☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
速報:祝!「自民新総裁に安倍元首相 決選投票で石破氏を逆転」*〔しーたろう〕の会場内ミニレポートつき*
はじめに、
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

〔しーたろう〕の会場内ミニレポートを追加記載しました(9月26日17:00)

◆◇◆◇◆

「自民新総裁に安倍元首相 決選投票で石破氏を逆転」
2012年9月26日14時19分 朝日新聞
http://www.asahi.com/politics/update/0926/TKY201209260314.html

当ブログで9月15日に公開し、皆さまのご協力を頂きました、
◆拡散希望◆結論:安倍さんしかいない!【自民党総裁5候補の違いまとめ】に関連し、
嬉しい結果が発表されました!

皆さまの力強いご協力に、
改めまして心から感謝いたします!!!


なお、安倍総裁には今後、マスコミの猛烈なバッシングが予想されます。皆さまで力強く安倍総裁を支えて参りましょう!

※自民党本部総裁選会場にて 〔しーたろう〕

(以下記事を転載)

◆◇◆◇◆

自民新総裁に安倍元首相 決選投票で石破氏を逆転
2012年9月26日14時19分

自民党総裁選は26日午後、東京都千代田区の党本部で投開票され、安倍晋三元首相(58)が新総裁が選出された。党員・党友による地方票(300票)で過半数を獲得した石破茂前政調会長(55)が1回目の投票でトップに立ったが、国会議員票(198票)だけによる決選投票で逆転した。決選投票は40年ぶりで、決選で逆転したのは56年ぶりとなる。

 計498票で争う1回目の投票では、石破氏が199票(議員票34票、地方票165票)、安倍氏が141票(議員票54票、地方票87票)、石原伸晃幹事長(55)が96票(議員票58票、地方票38票)、町村信孝元官房長官(67)が34票(議員票27票、地方票7票)、林芳正政調会長代理(51)が27票(議員票24票、地方票3票)だった。議員で投票しなかった票が1票あった。

 国会議員による決選投票では安倍氏が108票、石破氏が89票だった。


◆◇◆◇◆

(転載は以上)

◆◇◆◇◆
※以下は会場内での〔しーたろう〕のミニレポート
*時間は〔しーたろう〕の時計による。

13:02 開会宣言、投票箱確認

・衆議院50音順、参議院50音順で淡々と投票が進む

・候補者などの投票の際には会場内の議員席から拍手が起こる

・ちなみに投票中、一番拍手の多かった議員は、谷垣 禎一氏
(これは決戦投票の時も同じ)

・カメラのフラッシュが多かったのは、小泉進次郎氏

13:20投票箱閉鎖。開票

・壇上で、6人の選挙管理事務局員が開票作業

13:33開票作業終了

13:40開票発表
*党員300をドント式で配分
*議員197
(過半数249)

安倍:党員87 議員54 合計141
石破:党員165 議員34 合計199
石原:党員38 議員58 合計96
町村:党員7 議員27 合計34
林 :党員3 議員24 合計27
→決戦投票へ

・決戦で両候補者が同数の場合は、「くじ」による、と発表(会場内、どよめき)

13:45決戦投票開始

・また淡々と投票が進む

14:00投票箱閉鎖。開票

・開票作業

14:10開票作業終了

14:15開票発表 *議員198 *有効投票数197 *無効票1

安倍:108
石破:89

14:18両院議員総会

14:21安倍新総裁挨拶
「政権奪回する。それは単に自民党のためではない。日本を取り戻す」との力強い発言

14:26谷垣総裁挨拶
「今、安心して安倍新総裁にバトンタッチして、私は陰の男となります」と、爽やかな笑顔と共に退席。会場内、割れんばかりの拍手

14:30万歳三唱。散会

自民党総裁選 

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*
「安倍晋三氏を支えよう!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

緊急!拡散希望!:こんなときに「人権救済法案、きょう閣議決定」 *文例・送信先つき*
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆

本日、下記の報道がなされました。まずは緊急に拡散希望!!!

