☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意見書文例:「『竹島の日式典開催の見送り』『尖閣公務員常駐先送り』の報道を受け、毅然とした外交を求める意見書」*利用、改変可*
まずは 人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking クリックをお願いいたします!

◆◇◆はじめに◆◇◆
この記事は、いわゆる「安倍叩き」の記事ではありません。
決して弱腰外交などせず、もっと国内外に自民党の強いリーダーシップを見せ、日本の誇りを取り戻してほしいと、叱咤激励する意見書です。
皆さまのご理解を宜しくお願い申し上げます。

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
当ブログにお越しの皆さまが既にご承知のとおり、自民党は衆議院選挙の党公約に盛り込んだ政府主催による「竹島の日」式典開催について、来年2月22日は見送る方針を固めました。
また、安倍総裁は尖閣諸島の実効支配を強化するため現地に公務員を常駐させるとした衆院選公約の実施を、当面先送りする方針も固めました。

***以下は転載記事2件***

「竹島の日」式典開催を見送り
2012年12月21日(金)10時42分配信 共同通信
自民党は21日、党公約に盛り込んだ政府主催による「竹島の日」式典開催について、来年2月22日は見送る方針を固めた。安倍晋三総裁は、韓国大統領選で朴槿恵氏が勝利したことを受け、日韓議員連盟幹事長の額賀福志郎元財務相を特使として派遣することを記者団に明らかにした。島根県・竹島問題で冷え込んだ日韓関係を両政府の政権交代を機に、改善する狙いがあるとみられる。

安倍総裁、尖閣公務員常駐先送り
2012年12月22日(土)11時43分配信 共同通信
自民党の安倍晋三総裁は22日、沖縄・尖閣諸島の実効支配を強化するため現地に公務員を常駐させるとした衆院選公約の実施を、当面先送りする方針を固めた。反発が予想される中国に配慮したためで、政権発足後には特使の派遣も検討する。対中柔軟姿勢で、尖閣国有化をめぐり悪化した日中関係の改善に取り組む意向だ。ただ「竹島の日」式典の政府主催見送りに続く後退で、保守層から公約違反との指摘も出そうだ。

***2件の転載記事は以上***

これらの問題に対し自民党へ意見することにつき、様々なご意見があるようですが、当ブログでは公約は公約として粛々と実現されるべきであると考えます。

そもそも、韓国大統領選がこの時期に実施され、「竹島の日」の前後にその就任がなされることは、自民党が今回の衆院選に向けた政策集を作成する前から決まっていたことです。もし平成25年に「竹島の日」式典開催を見送るのであれば、今回の政策集に掲載するべきではありませんでした。中国の反発とて、想定の範囲内であったはずです。
ですから、有権者に対してきちんとその説明をする責任があると考えます。

とくに「保守」でない方々であっても、一般の有権者は国際社会における日本の強いリーダーシップを期待しています。「国際社会」は何も中国と韓国だけが相手ではありません。また、たとえ「竹島の日」式典を開催したからといって、また尖閣諸島に公務員を常駐させたからといって、韓国や中国とすぐさま経済的な取引がなくなるわけではありません。
日本の誇りを取り戻し、国際社会での地位を向上させることは、多くの方がすぐにも期待なさっているわが国の経済的な安定にもつながることです。
そもそも自民党が経済発展を第一として、外交問題に対して毅然たる態度を取らなかったからこそ、招いたのがこの外交の現状です。

当ブログでは、政権担当がどの政党になっても、送るべき意見はしっかりと送りたいと思います。
多くの国民が経済・雇用の問題解決とともに、外国に媚びない毅然とした外交を求めています。
静観することなく意見を伝え続け、認識を改めて頂かなければ、「弱腰外交」を懸念する多くの良識ある一般の有権者が、自民党から離れる結果を招いてしまいます。

そこで当ブログでは駄文ながら、自民党に対する抗議意見の文例を作成し、意見を送信することにいたしました。

自民党に抗議するというよりも、自民党が有権者の声を聴いてくれる政党であることを信じるからこそ、意見を送るのです。

皆さまのご意見を加えてご利用頂き、できるだけ多くのご意見をお送り頂ければ有難く存じます。

※送信につきましては、ペンネームで結構です。
※ご賛同頂ける方は、よろしくお願い申し上げます。

◆◇◆メール・FAXの送信について◆◇◆
送信先
◆自民党・「自民党へのご意見」フォーム(600字)◆ ※文例はそのままでは入りません
https://ssl.jimin.jp/m/contact

