☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-10-31 嵐と快晴「請願受付国民集会」総括 〔『水間条項』より転載〕
皆様のお陰で、 公明党が臨時国会へ「 外国人参政権付与法案」を、提出することを諦めたようでなによりでございます。

これから、通常国会へ向けて国会議員に周知活動など、いろいろとやるべきことが沢山あります。
少し遅くなりましたが、「10・27」の総括を綴って見ました。

【「日本解体法案」反対請願受付国民集会】「 中川昭一先生への追悼」は、駆け付けて戴いた方々の熱気に包まれ、保守再生の起爆剤になったと確信しております。

昨日(28日)、 憲政記念館に、預けてあった中川昭一先生の遺影と日の丸を、参議院会館へ運ぶ途中、機動隊に止められました。

日の丸を持って歩くと、無闇に不信感を抱く機動隊員の姿勢は、今後強くなると思われます。

10月27日17時18分、中川昭一先生を偲ぶ国会議員の多くの秘書の方々が、議員会館1階の外と事務所内で黙祷をされていたことを知り、中川昭一先生は、国会議事堂の尖塔から彼岸へ旅立っていかれたと確信いたしました。

憲政記念館に早く到着した 中山成彬先生は、車で 日比谷公園からの請願者移動の視察に向かわれ、中山先生から「今、霞ヶ関で見ているけど請願者がずーっと繋がっていて壮観だよ…」と解説して戴きました。
国会議事堂を取り巻き、請願者の方々に黙祷を御願いして戴きたいと、インターネットで呼びかけときには、議員会館で仕事をなさっている議員秘書の方々が、同時に「黙祷」を行って戴けることまで想定しておりませんでした。

また、移動していた請願者に警察官が、「18分になりますよ!」と、呼びかけられていたこともお聞きして、やはり日本人は優しくて善良な人々が多いんだなあと、あらためて実感させられました。

日比谷公園から憲政記念館までの経路と、講堂の外のエントランスでリレートークをすることまで想定できましたが、実際に多くの国を憂う方々の姿を目の当たりにすると、想像の域を遥かに超えていました。

憲政記念館講堂内の様子は、「FreeJapanTV」が、今週末「ダイジェスト版」の動画をユウチューブとニコニコ動画にアップするとのことです。登壇者の発言は動画で確認できますが、体感した会場内の雰囲気を表現すると、通路もびっしりで、ステージにまで座る人まで出てきて、さながら「状況劇場」や「ライブハウス」にも劣らぬ密度の濃い熱気ムンムンの状態でした。
国民集会は、17時から予定通り進行し、普段、見ていて中川昭一先生と姉弟のように接しられていた、発起人と司会を兼ねられた 西川京子先生から、発起人を代表して中山成彬先生が紹介されると、割れんばかりの拍手で迎えられていました。 日教組と闘ってこられた中山先生のお話しに、繰り返し熱い拍手が巻き起こっていました。20~30代の男女が殆どの会場からの熱狂的な拍手は、我々が日本を守るぞ‥との強い意志表明に感じられました。

次に、中川昭一先生の叔父さんでもあられる 中川義雄参院議員から、選挙中有権者に日本の危機を切々と訴えていた純粋で真っ直ぐな、中川昭一先生への無念の想いを訥々と述べられ、会場が少ししんみりとなりました。

中川昭一先生へ一分間「黙祷」をする前に、西川先生から「なぜ18分なのか!」の説明がありました。
それは、観音様にまつわる奇跡などに縁のある数が「18」であり、それで月々の観音祭日も18日になっていることに触れられ、観音様の力で迷うことなく彼岸へお渡しして戴けることを願って「18分」にさせて戴きましたとの説明の後。

〈西川先生の発声で「黙祷」〉〈「黙祷」を終わります〉

そして、西川先生から2月のイタリアで開催されたG7で中川財務大臣は、IMFに10兆円を拠出するサインをしたことに対して、IMFの専務理事が「人類の歴史上最大の貢献をして戴いた」と絶賛されていたことを日本のメディアが伝えなかったことを批判し、「朦朧」会見だけを流され、失意のどん底の中川昭一先生を「日本一と…迎えられ」と、述べたところで西川先生も感極まってむせび、声を詰まらせながら、中川昭一先生令夫人郁子様に挨拶をお願いされました。

黒いスーツに身を包まれた中川郁子様が、中川昭一先生はきっと天国から日本を見守ってくれていますと述べられると、会場からすすり泣く声が聴こえてきました。

次に、賛同団体を代表して、「 新しい歴史教科書をつくる会」代表の拓殖大学 藤岡信勝教授が登壇して、つくる会の教科書が、今年、初めて1%を超えて1.7%になったが、つくる会発足のとき、中川昭一先生にいろいろと応援して戴いたことなどを、分かりやすく述べられておりました。