人権救済法案、きょう閣議決定 慎重閣僚の外遊中に 
産経新聞 9月19日(水)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120919-00000091-san-pol

政府は18日、新たな人権侵害救済機関「人権委員会」を法務省の外局に新設する人権救済機関設置法案(人権救済法案)を19日に閣議決定することを決めた。早ければ今秋の臨時国会に提出する予定だが、同法案をめぐっては民主党内でも「人権侵害の拡大解釈で憲法21条の表現の自由が侵される恐れがあり、言論統制につながる」などの反発が根強くあり、成立する見通しは立っていない。

新機関は差別や虐待など人権侵害事案の解決が目的。公正取引委員会と同様に、政府から独立した権限を持つ「三条委員会」として設置される。委員長や委員は国会の同意を得て首相が任命。調査は相手側の同意に基づく任意とし、拒否した場合の罰則は設けていない。

同法案に慎重な松原仁国家公安委員長が海外出張しているタイミングを狙った閣議決定ともいえ、与党内の反発が強まるのは確実だ。


この報道を受けて、当ブログでは緊急に意見を送信することにいたしました。

・良識ある多くの国民の関心が尖閣問題に集中しており、、
・中国にいる日本人の安全を最優先しなければならない折、また
・最大野党である自民党が総裁選の最中で、
・与党民主党自身も代表選において政策を十分に国民にアピールしなければならないであろうこの時、
・さらには法案に慎重派の議員の外遊中に、

わざわざこの法案を閣議決定しなければならない理由は理解しかねます。



下記の留意事項をよくお読み頂いた上で、ご賛同いただける方は、よろしくお願い申し上げます。


◆◇◆メール・FAXの送信について◆◇◆

●送信先
◆法務行政に関するご意見・ご提案◆ ※1000字まで
https://www.moj.go.jp/mojmail/kouhouinput.php

◆滝実法務大臣◆
http://www.taki-makoto.jp/
滝まこと事務所  
〒639-1017 大和郡山市藤原町2-12 TEL 0743-55-7888 FAX 0743-55-7081
E-mail:makoto-t@m4.kcn.ne.jp

◆野田佳彦総理大臣◆
http://www.nodayoshi.gr.jp/

E-mail:post@nodayoshi.gr.jp

船橋事務所
〒274-0077 船橋市薬円台6-6-8-202
TEL.047-496-1110  FAX.047-496-1222
国会事務所
〒100-8981 千代田区永田町2-2-1-821
TEL.03-3508-7141  FAX.03-3508-3441

◆輿石東幹事長◆
http://www.k-azuma.com/

お問い合わせ: http://www.k-azuma.com/index.php?id=3

山梨事務所
山梨県甲府市丸の内3-9-7
TEL.055-224-5414  FAX.055-223-6181


◆藤村 修官房長官◆
http://www.o-fujimura.com/
ご意見箱:http://www.o-fujimura.com/voice.html

大阪事務所(大阪第7区 吹田市・摂津市)
〒564-0071 大阪府吹田市西の庄町7-20
阪急吹田駅前奥野ビル2階
TEL:06-6337-3694 /FAX:06-6337-4354

東京事務所
〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第ニ議員会館1111号室
TEL:03-3508-7074/FAX:03-3591-2608


◆国会議員◆
民主党・国民新党・自民党・たちあがれ日本・みんなの党 各議員さんの連絡先をエクセルファイルにて公開しております。

下記のエクセルを開いて、
ファイルを「名前を付けて保存」のときにファイルの種類をCSVに指定して保存してお使いください。
(そうすれば、下記一括送信ソフトで利用できます!)
ご面倒ですがよろしくお願いいたします。

参議院議員 H22.7.11改選後.xls
衆議院議員.xls

自民 衆・参議院議員 改訂  メール専用.xls
民主党 衆・参議員 改訂 メール専用.xls
たちあがれ日本 議員連絡先  メール専用.xls
国民新党 議員連絡先  メール専用.xls
みんなの党衆・参議院議員 メール専用.xls

◆政府・政党◆
首相官邸・ご意見募集
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

各府省への政策に関する意見・要望
(外務省、内閣官房、内閣府など)
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