◆安倍晋三 自民党総裁◆
http://www.s-abe.or.jp/

・ご意見、ご感想の募集
http://www.s-abe.or.jp/contact/contact

◆高村 正彦 副総裁◆
http://www.koumura.net/

高村 正彦事務所
・周南事務所
〒745-0004
山口県周南市毛利町1-3
電話 0834-31-4715
FAX 0834-31-3297

・防府事務所
〒747-0024
山口県防府市国衙5-11-4
電話 0835-22-0771
FAX 0835-24-3741

・山口事務所
〒753-0052
山口県山口市三和町17-42-103
電話 083-924-5050
FAX 083-924-7866

・東京事務所
〒100-8981
東京都千代田区永田町2-2-1
衆議院第一議員会館701号
電話 03-3581-5111(代)内線50701、60701
FAX 03-3502-5044

・番町政策研究所
〒107-0052
東京都港区赤坂2-2-21
永田町法曹ビル502
電話 03-3560-5575
FAX 03-3505-4411

◆石破茂 幹事長◆
http://www.ishiba.com/

・ご意見・お問合せ
http://www.ishiba.com/modules/inquiry/

・東京事務所 
〒100-8982
東京都千代田区永田町2-1-2 
衆議院第2議員会館515号室
TEL 03-3508-7525
FAX 03-3502-5174

・鳥取県東部事務所
〒680-0055
鳥取県鳥取市戎町515-3
TEL 0857-27-4898
FAX 0857-21-1638

・鳥取県中部事務所
〒682-0022
鳥取県倉吉市上井町1-138
TEL 0858-26-5836
FAX 0858-26-2841

◆細田 博之 総務会長◆
http://h-hosoda.jp/
・細田 博之事務所
[地元事務所] 松江市堂形町881細田会館
TEL:0852-21-6455
[国会事務所] 衆議院第二議員会館513号室
TEL:03-3508-7443

◆甘利 明 政務調査会長◆
http://www.amari-akira.com
・ご意見・ご感想
http://www.amari-akira.com/feedback/index.html

・甘利明事務所 (大和事務所)
〒242-0028 神奈川県大和市桜森 3-6-14
Tel:046-262-2200 Fax:046-261-8939

・甘利明事務所 (東京事務所)
〒100-0014 東京都千代田区永田町 2-1-2 衆議院第2議員会館 514号室
Tel:03-3581-5111 (内線 70514) Fax:03-3502-5087


◆◇◆意見書文例:「『竹島の日式典開催の見送り』『尖閣公務員常駐先送り』の報道を受け、毅然とした外交を求める意見書」*利用、改変可*◆◇◆

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*
突然の送信、失礼いたします。私は自由民主党を心から支持する一国民です。
このたびの衆議院議員選挙における圧倒的な勝利と政権奪還、誠におめでとうございます。
ところで昨今、衆議院議員選挙の公約として政策集に記載された「竹島の日」式典の政府主催を見送り、ならびに尖閣諸島への公務員常駐を先送りするとの報道を受け、愕然としていますがこれは本当のことでしょうか。

このたびの選挙におかれましては、「自民党は生まれ変わった」として戦ってこられました。極めて多くの国民がこの3年3ヶ月の間、何に失望し、何に期待して投票したのか、何卒それをご理解下さい。

私は手弁当で、自民党への支持を呼びかけてきました。私の多くの仲間が、デモで、ポスティングで、ブログで、ツイッターで、電凸で、反日スポンサーへの不買運動で、その他様々な方法で、民主党を中心とした反日・売国勢力から日本を守ろうとして地道な努力を続けてまいりました。それは、中国や韓国に媚びず、強い政治を行うであろう安部総裁率いる自民党への信頼があったからです。
もしこれらの報道の内容が真実であったなら、私は、私を信じて自民党に投票を決めてくれた友人知人に、一体どのように説明すればよいでしょうか?

