☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
転載記事:超拡散《夏休みは愛国心が覚醒する季節です》
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
ブログ『水間条項』さまの7月25日の記事、またブログ主である水間政憲さまご自身より、直々に下記の拡散依頼がございましたのでご紹介いたします。


***以下は転載記事***

超拡散《夏休みは愛国心が覚醒する季節です》

2012年07月25日 15:41




※写真は夕暮れの井の頭公園での一枚です。


超拡散《夏休みは愛国心が覚醒する季節です》


夏は、甲子園野球大会で郷土愛が盛り上がりますが、今年はオリンピックで日の丸が乱舞し、いやが応でも愛国心も全開になります。


夏休み小中高校生「動画歴史特別講座」】は、来週から「南京問題;動かぬ証拠」がスタートします。

戦後の日本罪悪史観の象徴は、「南京大虐殺」ですので、先ず一点突破することが情報戦の要諦ですので、小中高校生に日教組の反日教師が授業中に、「南京問題」を採り上げれないように徹底的に急所を伝授します。

これらは、動画をインターネットで配信できるようになって可能になったことです。これら一連の情報をひとりでも多くの小中高校生に拡散していただければ、大人が成し得なかった「教育現場の正常化」が、学生自らの連携で実現できることになります。

頑張れ日本、誇りと自信を取り戻そう!

夏休み小中学高生【動画歴史特別講座】

http://www.yamatopress.com/pg124.html


YouTubeに動画の第一回目(尖閣諸島)がアップされています。


【必見】これが証拠だ!第1回 尖閣諸島動かぬ証拠「中国」


http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=tfcf9FRfxRk

Mobil:http://m.youtube.com/watch?gl=US&hl=en&client=mv-google&v=thUoPYFMm-U&fulldescription=1


■文科大臣を務められ「ゆとり教育」を廃止し、平成の教育改革に大鉈をふるわれた中山成彬先生から、「日本人がこれを見れば自信を持って主張するようになるでしょう。一部のどうしょうもない反日分子を除いて。是非国民が一冊ずつ持つ愛読書になってほしいと願っています」と、皆様へ激励のメッセージをいただきました。


★『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』は、地方紙の週刊書店ベストセラーランキング入りを目指し、札幌・新宿・梅田・福岡紀伊國屋書店本店並びに各紀伊國屋書店や紀伊國屋書店のWEBで優先的に購入をしていただければと思っております。

【紀伊國屋書店のWEB】http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4569806864.html


★こちらからの嫌がらせで、アマゾンを利用されていらっしゃる方は、アマゾンでもと思っております。

◆新刊本『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』発売中です。

ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実


【読み終えた皆様へのお願い!】

ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』は、一 冊丸ごと情報戦の武器としてまとめたものですので、読み終えましたら是非、皆様の親しくなさっていらっしゃる歯医者さんや理美容室、喫茶店などのブックス タンドに置いていただけるようにお願いしていただければと、切に願っております。それは、発行部数1万冊でも数ヶ月後には、一気に200万人以上が歴史の 真実に目覚めることになると確信してますので、宜しくお願い致します。

※ ジャーナリスト水間政憲;ネットだけ転載フリー《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-591.html?cr=ba5237382c263b508786a3b46575c7c8》(条件;上記全文掲載)


****転載は以上****

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚
「子供たちに愛国心を!」とお考えの方は

人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。


転載記事:緊急拡散《小中高校生【動画歴史特別講座】がスタートしました》
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
ブログ『水間条項』さまの7月23日の記事、またブログ主である水間政憲さまご自身より、直々に下記の拡散依頼がございましたのでご紹介いたします。


***以下は転載記事***

緊急拡散《小中高校生【動画歴史特別講座】がスタートしました》

2012年07月23日 07:08



※写真は秋を感じさせるユリの花です。


緊急拡散《小中高校生【動画歴史特別講座】がスタートしました》


今、日本に背骨が無くなったような状況で必要なものは、日本人が共有化できる事実に基づく歴史認識を身につけることです。


その為の道具として作ったのが『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』です。これを機会に同書をわかりやすく、同書に書いてないことも取り入れ、この夏休み中に「動画歴史特別講座」として、週2回のペースで動画をアップしますので、小中高校生に気軽に観ていただければ幸いです。(学校で教えられている歴史の嘘に対して、授業中に反論できる解説もします)



