☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意見書文例:移民受け入れへの反対意見書 *利用・改変可*
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
政府・自民党などが移民を受け入れようと検討していることに対し、反対意見を送ります。当ブログでは一貫して移民受け入れに反対するスタンスでありますゆえ、駄文ながら文例を公開し、意見を送付することにいたしました。

◆◇◆皆さまへ◆◇◆
当ブログは基本的には安倍内閣を支持していますが、反対すべきと判断した政策については、意見を送ります。意見を送ることにより、政府内に存在するであろう慎重意見を後押しすることができると考えるからです。ご賛同頂ける方は、よろしくお願い申し上げます。

◆◇◆今般の文例作成のいきさつ◆◇◆
最近、下記のような報道がなされ、問題視した方が非公開コメントを下さいました。これを受け、意見書文例を作成することになりました。

***(以下は記事を転載)***
毎年20万人の移民受け入れ 政府が本格検討開始
msn産経ニュース 2014.3.13
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140313/plc14031319260010-n1.htm
政府が、少子高齢化に伴って激減する労働力人口の穴埋め策として、移民の大量受け入れの本格的な検討に入った。内閣府は毎年20万人を受け入れることで、合計特殊出生率が人口を維持できる2・07に回復すれば、今後100年間は人口の大幅減を避けられると試算している。経済財政諮問会議の専門調査会を中心に議論を進め、年内に報告書をまとめる方針。ただ、大量受け入れには単純労働者を認めることが不可欠で、反対論も強まりそうだ。
現在、外国人労働者は高度人材などに制限されており、日本国籍を付与する移民の大量受け入れとなれば国策の大転換となる。
日本で働く外国人の届け出数(昨年10月末)は72万人弱で、前年より約3万5千人増えた。20万人はその6倍近い数だ。
政府が移民の大量受け入れの検討に乗り出したのは、勤労世代の減少による経済や社会への影響が現実になり始めたため。成長戦略では女性や高齢者の活用を打ち出す一方で、移民も有力な選択肢として位置付けることにした。
試算では、2012年に8973万人だった20~74歳人口が、現状のままであれば2110年に2578万人に減る。しかし、移民を入れた場合は7227万人になるとしている。
だが、移民政策には雇用への影響や文化摩擦、治安悪化への懸念が強い。しかも、現在は外国人労働者は高度な専門性や技術を持つ人材などに限定しているが、毎年20万人を受け入れることになれば高度人材だけでは難しい。単純労働に門戸を開く必要が出てくる。
政府は移民議論と並行して、外国人労働者の受け入れ拡大を先行させる考え。
東日本大震災の復興や東京五輪に向けて建設業を中心に人手不足が拡大していることから、最長3年となっている技能実習制度の受け入れ期間延長や、介護職種を対象に加えることなどを検討している。改革案は6月にまとめる新たな成長戦略に反映させる。
こうした専門性や技能が高くない労働者の期間延長案には「実質的な単純労働解禁で、移民受け入れへの布石」(自民党議員)との批判が出ている。
***(記事の転載は以上)***

※送信につきましては、ペンネームで結構です。
※ご賛同頂ける方は、よろしくお願い申し上げます。

◆◇◆メールの送信について◆◇◆
送信先
◆自民党・「自民党へのご意見」フォーム(600字)◆
https://ssl.jimin.jp/m/contact

◆安倍晋三 内閣総理大臣◆
http://www.s-abe.or.jp/

・ご意見、ご感想の募集
http://www.s-abe.or.jp/contact/contact

・首相官邸 ご意見・ご感想
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

◆菅義偉 官房長官◆
・内閣官房内閣総務官室
http://www.cas.go.jp/

◆その他◆
皆さまの思うところにお送りくださいませ。

◆◇◆意見書文例:移民受け入れへの反対意見書 *利用・改変可*◆◇◆

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*
お世話になっております。突然の送信、失礼いたします。私は日本の国の平安を願う、ごく普通の一国民です。
私は先日の報道で、政府が毎年20万人の移民を受け入れることを本格的に検討開始したことを知りました。移民受け入れへの布石として既に、一定業種における人手不足の拡大を理由に、専門性や技能が高くない労働者の期間延長案が出されているとの報道に強く懸念致します。私は基本的には自民党の政策を支持していはいますが、この政策は全く支持できません。意見を最後までお読みください。よろしくお願い申し上げます。

【反対意見1】そもそも、移民による人口増がわが国の国力を高めるとは思えないから
少子化の現状では、わが国の人口は2110年に2578万人に減るが、移民を入れた場合は7227万人になるとしています。しかし、移民による人口増加が、わが国にどのような益をもたらすというのでしょうか?少ない人口でも幸福に暮らせる国づくりを行えば良いだけではないですか。政府内には自国を守ろうとする気概のある人材、斬新な発想や智恵のある人材はいないのでしょうか?
そもそも、移民によって人口だけが維持される国は、もはや「日本」とは言えません。高学歴の官僚や、国民から選ばれた優秀な人々が我々国民を代表しているはずではないのですか。官僚や政治家の方々の、ステレオタイプの貧困な発想で、私たちの国を破壊しないで頂きたい。よろしくお願い申し上げます。

【反対意見2】移民受け入れではなく、技術革新を後押しする政策を行うべきであるから
建設業界など、一定の業界の人材不足を補うため、外国人労働者の入国を緩和することに反対します。
なぜ安易に外国人労働者に頼ろうとするのでしょうか。日本にはまだまだ埋もれた人材がいます。むしろ建設業界も一層の機械化を進めて重労働を緩和し、女性や高齢者などでも容易に業務に携われるような技術革新を後押しすべきです。
いわゆる「ニート」と呼ばれる人々など、働く機会を逃している人材も国内には眠っています。移民推進より前に政府が行うべきは、こうした人々が容易に職に就くことができるような社会のバックアップなのではないですか?

【反対意見3】物づくりの重要性を、まずは国民自身が誇るよう教育すべきであるから
日本人が農業や建設業などの「3K職場」を嫌うようになったのは、国がそのように教育をしてきたからではないですか?
江戸時代は、「士農工商」として、農業や工業は商売をする人々よりも高い地位にありました。作物を育む農業従事者や、物作りをする工業に携わる人々を、商売をして金銭を得る人々よりも高い地位に置き、重要視していました。人生50年の時代に、人々はその世代の責任として、しっかりと子や孫へと産業を伝承してきました。
ところが、現代は短絡的な、目先の儲けを第一とする考え方を当然視しています。そもそもこの考え方の強い一部の企業が、安価な労働力を得て一時的な好景気の儲けのために、その後長い将来にわたって日本の負担となるような政策を推進する後押しをしているのではないですか。
農業や工業において安易に外国人に頼ることなく、これらの産業を将来の日本を支えていく重要な伝承産業としてとらえ、これらに従事することを誇りにできるような教育をし、熟練工をじっくりと育てるべきという政策を、なぜなさらないのでしょうか?こうした国民への働きかけや教育なしに外国人に頼ろうとするのは安直すぎます。物づくりは、尊い仕事であるとする、日本人への教育を、政策の一つとして掲げるべきです。

まずは「移民ありき」の政策は、断固、日本人としてお断りしたい。よろしくお願い申し上げます。

以上

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*
「移民受け入れに反対!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!



★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆

スポンサーサイト
Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。