FC2ブログ
☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
転載記事:緊急拡散《やっぱり野田首相の訪中は中国の罠だった》
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆

ブログ『水間条項』さまの12月13日の記事にて、下記の拡散依頼がございましたのでご紹介いたします。


***以下は転載記事***

緊急拡散《やっぱり野田首相の訪中は中国の罠だった》

2011年12月13日 05:24

ENGLISH TRANSLATION






※ 写真は、1937年12月15日、『南京城内難民区』「どこかで営業用に使っていた湯沸かし器を、人の多い難民区に持ち込んで営業を始めていた」(キャプ ション佐藤氏)毎日新聞・佐藤振寿特派員撮影。この情景は、『眞相箱』の「もしも日本軍さえ入城してくれるなら、中国軍の退却のドサクサにまぎれた暴行掠 奪も終るだろう、期待したものです」と、記したことが事実だったことを物語っています。


緊急拡散《やっぱり野田首相の訪中は中国の罠だった》

12月13日午前3時40分頃、東京MXテレビのテロップニュースが眼に飛び込んできた。

それは、『南京大虐殺記念館長 日本の首相の南京初訪問を歓迎 隔たりの大きい虐殺数30万人見直さず』と、十数回流れていました。

覚醒されていらっしゃる皆様方との連携で、「南京陥落」の12月13日の野田首相の訪中をぶっ潰したことが、よほど中国側が頭にきたのか、朱成山「南京大虐 殺」記念館長は、中国政府に成り代わって、「野田首相の『南京大虐殺記念館』への訪問を歓迎」との声明を発表しました。※朱館長も閉館にならないように必 死ですね。(笑)

中国政府は、「南京の罠」が空振りに終わって、我が国のメディアに負け犬の遠吠えのように怨みごとを述べています。

この二十数年間、水面下で情報戦を戦ってきた小生には、中国政府の考えていることが手に取るように見えるのです。中国のパターン化した策略は、分かってしま うと意外と単純で可愛らしいものなのです。『「反日」包囲網の正体』には、中国の情報戦と戦ってきた記録も記載してあります。

「反日」包囲網の正体

「南京」と「尖閣」の情報戦の主導権は、皆様方の御協力のお陰で、我々が手に入れることが出来ましたので、この現状を一気呵成に国民へ拡散していただき、数年 の時間を半年位に短縮できれば、皆様方と勝利の美酒に酔いしれることも夢ではないと思っております。宜しくお願い致します。



◆「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」
代表 水間政憲;ネットだけ転載フリー
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=591&cr=c9457bfa10513f899f0cb36c2f93e5e6


****転載は以上****


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚
「中国の罠にはまるな!」とお考えの方は

人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

転載記事:超拡散《『眞相箱』の秘密》
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆

ブログ『水間条項』さまの12月10日の記事にて、下記の拡散依頼がございましたのでご紹介いたします。


***以下は転載記事***

超拡散《『眞相箱』の秘密》

2011年12月10日 14:23

ENGLISH TRANSLATION








※写真は、戦後の「日本罪悪史観」をリードした『眞相箱』の「陥落前の南京」のページです。(『南京の実相』118頁)


●超拡散《『眞相箱』の秘密》


12月13日の南京城陥落を前にして、仲間内での雑談の「ネタ」を提供します。


それは、戦後、「日本罪悪史観」の象徴に浮上している「南京虐殺」を、アメリカは、中国人の仕業と特定していたのです。

これは、「日本罪悪史観」NHKラジオ日本人洗脳放送『眞相箱』(聯合國最高司令部・民間情報教育局編)の台本を発掘した小生が精査した結果、アメリカが作 成した同台本の「南京」を採り上げているところに、歴史認識を大転換できる「あっと驚く隠し玉」を仕掛けてあったのです。

これを明らかにすると、「南京大虐殺」派は、声を大にして「誤植」と言い訳しまくるでしょうが、アメリカの責任者は既に亡くなっているので、「誤植」と証明することは不可能なのです。