民主党・「ご意見ご感想」フォーム
https://form.dpj.or.jp/contact/

国民新党・「あなたのご意見をお聞かせ下さい」フォーム
http://kokumin.or.jp/index.php/pages/contact_us

自民党・「自民党へのご意見」フォーム
https://ssl.jimin.jp/m/contact

●メール送信の負担を軽減するフリーソフトについて
上記エクセルデータを利用した、
メールを一括して送信できるソフトのご紹介
もさせて頂いております。ご自身の判断でご利用下さいませ。


◆◇◆これまでに当ブログに蓄積された留意事項まとめ◆◇◆

【1.法案名について】
『人権侵害救済法案』
『人権救済機関設置法案』
『人権委員会設置法案』
として提出されたようです。

「法案名が違うと受け取りが拒否になりますので注意して下さい。」との注意があります。
法案の名称をコロコロ変えて『受け取り拒否をする』作戦に出ていますので、法案名を確認して下さい。

【2.閣議決定阻止のため、効果的な送信先】
閣議決定を阻止するため、下記の保守大臣へ重点的に反対意見書を送りましょう!

国務大臣として、国家公安委員長並びに内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)、さらに拉致問題担当 松原 仁
http://www.jin-m.com/prof_3_iken.html

国土交通大臣・海洋政策担当 羽田 雄一郎
http://www.y-hata.jp/mail/mail.html 、yuuichiro_hata@sangiin.go.jp

【3.直近の閣議の予定】
次の閣議は9月4日(火)と9月7日(金)が予定されています。

【4.送信の留意事項】
複数の議員秘書から、法案名は正確に(『人権侵害救済法案』、『人権救済機関設置法案』、『人権委員会設置法案』)、一人で何度も同じFAXやメールを送らない、なるべく丁寧な口調で、自分の言葉で書かないと議員に持って行けないという意見があります。

◆◇◆今回作成した意見書文例 *あくまで「文例」です。自分の言葉で書くことが重要*◆◇◆←New 9月19日 11:00

喫緊の事態につき前略にて失礼いたします。

平成24年9月19日、一部の新聞報道により政府が新たな人権侵害救済機関「人権委員会」を法務省の外局に新設する人権救済機関設置法案(人権救済法案)を19日に閣議決定することを決めたことを知りました。

この法案は、野党はもちろん、与党民主党内でも「人権侵害の拡大解釈で憲法21条の表現の自由が侵される恐れがあり、言論統制につながる」などの反発が根強くあると伺っており、私もこれに強く反対しています。

現在、わが国は尖閣諸島問題を筆頭に、領土・外交の問題、また中国に在住している日本人の保護など、一国の猶予もならない数々の問題に直面しています。
事実、良識ある国民の多くの関心がこれらの問題に集中しています。

また、最大野党である自民党が総裁選の最中であり、与党民主党自身も代表選においてその政策を十分に国民にアピールしなければならないであろうこの時、あえてわざわざこの憲法違反ともされる法案のために閣議を開き、しかも、閣僚の中でも慎重派であるとされる松原仁国家公安委員長が海外出張しているタイミングを狙っているとされ国民を欺くがごとく決定しようとしておられる理由は理解しかねます。

この問題を、民主党の反野田陣営の候補者の方々は、代表選の討議の内容とし、是非とも追求いただきたい。
また、自民党はこの民主党内閣の卑怯な手法と問題多き法案を、総裁選の主張の一つとして国民に提示して頂き、民主党と自民党との違いを明白にする材料として頂きたい。
その他の野党の方々や各行政機関に属する方々も、各々、公務のお立場としての責任を持って、この法案に断固反対頂きたく、一国民として心よりお願い申し上げます。

◆◇◆過去に公開した意見書文例 *あくまで「文例」です。自分の言葉で書くことが重要*◆◇◆

「『人権侵害救済法案』・『人権救済機関設置法案』・『人権委員会設置法案』反対意見書」*利用・改変可*


ご賛同いただける方は、ご協力のほど、お願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

「『人権侵害救済法案』、『人権救済機関設置法案』、『人権委員会設置法案』どれをとっても要りません!」とお考えの方は
<br />人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!



★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆

◆拡散希望◆結論:安倍さんしかいない!【自民党総裁5候補の違いまとめ】
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
自由民主党の総裁選挙が始まり、党員の方々には投票用紙が届いています。

今回の選挙は、自民党国会議員の数が少なく、党員票の行方が大きな鍵を握るとされていますが、
そのような折、下記のような報道がなされました。

多くの報道で、5氏の政策の方向性は大差ないように報じられていますが、実のところ、全く違うとしか言いようがありません!

