☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
転載記事:緊急拡散《緊急出版:タイトル『いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実―国益を守る「国家の盾」』》(11月12日から予約開始!)
◆◇◆今般の主旨◆◇◆
『水間条項』さまより下記の緊急拡散依頼が参りましたのでご紹介いたします。

(以下転載記事)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

緊急拡散《緊急出版:タイトル『いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実―国益を守る「国家の盾」』》(11月12日から予約開始!)


● APEC開催前に、
『いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実―国益を守る「国家の盾」』が予約できることになりました。


尖閣事件によって明らかになった日本国のほころびは、日本のマスメディアが隠蔽してきた、様々な問題も国民の知るところになりました。

それは、国家の原点である「領土問題」を蔑ろにしてきた政治家の姿でした。

小生が永田町で見聞きした政治家の姿は、「外交問題は票にならない…」などとの情けない姿でした。


昨年、左翼反日政権が誕生以降、日米安全保障条約が揺らぎ始めた間隙を衝いて、中国とロシアは
「泥棒協定」を結び、尖閣と北方領土を強奪する挙に出てきました。それが弱肉強食の国際政治では当然の結果です。

その根本に、日本国民の「領土問題」に対する、意識の希薄化に大きな原因があったのです。

それに対抗するには、鋼のように強硬な国民の意志が必要です。それを実現するには、
「領土問題並びに歴史認識問題」に対する正しい知識が必要になります。


その「知識と意思」を具現化するために、『いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実―国益を守る「国家の盾」』(以下、『国家の盾』)を緊急出版することにしました。

国家の盾』に収録したリポートは、領土問題が外交問題になっていたとき、資料発掘スクープとして『SAPIO』と『正論』に発表したものです。その結果は、それぞれ中国とロシアや韓国・台湾を沈黙させる効果があった資料も一挙に掲載しました。


そして、先日『週刊ポスト』に「動かぬ証拠」として掲載した中国と台湾で発行した「尖閣地図」も、今回は口絵にカラーで掲載しました。また、竹島のスクープ資料と今回新たに発掘した帝政ロシア時代の1914年にロシアで発行した「地図」も口絵にカラーで掲載しました。

北方領土に関しては、国際的1級資料
北海道・北方領土占領計画書」も掲載しました。それは、ワシレフスキー極東軍最高司令官がスターリンへ宛てた電報の原文です。
この占領計画書は、北方領土が日本固有の領土と認めていたなによりの証拠になります。

ロシアは、2006年11月号『正論』にスクープとして
北海道・北方領土占領計画書」が発表されたことを知っています。それが今回、1ヶ月間、黙殺すれば済むことにならない、単行本に資料が全文掲載されることになり、その資料が一般化すると、ロシアは世界に大恥を晒すことになります。


副タイトルに『国益を守る「国家の盾」』とつけたのは、
「靖国」問題と「遺棄兵器」問題も終結できるリポートを掲載したからです。


国家観の根本の領土問題と靖国問題にケリをつけれる資料を一挙に掲載した、『国家の盾』を多くの国民が手にすることで「知識と意思」が共有でき、日本列島に、国家意識の鋼のように強力な背骨が組み込まれることになると思っております。

現在、国民が領土問題を注目している今、領土問題の核心を衝く国際的1級資料を国民が手にする重要性を認識し、一人でも多くの友人・知人に、メールで一気に拡散して戴きたいと思っております。

日本は、国会議員だけでは守ることはできません。

国民が国を守る武器としてもてるものは情報です。それが、今回の「尖閣映像」で明らかになりました。『国家の盾』に掲載した資料は、ほとんどの国会議員が知らない資料ばかりですので、国民が武器として「座右の書」として所蔵して頂ければ幸いです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■この記事は、営利目的以外インターネットだけ転載フリーとします。
転載条件は【水間条項から転載】との表記だけで結構です。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(転載は以上)


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

「領土問題並びに歴史認識問題」に対する正しい知識が必要だ!とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!



★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

ニュースより
【櫻井よしこ 菅首相に申す】公開こそ国益だった
2010.11.11 03:46
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101111/plc1011110346005-n1.htm
 尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件のビデオ映像をネットに流出させたと名乗り出た第5管区海上保安本部の職員を、警視庁は国家公務員法の守秘義務違反の容疑で逮捕する方針とのことだ。

 だが私は、反射的に問うてしまう。それでは、あの中国人船長はどうなのかと。領海侵犯、2度の体当たり、自らの犯罪についての反省なき否認。どれをとっても日本国の法律に基づいて粛々と罰すべき容疑だった。にもかかわらず、無罪放免である。

 弁護士出身の人物が政府中枢に座ると、こんな本末転倒が常態となるのか。今も海保に寄せられる圧倒的な支持は、菅政権の下に出現したこの本末転倒状況への戸惑いでもあろう。

