☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転載記事:緊急拡散;中国鉄道事故死亡者数
まずは 人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking クリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
ブログ『水間条項』さまの7月30日の記事にて、下記の拡散依頼がございましたのでご紹介いたします。

***以下は転載記事***

緊急拡散;中国鉄道事故死亡者数

2011年07月30日 12:27




※ 写真は、8月14日15時から札幌紀伊國屋本店で開催されるトーク&サイン会のチラシです。今回の中国高速鉄道事故を隠蔽している中国事情に興味 のある方は『「反日」包囲網の正体』の第8章「微笑みに隠された中国のプロパガンダ」(http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d /4569797857/ref=redir_mdp_mobile/377-4568134-4079727?uid=NULLGWDOCOMO)をお 読みください。当日は日本(北海道)が元気になる話をと思っていましたが、今回の中国の高速鉄道事故を踏まえて、日本のマスメディアが触れない、日中間の 問題も取り上げますので、楽しみにしております。


緊急拡散;《世界最高速「棺桶」鉄道の死亡者数》


■中国政府は、死亡事故の死亡者を常に「35名」に統一していることについて、ネット上に「共産党幹部を首にする基準値を『35人以上』に定めている」との書き込みを「デマ」と否定しました。

実際、中国では、1993年以降に起きた大事故の死亡者数が「35人」になっていることに関しては、「偶々偶然が重なっているだけ」と、開き直っています。

今回の殺人列車の死亡者数も「35名」と発表したが、昨日、世界最大の中華系中立サイト「博訊網」によると、保険会社からの情報として「死亡者259人」「負傷者183人」「行方不明者154人」と報道しています。

今回の殺人列車は、時速100キロ以上のスピードで追突し、先頭車両から3両目までは大破して高架橋から投げ出され、地面に叩きつけられていたことで、死亡 者259名は順当な数字ですが、中国政府は事故後も「高速鉄道の乗車数は満席」などと発表していることを勘案すると、「死亡者259名」でも少ないくらい です。

中国のマスコミが政府のコントロール下にある証拠は、いまだに、事故当時の「先頭車両から3両目までの乗客数」を発表できないことにある。

それが分かれば、スピードと衝撃力をコンピューターでシュミレーションすれば、ほぼ全員即死の判定がでることくらい、常識の範囲内で判断できることなのです。

日本のメディアは、中国政府の嘘に右往左往しないで、専門家に「時速100キロの衝突、高さ20メートルから落下の衝撃」などの数値で、シュミレーションすれば答えは簡単に導き出せるのです。

中国の鉄道事故で車両を埋めることは、今回だけでなく、昨年5月23日午前2時、広西省の辺鄙なところで、「859列車」が事故にあったが、速攻で埋めて、4時間後の午前6時には復旧して列車が走っていたのです。因みに、その時の死亡者は19名とのことだ。


★中国は現在「オカラ大陸化」しているのであり、約2000カ所の道路とか橋が「穴や亀裂」で、危険な状態になっていると中国国内メディアで報道されており、中国旅行をする日本人観光客が事故にあわないことを祈ります。

★追伸、昨日、Amazonの『パール判事の日本無罪論』のカスタマレビューが操作されていると記事にしたところ、速攻で同書の「103番目のレビュー」を削除しました。Amazon日本支社は、操作した担当者を処罰することも必要なのです。


※ジャーナリスト水間政憲;ネットだけ転載フリー《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/》

****転載は以上****

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

「中国のマスコミの報道は信じられない!(中国だけじゃないけど)」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆
スポンサーサイト

転載記事:拡散;オヤジになったら歴史から
まずは 人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking クリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
ブログ『水間条項』さまの7月27日の記事にて、下記の拡散依頼がございましたのでご紹介いたします。

***以下は転載記事***

拡散;オヤジになったら歴史から

2011年07月27日 14:22




※写真は、紀伊國屋札幌本店で8月14日15時から開催されるトーク&サイン会のチラシです。


拡散《オヤジになったら歴史に学び、残りの人生の指針にして下さい!》

■また暑いあつい8月15日が近付いてきました。

小生が、臆面もなく自著を堂々とご高評いただけることを繰り返し、呼びかけているのには訳があります。

それは、歴史認識から国家意識を問う関係本は、毎月、繰り返し多数出版されていますが、外交問題を封じ込めることができる「一次資料」が収録されているものは、ほとんど出版されることが無いからです。

