☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
転載記事:緊急拡散《在米邦人女性から憂国の檄文をいただきました》
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆

ブログ『水間条項』さまの12月27日の記事、またブログ主である水間政憲さまご自身より、直々に下記の拡散依頼がございましたのでご紹介いたします。


***以下は転載記事***

緊急拡散《在米邦人女性から憂国の檄文をいただきました》

2011年12月27日 08:51

ENGLISH TRANSLATION


緊急拡散《在米邦人女性から憂国の檄文をいただきました》


在米邦人女性が、米国で放送されたNHKの戦争特集番組を、国際的な視点に則って感想を述べられております。

日本国内では、あまりにも自虐的な映像に慣らされて、批判精神が麻痺していますので、非常に参考になります。この視点は、NHKの番組制作者が学ぶべきことですので、NHKの意見募集コーナーに、個々の意見をつけて転送をお願い致します。

以下は転載です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

NHKの戦争スペシャル、紅白抗議デモについて


アメリカ在住の日系の女性です。

NHKの戦争のスペシャルは、最悪ですね。
真珠湾攻撃から70年という時期を狙って、放送されたことに置いても、製作者の悪意を感じました。
 戦争当時の兵隊さんたちが打たれて、死ぬ間際の口をパカパカ開いているシーンや、打たれて、ズサーと、落ちていくシーン、また、女性が、崖から飛び降り自殺しているシーンなどを、一般の放送時間に、何も、規制なく、流しています。

これは、放送基準法に違反しています。 これを、NHKは、テレビジャパンで米国でも流しました。
米国では、法律として、一般TVで、暴力的な場面、不敬な言葉、ヌードなどは、すべて流してはいけないと決められています。
それを、破れば、処罰を受けます。
映画でも、大人用、子供用、青年用と、ランク付けが法律で義務付けられており、それを、違反すれば、処罰を受けます。

しかし、NHKは、そういう残虐なシーンを、平気で、堂々と 流している。
これで、いいのでしょうか?
日本国民は、こんな誤った番組を視聴料を支払って、子供達が見る時間帯で放送していて、静かに黙っていていいものでしょうか?

私は、怒りで、震えました。

また、80代後半~100歳代の帰還兵やその家族にインタビューして、その方達の顔や名前をそのままだしています。
中には、自分を人殺しをしたと、苦やんで泣かれている老人の方を、次々と、番組で実名そのままで、流しています。

このやり方は、プライバシー侵害にあたるのでは、ないでしょうか?

あれだけ、携帯電話やメールなどの個人情報に、神経をとがらせている国民が、どうして、国の機密を誤って湾曲して漏らすようなテレビ番組に対して、抗議の声を上げるどころか、身を縮めて、自虐的になって、自分達が悪かったと、逆の立場をとっているのでしょうか?

イ ンタビューに応じた老人達は、人生も、間もないのであの世で、どんなことが待っているのかが、怖くて、自分の身が、かわいいが為に、自己反省として自分の 過去のことを、公に、流して構わないと思っておられるのかもしれませんが、彼らの不注意な言動により、彼らのご家族や、ご親族に多大の被害を、与える原因 を作ってしまいました。
そういうことを、彼らは、気づかないのでしょうか?
それとも、NHKが、上手く、騙して、彼らの口を開かせたのだと思います。(ほとんど、共産主義的思想の老人をターゲットに、取材をしていますが。)

しかし、家族やその親族だけでとどまるのであれば、まだ、防ぎようがあるのですが、NHKが誤った番組を流すことにより、中国や朝鮮から、あるまじき新たな攻撃を受ける原因を意図としてつくったことにより、日本国民全体を、危険に陥れてしまいました。

そして、誤った歴史観から、あらぬ天皇批判を巻き起こす原因を、NHKは、故意に中国、朝鮮、米国と組んで、作っています。
真に、無礼な犯罪組織です。

NHK は、これまで80人?800人?(番組を消去したので、確認できませんが)の帰還兵から、情報をとってきたと説明していましたが、こんなちっぽけな人数で あれば、日本兵の0.01%にも及ばない情報であり、しかも、NHKの番組方針とは、違う意見の帰還兵の情報は、一切流さないという超異常捏造放送を日本 国内にとどまらず、海外へまで、流しました。

このようなことが、あっていいものでしょうか?