 しかし、それでも菅直人首相は、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件に関する自らの対応について、10日、衆院予算委員会で述べた。「確かに百点満点とは言わない。しかし、冷静に対処したということで、歴史に堪える対応を現在もしている」

 わが国首相は自らを客観的に見ることができないのである。いま9割を超える国民が、「民主党政権の外交・安全保障政策に不安を感ずる」と答えている。国民が首相や仙谷由人官房長官に日本を任せていてよいのかと不安に駆られる理由は、まさに首相が自負した「歴史に堪える対応」が、実は、徹頭徹尾、無策を通すことに他ならないと見抜いているからだ。

 首相、官房長官の無策と狡智(こうち)を抉(えぐ)り出したのが9日に報道された仙谷氏作成の「厳秘」資料だった。同資料は9日の衆院予算委員会の最中、仙谷氏が首相に見せたものである。

 そこには尖閣沖の中国漁船衝突事件の映像を一般公開することの「メリット」として「中国による日本非難の主張を退けることができる」などとし、「デメリット」は「流出犯人が検挙・起訴された場合、『政府が一般公開に応じたのだから、非公開の必要性は低かった』と主張し、量刑が下がるおそれがある」「犯罪者を追認するに等しく、悪(あ)しき前例となる」などと書かれている。

 たしかに、中国国民は事件当初から事実とは正反対の情報を信じ込まされている。海保の船が中国漁船を取り囲み、2度にわたって体当たりするなどの手荒な行動に出たと教えられ、それが日本憎しの激しい感情の大きな要因となっている。

 事実とは正反対の同情報は、周知のように中国共産党のメディア、「新華社」が伝えた。彼らはご丁寧にも、「海保の巡視船の攻撃的体当たり」を説明する図までウェブサイトに載せた。「日本に非あり」という捏造(ねつぞう)情報を広めたのは中国政府なのである。

 したがって、映像公開によって中国の誤っている主張を退けることができるという仙谷氏の分析は正しいし、当然、日本は国家として、日本にまつわる歪曲(わいきょく)情報を是正するためにも、直ちに映像を公開すべきだった。それが国益である。そこで問うべきは、なぜ菅、仙谷両氏は公開を渋り続けるのかということだ。

 10日の衆院予算委員会ではこの件を自民党の小泉進次郎氏らが取り上げた。いったん流出したものをなお公開しない理由を、仙谷氏は「犯罪組成物件の可能性のあるものを政府が自ら公開する」ことは現時点で最大のデメリットだと述べた。首相も、公開すべきではないのは「日本は法治国家だから」と述べた。

 両氏がそれほど、法律にこだわるなら、国民として再度、問い質(ただ)したくなるのは、冒頭でも触れた中国人船長の無罪放免である。さらに、あくまでも中国の非を隠し通そうとするのはなぜか、ということだ。

 仙谷長官はビデオ映像を「犯罪組成物件」と表現した。前後の発言から考えて、この「犯罪」は中国人船長の領海侵犯ではなく、ビデオ流出を指していると思われる。仙谷氏も首相も、今回の領海侵犯事件を領土領海という国家主権の問題としてとらえていないために、問題の本質を見損なうのである。問題にすべき中国の領海侵犯をまるでなかったことのように論ずることをやめ、国民に事実を知らせることを拒絶して、ひたすら、「流出犯人」の「量刑が下がるおそれがある」として、映像の公開を拒否し続けるのもそのせいだ。

 仙谷氏は、自らの指示に従わない人物がよほど嫌なのであろう。公開を迫る声に対して、10日、こう述べた。

 「(メディア側に)中・長期的国益よりも、今、映像を流し(報道し)たいというビジネス的欲望がある」「それで(公開しない)われわれに批判的になる」

 絵に描いたような問題のすり替えである。中国に言うべきことも言わず、中国の圧力に狼狽(ろうばい)し続ける菅内閣の対中外交は卑怯(ひきょう)者の外交である。歪曲情報を修正しないのみならず、海保職員の量刑を減じないよう智恵を巡らすことは国益を考えないことに等しい。加えて、そのメディア批判は、菅政権が自身を反省することのない●慢(きょうまん)にすぎる政権であることを示している。

●=りっしんべんに喬 

>その通りです!

大阪市の生活保護費ついに2714億円 貯金2年後ゼロ、5年後に破綻
2010.11.11 08:58
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/101111/lcl1011110858000-n1.htm

>このままだと破綻してしまいます!

