☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
2009-10-01 仏女・歴女・殺陣ブーム  〔『水間条項』より転載〕
今、空前の仏教と歴史が同時に女性の間に広がっています。

これは、仏教だけでないことで、単に社会不安からくる癒やしを求めてのことでありません。

その根元には、小泉政権下での日本構造改革(解体)で、失われつつあった日本人のアイデンティティを、無意識に求めた自然発生的なブームなのです。

戦後、日本人の精神性は、GHQに焚書された約8000タイトルの書物に記されていた歴史を喪失させられたが、最近『パール判事の日本無罪論』や『閉ざされた言語空間』『焚書図書開封』などの著書によって、日本人のアイデンティティ回帰現象と不可分の関係を否定できません。

このような状況になっているにも拘わらず、 鳩山由紀夫政権は、このブームに逆行する、日本を喪失させかねない 戸籍制度廃止、 夫婦別姓、 外国人参政権付与法案を矢継ぎ早に成立させようとしています。

無意識に、日本のこの変化に気付いているのは女性達なのです。

日本社会で結婚とは、婚姻届けをして夫婦と認められています。
しかし、 福島瑞穂消費者・少子化担当相は、婚姻届けをしないで出産しています。要するに 婚外子です。
戸籍制度廃止と 夫婦別姓は、福島瑞穂消費者・少子化担当相の家庭環境を、日本社会で違和感なく受け入れさせる「家族の絆喪失法案」なのです。

日本社会で少数派の異端者を擁護する法案を、仏女・歴女の皆様、賛同できますか。今、アクションを起こさなければ、日本喪失法案は、来年早々成立してしまいます。

「10・27『日本解体法案』反対請願受付国民集会&デモ」(憲政記念館講堂:日比谷公園大噴水前スタート)に参加して下さい。

※奇しくも10月27日は、吉田松陰の150回忌なのです。

【ネットだけ転載フリー】ジャーナリスト・水間政憲 : http://mizumajyoukou.jp/ 


ご賛同頂ける方は人気ブログランキンク FC2ブログランキンクをクリック!

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.