人間、誰しも40歳になれば、残りの人生を少しは考え始めます。それまでは、経験することで人生の糧とすることも出来たでしょうが、40歳を過ぎると、経験 できる環境も残りの時間も狭まってきます。そこで、光陰矢の如し、皆様方が残り人生の貴重な時間を無駄にしないために、自著を呼びかけているのは、国立国 会図書館や各大学図書館に一切所蔵されていない「スクープ資料」を収録してあるからなのです。それは、「自著は自著であるけど自著にあらず」とでも申しま しょうか。「一次資料」には、公共性のある資料も多数あり、いわば各公共図書館は、所蔵する義務がある資料本だからなのです。また、スクープ資料が発掘で きたのには、「英霊」が背中を押してくれたとしか考えなれない経験を何度となくしているからです。小生は、この15年間、8月15日には、毎年欠かさず 「英霊にこたえる会」が靖国神社境内でしている奉仕活動のお手伝いをしておりました。そんな中で10数年前、たまたま後ろに立っていた90歳くらいの老人 が「周恩来もこの辺に立っていたのかなぁ…」と、独り言を呟いていたのです。その時は、さほど気にとめることはありませんでしたが、中国からの靖国神社に関する内政干渉が、激しさを増して来ていた、2005年春に「あの老人の独り言」が天の声のように蘇ってきて、80歳を過ぎている旧軍関係者に、 「周恩来が靖国神社を参拝した話を聞いたことがあるか否か」を、繰り返し確かめても、誰一人としてその事実を知っているものはおりませんでした。しかし、 その中に「日本に留学していたことは聞いたことがあるが…」と、語ってくれた方がおり、その瞬間「これだ」と確信して、周恩来の留学時代の資料を、足を棒 にして3ヶ月間くらい、関係本の参考資料から参考資料に当たり、徹底的に探し回っても見つけることが出来ず、諦めかけていたとき、靖国神社問題に関して、 中国側が勝利したようになった1990年代後半に「周恩来の日記」が出版されていたことを知り、その日記を入手して精査していたら、「靖国神社の大祭に出 会い、それを見てはなはだ大きな感慨を催す」との一文が、目に飛び込んで来たときは、正直震えました。これで日中間の靖国神社参拝問題は「ケリが つく」と、確信した次第です。この論文は『いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実 国益を守る「国家の盾」』(PHP研究所)の第4章「靖国神社を拝観していた周恩来と世界のVIP」に所収されてます。このスクープは、2005年8月1 日のフジテレビ『スーパーニュース』で、小生もビデオ出演して報道されました。因みに、東京の鶯谷には、周恩来が友人を訪ねて、足繁く通っていた禅宗のお 寺が現存しています。検証論文に直接関係はないが、論文を書き上げるときには、お寺を確認のため 鶯谷まで出かけたりして、膨大な時間を費やしていますので、それらも伝われば幸いです。《http://www.amazon.co.jp/gp/aw /d.html/ref=redir_mdp_mobile/378-3272802-7651555?uid=NULLGWDOCOMO& a=4569794130》


■『英霊の不思議な力を実感した体験』

それは「日本罪悪史観」を、全国に朝日新聞と連んで撒き散らしていた旧軍人に、トドメを刺すリポートの核心を書き上げるときの出会いです。それは、英霊のお力添えなくしてあり得ないことでした。

1937年の南京攻略戦後、中国戦線で戦った戦友の中には、戦後一度も会うこともなく忘れてしまう方たちが沢山いるとのことだった。2005年5月、中国へ招待され、廬溝橋や南京で土下座をしていた旧軍兵士が、中国で大々的に報道されていた。

それは、小泉純一郎首相が「どんなことがあっても8月15日に靖国神社を参拝する」と、首相になるときに公言してから、中国が、8月15日が近付くと、毎年 繰り広げていた政治宣伝の道具として利用された老人のパフォーマンスだった。ところがよくよく調べて見ると、その老人は、朝日新聞と連んで全国で1000 回以上も「日本罪悪史観の語り部」として、もてはやされていたトンでもない人物だったのです。

この先は、英霊が小生のリポートを後押ししてくれたとしか、考えられない連続でした。そのトンでもない人物は、第15師団51連隊第2大隊6中隊に所属していた。

戦後60年になり、同じ連隊に所属していた旧軍兵士を探すことだけでも大変なのですが、偶々、土日に「英霊にこたえる会」で奉仕活動をされていらっしゃる中 に、51連隊の生存者の方々がいたのです。それで、大体のことは判ったのですが、より詳しく取材するには、同じ中隊に所属していた兵士の証言が、どうして も必要だったのです。それが出来なければ、トンでもない人物を名指しで糾弾することはできません。このときも半ば諦めかけていたのですが、2005年7月 21日、奈良県の遺族会の方々が、靖国神社を参拝した中に、探し求めていた51連隊第2大隊6中隊所属の旧軍兵士がいたのです。