★これは、漫画以上に面白いことなので、皆さんも御自由に使ってください。

同台本の内容は、「…南京城内の各街路は、数週間にわたり惨死者の流した血に彩られ、またバラバラに散乱した死体で街全体が覆われたのであります。この間血 に狂った日本兵士らは、非戦闘員を捕え手当たり次第に殺戮、掠奪を逞しくし、また語ることも憚る暴行を敢えて致しました。」(『南京の実相』のグラビアに 収録した当時の朝日新聞が掲載した写真で嘘と分かります)とか、「日本軍兵士は、街頭や家庭の婦人を襲撃し、暴行を拒んだものは銃剣で突き殺し、老いたる 六十歳の婦人から、若きは十一歳の少女まで見逃しませんでした。…」(『南京の実相』の表紙の写真二枚だけで嘘と分かります)と、酷い台本ですが。

なんと、このラジオ放送のタイトルが【陥落前の南京】であり、陥落前の残虐行為は日本軍には不可能なのです。(笑)

この「陥落前」を、誤植と言い訳できる唯一の方法は、「南京大虐殺」派が「誤植」の証明をすることなのです。しかし、今となっては不可能なのです。(笑)

『眞相箱』の前に放送されていた『眞相はかうだ』は、一方的な日本軍批判のオンパレードだったことから、批判が集中したことを考慮して、『眞相箱』では、姑息にも「真実」を少し織り交ぜて台本を作成していたのです。


それは「もしも日本軍さえ入城してくれるなら、中国軍のドサクサにまぎれた暴行掠奪も終るだろう、と期待したものです」と、日本への期待と暴行掠奪が中国軍の仕業だったことも放送していたのです。この中国軍の悪行に関して、「南京大虐殺」派は一切無視しています。


★ 【陥落前の南京】の冒頭に「我が軍が南京城壁に攻撃を集中したのは、昭和十二年十二月七日でありました。」と、なっているが、日本軍が南京城に攻撃を開始 したのは十二月十日正午からであり、同七日は蒋介石が南京から遁走した日であり、南京城内の掠奪・放火・破壊などの行状は、そのまま蒋介石軍の仕業と解釈 してもさしつかえないのです。


★この二十数年間、南京問題の真相究明をしていた本物の研究者・阿羅健一氏が、旧軍関係者と信頼関係を構築できたのは、日本人としての控えめな性格を持ち合わせていたからでした。

それ故、「南京問題」を名誉や商売の道具にする輩の陰に隠れ、一般国民の目に触れることがあまりありませんでした。これは、国民にとって不幸なことでした。 戦前世代と戦後生まれ世代の橋渡し役を担ってくれた阿羅氏がいなかったら、「南京問題」を終結させることは不可能だったことでしょう。

南京城陥落の日に日中両戦没者の追悼に想いを馳せ、阿羅健一著『「南京事件」日本人48人の証言』(小学館文庫)を、読まれることをお勧めします。父祖世代の日本人の心がそこにあります。

「南京事件」日本人48人の証言 (小学館文庫)

GHQ作成の情報操作書「真相箱」の呪縛を解く―戦後日本人の歴史観はこうして歪められた(小学館文庫)


※「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」
代表 水間政憲;ネットだけ転載フリー
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=591&cr=c9457bfa10513f899f0cb36c2f93e5e6

****転載は以上****


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚
「南京問題を終結させたい!」とお考えの方は

人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

転載記事:緊急拡散《原発汚染水を海へ垂れ流す責任者は切腹を覚悟せよ》
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆

ブログ『水間条項』さまの12月9日の記事にて、下記の拡散依頼がございましたのでご紹介いたします。


***以下は転載記事***

緊急拡散《原発汚染水を海へ垂れ流す責任者は切腹を覚悟せよ》

2011年12月09日 00:57

ENGLISH TRANSLATION

●緊急拡散《原発汚染水を海へ垂れ流す責任者は切腹を覚悟せよ》


東京電力西澤社長並びに細野原発事故担当大臣は、原発汚染水を海へ垂れ流すのであれば、切腹するくらいの覚悟をもって対処せよ。


国家国民の生命と財産を守る為政者は、危機的状況を予知することと、それを回避する能力で真価が問われます。


原発汚染水の問題は最悪の状況にならなくても、限界に達することぐらいは、小学生でも高学年であれば、「算数」で計算できたのですが、我が国には為政者が不在のため、ここにきてまた原発汚染水を海へ垂れ流そうとしています。


