☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
意見書文例:自民党などに送る「公明党のマイナンバー法案の『三条委員会』」への反対意見書 *利用・改変可*
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
自民党などに対し、公明党が推進しようとしている「マイナンバー法案」のあり方につき慎重に審議して頂けるよう意見を送ります。

◆◇◆皆さまへ◆◇◆
これはいわゆる「安倍叩き」の記事ではありません。
政権再交代後、参院選を迎えるまでのこの期間に自民党へ意見することについて、様々なご意見があるようです。しかし当ブログでは、何か意見があったら静観することなく送り続けたいと思っております。ご高配を宜しくお願い申し上げます。

◆◇◆今般の文例作成のいきさつ◆◇◆
過日、当ブログコメント欄に次のような情報を頂きました(コメントと情報、誠にありがとうございました)。

***(以下は頂いたコメントを転載)***

【公明党のマイナンバー法案】危険な法案のように思えるので投稿いたします。
昨晩夜通し色々調べてたんですが、大変危険な匂いがする事を見つけたのでメールにてご報告させてください。 本日は【マイナンバー法案】 衆議院通過と報道されました。

マイナンバー法案についてなのですが、あの【公明党】のホームページに恐ろしさを感じる文言を見つけました。間接侵略そのものです。 【(似非)人権侵害救済法案】の再来のような恐ろしさです。
私の考え過ぎならよいのですが。あの恐ろしい【人権委員会設置法案】の時にあった「小さく生んで大きく育てる 」という文言があります。「小さく生んで大きく育てる」トリックから国民にはわかりにくいのです。

そして 「公正委員会のような政治からの独立性の高い【三条委員会】として【特定個人情報保護委員会】なるものを設置し」監督監視する云々…とあります。これが危険ですよね、委員には誰がなるのかによっては大変危険なものとなると思います。
この表現【(似非)人権侵害救済法案】に反対した方なら匂う文言です。私は大変危険と匂います。間 接侵略そのものです。 【人権委員会設置法案】反対の時のような大規模なデモや集会やFAX 電凸が必要ではないかとさえ思いました。
西田昌司先生や西村眞悟先生や三宅博先生や水島社長はご存じでしょうか。ご存じではないようでしたらお伝えしたい気持ちです。私の考え過ぎならお騒がせしてしまうので申し訳なく思います。衆議院で通らなければよいですが、通ってしまったら良識のある参院議員に止めて頂かないと危険だと思うのですが 。 公明党ホームページより抜粋しましたので読んで頂けますか。

(*以下:公明党ホームページより「マイナンバー法案について」抜粋)
http://www.komei.or.jp/news/detail/20130305_10504
自公両党は、民主党政権が昨年に提出していた 法案を丹念に修正した上で、先日、3党協議で合意しました。諸外国 は、1990年代から各国 独自のやり方で番号制度を導入してきました。公明党は「小さく生んで大きく育てる」姿勢で 、個人情報保護に配慮した日本らしいシステムをつくる必要性を訴え、修正に取り組んできました。

修正内容は、行政の運営効率化や国民の利便性向上などの基本理念を確認。制度に対する国民 の理解を得るため、積極的な広報と浸透を図る国の責務を明確にしました。

さらに、懸念されている情報漏えいを防ぐため、公正取引委員会のような政治からの独立性の高い「三条委員会」として「特定個人情報保護委員会」を設置。マイナンバーにまつわる個人情報について監 督・監視し、行政機関への立ち入り検査などの権限を付与し、目的外の利用や情報漏えいに関わった公務員には厳罰を科し ます。

日本では個人情報全般に関する第三者機関がなく、先進諸 国と比べ個人情報保護の法整備が遅れています。そこで公明党は、法施行後1年をメドに同委員会を発展させ、「個人情報保護委員会」を設置し 、先進諸国並みに個人情報の保護を強化できるよう明記しました。

***(コメントの転載は以上)***

資料
「マイナンバー法案」の概要 内閣官房社会保障改革担当室
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/jouhouwg/hyoka/dai5/siryou1-1.pdf


当ブログでは事態を軽視せず、ご提案に従い、駄文ながら文例を公開し、意見を送付することにいたしました。

※送信につきましては、ペンネームで結構です。
※ご賛同頂ける方は、よろしくお願い申し上げます。

◆◇◆メール・FAXの送信について◆◇◆
送信先
◆自民党・「自民党へのご意見」フォーム(600字)◆
https://ssl.jimin.jp/m/contact