そもそも、韓国大統領選がこの時期に実施され、「竹島の日」の前後にその就任がなされることは、自民党が今回の衆院選に向けた政策集を作成する前から決まっていたことです。もし平成25年に「竹島の日」式典開催を見送るのであれば、今回の政策集に掲載するべきではありませんでした。
安倍内閣が発足すれば、尖閣諸島の問題につき中国が反発することも当然に予想されたことです。
ですから、竹島の日式典開催の見送りと尖閣公務員常駐先送りの理由を、有権者に対してきちんと説明する責任があると、僭越ながら考えます。

多くの国民が現在直面している経済・雇用の問題解決とともに、外国に媚びない毅然とした「力強い政治」を求めています。とくに「保守」の思想が無い方々であっても、一般の有権者は国際社会における日本の強いリーダーシップに期待しています。
「国際社会」は何も中国と韓国だけが相手ではありません。また、たとえ「竹島の日」式典を開催したからといって、また尖閣諸島に公務員を常駐させたからといって、韓国や中国とすぐさま経済的な取引が無くなるわけでもありません。
むしろ日本の誇りを取り戻し、国際社会での地位を向上させることは、多くの方がすぐにも期待なさっているわが国の経済的な安定にも直結することです。
そもそもこれらの問題は、失礼ながら、自民党が戦後の長きに亘り、経済発展を第一として、外交問題に対して毅然たる態度を取らなかったからこそ、招いた問題ではないでしょうか。

「竹島の日」式典開催、また尖閣への公務員常駐によってマスコミからのバッシングを恐れていらっしゃるのなら、それは恐らく見込み違いです。国民が本当にマスコミを信用しているのなら、この1年半以上、原発についてマスコミがあれだけネガティブキャンペーンを継続していたのに、なぜ卒原発を旗印とした「未来の党」は惨敗したのか、という分析はなされていないように思います。
自民党が考えておられるよりずっと、日本人には良識が備わっています。少なくとも投票所に足を運んだ人々は、マスコミには踊らされることなく、「サイレント・マジョリティー」として今回の結果を生んだのだと考えています。

基本的に、良識ある有権者は「領土など取られてもよい」とは考えません。日本人はそれほど馬鹿ではありません。むしろマスコミが騒げば騒ぐほど、有権者は自分の頭で物事を考えることができるようになると考えます。
それより、「自民党が公約違反」と報じられることのデメリットの方がはかりしれません。

「日本を、取り戻す。」ならまず、「竹島を、取り戻す。」、また「尖閣を、守る」、これらを必ず実行して下さい。さもないと民主党との違いを見せることはできず、有権者の間で政治不信が加速し、参院選では自民党は壊滅的に議席を失うことになりかねません。公約は公約として粛々と実行されるべきです。
現在の日本人が求めているのは、外国に媚びない毅然とした態度、強いリーダーシップの発揮です。これらによって、有権者は日本を誇りとするようになり、次の参院選では今回よりもはるかに多くの得票をすることができると考えます。

今後も自由民主党の発展を心よりお祈り申し上げますと共に、もしこれらの報道が真実であれば、竹島の日式典のご開催、尖閣諸島への速やかなる公務員の常駐についてのご再考を心よりお願い申し上げます。

以上

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

「毅然とした力強い外交を!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆
スポンサーサイト

朗報!「『女性宮家』創設、一般意見で反対が多数」→政府は「今後の議論の参考とする」
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking クリックをお願いいたします!


当ブログで本年10/14に公開した、意見書文例:女性宮家創設への反対意見書(「皇室制度に関する有識者ヒアリングを踏まえた論点整理」に対するパブリックコメント用意見書)*利用、改変可*
また10/31に追加公開した、意見書文例:もっともっと多くの声を届けよう!「女性宮家創設への反対意見書」その2(パブリックコメント用意見書)*利用、改変可*
に関しまして、下記のような報道がなされました。


***以下は報道を転載***


「女性宮家」創設、一般意見で反対が多数 日本テレビ系(NNN) 12月18日(火)22時18分配信

政府は18日、女性皇族が結婚後も皇室にとどまることができる「女性宮家」の創設に対する一般からの意見募集の結果を公表した。

「女性宮家」の創設について、政府は10月初めに、天皇の子や孫に当たる内親王のみを対象とするなどとした案を示していた。一般からの意見募集は今月10日まで行われ、26万件を超える意見が寄せられた。

皇位継承とは切り離して議論を行うという検討の前提自体に対して疑問を示す意見や、女系天皇を作り出すプロセスになり得るとして、政府が示した「女性宮家」創設案に反対する意見が多くを占めたという。

今回寄せられた意見について、政府は「今後の議論の参考とする」としている。


***報道の転載は以上***


この問題に関しましては、当ブログだけでなく多くの方が呼びかけをなさっておられました。26万件を超える意見を寄せて下さった皆さま、お疲れ様でした。
そして、誠にありがとうございました!!!