そこで、自民党員の方々を中心に、5氏の違いを拡散頂き熟慮頂きたく、このまとめを作成いたしました。

◆◇◆転載記事◆◇◆
【河野談話、靖国、尖閣で各候補の違い浮き彫り】2012.9.14 23:52 msn産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120914/stt12091423530023-n1.htm

自民党総裁選の共同記者会見では、5候補全員が保守政治家を自任するだけに政策の大きな方向性についてはおおむね一致してみえた。だが「河野談話」「靖国神社」「尖閣諸島」など個別の分野になると、主張や政治姿勢の相違が浮き上がった。

資料的裏付けも日本側証言者も見つからないまま、政治判断で慰安婦募集の強制性を認めたのが平成5年の河野洋平官房長官談話だ。韓国の李明博大統領の島根県・竹島上陸や天皇陛下への謝罪要求をきっかけに、この談話の見直し機運が再び高まっている。

「私たちの子孫にこの不名誉(慰安婦強制連行)を背負わせるわけにはいかない。国内、国外に対し、新たな談話を出すべきだ」こう明確に主張したのは安倍晋三元首相だ。安倍氏は自身の首相時代に、「強制連行を直接示すような資料はない」と閣議決定したことにも言及した。

対照的に、石原伸晃幹事長は河野談話が韓国に配慮してあいまいな書きぶりとなっている点を称賛した。「河野談話はすごくよくできていた。談話を読む限りでは、広義においてはそういうこと(強制連行)もあったんではないかとうかがえる文面になっている。そこに知恵があった」

町村信孝元官房長官も「当時の官房長官の一つの知恵として出された。全面否定するつもりはない」と一定の評価を与えた。


首相となった場合に靖国神社に参拝するかについては、石破茂前政調会長と石原氏は直接答えず、異口同音にこう語った。
「天皇陛下のご親(しん)拝(ぱい)が実現するために務めるのが政治の使命だ」(石破氏)
「天皇陛下がご参拝できるような靖国神社にすることも大切だ」(石原氏)
両氏とも、いわゆる「A級戦犯」の分(ぶん)祀(し)などによる環境整備が先決だとの考えを示唆したとみられる。

林芳正政調会長代理は「参拝するかしないかを言うのは差し控える」と述べ、町村氏は「行くかどうかは、首相になって考える」と結論を先送りした。

一方、安倍氏は「国の指導者が参拝し、英霊に尊崇の念を表するのは当然だ。首相在任中に参拝できなかったのは痛恨の極みだ。今言ったことから考えてほしい」と事実上、参拝する考えを表明した。

尖閣諸島問題に関しては安倍氏が「国家管理をさらに進める」、石破氏が「実効支配をさらに強める」と述べたのに対し、町村氏はこう懸念を示した。

「実効支配を強めるために施設をつくる話は、そう簡単に考えてよいものか」

林氏は「中国とは大国間の大人の関係を目指していくべきだ」と指摘し、石原氏は尖閣諸島を国有化した野田政権の手法を批判してこう強調した。

「政府は『虎の尾を踏む』と言っては過言かもしれないが、十分な話が中国とできていなかった。事前に、中国との打ち合わせがあってしかるべきだった」

近隣諸国に対する各候補の姿勢の違いは、総裁選の重要な争点となりそうだ。
(阿比留瑠比)


◆◇◆上記記事からのまとめ◆◇◆

*****拡散希望*****
〔9/14 産経記事より各氏の主張まとめ〕
◆河野談話の見直しについて◆
◎安倍晋三:「強制連行を直接示すような資料はない。私たちの子孫にこの不名誉(慰安婦強制連行)を背負わせるわけにはいかない。国内、国外に対し、新たな談話を出すべきだ」

-(石破茂:?)