その方は、「英霊にこたえる会」の奉仕活動をしていた戦友と60年ぶり以上の再会にも拘わらず、面影を頼りに声をかけてきたとのことでした。それは、奉仕活動を していた戦友は、51連隊の連隊旗拝受のため、連隊長に随行して宮中に参内してから、51連隊の解散まで見届けた有名人だったから、記憶されていたとのこ とでした。これらの人々との出会いは、英霊が会わしてくれたと考える以外、奇跡としか表現できないことでした。
これら一連の靖国神社のリポートは、翌2006年に「ジャーナリスト大賞」にノミネートされていました。

一次資料は、中国政府を黙らさせる力がありますが、保守論壇のつまらないところは、これら一次資料を話題にしないことです。その狭小な姿勢が、国益を損ねて いることに、国民が気付くべきですが、気づいていらっしゃる方は、現在、覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様方だけなのが、残念でなりま せん。このリポートは、『「反日」包囲網の正体』(PHP研究所)第8章の252P〈「日本軍の犯罪」を土下座して回る老人〉から263P〈「フーテンの 寅さん」並みの名講談師〉の項に所収されています。これら書籍に所収されているリポートは、人間の力を遥かに超えた何ものかの不思議な力によって、発掘で きた一次資料が所収されておりますので、圧倒的な説得力を発揮されていると確信しております。今年の8月15日は、靖国神社を参拝できませんが、1人でも 多くの皆様方と、歴史認識を共有できることを切に望んでおります。

自民党歴史議連事務局長をされていらっしゃった西川京子先生 が、インターネットの動画で『「反日」包囲網の正体』を評価してくださってます。 《http://videosearch.mobile.yahoo.co.jp/search?p=%90%85%8A%D4%90%AD%8C %9B&sort=pdate&ySiD=ASP.TRfygdcapO4AQsog&guid=ON》

《http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4569797857/ref=redir_mdp_mobile/377-4568134-4079727?uid=NULLGWDOCOMO》

※ジャーナリスト水間政憲;ネットだけ転載フリー《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/》


****転載は以上****

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

「中高年になったら(若い方々ももちろん)、是非正しい歴史を学んでほしい!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆

転載記事:緊急拡散;《再生エネ法は朝鮮系経営者支援法案》
まずは 人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking クリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
ブログ『水間条項』さまの7月15日の記事にて、下記の拡散依頼がございましたのでご紹介いたします。

***以下は転載記事***

緊急拡散;《再生エネ法は朝鮮系経営者支援法案》

2011年07月15日 01:49




※写真は、なでしこJapanが、日本列島に興奮をもたらした東京の夕焼け。

緊急拡散;《再生エネ法は朝鮮系経営者支援法案》

■戦後、日本人をこれほどコケにした法案があっただろうか。

現在、国会議員に占める朝鮮系議員は、前回の総選挙前で93名に上っていたことは永田町の情報通の間では普通に語られていた

大震災からの復興の最中、唐突に菅が首相退陣の条件に持ち出した「再生エネ法」は、目に見える形の「日本解体法案」即ち、「産業空洞化法案」なのである。

この法案は、孫正義ソフトバンク社長が菅に持ちかけた法案であり、菅が同席したシンポジウムで、孫は「この法案だけは通して貰いたい」と、日本人であれば大震災復興予算が最優先法案であるにも拘わらず、被災者を無視して、菅に直接エールを送っていたいかがわしさなのだ。

我が国は、北朝鮮や中国と違う民主主義国家であり、孫と菅が独断専行して決める問題ではない。

国家の安全保障、経済、国民生活の根幹に係わる大問題を、朝鮮系経営者の事業欲を満たすためだけの「穴だらけ法案」に、いま日本人が激怒しないでいつするのか。

また、孫の申し入れに賛同して集まった34名の知事の軽薄な行動に唖然となった。

いま、孫がメガソーラー発電構想の予定地としている帯広と苫小牧(苫東工業用地)のある北海道電力は、昨年の最大電力を24%も上回る供給力を維持してお り、現在の電力コストの数倍高い再生エネルギーを無制限に北海道電力に買い取らせるとなると、そのツケを払わされる道民は、たまったものではありません。

孫が推進するソーラー発電の稼働率はたったの「12%」たらずであり、安定的に電力を供給する原子力や火力・水力のような基礎電力になり得ないのだ。

国会議員たちは、国家100年の大計として議論を必要とする「国家エネルギー基本法」を、朝鮮系経営者の事業欲を満たすためだけの法案に賛成するのか否か。

菅は、この13日に「再生エネ法」を通すためだけとしか考えられない「脱原発記者会見」を行ったが、記者から「都合のいいときだけしか記者会見をしないの か」と、批判するのがせいぜいで、ズバリ「在日献金の見返りに国家の根幹を、朝鮮系経営者に委ねるための脱原発記者会見なのか」くらいの、イヤミをぶつけ て貰いたいものだ。