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

「これからも地道な抗議活動を続けよう!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆

祝! 「日本を、取り戻す。」自民党圧勝!!中山成彬先生も西川京子先生も当選!!!
祝! 「日本を、取り戻す。」自民党圧勝!!
中山成彬先生も西川京子先生も当選!!!


当ブログにお越しの皆さまが既にご承知のとおり、ついにこの3年3ヶ月に亘って日本の危機的状況を作り続けた、反日/売国・民主党政権が終わることとなりました。

第46回衆議院議員選挙

また、ひとつ下の記事において、微力ながら支援させて頂いた、中山成彬先生も西川京子先生も、いずれも比例九州ブロックで当選なさいました。
皆さまのご支援に心より感謝いたします。


(転載記事<一部>)
安倍氏、憲法改正へ一歩 雌伏5年…「蹉跌乗り越え」
2012.12.17 09:16  msn産経ニュースhttp://sankei.jp.msn.com/politics/news/121217/elc12121709210247-n1.htm

 自民党の安倍晋三総裁が再び首相の大任を担う。1度目は前任者の小泉純一郎元首相がレールを敷いた「禅譲」の色合いが濃かったが、今度は違う。不利な情勢にあった9月の党総裁選に逆転勝利し、さらに衆院選でも自力で2度目の首相の座を引き寄せた。だが、大勝しても安倍氏は16日夜のフジテレビ番組で淡々とこう述べた。
 「基本的に自民党に対して完全に信頼が戻ったということではない。(有権者は)期待に応えていくか厳しい目で見ている」
 勝利は民主党や第三極の自滅によりもたらされたもので、浮かれている場合ではないと引き締めているのだろう。

■「気負い」見えず
 5年3カ月前、病に抗せず退陣を余儀なくされた安倍氏は今回、尊敬する幕末の志士、吉田松陰の戒め「一蹉跌(さてつ)を以(もっ)て自ら挫折することなかれ」を実践してみせた。
 「私は政治的に一度ほとんど死んだ人間だ。もう怖いものはなくなった」
 安倍氏は総裁選以降、会合などで現在の覚悟についてたびたび強調してきた。その通り、最近の安倍氏の言動からは以前は目立った「気負い」はうかがえず、自然体にみえる。(以下略)
(転載記事<一部>は以上)

◆◇◆◇◆

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆

今回日本国民は、遅々として進まない東日本大震災からの復興、竹島や尖閣諸島問題における政府の及び腰の対応、低迷を続ける経済など日本が抱える問題に真面目に向き合い、政治を自分自身のこととして考え、投票しました。
前回の選挙のように反日マスコミの偏向報道に煽られ、面白がって投票したりはしなかった、この日本国民の正しい判断を、まずは誇らしく思います。

そこには、おそらく、反日/売国政権・マスコミの問題と対峙し、私事より国益を優先なさった同士の草莽の皆さまの大きな働きが影響したことは間違いありません。
何より前回衆院選のときと違ったのは、自民党安部総裁を始め、有能な候補者が草莽の皆さまの声に耳を傾けて下さるようになったことです。

デモで、ポスティングで、ブログで、ツイッターで、電凸で、反日スポンサーへの不買運動で、その他様々な方法で、反日/売国勢力から日本を守ろうとしてきた皆さまの地道な努力に心からの労いを申し上げます。

また拙き〔しーたろう〕と共に、当ブログにおきまして、メール・FAXでの意見書/周知の送信をして下さいました皆さま、本当に有難うございました。お疲れ様でした。

世の中は捨てたものではありません。諦めずに良かったですね。

しかし日本を守る土壌はようやく整ったばかりです。わが国が抱える、憲法改正、ご皇室の懸案、外交・防衛、歴史認識、領土問題などの様々な問題の解決は、これからです。
皆さまとともに、これから当ブログは、日本のために戦って下さる政治家を反日/売国勢力の陰謀の手から守り、日本を取り戻すべく周知活動のツールとして活用頂けるよう、尽力したいと思います。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆

「これからも日本が守られますように!」と願う方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★

姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!

日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」

是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆

転載記事2件:緊急拡散;中山成彬先生勝手連 & 緊急拡散:西川京子先生勝手連
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!