×石原伸晃:「河野談話はすごくよくできていた。談話を読む限りでは、広義においてはそういうこと(強制連行)もあったんではないかとうかがえる文面になっている。そこに知恵があった」河野談話が韓国に配慮してあいまいな書きぶりとなっている点を称賛

×町村信孝:「当時の官房長官の一つの知恵として出された。全面否定するつもりはない」として河野談話に一定の評価

△林芳正:「未来永劫変えないと言うつもりはない」

◆首相になったら靖国参拝するか◆
◎安倍晋三:「国の指導者が参拝し、英霊に尊崇の念を表するのは当然だ。首相在任中に参拝できなかったのは痛恨の極みだ。今言ったことから考えてほしい」として参拝を事実上表明

×石破茂:直接答えず(「A級戦犯」の分祀などによる環境整備が先決との考えを示唆)

×石原伸晃:直接答えず(「A級戦犯」の分祀などによる環境整備が先決との考えを示唆)

△町村信孝:「行くかどうかは、首相になって考える」

△林芳正:「参拝するかしないかを言うのは差し控える」

◆尖閣諸島問題◆
◎安倍晋三:「国家管理をさらに進める」

○石破茂: 「実効支配をさらに強める」

×石原伸晃: 「十分な話が中国とできていなかった。事前に、中国との打ち合わせがあってしかるべきだった」  ※石原氏は11日に出演したTV番組「報道ステーション」で司会の古舘氏に「(中国側が)攻め込んでくるのでは?」と問われ、「攻めてこない。誰も住んでいないんだから」と断言しています。

×町村信孝:「実効支配を強めるために施設をつくる話は、そう簡単に考えてよいものか」

×林芳正: 「中国とは大国間の大人の関係を目指していくべきだ」

*****拡散希望コメントは以上*****


※と、いうわけで当ブログでは、安倍晋三氏を強く支援いたしたいと思います。

投票締切日は9月25日(必着)!

自民党党員の皆さま、何卒よろしくお願いいたします。

※ご賛同頂ける方は、拡散のご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*
「安倍晋三氏を支えよう!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!



★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆

意見書文例:「自民党総裁選で領土問題を争点にしてもらう要望書」(超短文Ver.もあり)*利用、改変可*〔自民党本部あて〕
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆

当ブログでは、政党を問わず、私益や外国のために利する政治ではなく、日本のための政治を行う政治家を応援しています。

残念ながら民主党政権下のこの3年間は、混迷する日本の政治をさらに混乱させただけでなく、著しく国益を損なってきたとしか言えない状況です。

◆自由民主党政権の時代も、マスコミに情報操作をされたままそれに有効な対処もとらず、左傾化した教育問題に正面から取り組むこともできず、誤った歴史認識を国民に植え付け、拉致問題や領土問題に具体的な解決策を講じられないまま、長い期間に徐々に徐々にと国益を損なってきたことは間違いありません。
また個別に見れば、「保守」から遠い考えの政治家もいらっしゃるようです。

しかしながら自民党は、「外国人でも党員資格があり、そもそもの党の目的が外国人参政権付与」という民主党や、マスコミが作り上げた無責任な「第三極」とは、大きく一線を画しているはずですし、古くから信頼関係を構築し、組織的な支持者も数多く存在する、わが国を代表する大政党であることは間違いありません。

◆そこで当ブログとしましては、民主党が政権の座を下りるときには、もう一度自民党へ政権復帰を果たして頂き、自民党を中心とした保守の政権を運営して頂きたいと思っております。

◆来る9月26日には、自民党総裁選があり、14日には告示がなされます。
13日の時点で、安倍晋三氏、石原伸晃氏、石破茂氏、町村信孝氏、林芳正氏の出馬が決まっているようです。
消費増税、原発問題、TPP、それに尖閣諸島問題などが議論されるようで、それはどれも大切なことに違いはありませんが、
今般、喫緊の課題である領土問題をとくに大きく取り上げて頂きたいと思います。


◆なぜなら、有力候補者と目される石原伸晃氏が、↓↓↓

中国は「尖閣に攻めてこない」 自民・石原氏が断言
  2012.9.12 00:25 msn産経ニュース

自民党の石原伸晃幹事長は11日夜のテレビ朝日番組で、政府の沖縄県・尖閣諸島の国有化に関連し、領有権を主張する中国側が「攻め込んでくるのでは」と問われ、「攻めてこない。誰も住んでいないんだから」と断言した。国家主権に関わる領土問題について認識の甘さを露呈した格好だ。
同時に「いい漁場だから周辺海域には来る」とも強調。日本と中国の排他的経済水域(EEZ)の中間にあたる日中中間線までは中国の漁業監視船などが航行するとの認識を示し、灯台などの施設の整備が必要と指摘した。(後略)