本年4月20日の拙ブログ<緊急拡散《福島原発汚染水処理を強硬に要求しましょう》>で、1日500トンの原発汚染水を、最悪でも海に垂れ流さない断固たる決断を求めています。http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=346&cr=903361c5e45d27c822fbad0f0ab0dd30


現在の数兆円の震災復興予算から、60万トンタンカーを手当てして、垂れ流しを絶対阻止することを求める必要があります。


拙ブログを閲覧されていらっしゃる皆様にお願いがございます。日本と海外邦人の名誉を守るため、今回の汚染水垂れ流し予告に激怒している東北太平洋岸の漁協へ、上記4月20日のURLか、この記事ごと送って頂ければ、少しはお役に立てると思っております。


※ジャーナリスト水間政憲;ネットだけ転載フリー《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=591&cr=c9457bfa10513f899f0cb36c2f93e5e6


****転載は以上****


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚
「汚染水を垂れ流すな!」とお考えの方は

人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。




転載記事:超拡散《故中川昭一先生は日本の守護神になった》
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆

ブログ『水間条項』さまの12月7日の記事にて、下記の拡散依頼がございましたのでご紹介いたします。


***以下は転載記事***

超拡散《故中川昭一先生は日本の守護神になった》

2011年12月07日 09:35

ENGLISH TRANSLATION


超拡散《故中川昭一先生は日本の守護神になった》

日本人の美徳に憧れ、水面下での活動を由としてきましたが、田中正明先生、板倉由明氏、佐藤振壽氏、犬飼総一郎氏など、共に闘ってきたお歴々がお亡くなりに なった今、南京攻略戦の裁判などの全体像を語れる同志は、阿羅健一氏ただ一人になってしまいました。1980年代後半に、「南京問題」の検証に足を踏み入 れたとき、戦後生まれは小生だけでありました。

いま水面下から顔を出さないと、残っているものの責任として、永遠に「南京大虐殺」の汚名を晴らせなくなるとの思いが込み上げてきています。

田中正明先生の側近として、伝えるべき戦前戦中、東京裁判と続く空白の歴史を綴っていた田中正明先生の書籍や小生が発掘した「眞相箱の台本」、そして絶版に なっていた南京攻略戦に従軍された方々の魂の証言集、『聞き書き 南京事件』(現;『「南京事件」日本人48人の証言』小学館文庫)などを復刊することで、小生の役割は充分と思っていたのですが、現実はそれだけでは済ま されない状況になっていました。

GHQ作成の情報操作書「真相箱」の呪縛を解く―戦後日本人の歴史観はこうして歪められた(小学館文庫)

「南京事件」日本人48人の証言 (小学館文庫)


それは、そもそも「南京問題」は、政治問題であり、政治家が動いてくれなければ、終結させることなど不可能だったからです。

それが終結させれるかも知れない光明が差し込んできたのは、偶然に偶然が重なって、政権与党だった自民党「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」(歴史議連)内に、南京問題小委員会が設置されたことによります。

中国がらみの「南京大虐殺」映画10本が、制作されることを小生がスクープしたことが直接的理由だったにせよ。戸井田とおる南京事件小委員長と連携して、 「遺棄化学兵器」問題を国会で追及していなかったら、歴史議連を阿羅健一氏と一緒にお手伝いすることもなかったからです。

また、その歴史議連の会長に、ご就任されていらっしゃった中山成彬先生は、お父上が所属していた師団が南京攻略戦に従軍していたことや、故中川昭一先生と姉弟のように信頼関係を築かれていらっしゃった西川京子先生が事務局長を務められていたことなど。

お三方が重責を担っていたことは、天の采配としか表現できない鉄の結束だったことで、『南京の実相』が出版できた訳で。これは、生前の中川昭一先生の意思が目に見えないところで働いていた奇跡的な布陣のお蔭だったと思っております。