◆◇◆今般の主旨◆◇◆
ブログ『水間条項』さまの緊急拡散;中山成彬先生勝手連、また緊急拡散:西川京子先生勝手連の記事中におきまして、またブログ主である水間政憲さまご自身より、直々にこの2件の記事の拡散依頼がございましたのでご紹介いたします。


***以下は転載記事を続けて2件***

緊急拡散;中山成彬先生勝手連

2012年12月03日 15:31

●緊急拡散《中山成彬先生を支援する国内外勝手連》


■いよいよ総選挙が公示されます。


北朝鮮が弾道ミサイルを発射する緊迫した状況の中での総選挙になります。

この状況を誘引したのは、反日テレビなどマスコミの責任ですが、それに翻弄された国民の情報弱者としての責任も大きいのです。

いま中山成彬先生が国会議員であられたら、経済・財政と安全保障の見識を持ち合わせている政治家として、総理大臣候補ナンバーワンの存在だったのです。


しかし、国家天下を語れる人物は、なかなか地元の方々には理解されないこともあり、選挙に苦労されていらっしゃるのが現状です。


国内外で日本を憂いていらっしゃるインターネットユーザーの皆様には、中山成彬先生が文科大臣として「平成の教育改革」を断行し、学力低下の根本原因だった「ゆとり教育を廃止」した功績や、日中歴史認識問題に楔を打ち込んだ「南京問題」を、自民党歴史議連会長として総括し纏められ、2009年6月には、米国上下両院議員全員に『南京の実相』を寄贈されたことなどの国家的大貢献を宮崎市民に知らしめて戴きたいと願っております。


それには、下記の宮崎市観光協会のサイトに様々な業種のメールアドレスが、掲載されておりますので、淡々と勝手連的に情報を提供していただければと願っております。

■【宮崎市観光協会サイト】

http://www.miyazaki-city.tourism.or.jp/about/members.html


以上宜しくお願い致します。


※ ジャーナリスト水間政憲;ネットだけ転載フリー《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/》(条件;上記全文掲載)

緊急拡散:西川京子先生勝手連

2012年12月03日 12:46

●緊急拡散《西川京子先生インターネット勝手連》


■いよいよ総選挙が公示されます。


我が国では、インターネット時代に突入しても、未だにインターネットが選挙の趨勢を左右するまでになっておりません。


国民はテレビをとっくに見切っていますが、総選挙で投票したい候補者がいないと悩んでいらっしゃる方がたくさんおります。

国内外の皆様、民主党政権この3年半の鬱憤を、インターネットユーザーの総力を挙げて、西川京子先生を勝手連的に支持することで晴らせると思っております。


そのやり方は、「北九州市観光情報サイト」を閲覧すると、旅館やホテル・名所旧跡などたくさんのメールアドレスが公開されておりますので、そこに西川京子先生の功績などの情報を提供できると思っております。
国内外から数万人が行動していただければ、戦後初めてインターネットが選挙を左右したと記録されることなると思っております。


■【北九州市観光情報サイト】http://www.google.com/gwt/x?client=ms-nttr_docomo_gws_aw-jp&gl=JP&wsc=tb&source=sg&u=http://www.kcta.or.jp/&ei=BWa7ULPfL5CvkgWjl4HgCQ&ct=pg1&whp=30


■西川京子先生の参考記事

【サムライ西川京子先生の恩に報いよう】http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=1158&cr=7dd889ac8e32bad7127b2b7b87f3e1b2


【西川京子先生の処遇に怒り爆発】http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=1159&cr=ce295ed24bca358aecada340d2f2cdee

■西川京子先生インターネット動画一覧URL

西川京子サイト
http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=%E8%A5%BF%E5%B7%9D%E4%BA%AC%E5%AD%90&source=web&cd=1&cad=rja&ved=0CDEQFjAA&url=http%3A%2F%2Fwww.nishikawa-kyoko.jp%2F&ei=1xm8ULPjCqfumAXTnIGYDA&usg=AFQjCNFNTu0enSR2Z_jIp0IIoQB_LRisOg

「日いずる国」西川京子・石原発言と国家意識 H24年4/27
http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=%E8%A5%BF%E5%B7%9D%E4%BA%AC%E5%AD%90&source=web&cd=15&cad=rja&ved=0CH4QtwIwDg&url=http%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3DaCvONJ61eyo&ei=1xm8ULPjCqfumAXTnIGYDA&usg=AFQjCNGmeDJ4hHBiqo9X72cELVP2eJcyzw