◆安倍晋三 内閣総理大臣◆
http://www.s-abe.or.jp/

・ご意見、ご感想の募集
http://www.s-abe.or.jp/contact/contact

・首相官邸 ご意見・ご感想
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

◆菅義偉 官房長官◆
・内閣官房内閣総務官室
http://www.cas.go.jp/

・内閣官房 ご意見募集
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

◆その他◆
皆さまの思うところにお送りくださいませ。

◆◇◆意見書文例:「公明党のマイナンバー法案」への反対意見書 *利用・改変可*◆◇◆

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*
お世話になっております。突然の送信、失礼いたします。私は日本の国の平安を願う、ごく普通の一国民です。

私は今般、去る5月9日に衆議院を通過し、今国会中に成立する見通しである「マイナンバー法案」(共通番号制度関連法案)につき、再度慎重に審議して頂きたいと希望する者です。
ご関係者におかれましては、下記の質問にお答え頂きたく、何卒宜しくお願い申し上げます。

1.「個人番号情報保護委員会」の委員は日本人に限定されていますか。
「マイナンバー法案」の詳細な内容につき、一般国民にはなかなか理解の機会がございませんが、与党公明党のホームページを拝見しますと、「政治からの独立性の高い『三条委員会』として『特定個人情報保護委員会』を設置。マイナンバーにまつわる個人情報について監督・監視し、行政機関への立ち入り検査などの権限を付与し」との内容を確認しました。「特定個人情報保護委員会」とは、内閣官房社会保障改革担当室が公開なさっている資料によれば、「個人番号情報保護委員会」と呼ばれ、この委員は個人情報の保護に関する学識経験者等で構成されているようです。しかし、この資料には委員就任の要件として日本国民に限定されるとの記載が見当たりません。個人情報について監督・監視し、行政機関への立ち入り検査などという、強大な権力を私人に付与する以上、就任要件を厳格なものとして規定して頂く必要性があると考えます。とくに外国人が強大な権力を持つ可能性が明確に否定されていることが国民として賛同できる最低の条件であると考えますが、この件についての明確なご回答をお願いいたします。

2.「マイナンバー法案」をなぜ「小さく生んで大きく育てる」必要があるのですか。
公明党のホームページによれば、「マイナンバー法案」について「『小さく生んで大きく育てる』姿勢で、個人情報保護に配慮した日本らしいシステムをつくる」とのことでした。
なぜ当初からきちんとした法案を策定しないのですか。一旦法案が成立したら、徐々に「個人番号情報保護委員会」の規模や権限を必要以上に拡大し、国民の個人情報を監視する強大な機関となるのではないかと強い不安を覚えます。この件に関し、明確なご回答をお願いいたします。

3.「三条委員会」として設置される「個人番号情報保護委員会」についてなぜ報道がなされないのですか。
「マイナンバー法案」の成立により、社会保障の充実や行政事務の効率化、行政手続きの簡素化が期待されるとのことです。この趣旨は理解できますが、多くの国民は、政治から独立した「三条委員会」たる「個人番号情報保護委員会」が設置されて一般私人がその委員になることを知らないため、その是非を正しく議論をすることができません。なぜこの国民の大きな関心事を隠しながら法案を成立させるのですか。明確なご回答をお願いいたします。

私は甚だ失礼ながら、この法案に掲げられている「個人番号情報保護委員会」が、かつて民主党が強力に推進していた『人権委員会設置法案』等と称していた三条委員会たる「新たな人救済権機関」に類するものではないかとの懸念を払拭できません。
参議院での審議がなされて法案が成立する前に、国民が不安を抱かないよう、明確にご回答くださいますよう、心よりお祈り申し上げます。

時節柄、どなた様もお体にはくれぐれもご自愛の上、ご活躍下さいませ。

以上

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

「『公明党のマイナンバー法案』を慎重に審議を!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆

転載記事:『南京の実相』を貶めた謀略
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!


◆◇◆今般の主旨◆◇◆
ブログ『水間条項』さまの5月19日の記事、またブログ主である水間政憲さまご自身より、直々に下記の拡散依頼がございましたのでご紹介いたします。


***以下は転載記事***

『南京の実相』を貶めた謀略

2013年05月19日 10:03




※写真は、中山成彬先生の名を使った「私文書偽造ハガキ」の写しです。


●《『南京の実相』を貶めた謀略に鉄槌》


■私文書偽造や名誉毀損などの犯罪を野放しにすると、犯罪が増長しますので、きちっと手続きをとります。


南京問題は、2013年4月10日の衆議院予算委員会で、西川京子衆議院議員が終わっていると宣言した通りなのです。

実際、南京問題の第一人者で、自民党歴史議連の「南京問題の総括」にオブザーバーとして、小生といっしょに関わった阿羅健一氏は、国際連盟理事会第100回期議事録の全文が明らかになったとき、「これで南京問題は終わった。この意味がわかる者は日本に数人しかいないな…」と、断言していたのです。