『「南京事件」日本人48人の証言』(阿羅健一著、小学館文庫)、『朝日が明かす中国の嘘』(田中正明著、高木書房)、『「南京事件」の総括』(田中正明著、小 学館文庫)と、続けてプロデュースと編集をし、それらの集大成が『南京の実相』であり、これを武器として活かす責任を果たすことができるものは、余人に代 え難いと実感しているのが偽らず心境です。

朝日が明かす中国の嘘


「南京事件」の総括 (小学館文庫)


また、故中川昭一先生の無念の思いを実現するためにも、中川先生の魂である『南京の実相』に掲載されている「推薦の言葉」を、「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」の活動を通して、世界中に知らしめる使命を与えられたと思っております。

内閣記者会関係各位全員と野田首相・藤村官房長官・玄葉外務大臣に『南京の実相』を送ったことと、それに添付したメッセージをインターネット上に公開したこ とに、中国政府がすぐさま反応し、12月13日の野田訪中の延期を申し入れてきたことは、経済産業大臣として机を叩きつける勢いで、日中中間線海域のガス田交渉臨んでいた中川先生の亡霊が蘇って、中国政府を震え上がらせたように思えてなりません。

これは、中川昭一先生が日本の守護神になったことが、現実に見えた瞬間でした。

これからも、覚醒されていらっしゃる皆様方と連携を深め、強力なピンポイント戦略で、世界中に『南京の実相』を淡々と発送する所存ですので、宜しくお願い致します。

※「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」
代表 水間政憲;ネットだけ転載フリー
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=591&cr=c9457bfa10513f899f0cb36c2f93e5e6


****転載は以上****


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚
「あらためて中川昭一先生に敬意!」とお考えの方は

人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。



転載記事:緊急拡散《ネットが野田首相の訪中を粉砕しました》
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking クリックをお願いいたします!

◆◇◆まずはご連絡◆◇◆
ひとつ下の記事におきましても、
水間条項さまの記事を転載公開しております。

こちらも是非お読み頂きたく、宜しくお願い申し上げます。


◆◇◆今般の主旨◆◇◆

ブログ『水間条項』さまの12月6日の記事にて、下記の拡散依頼がございましたのでご紹介いたします。

***以下は転載記事***

緊急拡散《ネットが野田首相の訪中を粉砕しました》

2011年12月06日 23:32

ENGLISH TRANSLATION



緊急拡散《ネットが野田首相の訪中を粉砕しました》



皆様方の強力なご支援により、野田首相の訪中を粉砕できました。


NHK夜9時のニュースで、「南京陥落の12月13日の訪中が延期になり、再調整することになりました」との、ニュースが飛び込んできました。

一週間内に迫った外交日程が、変更になったことは異例中の異例であり、「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」に賛同して戴いた、覚醒されていらっしゃる皆様方の総力が結実した瞬間でした。

国会放送を視る限り、誰も野田首相が「南京陥落の日」に訪中することを、問い質した議員が誰もいない体たらくの中、ネットが外交日程を左右できるまでの威力を持ったことを如実に物語っています。

これを機に、手を緩めることなく一気呵成に国際的に影響力のある機関並びにジャーナリストなどへ、『南京の実相』を発送しますので、ご支援ご鞭撻のほど、宜しくお願い致します。

※「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」
代表 水間政憲;ネットだけ転載フリー
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=591&cr=c9457bfa10513f899f0cb36c2f93e5e6




超拡散《「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」を設立しました》

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-591.html

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=591&cr=304584e95d4e73c03f44d7dc1319afea


尚、上記の趣旨に賛同され御支援くだされる皆様方には、誠にお手数で御座いますが、下記の郵貯銀行番号まで宜しくお願い致します。


■ゆうちょ銀行;口座名
【『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会】

● 銀行から→ 郵便局へ振込する場合の番号。  

   018-8012181 

● 現金持ち込みして郵便局から→下記指定口座に振り込みする場合の口座番号は次の通りになります。 

  10150-80121811

   この場合の振込手数料は 
  振込額 30,000円迄は               
525円必要です。
  振込額 30,000円を超える場合の手数料は  
735円です。
 
