☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(雑談)「目覚まし時計」
こんにちは。〔しーたろう〕です。本日は拙ブログをご訪問くださり、有難うございます。
人生初ブログも3日目となり、管理もようやく慣れてきました。
まだ、自動車の運転で言えば「右よし、左よし」の状態ですけどね。

ここを訪れて下さっている皆様のほとんどは、日本が抱えている深刻な政治の現状に気付いていらっしゃる方だと思います。

〔しーたろう〕がこうした問題を初めて知ったのは、遅まきながら昨年の暮れ、あの国籍法改悪問題の時です。
たまたま覗いたネット上のニュースのコメント欄で、皆様から教えて頂きました。

それ以前の〔しーたろう〕は、ごく普通の、完全なノンポリでした。
そうです、皆さまが周知活動に手を焼いておられる「テレビでそう言っていたから」って納得しているあのタイプです(笑)。
何より日常生活や自分自身のことに追われ、とても政治に関心を寄せる事などありませんでした。

しかしこの問題をきっかけに、反日勢力と日本人との、言わば目には見えない“戦争”が起きている事、
もう随分前から日本はこうした勢力から徐々に徐々にと“侵略” され、それが『日本解体法案』の成立によって“合法的に”完成されようとしているという、恐ろしい状況に気がついたのです。

でも同時に、これまで考えることのなかった日本の素晴らしさ、日本人が培ってきた伝統、日本人の誇りというものも教えて頂きました。
学校の教科書で教えられた歴史には、誤った認識が含まれていたということも知りました。

〔しーたろう〕は、今も日常生活や自分自身のことに追われている状況は、以前とあまり変わりませんが、そうした“日常”が送れているのは、すべて平和な日本あってこそのものであるし、それを守ることが何より自分の日常を守ることなのだということを理解しています。
今、感じている平和が、本当の意味の「平和」でないということも。

こうした悪いことにも良いことにも気がつくことができたのは、ネットのおかげであります。
そして何より日本の危機を伝えよう、日本の良さを伝えよう、と情報を発信して下さった皆さまのおかげです。

現時点ではこの請願に関するWikiのようなまとめサイトも存在していないようですし、このブログを立ち上げることにより『日本解体法案』の反対請願書が1通でも多く提出されるように、そしてそれが日本を救う一歩となりますように、との切なる思いでいます。

今回用意された13項目の中には、〔しーたろう〕がこれまで余り思慮してこなかったテーマもあり、限られた時間の中で十分に考えてうまく書くことができるか、わかりません。
でも、皆さまは恐らくもっと思慮深い方々だと思いますから、ここに書きます内容を幾ばくかのヒントにして頂きながら、各々思われるところをしっかりと請願書にしたためて下さい。

今、自分にできること、しなければならないことをはっきりと見極めた結果、思い立ったが吉日、でとりあえず請願書の提出を予定されている皆さまの何かしらのお手伝いが出来る事を願っています。
それが今まで様々なことを教えて下さった皆さまへのせめてもの恩返しです。

そして、日本を守ることは、2700年近くも歴史と伝統を作ってこられた祖先と、未来を担う子供たちへの責任であると思うのです。

それから、このブログを通じて、この問題をまだ知らない方々への周知が出来ることも願っています。私が国籍法問題をきっかけに突然目が覚めたように、これらの問題をお知らせする、「目覚まし時計」にならなくてはなりません。

目覚めてさえくれれば、立ち上がる人はきっと大勢いるはずです。
だって、日本人ならば誰も反日国家を優遇したり、国益を損ねたり、自分の国を売りたい、とは思わないはずですもの。

日本解体法案』の反対請願の成功という目的と、“目覚まし時計”の役割。
残り1ヶ月足らずの期間、このブログの中でどこまで出来るのかわかりませんが、とにかく悔いの残らないよう可能な限りの努力をしたいと思います。

今後とも、皆さまのご協力をお願い申し上げます。

ご賛同頂ける方は人気ブログランキンク FC2ブログランキンクをクリック!

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。