ニコニコ動画 有条件降伏に導いた日本人の底力 H24年11/18
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19379675

●日本の行く末をご心配されていらっしゃる国内外のインターネットユーザーの皆様が、上記の情報を確認され日本の砦を西川先生に託せると判断されましたら、勝手連的に支持していただければと思っておりますので、宜しくお願い致します。


※ ジャーナリスト水間政憲;ネットだけ転載フリー《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/》(条件;上記全文掲載)


****転載は以上****

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚
「中山成彬先生、西川京子先生がんばれ!」とお考えの方は

人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

転載記事:緊急拡散《サムライ西川京子先生の恩に報いよう》
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!


◆◇◆今般の主旨◆◇◆
ブログ『水間条項』さまの12月1日の記事、またブログ主である水間政憲さまご自身より、直々に下記の拡散依頼がございましたのでご紹介いたします。


***以下は転載記事***

緊急拡散《サムライ西川京子先生の恩に報いよう》

2012年12月01日 08:28

緊急拡散《サムライ西川京子先生の恩に報いよう》


いま発売中の『週刊文春』に、小泉純一郎元首相の秘書官を務められた飯島勲氏が、「選挙」はバッチが欲しいだけの輩が右往左往しているドタバタの現状で、悠然と「無所属」から出馬して、勝利する可能性がある候補者が3人いると名前を挙げていました。

そのお1人が、外国人参政権・国籍法改悪・偽装人権擁護法案(日本人弾圧法案)・女性差別選択議定書批准法案・夫婦別姓法案など、反日法案阻止に最前線で絶大な貢献をして戴いた、福岡県から出馬予定の西川京子先生です。

その恩に報いれるのは、今回の選挙しかありません。故中川昭一先生から絶大な信頼を寄せられ、自民党歴史議連事務局長に就任され、中山成彬会長と二人三脚で 「南京の総括」を纏め、米国上下両院議員全員に『南京の実相』を寄贈したことは、戦後初めて国会議員が、日中間の歴史認識問題に楔を打ち込むことになった のです。

リベラル自民党には、そのような本物の愛国議員を抹殺する闇の力がはたらいて、西川京子先生は、自民党県連の横槍で自民党の公認から外されました。

自民党リベラル派にしっぺ返しをするためにも、是が非でも西川京子先生には、永田町に戻っていただくことなのです。北九州小倉北区・小倉南区・門司区に友人 がいらっしゃる方々には、是非とも国内外から一声呼びかけて西川先生の数々の愛国活動の恩に報いていただければと切に願っております。

選挙とインターネット問題は、民主党が政権をとったとき、インターネット選挙を認める法案が審議されましたが、何故かうやむやになり流れました。

実際、公職選挙法では選挙違反の3条件が規定されています。①選挙を特定 ②候補者を特定 ③応援

以上の条件ですが、「応援」とは、どのようなことなのかとの概念なり、範囲を詳細に特定されておりません。選挙管理委員会の担当者も、「応援」とはなにか規定されていないことで、難しいと仰ってました。

実際、選挙違反を逮捕するのは警察の仕事です。その逮捕の基準は、3条件を満たしていることが前提条件ですが、その中で一番グレーゾーンは「応援」とはなにかの規定がないことなのです。

また、インターネットでも報道と認められる場合は、報道の枠内であれば、選挙期間中でも選挙違反を免除される場合もあるのです。

また、選挙管理委員会の方もインターネットが選挙違反になる場合、その一線はどこにあるのか、逮捕起訴され刑が特定された判例が、まだ一例も無いことからインターネットにはグレーゾーンが大きいということです。

確かに、12月4日の公示後はインターネットの文書も選挙違反の対象になる可能性があります。しかし、インターネットは、いまや国境を一瞬で越えて情報が拡散されますので、公職選挙法は国内法であり、あくまでも法律が及ぶ管轄権は日本国内だけになります。

となれば、海外からの応援は自由自在にできることになります。

また、2009年の総選挙でも立候補者が、公示後も毎日ブログを更新していた方もおりました。


「南京事件」の総括 (小学館文庫)



南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった


※ ジャーナリスト水間政憲;ネットだけ転載フリー《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
(条件;上記全文掲載)

****転載は以上****

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚
「西川京子先生がんばれ!」とお考えの方は

人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。