■夏休み小中高校生【動画歴史特別講座】下記がURLです。

http://www.yamatopress.com/pg124.html


■文科大臣を務められ「ゆとり教育」を廃止し、平成の教育改革に大鉈をふるわれた中山成彬先生から、「日本人がこれを見れば自信を持って主張するようになるでしょう。一部のどうしょうもない反日分子を除いて。是非国民が一冊ずつ持つ愛読書になってほしいと願っています」と、皆様へ激励のメッセージをいただきました。


★『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』は、地方紙の週刊書店ベストセラーランキング入りを目指し、札幌・新宿・梅田・福岡紀伊國屋書店本店並びに各紀伊國屋書店や紀伊國屋書店のWEBで優先的に購入をしていただければと思っております。


【紀伊國屋書店のWEB】http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4569806864.html


★こちらからの嫌がらせで、アマゾンを利用されていらっしゃる方は、アマゾンでもと思っております。

◆新刊本『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』発売中です。

ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実


【読み終えた皆様へのお願い!】

ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』は、一 冊丸ごと情報戦の武器としてまとめたものですので、読み終えましたら是非、皆様の親しくなさっていらっしゃる歯医者さんや理美容室、喫茶店などのブックス タンドに置いていただけるようにお願いしていただければと、切に願っております。それは、発行部数1万冊でも数ヶ月後には、一気に200万人以上が歴史の 真実に目覚めることになると確信してますので、宜しくお願い致します。


※ ジャーナリスト水間政憲;ネットだけ転載フリー《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-591.html?cr=ba5237382c263b508786a3b46575c7c8》(条件;上記全文掲載)

****転載は以上****

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚
「子供たちに日韓・日中の歴史の真実を伝えよう!」とお考えの方は

人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。


転載記事:超拡散《全国の同志の皆様へ嬉しい報告をさせて戴きます》
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
ブログ『水間条項』さまの7月17日の記事、またブログ主である水間政憲さまご自身より、直々に下記の拡散依頼がございましたのでご紹介いたします。


***以下は転載記事***

超拡散《全国の同志の皆様へ嬉しい報告をさせて戴きます》

2012年07月17日 02:09




※写真は7月9日から7月15日までの紀伊國屋書店新宿本店、週刊単行本ベストセラー第1位になった『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』です。


超拡散《全国の同志の皆様へ嬉しい報告をさせて戴きます》


■『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』が、紀伊國屋書店新宿本店の週刊単行本ベストセラーランキングで第1位になりました。また、全紀伊國屋書店週刊単行本ベストセラーランキングで第13位になりました。

いずれもマンガ本を含めてのランキングですので、凄いことになりました。これは、全国の同志の皆様方の様々な活動の賜物であり、地殻変動を感じます。この状況が1ヶ月続けば、石原東京都知事が「捏造された歴史を見直し、日本人の誇りを取り戻そう。資料は事実を語っている」と、推薦していただいたことが実現することになります。

そして昨日、文科大臣を務められ、ゆとり教育を廃止し、平成の教育改革に大鉈をふるわれた中山成彬先生から、「日本人がこれを見れば自信を持って主張するようになるでしょう。一部のどうしょうもない反日分子を除いて。是非国民が一冊ずつ持つ愛読書になってほしいと願っています」と、皆様へ激励のメッセージをいただきました。

また、全国の同志の皆様方から様々な活動のご報告をいただき、日本人がとうとう本気になって動き出したと感動しております。


その一部を紹介させて戴きます

★〈周囲に紹介したり配ったりするほか、親戚の子供にも送りつけることにしました。


自虐史観から身を守る盾にもなるはずです。
こんな誇らしい方々の子孫なんだと思えば、それだけで勇気が出ると思います。

ツイッターや、人気ブログのコメント欄を借りてこの本の紹介をしていますが、私以外にも紹介文を載せている同志が複数、いらっしゃいます〉


★〈私の知人も、早々に、早く図書館にリクエストして!して!と矢の催促メールをあちこちに送っていました〉


★〈帰省する際には早速地元の美容院(知人夫妻経営)や知人に進呈したいと思います。


待ち望んでいたせっかくの本が手元に届いたにもかかわらず、私はざっと目を通すだけにしています。

本当は本当はじっくり読みたいのですが…(涙)

その理由は・・・わざと(カバーは付けず)電車の中で読むことにしたからなのです。

席に座ることができる場合、カバーを付けず、膝の上におかず、敢えて顔の前に持ってきて目線の高さにして読むことにしました。(意外と腕が疲れますが(笑))

そうすることで、対面に座っている人たちの目の中に嫌でも『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実 石原慎太郎氏推薦!』という文字が飛び込んでくるからです。