そして、今日の会が 吉田松陰の150回の命日にあたり、ご親戚である 小田村四郎拓殖大学元総長から、中川先生への追悼と現在の日本の危機を乗り越えて行くことに触れられました。

この集会は、政治家諸先生方のリレートークをメインに企画しておりましたので、到着順にスタートしましたが、まず、西川京子先生から戸井田とおる先生がご紹介されました。戸井田先生は、同会の企画段階から相談にのって戴いており、一番早く15時に駆けつけてくれておりました。
そして、『南京の実相』が出版できたのも中川昭一先生が、陰で支えてくれたから可能だったいきさつを述べられておりました。
それからは、到着順に次々と登壇され、 戸井田とおる先生の親友の 馬渡龍治先生。 義家弘介参議院議員の「日教組は必ずつぶします」でヤンヤの拍手。遠路熊本から駆けつけられた 木原稔先生。
「国籍法改悪」阻止に奔走して戴いた 西田昌司参議院議員と 牧原ひでき先生など次々に登壇さられました。
小生は事務局長として講堂内を動き回っていましたが、戸井田先生のお話を聞いたあと、講堂ロビーに行くと請願者が溢れ、日比谷公園からスタートしてきた請願者で、外の駐車場から正門まで人が溢れておりました。

実行委員の山田惠久さんが、講堂入口の外のエントランスでハンドマイク片手に、請願受付の要領を説明していたところ、戸井田とおる先生が会場から現れ、マイクを持つとヤンヤの喝采を受けていました。戸井田先生が熱弁を振るわれると、御神輿や屋台はありませんが、駆けつけて来られた方々の熱気でお祭り状態の様相になっていました。
講堂内と違い、戸井田先生の挨拶が「檄」と「歓声」のコラボレーション状態になっていました。

あまりの盛り上がりに、講堂にいらしゃった中川義雄先生も、駆けつけ一言お礼挨拶を始めると、拍手と歓声が一段と高く巻き起こっていました。

警察の担当責任者から、請願者がどんどん続いてきて、正門から入れなくなっているので、しゃがんでいる人にもう少し前にといわれ、講堂前のエントランスが請願者で埋め尽くされました。請願者と弁士の距離は、一メートル位になっていました。
中川義雄先生が講堂に戻られると、今度は入れ代わって中山成彬先生が現れると、エントランスの聴衆のボルテージは最高潮に達して、さながら「錦絵」や「挿し絵」で見る明治時代の自由民権運動の一コマを見ているような錯覚に陥りました。

担当警察官から、日比谷公園からスタートした人数と講堂内の参加者を合わせると、18時の時点で3000人を超えておりました。その後、18時過ぎから帰る人来る人でエントランス横のスロープ通路が、日曜日の渋谷スペイン坂状態のようになっていました。エントランスの方は、19時30分頃まですし詰め状態で、請願書を積み重ねると3メートルを超え、請願者は5,000人を超えておりました。

講堂内を動き回っていると、旧知の知人友人も来てくれており、一様に動画を見たけど「無届けデモ」なのと聞いてくるので、「いま見ている通りです。見て判断して下さいよこの通りです。私には取材が一切ありませんでしたが、実行委員ひとりが『水間条項22日』にアップしてある『最重要:日比谷公園大噴水前からの移動要領決定』を、アップする前の21日の時点で桜の担当者に転送していますので、比較して頂ければすべて分かりますよ。恩師故 田中正明先生から、このようなときは、『私憤』はよくない『公憤』でなくてはと、きつく教えられていましたから、私的感情を抑えています」と、応えていました。
また、請願者の方々に「先生も一言」と、スピーチをお願いしますと依頼がありましたが「日本人ですから…」と、応えていました。

講堂の外でタバコを吸っていると、京都や北海道・九州・四国など全国から駆けつけてくれた方々から声を掛けて戴き、込み上げてきていた感動を、ここで改めて深甚の謝意を表し、お礼にかえさせて戴きます。

中山成彬先生には、日本が心配で、香港から駆けつけてくれた方もいたと教えられました。

いま日本人が結束して、新しい風を吹かせることが出来れば、人類に貢献できる素晴らしい国に再興できると信じて、よりいっそう皆様方の奮起を祈っております。

今後とも、皆様方との連帯感を共有して、目の前の危機に立ち向かう所存ですので、何卒宜しくお願い申し上げます。

追伸、政治家と参加者との一体感は、当日参加した政治家が経験したことのない状況だったとのことでした。

【ネットだけ転載フリー】「請願受付国民集会」事務局長・水間政憲  http://mizumajyoukou.jp/

ご賛同頂ける方は人気ブログランキンク FC2ブログランキンクをクリック!

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。