  使用する払い込み指定用紙は 電信払い込み請求書・電信振替請求書 (青色の用紙)です。

● 個人の郵便貯金口座から→自動支払機で 下記指定の郵便口座に振り込む場合の振込手数料は無料です。
  10150-80121811

※連絡先住所;〒105ー0011

東京都港区芝公園6番23号;光輪会館5F;日新報道気付;『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会

※【住所氏名の情報提供専用メールアドレス:
nankinnogisso@gmail.com

■【下記の例文は、海外発送時に必要なメッセージですので、誠に御手数ですが、住所・名称・氏名と共に現地語での翻訳も宜しくお願い致します。】

■《例文》< 前略 突然、日本から図書がお手元に届き、驚かれていらっしゃることと存じます。

実は、インターネットの普及により、世界中から寄贈先情報が、「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」のメールアドレスに、寄せられた情報を基に発送しております。

同書には、1937~1938年当時の国際連盟議事録とか、ロンドンタイムズなどの資料も掲載されておりますので、「20世紀の戦争の実態」を検証するとき に、学術調査研究の参考資料にしていただき、21世紀の世界平和に少しでも貢献できればとの思いで『南京の実相』を寄贈させて戴きました。

ご精査して頂ければ幸いです。

宜しくお願い申し上げます。

敬具

「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」 代表 水間政憲 」

※FAX;03-3431-9564


南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった



※「『南京の実相』を国内外のメディア図書館等に寄贈する会」代表;水間政憲
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

◆◇◆◇◆◇

★超拡散《日本人の団結力の旗『国家の存亡』でのTPP阻止祭りは、11月20日~》

◎『国家の存亡』でTPP阻止祭りは、救国の情報戦です。

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-583.html
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=577&cr=3a0c261f659dba599cef01847b29ff18

個々人の団結力を効果的に実現するには、各地方紙の「書店ベストセラー」の上位に『国家の存亡』をランクインさせることが重要です。そこで、過去の『パール判 事祭り』での実績を踏まえて、各地方紙が「書店ベストセラー」のサンプリングに使われている「紀伊國屋書店各地方本店」で『国家の存亡』を購入してベスト セラー入りを狙いましょう。

東京は紀伊國屋書店新宿本店、
大阪は紀伊國屋書店梅田本店、
札幌は紀伊國屋書店札幌本店
など各地方紀伊國屋書店本店でのランクインを勝ち取り、一気呵成に50万部を達成しましょう。

これが実現されたとき、TPP反対が日本人の意思になり、在日本アメリカ大使館所属のCIA職員の分析により、ホワイトハウスも理不尽な要求が出来なくなるのです。

インターネットでご購入の皆様は、アマゾンに集中して総合ランキング第1位をゲットしましょう。
国家の存亡 (PHP新書)

※ジャーナリスト水間政憲;ネットだけ転載フリー《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

****転載は以上****

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚

「売国首相の訪中を紛糾できて良かった!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。


転載記事:超拡散《南京問題情報戦の源流と現況》
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆

ブログ『水間条項』さまの12月6日の記事にて、下記の拡散依頼がございましたのでご紹介いたします。


***以下は転載記事***

南京問題情報戦の源流と現況

2011年12月06日 21:22

●超拡散《南京問題情報戦の源流と現況》


■南京問題の情報戦は、戦前、周恩来(中共・首相)・郭沫若(中共・副首相)な どを源流として、戦後(東京裁判後)、日中共同声明(1972年9月29日)を前にした1971年8月に朝日新聞の連載「中国の旅」からスタートしまし た。戦後の情報戦で重要な役割を担ったのは、中国帰還者連絡会(中帰連)と朝日新聞である。「中国の旅」の執筆者である朝日新聞社会部・本多勝一記者は、 日中共同声明前の1972年7月にホラー映画の写真集と見紛う『中国の日本軍』を上梓していた。