【海保職員「流出」】「逮捕しないで」メール、電話は900件超 ネットでは嘆願運動?
2010.11.11 00:25
http://sankei.jp.msn.com/economy/it/101110/its1011101353001-n1.htm
 神戸海上保安部の海上保安官(43)が「流出に関与した」と名乗り出たとの報道が流れた直後から、インターネットの掲示板ではこの職員を擁護する書き込みが殺到した。「全力で支持する」「嘆願の準備だ!」などの意見が相次いだ。中には、「電話で応援しよう」と海上保安庁の電話番号を記載した書き込みもあった。

 一方、名乗り出たのが海上保安庁の本庁や石垣海上保安部の職員ではなかったことで、「神戸の職員が入手できた映像なら機密ではないのでは」との意見も。

 神戸海保を管轄する第5管区海上保安本部によると、10日正午ごろから午後10時半までの間に寄せられたメールは500件以上。神戸海保にも電話やメールが約400件あり、「犯人探しをやめてくれ」「犯人だったとしても、かばってあげてほしい」などの内容が大半を占めたという。

>皆さまの活動が記事になっていますよ!

皆さま、くれぐれもお体にはご自愛ください。
KEN | URL | 2010/11/11/Thu 12:48 [編集]

無常様
公明に捨てられるようです。油断できませんが。↓
ゴマすってもア菅! 公明“学会の敵”とは「組めない」
http://www.yamatopress.com/c/1/1/3194/
公明、補正反対を正式決定
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101111/stt1011111223003-n1.htm

仙谷氏「盗撮」発言 撤回も謝罪もせず
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101111/plc1011111232010-n1.htm
ますごみを敵に回す5秒前??

都坂 | URL | 2010/11/11/Thu 13:01 [編集]
無常様
どうやらこのようになってます↓w油断大敵ですが・・・

公 明党、補正予算案反対方針を正式決定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101111-00000515-yom-pol
公明党は11日午前、党本部で中央幹事会を開き、政府が国会に提出した2010年度補正予算案に反対することを正式決定した。

 予算執行に必要な予算関連法案(地方交付税法改正案)への賛否は、自治体への影響などを踏まえて決定するとし、党執行部に対応を一任した。

 同党は当初、円高・デフレ対策を柱とした補正予算案に賛成する方針だった。しかし、山口代表は、中央幹事会後、記者団に対し「(政府・与党は)政治とカネの問題で積極対応をとらず、外交問題でも度重なる拙劣な対応をしてきた。菅首相の政権運営のあり方そのものが問われている」と反対する理由を述べた。

 政府・与党は、公明党が予算案に反対する方針を決め、対決姿勢を鮮明にしたことで、重要法案の処理を含めた国会戦略の再構築を迫られる。

国民新党に再度、人権擁護法案反対メル凸します!
都坂 | URL | 2010/11/11/Thu 15:05 [編集]
お疲れ様です。
・朝鮮王室儀軌引き渡し協定が、16日の国会に提出されるようです。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101111/plc1011111438013-n1.htm
(公明党の出方に注視。もし、これに賛成するようであれば、公明新聞に掲載された売国法案の方の危険性も高まると思います)
http://www.komei.or.jp/news/detail/20101030_3657

追記:もちろん、傍観ではなく、反対して頂けるように公明党にはたらきかける必要はありますので…、念の為。

・和歌山県知事選は、自民推薦の仁坂吉伸氏(60)と民主推薦の藤本真利子氏(56)、共産推薦の洞佳和氏(62)の3人。
http://sankei.jp.msn.com/politics/election/101111/elc1011111137003-n1.htm
特に民主推薦の藤本真利子氏の発言ですが、県全域を観光経済特区にすると言っています。

・問題の仙谷氏が不退転の決意とか言っているので、この記事にも、少し引っかかっています。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101111/plc1011111523016-n1.htm
(税額控除するのに、不退転の決意ってのも妙です…)
| URL | 2010/11/11/Thu 18:52 [編集]
皆様、お疲れ様です
しーたろうさま、皆様、お疲れ様です。

先日の人権擁護法案に関してのメール送信完了しました。
立て込んでいて報告が遅くなってすみません。

海保への応援メールは送っておきました。
代わりに(笑)政府には抗議メール、野党には菅内閣への責任追及と、
「内閣不信任案を出せ」とメールしました。

公明党の動きは監視が必要ですね。

皆様、風邪などひかれませんようくれぐれもご自愛下さい。
| URL | 2010/11/11/Thu 19:34 [編集]
公明党監視は
とりあえずyahoo板で拡散を試みています。

youtubeでは、相変わらず動画リンクと英霊来世有線作戦を広めています。


公明党は、ほっといても縮小する一方だと思うんですけどね。
だからこそ捨て身の民主タッグが怖いですね…。


さて、徳島抗議活動はどうしましょうか。
無常 | URL | 2010/11/11/Thu 21:24 [編集]
あの…。
>公明党は、ほっといても縮小する一方だと思うんですけどね。
勝手に縮小していくなら問題はないと思います。