そうなると、「石原都知事の推薦? あの本、いったい何だろう?」と興味を持つ人も必ずいると思います。

何となく日本がおかしい状況になっていると気が付いていても、何をどうしていいのかわからない人も多いからです。

電車やバスの中などで、隣の人や目の前の人が夕刊紙や週刊誌、など目立つものを読んでいる場合、意外と気になってしまうという経験などから、今回こちらの本でもそれを実行してみることにしました。

特にネットをあまり使わない世代には、まずは「嫌でも目に飛び込んでくる」 状況、要はごり押しに近い状況(笑)を作って、水間様渾身の一冊の存在を知らしめる一助になればと思っております。私が電車の中で相手の目線に入るような 形で、本書を読むことで、不特定多数の方たちの目に入り、それらの方が書店でこの本を買い、事実を知ってくれることを願ってやみません。

もし、隣の人に「この本、どういう内容ですか?」「どこの書店にありますか?」などと聞かれたら、丁寧に教えるつもりです!〉

★〈この本は素晴らしいですね!という第一印象です。

これは、毎月買い、毎月配っていきたいと思います。
もし感銘をうけたなら、この本は「是非この人に」という人に譲り、自分の分を買い直して頂けると幸いです。』とのメッセージを添えて。」〉


上記以外にも、毎日のように50枚以上、同書のチラシを作っていただき、ポスティングされてくださってる方もいらっしゃいます


以上の皆様方の活動の輪が、拡散されることになると、間違いなく地殻変動が起きると思っております。この二十数年間夢見ていたことが、現実になりつつあり、日本を諦めず信じていたことに嬉しさが込み上げてきます。


皆様方の様々な活動の結果は、形となって現れてきており、今年の夏は特別「熱い夏」になりそうです。

頑張れ日本!


■やまと新聞の記事:12-07-04 17:58 配信
http://www.yamatopress.com/c/21/172/5285/


■ニコニコ動画【石原都知事推薦】『ひと目でわかる 日韓・日中 歴史の真実 http://www.nicovideo.jp/watch/sm18283836


■YouTubeに「ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実」の動画 http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=2TS-8rZNkT4



★『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』は、地方紙の週刊書店ベストセラーランキング入りを目指し、札幌・新宿・梅田・福岡紀伊國屋書店本店並びに各紀伊國屋書店や紀伊國屋書店のWEBで優先的に購入をしていただければと思っております。


【紀伊國屋書店のWEB】http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4569806864.html


★こちらからの嫌がらせで、アマゾンを利用されていらっしゃる方は、アマゾンでもと思っております。

◆新刊本『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』発売中です。

ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実


【読み終えた皆様へのお願い!】

ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』は、一 冊丸ごと情報戦の武器としてまとめたものですので、読み終えましたら是非、皆様の親しくなさっていらっしゃる歯医者さんや理美容室、喫茶店などのブックス タンドに置いていただけるようにお願いしていただければと、切に願っております。それは、発行部数1万冊でも数ヶ月後には、一気に200万人以上が歴史の 真実に目覚めることになると確信してますので、宜しくお願い致します。


※ ジャーナリスト水間政憲;ネットだけ転載フリー《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-591.html?cr=ba5237382c263b508786a3b46575c7c8》(条件;上記全文掲載)

****転載は以上****

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚
「日韓・日中の歴史の真実を伝えよう!」とお考えの方は

人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。


転載記事:緊急拡散《朝日新聞の尖閣売国宣言を徹底的に批判した『週刊新潮』》 ◆『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』著者水間政憲氏から当ブログの読者の皆さまへのオリジナルメッセージつき◆
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
ブログ『水間条項』さまの7月14日の記事、またブログ主である水間政憲さまご自身より、直々に下記の拡散依頼がございましたのでご紹介いたします。

※なお、当記事のコメント欄に、当ブログ読者の皆さまに宛てられた、オリジナルメッセージを頂戴しております!
是非、お目通しをお願い申し上げます。



***以下は転載記事***

緊急拡散《朝日新聞の尖閣売国宣言を徹底的に批判した『週刊新潮』》

2012年07月14日 06:53




※写真は、朝日新聞の尖閣売国宣言を徹底的に批判した『週刊新潮』の特集記事です。


緊急拡散《朝日新聞の尖閣売国宣言を徹底的に批判した『週刊新潮』》


今発売中(7月19日まで)の『週刊新潮』に「やっぱり魂中国に売っていた 『朝日新聞』は本気で『尖閣諸島』を中国に捧げたい」との核心を衝いた特集記事を掲載しています。小生もコメントを寄せています。