1970年代から80年代に学術研究を偽装して、南京虐殺を撒き散らしていた三流学者に洞富雄・早稲田大学教授がいました。その言説は、名に恥じない「ホラ話」をまとめたものだった。

現在、世界を巻き込んだ南京問題の情報戦の原点は、1996年4月26日、東京地裁に於いて結審した「郵便袋虐殺事件裁判」からスタートしているのです。そ の判決後の記者会見は、敗訴した東史郎氏の弁明「こんな判決を出したら世界は黙ってない。わしの所に世界中から取材にきている」と、テキ屋のオッサンのよ うに息巻いていたのです。

勝訴した我々側の記者会見は、司法記者クラブに申し入れしていたにも拘わらず、TBSのテレビ クルーは弁明記者会見が終わると、あたふたと撤収作業を始めたので、小生が「これから勝訴の記者会見があるのに敗訴の記者会見だけ取材するのはおかしい じゃないか」と、詰め寄ると「勝訴の記者会見は聞いてない」」と、開き直ったので「敗訴の記者会見だけ放送して勝訴の記者会見を無視したら放送法違反で告 発するぞ」と、強硬に申し入れたところ、しぶしぶもとに戻したのだった。この当時のTBSの報道部は、情けないことに筑紫哲也氏に牛耳られていたのです。

この裁判で反日サヨク側が敗訴したことで、危機感を抱いた中国抗日ネットワークが国際的に蠢くきっかけになったのです。

その後、東史郎氏の恫喝通り『ラーベの日記』(南京陥落後の国際安全区委員長の日記)の英語・中国・日本語版が発売された。


そして、翌年(1997年11月)には、アイリス・チャン著『ザ・レイプ・オブ南京』が米国で発売され、その販促方法は「自分で一冊、親族に一冊、友達に一 冊」の標語で呼びかけて50万部を達成したことで、南京プロパガンダの象徴に祭り上げられていた。その著書の中に掲載された写真は、『中国の日本軍』など の焼き直しで、「誰が・いつ・どこで」写したものか不明のものばかりで、報道写真として無価値だったにも拘わらず、我が国の保守論壇は敵の策略に翻弄され ていたのです。

1990年代に我が国に於ける南京問題の情報戦の主なプレイヤーは、筑紫哲也氏とTBSで、補完的な役割を担ったのが朝日新聞と毎日新聞でした。そして洞富雄氏のあとを引き継いだのが笠原十九司氏だった。

2000 年代になると、国際的反日包囲網のネットワークに名乗りを挙げてきたのが2007年12月13日に発売された『PAPIO』誌で小生が取り上げた、ニュー ヨークに本部がある「世界抗日戦争史実維護連合会(GA)」(世界45支部、会員数25万人)である。同誌で「南京大虐殺」映画10本が制作されることを スクープしたところ、我が国でも反証映画制作の気運が加速したことは周知の通りです。(詳細は『「反日」包囲網の正体』第1章「反日」包囲網を撃て!を参 照して下さい)

そもそも中国人が繰り出す数字は、都合によって多くなったり少なくなったりするのが世界の常識になっている。日本 でも5千人が「自分で一冊、親族に一冊、友達に一冊」と、徹底的に活動したら50万部を達成することも可能ですので、会員数5千人が妥当な人数であろう。 また、世界45支部も、GAのホームページを閲覧している中国人が世界45ヵ国にいることを「支部」とアピールしていると解釈できるのです。

それを参考にすると、「水間条項」の閲覧者が世界48ヵ国として「48支部」になり、訪問者数が1万人と「転載フリー記事」の閲覧者を合わせると毎日数十万人になっていると想定すると、中国風表記で会員数30万人も不自然な数字でないことになります。

今後の賛同者の和が広がれば、「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」は、GAより強力な国際ネットワークに発展すると確信しております。