という、驚くべき発言をしているからです。

◆一方、新党である、「日本維新の会」は、下記のとおり尖閣、竹島問題を強調しています(パフォーマンスかもしれませんが)。↓↓↓

尖閣、竹島も入ってます! 「日本維新の会」ロゴ発表  2012.9.13 06:48 Sankei Biz

新党「日本維新の会」代表に就任する橋下徹大阪市長は12日、市内で開いたパーティーの席上、新党のロゴマークを披露した。
もっとも強調したことは「日本地図こだわりました。尖閣諸島も竹島も入っています」。
実際に目視できるかどうかはわからないが、「ナショナルパーティーになるんだったら…」と気合を入れて語った。


当ブログでは今般、いずれ総理大臣になって頂くべき人物を決める、自民党総裁選において領土問題をとくに大きく取り上げて頂き、総裁となる方の国家主権に関する自覚を再確認いただくと共に、議論により国民の意識を喚起させることにもつながると考え、
自民党本部宛に意見を送信することにいたしました。



※送信につきましては、ペンネームで結構です。
※ご賛同頂ける方は、よろしくお願い申し上げます。


◆◇◆メール・FAXの送信について◆◇◆

◆自民党・「自民党へのご意見」フォーム◆
https://ssl.jimin.jp/m/contact

◆◇「自民党総裁選で領土問題を争点にしてもらう要望書」超短文Ver,*利用、改変可*◆◇◆

「自民党総裁選で、竹島、尖閣、北方領土を争点にして下さい。領土問題は国家主権に関わる重大事項です。以上。 自民党支持者より」
送信先(再掲)
https://ssl.jimin.jp/m/contact


◆◇「自民党総裁選で領土問題を争点にしてもらう要望書」*利用、改変可*◆◇◆

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*
私は自民党の支持者です。
本日は、来る9月26日に投開票が行われる自民党総裁選にあたり、竹島、尖閣諸島をはじめとする領土問題を取り上げて頂きたくこの送信をいたします。

今夏多くの国民が、竹島と尖閣諸島についての韓国や中国に対する民主党内閣の及び腰の外交に立腹しており、これが民主党に政治を任せられないと判断する大きな理由になっていると思います。
ところが、自民党総裁選の候補者のうち、有力候補と目されている某候補者も、テレビ番組に出演された際、政府の沖縄県・尖閣諸島の国有化に関連し、領有権を主張する中国側が「攻め込んでくるのでは」と問われ、「攻めてこない。誰も住んでいないんだから」と断言したと伺い、これには大きく失望しています。

この候補者の主張は、「憲法9条があれば戦争は起きない」と主張する政治グループと類似の思考回路に基づいた見識であるとしか思えません。

この候補者は、再選を希望する現職の総裁を押しのけて出馬した人物であり、こうした人物を推薦する議員の先生方についても、世論を読むことができないというその資質に疑念を抱かせることとなり、自民党全体に対する失望を招いていることは、党本部としてご理解なさっているでしょうか?

これでは、衆議院の解散・総選挙が行われても、「日本地図こだわりました。尖閣諸島も竹島も入っています」。として発表した「日本維新の会」ロゴ発表のパフォーマンスに負けてしまうであろうことは、火を見るより明らかです。

他の問題も大切ですが、自民党総裁選において領土問題をとくに大きく取り上げて頂き、総裁となる方の国家主権に関する自覚を再確認いただき、議論により国民の意識を喚起させることは、党全体のプラスになると考えます。

何卒、自民党総裁選で竹島・尖閣をはじめとする領土問題を争点にして下さい。自民党のご発展を心よりお祈りいたします。
以上
*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*
「保守の政治家は、もっと領土問題を語れ!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆

拡散情報:『人権委員会設置法案』に関する拡散 *送信先、留意事項、文例(再掲)つき*
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆

●当ブログ管理人〔しーたろう〕と現実社会で交流頂いている方からの『人権委員会設置法案』に関する拡散情報がございます。

*** 以下は今般の拡散情報 ***

来週、「人権委員会設置法案」閣議決定の可能性が高まりました。
民主党の法務部門会議での法務省原案の「了承」を受け、党内論議が終局しましたが、

30日、民主党政務調査会は法務部門会議の決定を承認したといいます。

既に今後の閣議案件としてエントリーされている状態です。

次の閣議は9月4日(火)と9月7日(金)に予定されています。

当初、この法案が、今国会で実質審議される期間が皆無であることから、
党内論議の終結にとどめ、秋の臨時国会以降に閣議決定・国会上程の手続きが取られるものとの見通しがありました。
しかしながら、前原政調会長、小川前法相、江田五月元法相らが
今後の総選挙も見越し、より一層拘束力の強い
「閣議決定」を求めて動いたものと推測されます。

閣議決定されれば、今後の政権の枠組みがどのように変化しようとも、
新しい内閣は一定の制約を受けることになります。

既に自民党の古賀誠元幹事長らが、
自民党を支持する「自由同和会」の要請を受けて、今国会での閣議決定に向け、
与野党の間で精力的に活動しているとの情報も伝わってきています。

現在の自民党谷垣総裁も、同じ古賀派であり、基本的に「人権委員会」には賛成の立場といいます。
また次期総裁を狙う石破茂元政調会長も、「人権委員会」「夫婦別姓」「外国人参政権」には
賛成の意見を持っていると言われています。

参院での問責決議を受け、国会は選挙モード、代表選・総裁選モードへと突入しましたが、
ここへきて「人権委員会設置法案」も一気に緊迫度を増した情勢へとなりました。
皆様、「人権委員会設置法案反対」の声を、首相官邸・法務省へお寄せください。

首相官邸要望先
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

各府省に対する要望先
意見記入フォームの宛先で、「法務省」にチェックを入れてください。
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose/

自民党に政権交代しても、この件については安心できません。それでも政権交代は
必要ですが、上記は皆さんにも覚えておいた方が良いと思います。

また、複数の議員秘書から、法案名は正確に(人権委員会設置法案)、一人で何度も同じFAXやメールを送らない、なるべく丁寧な口調で、自分の言葉で書かないと議員に持って行けないという意見を聞きました。

*** 今般の拡散情報は以上 ***

◆◇◆これまでに当ブログに蓄積された留意事項まとめ◆◇◆

【1.法案名について】
『人権侵害救済法案』
『人権救済機関設置法案』
『人権委員会設置法案』
として提出されたようです。

「法案名が違うと受け取りが拒否になりますので注意して下さい。」との注意があります。
法案の名称をコロコロ変えて『受け取り拒否をする』作戦に出ていますので、法案名を確認して下さい。

【2.閣議決定阻止のため、効果的な送信先】
閣議決定を阻止するため、下記の保守大臣へ重点的に反対意見書を送りましょう!

国務大臣として、国家公安委員長並びに内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)、さらに拉致問題担当 松原 仁
http://www.jin-m.com/prof_3_iken.html

国土交通大臣・海洋政策担当 羽田 雄一郎
http://www.y-hata.jp/mail/mail.html 、yuuichiro_hata@sangiin.go.jp

【3.直近の閣議の予定】
次の閣議は9月4日(火)と9月7日(金)が予定されています。

【4.送信の留意事項】
複数の議員秘書から、法案名は正確に(人権委員会設置法案)、一人で何度も同じFAXやメールを送らない、なるべく丁寧な口調で、自分の言葉で書かないと議員に持って行けないという意見があります。


◆◇◆過去に公開した意見書文例 *あくまで「文例」です。自分の言葉で書くことが重要*◆◇◆

「『人権侵害救済法案』・『人権救済機関設置法案』・『人権委員会設置法案』反対意見書」*利用・改変可*


ご賛同いただける方は、ご協力のほど、お願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

「『人権侵害救済法案』、『人権救済機関設置法案』、『人権委員会設置法案』どれをとっても要りません!」とお考えの方は
<br />人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!



★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆
Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.