野田首相の唐突な尖閣購入発言と朝日新聞の社説は、水面下で連動していると見るとすっきり分かることがある。

それは、東京都の尖閣募金に水をさす共通点が一致しているからです。

これは、野田の「人気とり」だけとは思えない、看過できない売国謀略が蠢動し始めたと捉えると、すっきり見えてくるものがある。

野田の尖閣購入発言の後、丹羽売国大使が中国外務省へ、日本国による尖閣購入の説明に行った2日後に、中国政府の艦船三隻が、初めて同時に領海侵犯した裏に は、東京都の尖閣購入を阻止するシナリオを描いたものが日本国内にいて、そのメッセンジャーボーイの役割を果たしたのが丹羽売国大使だったと判断すると、 すべてシナリオ通りに進んでいるのです。

日本国民に中国と一触即発の軍事的緊張感を作り出すことによって、やっぱり国が購入した 方が無難かな、との環境をつくりあげることにあったと、捉えることが出来るからです。日本国内の土地の所有権移転を、何故、中国政府に説明する必要がある のか。穿った見方をすると、丹羽売国大使が、中国政府による領海侵犯を要請したのではないか。

それは、東京都が尖閣を購入しても、領海侵犯した艦船を、実力で阻止する強制力をもたない弱点を知り尽くしたものが描いた戦略と解釈すると、一連の動きは野田・朝日新聞・中国と一体化して実行した国際謀略なのです。

それを証明するかのように、朝日新聞デジタルは、12日、野田売国首相は東京都の尖閣購入に関わる「尖閣上陸調査」を認めないとのニュースを配信したことに現れているのです。

これまで、野田と朝日新聞は、国民を舐めても「核心情報」を知らない国民は、いままでと同じように流されると判断しているのです。

野田と朝日は、いままでと状況がまったく違うことに気づいてないようです。

今後、尖閣問題で野田と朝日を徹底的にやり込めるためにも、覚醒なさっていらっしゃるインターネットユーザーの皆様は、是非、同『週刊新潮』の特集記事を読んでいただければと思っております。


★尖閣は、東京都が購入して、日本人の日本人による政権になったとき、東京都が所有権を移転する条件を提示すればいいのです。その条件に、自衛隊を駐屯させるとか、日米共同、地対空・地対艦ミサイル基地を建設するなどなど、様々な移転条件を作成しておけばいいのです。


■ニコニコ動画【石原都知事推薦】『ひと目でわかる 日韓・日中 歴史の真実 http://www.nicovideo.jp/watch/sm18283836

■YouTubeに「ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実」の動画 http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=2TS-8rZNkT4

★『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』は、地方紙の週刊書店ベストセラーランキング入りを目指し、札幌・新宿・梅田・福岡紀伊國屋書店本店並びに各紀伊國屋書店や紀伊國屋書店のWEBで優先的に購入をしていただければと思っております。

【紀伊國屋書店のWEB】http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4569806864.html


★こちらからの嫌がらせで、アマゾンを利用されていらっしゃる方は、アマゾンでもと思っております。

◆新刊本『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』発売中です。

ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実


【読み終えた皆様へのお願い!】

ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』は、一 冊丸ごと情報戦の武器としてまとめたものですので、読み終えましたら是非、皆様の親しくなさっていらっしゃる歯医者さんや理美容室、喫茶店などのブックス タンドに置いていただけるようにお願いしていただければと、切に願っております。それは、発行部数1万冊でも数ヶ月後には、一気に200万人以上が歴史の 真実に目覚めることになると確信してますので、宜しくお願い致します。


※ ジャーナリスト水間政憲;ネットだけ転載フリー《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-591.html?cr=ba5237382c263b508786a3b46575c7c8》(条件;上記全文掲載)

****転載は以上****

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚
「日韓・日中の歴史の真実を伝えよう!」とお考えの方は

人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。


転載記事:超拡散《歴史認識正常化へ第一歩『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』の滑り出しは順調です》
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
ブログ『水間条項』さまの7月11日の記事、またブログ主である水間政憲さまご自身より、直々に下記の拡散依頼がございましたのでご紹介いたします。

***以下は転載記事***

超拡散《歴史認識正常化へ第一歩『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』の滑り出しは順調です》

2012年07月11日 04:46




※写真は、紀伊國屋書店新宿本店1F新刊本コーナーに山積みされていた『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』です。