現在、EUもアメリカも衰退している流れの中で、GDP世界第2位と台頭してきた中国への警戒感は、アメリカの対中政策の転換に現れており、アメリカは国際 ルールを無視し続けている中国を見る眼は冷ややかになっています。また、EUの庭でもあったアフリカ諸国に触手を延ばす中国に対して、EU諸国に不満が充 満していたことと、北アフリカの開発独裁者国家が、ジャスミン革命でドミノ倒しで倒れたことは決して無関係ではない。

それは、それぞれの独裁者に近年、深く食い込んでいた国が中国だったからです。

これらの国際情勢を俯瞰すると、中国の弱点を欲している国際社会に「歴史捏造国家」の証拠を放り込むことは、いままで散々、「南京大虐殺」の嘘を撒き散らしてきた中国にブーメランとなって襲うことになるであろう。

これは、戦後、国際社会で貶められてきた我々の父祖たちになり変わって、世界中のジャーナリストなどに『南京の実相』を広めることは、百倍返しができる千載一遇のチャンスが到来したのです。

※ 「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」代表 水間政憲;ネットだけ転載フリー《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=591& amp;cr=c9457bfa10513f899f0cb36c2f93e5e6》
****転載は以上****


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚
「情報戦を勝ち抜こう!」とお考えの方は

人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。


転載記事:超拡散《内閣記者会各社に『南京の実相』を発送した時の添付文書》
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆

ブログ『水間条項』さまの12月2日の記事にて、下記の拡散依頼がございましたのでご紹介いたします。


***以下は転載記事***

超拡散《内閣記者会各社に『南京の実相』を発送した時の添付文書》

2011年12月02日 12:12

ENGLISH TRANSLATION


超拡散《内閣記者会各社に『南京の実相』を発送した時の添付文書》

12月2日付で『南京の実相』を、内閣記者会永田クラブ各社キャプへ寄贈した時に添付した文書を公開します。

◆『南京の実相』を発送した内閣記者会永田クラブ各社(19社)は以下の通りです。

朝日新聞・読売新聞・産経新聞・毎日新聞・日本経済新聞・東京新聞・北海道新聞・西日本新聞・京都新聞・中国新聞・ジャパンタイムズ・共同通信・時事通信・NHK・日本テレビ・TBS・フジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京

以上

下記は添付文書
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

内閣記者会永田クラブ各社キャプ各位殿

謹啓

寒さ厳しき折、日々我が国の中枢情報を配信する業務に邁進されていらっしゃることに敬意を表します。

この度、野田首相が12月13日から訪中することは、我が国の外交史の汚点になると判断し、南京攻略戦の実相を検証していただきたく、『南京の実相』を寄贈させていただきます。

同日程に同意した野田首相に、良識のある国民は激怒しております。

それは、1937年の同日、南京攻略戦に於いて、日本軍によって南京城が陥落した日だからであります。これは、「南京大虐殺」があったかなかったかの問題と は異なり、外交センスの問題です。8月6日にオバマ大統領が訪日することとか、12月8日に日本国の首相が訪米することと同様に、それぞれ両国の国民感情 に、微妙な影響を与える日程だからです。

本来であれば、外交当局は、それぞれの国民感情に配慮して、絶対避けるべき日程なのです。

それが、寄りによって、日中間の歴史認識問題を象徴する南京陥落の日に、訪中を決断した野田首相は万死にあたいします。

ここに同封しました『南京の実相』は、故中川昭一先生が設立した「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」(中山成彬会長)が、2007月6月19日、憲政 記念館に於いて、ロイター、AP通信、AFP通信、朝日新聞、読売新聞、産経新聞など、国内外二十数社の記者に「南京問題の総括」として、発表した時の資 料を纏めたものです。

それから4年を過ぎても、記者会見に出席した国内外のメディアや中国は、同議連が「一次資料を中心にした検証の結果、南京攻略戦が通常の戦場以上でも以下でもない」と、総括したにも拘わらず、沈黙しております。

「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」は、故中川昭一先生の意思を引き継ぎ、真の日中友好の実現を目指して、世界中のジャーナリスト・歴史研究者・メディア等に同書を寄贈することを目的に設立しました。

内閣記者会関係各位の皆様方には、『南京の実相』を検証していただき、野田首相の訪中で国益を損ねることなきよう、是々非々で監視して頂けることを切にお願いする次第です。