ただ、選挙がないと縮小はしないので…。
地方選で、縮小する可能性はあると思いますけど…。
(ただ、自民党が、選挙協力すると思うので一概には言えないと思います)

縮小する前に危険な法案が通ってしまうことを危惧しているので…
(その辺は、勘違いしないで下さい。)

>だからこそ捨て身の民主タッグが怖いですね…。
もちろん、民主党を分裂させることも必要です。
(公明党だけ取り上げてますが、誤解しないように!小沢一郎を民主党から追い出すことが出来れば、分裂する可能性は高いと思っています。)

※ 後、以前から、民主党の保守派議員は、離脱させた方がいいとも言っています。
| URL | 2010/11/11/Thu 22:09 [編集]
公明党の恐ろしさは、ある程度理解しているつもりです。
結局、次の総選挙まで安心できませんし、総選挙があったとしても参議院の人数割合が微妙ですので、更に次の通常選挙が来ないと安全ではありません。

…民主党が衆議院選挙を捨て身で行っても、参議院選挙までの間で、再度徹底的に自民叩きをする可能性もあります。
無常 | URL | 2010/11/11/Thu 22:22 [編集]
ニュースより
航海士、同行前に直筆メモ…自分の行為自問自答
読売新聞 11月11日(木)21時20分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101111-00000932-yom-soci

>いろいろとお悩みになったようですね。

逮捕せず任意捜査も検討 保安官「映像、誰でも見られた」
産経新聞 11月12日(金)1時11分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101112-00000511-san-soci

>誰でもみられるものは機密とは言わない!
保安官を助けないといけません。

こんなにある無責任内閣ぶり 誰か辞めたら「辞任ドミノ」に
2010.11.12 00:40
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101112/stt1011120100000-n1.htm

>即刻解散しろ!

中国で3度目の移民ブーム!今回はエリートや富裕層の増加が特徴―中国紙
Record China 11月12日(金)5時58分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101112-00000004-rcdc-cn

>中国は世界の迷惑!日本への移民は絶対にお断り!

【海保職員「流出」】尖閣ビデオ庁内ネットで拡散か パスワード怠る?
2010.11.12 01:00
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101112/crm1011120100007-n1.htm

>このパスワード怠った方も愛国者!故意ではありませんよね。
よって海保職員は無罪!
船長釈放と海保職員の逮捕はどちらが罪が重いかは誰でもわかる!
わからないのはアキ菅・ア菅・バ菅政権だけ!
人権擁護法案ができたら、こんなこと書いた僕は逮捕ですね!
KEN | URL | 2010/11/12/Fri 08:29 [編集]
北方領土は
全千島列島と南樺太までが日本の領土です。
coffee | URL | 2010/11/13/Sat 09:10 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

【強制起訴】漁船船長が小沢のダチになる日
>> 転載 >> 尖閣義士の逮捕騒動に埋もれているが、画期的なニュースがある。尖閣諸島沖でわが海上保安庁巡視船の公務執行を妨害しながら那覇地検が処分保留で釈放、国外逃亡させた支那漁船船長、セン其雄について、ジャーナリストの山際澄夫氏(元産経新聞記者)ら [続きを読む]
さよならテレビ 2010/11/15/Mon 07:10
海保職員は無罪!政府が悪い!・sengoku38=神戸海上保安部の43歳の海上保安官、10日の逮捕は見送り・「映像は国民が知るべきもの。国民全体の倫理に反すれば刑に服す」・職員擁護意見相次ぐ・国家公務員法の守秘義
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 神戸海上保安部の43歳の海上保安官(一番左のボカシが入った人物) 職員擁護意見相次ぐ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101110-0000002... [続きを読む]
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現 2010/11/13/Sat 09:12
「平成の大獄」尖閣義士を救え…sengoku38氏の旗色
sengoku38は私だ…名乗り出た海上保安官がビデオ告発の動機を語った。決断したのは重要シーンをカットした7分映像の秘密上映。官邸が犯罪者を仕立て上げ弾圧する「平成の大獄」が始まる。 [続きを読む]
東アジア黙示録   2010/11/12/Fri 19:57
【朝日社説】仙谷政府の「形式秘」にも「目を光らせ」たら?
11月11日付朝日新聞社説 http://www.asahi.com/paper/editorial20101111.html#Edit1 海保ビデオ―独断公開が投じた課題  尖閣沖の中国漁船の映像は自分が流出させた、と神戸海上保安部の保安官が上司に申し出た。捜査当局は国家公務員法違反の疑いで調べている。   [続きを読む]
サラリーマンやってる猫の一匹集会所 2010/11/11/Thu 09:06
Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.