超拡散《歴史認識正常化へ第一歩『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』の滑り出しは順調です》


新刊本の発売日の昨日、出版社からの連絡があり、紀伊國屋書店新宿本店では、夕方頃で19冊購入されていたとのことです。

この滑り出しは、これまでに無い流れで爆発を予感させてくれます。

街に拡散する同書の目的を理解していただければ、想像を絶するうねりが起きる可能性がでてきました。

偏向報道、偏向教育、偏向図書館などをまとめて封じ込めれれば、我々の積もりに積もった鬱憤を、一気に晴らすことができるように思えます。

時同じくして、尖閣・竹島・慰安婦・南京が外交問題に浮上しており、これから国政選挙に出馬しようと考えている人物の必読書になればと思っておりす。


今週の週刊新潮は、今日(11日)発売のようですので、小生もコメントしましたので、朝日新聞の尖閣売国社説批判を一読してください。

それと合わせて、『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』の巻末の「朝日新聞40年間の『宿痾』」を読まれると、吹き出してもらえると思っております。

同書が爆発することを願って、週末は靖国神社「みたま祭り」に行って英霊に報告してまいります。


■ニコニコ動画【石原都知事推薦】『ひと目でわかる 日韓・日中 歴史の真実 http://www.nicovideo.jp/watch/sm18283836

■YouTubeに「ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実」の動画 http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=2TS-8rZNkT4


★『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』は、地方紙の週刊書店ベストセラーランキング入りを目指し、札幌・新宿・梅田・福岡紀伊國屋書店本店並びに各紀伊國屋書店や紀伊國屋書店のWEBで優先的に購入をしていただければと思っております。


【紀伊國屋書店のWEB】http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4569806864.html


★こちらからの嫌がらせで、アマゾンを利用されていらっしゃる方は、アマゾンでもと思っております。

◆新刊本『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』発売中です。

ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実


【読み終えた皆様へのお願い!】

ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』は、一 冊丸ごと情報戦の武器としてまとめたものですので、読み終えましたら是非、皆様の親しくなさっていらっしゃる歯医者さんや理美容室、喫茶店などのブックス タンドに置いていただけるようにお願いしていただければと、切に願っております。それは、発行部数1万冊でも数ヶ月後には、一気に200万人以上が歴史の 真実に目覚めることになると確信してますので、宜しくお願い致します。


※ ジャーナリスト水間政憲;ネットだけ転載フリー《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-591.html?cr=ba5237382c263b508786a3b46575c7c8》(条件;上記全文掲載)


****転載は以上****

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚
「日韓・日中の歴史の真実を伝えよう!」とお考えの方は

人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。


「日本海」の呼称変更せず=韓国にも理解―米政府
はじめに、
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

◆◇◆◇◆

「日本海」の呼称変更せず=韓国にも理解―米政府
時事ドットコム (2012/07/03-17:46)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012070300729

当ブログで平成24年4月26日に公開し、皆さまのご協力を頂きました、
呼びかけ:「日本海」呼称を守る署名のお願いに関連し、
至極まっとうな嬉しいニュースが発表されました!

皆さまの力強いご協力に、
改めまして心から感謝いたします!!!


とくにこの署名の呼びかけ人になって下さった参議院議員片山さつき先生、大変お疲れ様でした!!!

(以下記事を転載)

◆◇◆◇◆

「日本海」の呼称変更せず=韓国にも理解-米政府

 【ワシントン時事】米ホワイトハウスは3日までに、ホームページ上で、日本海の呼称について「日本列島と朝鮮半島の間にある水域は『日本海』と呼ぶのが長年にわたる米国の方針だ」と、韓国が求める「東海」に変更する考えのないことを表明した。日本人と韓国人のグループからそれぞれ出されていたオバマ政権の見解を求める請願に答えたもの。
 回答は国務省のキャンベル次官補(東アジア・太平洋担当)の名前で示され、「それぞれの海を単一の名称で言及することは米国の長年の方針で、全ての海洋に適用されている」と指摘。同時に、韓国が「東海」の呼称を使っていることに関しては、「米国は韓国にその命名を変更するよう求めてはいない」と一定の理解を示した。
 また、呼称問題について「韓国と日本にとり、重要で慎重に扱うべき問題であることを理解している」と説明。「地域的、世界的な課題に共に対処するため、両国と協力し続ける」と表明した。 (2012/07/03-17:46)


◆◇◆◇◆

(転載は以上)

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*
「『日本海』は、未来永劫、『日本海』!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*
Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.