仮に、米国、中国、朝鮮半島で、国営テレビ局が、自国の兵士が、どれだけ残虐だったかと元帰還兵達にインタビューした番組を放送したとすれば、その放送局の職員は、重い刑罰をうけることでしょう。中国においては、即、死刑です。

他の国であれば、その様な 事実は、全世界の歴史が、古来にわたって経験していることであり、口が裂けても、一般の国営テレビで、報道したりは、しません。

他の国からすれば、日本は、大馬鹿だ。 NHKは、なんつー、アホなテレビ局だろうか?
それを、静かに、何も怒らない日本人は、一体、どういう生き物なのだろうか?と、理解不能、見下されて、馬鹿にします。

できましたら、NHKの紅白の生放送で、多くの観客席から、世界へ向って、「NHKは、真実を流せ!捏造放送をするな!
放送法違反の大罪で、処分を受けよ!」というような横断幕を、突如、出して、生の編集なしの放送で、流してもらいたいものです。

あるいは、観客席から、「NHKぶっつぶれろー」コールが、生放送で、流れてほしいものです。

現実は、厳しいものがありますが、将来の日本の子供達の為に、私達にできることを、していきたいと思います。
皆様で、智慧を出し合って、この難関を、乗り越えられますように願っています。

来年は、良い年になりますように。


米国東海岸在住 男系天皇制を守れ


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆以上転載終わり。

※「『南京の実相』を国内外のメディア図書館等に寄贈する会」代表;水間政憲
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/


****転載は以上****


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚
「誤った歴史観から日本人を脱却させたい!」とお考えの方は

人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。



コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

皆様、お疲れ様です!
しーたろう様
お忙しい中、今年もブログの更新に文例作成お疲れ様でした!
来年は勝負の年になりそうですが、少しずつ気づく人が増えてきてる感じがします。
負けずに頑張っていきましょうね。


皆様
今年もお疲れ様でした。
年末年始もできることをやっていきたいと思います。
KENさま、都坂さま、情報ありがとうございました。

花うさぎ様が脳梗塞で倒れられたそうです><
ご回復をお祈りしています!
http://hanausagi2.iza.ne.jp/blog/
| URL | 2011/12/28/Wed 10:39 [編集]
野田政権に大打撃 民主、若手9人が離党届を提出
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111228-00000505-san-pol
野田佳彦首相が目指す消費税増税などに反発する民主党の内山晃衆院議員(57)=千葉7区=ら9人が28日午前、国会内で樽床伸二幹事長代行に離党届を提出した。内山氏らは、すでに党除籍(除名)となっている松木謙公衆院議員(52)=北海道12区=と年明けの新党結成に向けて連携する意向で、野田政権にとって大きな打撃となる。

 離党届を提出したのは、内山氏のほか、渡辺浩一郎(67)=比例東京▽豊田潤多郎(62)=比例近畿、斎藤恭紀(42)=宮城2区▽中後淳(41)=比例南関東▽石田三示(59)=比例南関東▽三輪信昭(69)=比例東海▽小林正枝(40)=比例東海▽渡辺義彦(55)=比例近畿の各衆院議員。9人は午後に国会内で記者会見する。

 党執行部は離党をとどまるよう慰留に務める方針。1月下旬に開かれる党常任幹事会で正式に対応を決める。


100人は離党しろ!
今、地元国会議員への年賀状かいてますw

年末の挨拶にはまた後でうかがいますね^^v
都坂 | URL | 2011/12/28/Wed 12:22 [編集]
皆さま、お疲れ様です
花うさぎ様がお亡くなりになられました。
63歳とお若いのにどうして!残念でなりません。
いつもデモに行った翌日の花うさぎ様のブログを見るのが楽しみでした。
しかし、今日あったことを翌日のブログの記事にする作業は大変だったに違いありません。
ある時は、疲れた体に鞭打って記事を徹夜で書かれたこともあったでしょう。
http://twitpic.com/7zq0v1
僕は、花うさぎ様のことを忘れません。
今までブログをUPしてくださりありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。
KEN | URL | 2011/12/29/Thu 16:50 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.