そして、2007月6月19日に憲政記念館で、国内外の記者に「南京問題の総括」を発表した後、東中野修道南京学会々長が、西川京子「歴史議連」事務局長に、南京問題に関して「民間でやれることはやり終えました。あとは国会議員の方々にお任せします。……南京学会は解散することにしました」との、趣旨の手紙が届けられていたのです。

阿羅健一氏が、日本に数人しかいないと言っていたひとりが、東中野修道氏だったようです。

それでも、なかなか一般国民にまで浸透しなかったのは、自民党「歴史議連」の「南京問題の総括」を纏めた『南京の実相』を貶めた謀略があったことも大きな要因です。


『南京の実相』は、自民党歴史議連「南京問題の総括」の記者会見で発表した文書と配布資料を纏めたもので、自民党歴史議連約100名の承認に基づいて発表されたものです。


写真のハガキは、その「南京問題の総括」に間違いがあったと、中山成彬会長自身が認めたとの内容ですが、これは中山先生の私文書を偽造した犯罪だけでなく、自民党歴史議連の名誉も毀損しているのです。また、中山会長が間違いを認めているから、『南京の実相』の普及活動を控えるようにと、中山会長のハガキを受け取ったと称する人物が、保守国民に直筆で書き送った文書もあり、証拠は揃っています。


『南京の実相』に「出版にあたって」を寄せられた歴史議連副会長(当時)は、現在、警察を統括する古屋圭司・国会公安委員長であり、中山会長の名誉だけでなく、自民党歴史議連の名誉を貶めた人物は、その犯した犯罪に対して、きっちり刑事罰をうけなくてはいけません。


そのような人物と、行動を共にしている人物も同罪です。

中川昭一自民党歴史議連初代会長の名誉のためにも、国益を貶めた人物には鉄槌が下されるであろう。


※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
****転載は以上****

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚
「『南京の実相』を貶めた謀略は許せない!」とお考えの方は

人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。


転載記事:拡散希望《情報戦究極の武器完成》
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!


◆◇◆今般の主旨◆◇◆
水間政憲さまご自身より、直々に下記の拡散依頼がございましたのでご紹介いたします。


***以下は転載記事***
●拡散希望《情報戦究極の武器完成》

■『ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神』(PHP研究所)は、究極の情報戦の武器としてまとめたものですが、出版前に内容をあまり明らかにしない方針でしたが、アマゾンに、「はじめに」の一部が抜粋されましたので、ここに全文掲載することにしました。

発売後に様々な嫌がらせを想定していますが、取次店を牛耳っている出版労連が妨害しても、紀伊國屋書店は過去の実績から正当に取り扱って頂けると思っております。また、アマゾンなどインターネット販売には、取次店の嫌がらせは及びませんので、今回はあまり気にしてません。

それでは、下記に新刊本の「はじめに」を掲載します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
【はじめに】

本書は、我が国の未来を担う子供達への「日本罪悪史観予防ワクチン」の目的と、忘れ去られている武士道精神の復活を祈念して上梓しました。

現在、小中学生が学んでいる歴史認識は、「GHQ占領下」で行われた以上の危険な洗脳が行われ、中高の入試問題などに「嘘」が公然と出題されているのが現状です。

ここまで歴史が歪められたのは、「GHQ占領下」の強力な洗脳ラジオ放送、「真相箱」の編集に加担した朝日新聞と宣伝放送したNHKが中心になり、占領が解除され、主権が回復した後も繰り返し「日本罪悪史観」を撒き散らして来たからです。

本書を上梓するにあたって、朝日新聞社が戦前に発行していた『北支事変画報』や『日支事変画報』『支那事変写真全集』『支那事変画報』、そして『アサヒグラフ』は、創刊号からすべて調べ尽くし、数千枚の写真を収集しました。

朝日新聞が1975年に『アサヒグラフに見る昭和前史』や『アサヒグラフに見る昭和の世相』と、たて続けに出版した中に掲載されなかった写真に、朝日新聞社内で勃発した組合側による革命(1968年)以降、朝日が中国に配慮し、隠したい「日中戦争」(支那事変)の真相があると判断しました。

その中から、説明する必要のない「ひと目でわかる」写真を厳選し、196枚を一挙に掲載しました。

これらには、1919年、国際連盟(ベルサイユ講和会議)に於いて、我が国が提出した「人種差別撤廃決議案」を否決した英国や米国などが畏れた、日本軍の「武士道精神」(義・礼・勇・仁・誠・忠・名誉)が、見事に記録されています。

覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様が、本書に記載されている情報を国内外に拡散されたとき、無意識に擦り込まれていた人々が、「日本罪悪史観」の間違いに気付かれることを願ってやみません。



平成二十三年四月二十八日

主権回復の日に記す

近現代研究家 水間政憲

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
以上、『ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神』より



※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/


****転載は以上****

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚
「『ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神』をベストセラーに!」とお考えの方は

人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.