同写真の複写ですが、「寄贈する会」のFAX(03-3431-9564)か 寄贈先情報提供URL《 nankinnojisso@gmail.com》まで、ご住所を送って戴ければ、お贈りいたしますので御一報していただければ幸いです。


超拡散《現在の朝鮮半島情勢の見方で、保守言論人のレベルが判る》


朝鮮半島情勢が不穏になった現在、歴史を振り返ると日露戦争当時に情勢は酷似してきています。その主体がロシアと中国が入れ替わっていても、我が国にとっての危険性は似通っていることは確かです。

しかし、今日(1月13日)、北朝鮮が日本海にミサイルを打ち込んできても、瀬戸際外交で虚勢を張っているのであり、その矛先が日本海だからといっても、日本に虚勢を張っている以上に中国と韓国に対して張っていると判断することが肝要なのである。


それは、現在、北朝鮮を経済制裁している日本に虚勢を張っても、「食糧」や「エネルギー」の支援を引き出せる訳ではなく、いま朝鮮半島が戦争状態になっていちばん困る韓国と中国の気を引く瀬戸際外交と、判断すると分かりやすいであろう。

実際、これから食糧不足になる春に向かって、中国からの支援が満足できるものでなければ、北朝鮮は一段と瀬戸際外交に執着してくる可能性が大なのだ。

金正恩が若く経験不足といっても、集団指導体制になっているのであり、ひとたび戦争状態になったら、数日で北朝鮮は崩壊することぐらい、理解できていることであろう。仮に暴発した時、現実的な落としどころは、国際的な管理へ進む可能性が大きいのである。


保守言論人の中には、「朝鮮半島を韓国の下で自由統一に導き、中国の介入で新たな異彩の独裁政権が誕生する事態を防ぐべく、日本が発言し、行動しなければな らない。」とか「韓国主導で隣国の危機を乗り切ることを支援出来れば、日韓、日朝の過去の歴史の負の側面はあらかた消えるだろう。

日本が過去の歴史を真の意味で乗り越え、新たな関係を築く局面なのである。日本政府はいち早く、韓国の自由統一と中国の介入の阻止を日本国の方針として発表すべきである。」との、激情を吐露していて驚くばかりだ。



「行動」とは、「自衛隊の実力行使」も含んでいると解釈できるのであり、緊急に自衛隊法の解釈の変更まで求めているようなのだ。また、「日韓、日朝の過去の負 の側面」とは、我が国が朝鮮半島で「七奪」を実行していたとの歴史認識を前提にしているようで、勉強不足である。『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』を一読していただきたいものだ。

そして、軽薄な認識は「日本が過去の歴史を真の意味で乗り越え、新たな関係を築く局面なのである。日本政府はいち早く、韓国の自由統一と中国の介入の阻止を日本国の方針として発表すべきである。」と、訴えかけていることだ。

この分析は一言「甘い」のである。まるで韓国人が理想論を語っているようだ。確かに朝鮮半島が「民主化」されることは、建前論では理想的であるが、国際政治の「バランス・オブ・パワー」の視点で見ると単なる「書生論」にしか過ぎない。

日本の国益を俯瞰して過去現在を見ると、日中共同声明前後では、「前」の方が安定していたのであり、反日朝鮮民族の「0.5+0.5=は1でなく2か3」になって、災いが降り注いでくることが必然なのである。

それは、昨年の野田首相と李大統領の会談で、「日本が慰安婦問題に対処しなければ第2、第3の慰安婦像ができる」と、40分も異常な恫喝をしていたことが明らかになっていることや。


■2005年、韓国で「マッカーサー元帥像の撤去」や「北朝鮮より米国の方がより脅迫的との世論調査結果」に、米国与野党議員が、一斉に激怒していたことを知らないようだ。

これは、現在、韓国が繁栄している原点は、朝鮮戦争で韓国軍が釜山まで押し込まれていた危機一髪の状況を救ったのが、マッカーサー元帥が決断した「仁川上陸 作戦」だったのであり、その仁川に建立されていた「マッカーサー元帥像」を、撤去することに激怒するのは世界の常識的なことだった。

本来、日本の「七恩」に感謝するべきことを「七奪」と批判してきた韓国人は、世界の非常識が日本だけでなく米国にも通用すると錯覚していたようだった。

■その米国人の激怒を列記すると次の通りなのだ。

★ローレス米国防次官補「(米韓)同盟をかえたければいつでも言ってくれ、希望通りしてやる」

★ラムズフェルド米国防長官「米国はもう韓国の保護者ではない」

★ヒラリークリントン民主党議員「韓国は、かつて米国から受けた支援を忘れてしまった。米韓関係は歴史的忘却の状態」

★ヘリテージ財団ブルックス「『恩知らず一等賞』は韓国が占めるに値する」

★米下院ハイド国際関係委員長「北朝鮮をかばう者は米国の友人ではない」

などなど、一斉に批判の嵐になっていたのだ。米国に対してもこうであれば、我が国に対しては推して知るべしなのである。

朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった


◆ いま日本では、連日、ヨーロッパの経済・金融危機に関心が高まっていますので、『寄贈する会』の寄贈先情報提供URLに、マスメディアで報道しきれない街 の情景など、また海外で「南京問題」や「慰安婦問題」がどう見られているか教えて下さい。教えて戴ければ、拙ブログで紹介させていただきますので、是非、 情報をお寄せください。
nankinnojisso@gmail.com

◆「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」の活動状況URL《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=625&cr=5cf71bee0887dcc49832923a51cdc3d4

※「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」
代表 水間政憲;ネットだけ転載フリー
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=591&cr=c9457bfa10513f899f0cb36c2f93e5e6

****転載は以上****


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚
「覚醒していない日本人に檄!」とお考えの方は

人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.