謹白


平成23年12月2日

「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」代表 水間政憲

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=591& cr=c9457bfa10513f899f0cb36c2f93e5e6》は、基本的に寄贈先を明らかにしませんが、御支援下さった皆様方との連帯感を よりいっそう共有できることを願い、公的機関によっては、これからも寄贈先の一部を公開することになりました。


超拡散《「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」を設立しました》

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-591.html

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=591&cr=304584e95d4e73c03f44d7dc1319afea


尚、上記の趣旨に賛同され御支援くだされる皆様方には、誠にお手数で御座いますが、下記の郵貯銀行番号まで宜しくお願い致します。


■ゆうちょ銀行;口座名
【『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会】


● 銀行から→ 郵便局へ振込する場合の番号。  

   018-8012181 


● 現金持ち込みして郵便局から→下記指定口座に振り込みする場合の口座番号は次の通りになります。 

  10150-80121811

   この場合の振込手数料は 
  振込額 30,000円迄は               
525円必要です。
  振込額 30,000円を超える場合の手数料は  
735円です。
 
  使用する払い込み指定用紙は 電信払い込み請求書・電信振替請求書 (青色の用紙)です。

● 個人の郵便貯金口座から→自動支払機で 下記指定の郵便口座に振り込む場合の振込手数料は無料です。

  10150-80121811


※連絡先住所;〒105ー0011

東京都港区芝公園6番23号;光輪会館5F;日新報道気付;『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会


※【住所氏名の情報提供専用メールアドレス:
nankinnogisso@gmail.com

■【下記の例文は、海外発送時に必要なメッセージですので、誠に御手数ですが、住所・名称・氏名と共に現地語での翻訳も宜しくお願い致します。】


■《例文》< 前略 突然、日本から図書がお手元に届き、驚かれていらっしゃることと存じます。

実は、インターネットの普及により、世界中から寄贈先情報が、「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」のメールアドレスに、寄せられた情報を基に発送しております。

同書には、1937~1938年当時の国際連盟議事録とか、ロンドンタイムズなどの資料も掲載されておりますので、「20世紀の戦争の実態」を検証するとき に、学術調査研究の参考資料にしていただき、21世紀の世界平和に少しでも貢献できればとの思いで『南京の実相』を寄贈させて戴きました。

ご精査して頂ければ幸いです。

宜しくお願い申し上げます。


敬具

「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」 代表 水間政憲 」

※FAX;03-3431-9564


南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった



※「『南京の実相』を国内外のメディア図書館等に寄贈する会」代表;水間政憲
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/》◆◇◆◇◆◇


★超拡散《日本人の団結力の旗『国家の存亡』でのTPP阻止祭りは、11月20日~》

◎『国家の存亡』でTPP阻止祭りは、救国の情報戦です。

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-583.html
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=577&cr=3a0c261f659dba599cef01847b29ff18

個々人の団結力を効果的に実現するには、各地方紙の「書店ベストセラー」の上位に『国家の存亡』をランクインさせることが重要です。そこで、過去の『パール判 事祭り』での実績を踏まえて、各地方紙が「書店ベストセラー」のサンプリングに使われている「紀伊國屋書店各地方本店」で『国家の存亡』を購入してベスト セラー入りを狙いましょう。

東京は紀伊國屋書店新宿本店、
大阪は紀伊國屋書店梅田本店、
札幌は紀伊國屋書店札幌本店
など各地方紀伊國屋書店本店でのランクインを勝ち取り、一気呵成に50万部を達成しましょう。

これが実現されたとき、TPP反対が日本人の意思になり、在日本アメリカ大使館所属のCIA職員の分析により、ホワイトハウスも理不尽な要求が出来なくなるのです。


インターネットでご購入の皆様は、アマゾンに集中して総合ランキング第1位をゲットしましょう。
国家の存亡 (PHP新書)

※ジャーナリスト水間政憲;ネットだけ転載フリー《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

****転載は以上****


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚
「国益を守りたい!」とお考えの方は

人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.