次々にあの手この手と、「日本解体」を目論む朝鮮系日本人に対抗するには、覚醒されているインターネットユーザーの皆様方の結束力でしか我が国を守れません。

国籍改悪のときも外国人参政権のときも、オピニオン誌は無力でした。今回もインターネットユーザーの皆様方の総力で全国会議員に冷静沈着にFAXとメールで要請して、「朝鮮系経営者支援法(産業空洞化法案)」を阻止しましょう。

〈尚、国会議員のFAX番号とメールアドレスは、「【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】」さんのサイトに掲載されています。〉

http://sitarou09.blog91.fc2.com/

★ これらいかがわしい「日本解体法案」を、一瞬で見極める目を養うために『「反日」包囲網の正体』を出版してあります。『「反日」包囲網の正体』解説動画 URL★http://videosearch.mobile.yahoo.co.jp/search?p=%90%85%8A%D4%90%AD%8C%9B&sort=pdate&ySiD=ASP.TRfygdcapO4AQsog&guid=ON


「反日」包囲網の正体




★《本年8月14日15時~16時30分;紀伊國屋札幌本店でトークショー&サイン会》
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-425.html

※ジャーナリスト水間政憲;ネットだけ転載フリー《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/》


****転載は以上****

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

「朝鮮系経営者支援法案を阻止したい!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆

転載記事:拡散《本年8月14日15時~16時30分;紀伊國屋札幌本店でトークショー&サイン会》
まずは 人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking クリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
ブログ『水間条項』さまの7月8日の記事にて、下記の拡散依頼がございましたのでご紹介いたします。

***以下は転載記事***

拡散《本年8月14日15時~16時30分;紀伊國屋札幌本店でトークショー&サイン会》

2011年07月08日 03:48












※写真は、1983~1984年、札幌で造形作品兼多目的ホールとして、発表・運営していた『ART・Q・BIC』の室内


拡散《本年8月14日15時~16時30分;紀伊國屋札幌本店でトークショー&サイン会》


■ 『「反日」包囲網の正体』(新宿本店週刊単行本ベストセラー第4位)と『いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実 国益を守る「国家の盾」』(同ベストセラー第2位)の実績が評価され、地元でもある北海道でトークショー&サイン会が開催されることになりまし た。

札幌は、1983~1984年、造形作家としての集大成の作品を兼ねた多目的ホール『ART・Q・BIC』(山下洋輔やTNネットワークなどがコンサート)を発表・運営していた街です。

その時、札幌への置き土産は、小生が実演をしてアイデアを提供した「雪祭り夜のカラー照明」でした。それまでの雪祭り夜の会場は、信じられないでしょうが真っ暗闇だったのです。

それは、『雪祭り条例』に、「色をつけてはいけない」との一項が記載されていたからでした。それに対して、「レインボーマシンは、色をつけるのではなく、カ ラー照明を投射するのであり、雪祭り条例に違反しない」と、札幌市観光協会と雪祭り実行委員会を説得して実現したのです。そのとき札幌にもって行った「レ インボーマシン」は、その前年、世田谷の会社が開発した特許製品で、実質的に雪像に「虹色の照明」を投射したイベントは、世界で初めてのことでした。その とき、HBCの雪像の特設ステージに出演して、「虹色の照明」のビデオ映像が全道に放映されたことで、ご記憶の道民の方もいらっしゃると思っております。 また、そのときのニュース番組に出演したとき、「オフォーツクの流氷にも虹色の照明を投射して見たい」と、述べたことで「紋別流氷祭り」が、小生のアイデ アを踏襲して実施しております。

そのアイデア1つで、現在、雪祭り会期中の夜の経済波及効果は、絶大になっているとのことです。

今回、二十数年振りの札幌は、様変わりしていることでしょうが、郷土になにか精神的な提言をできることに、今から楽しみにしております。

現在、拙ブログは、世界48カ国から閲覧されてますが、国内では、東京、神奈川、大阪、京都に次いで札幌(数百名)の方々が訪れてくれていますので、当日は 楽しみにしております。できれば『「反日」包囲網の正体』《http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4569797857 /ref=redir_mdp_mobile/377-4568134-4079727?uid=NULLGWDOCOMO》と『国益を守る「国家の 盾」』《http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html/ref=redir_mdp_mobile /378-3272802-7651555?uid=NULLGWDOCOMO&a=4569794130》を、事前に読んでいただいていれば、 面白おかしく話を聞いていただけると思っております。

また、拙著を手にされてくださっていらっしゃる方の中には、田中正明先生のファンの方も沢山いらしゃると思っていますが、当日は、田中先生からプレゼントしていただいた「落款」を押印させて戴きます。

当日の会場は、席は八十名位とのことですが、二百名位までは入場できるとのことですので、1人でも多く友人知人を誘って来ていただければ、北海道が精神的に元気になるお話をしたいと思っております。

そして、翌日(8月15日)は、日本復興の聖地『小樽龍宮神社』に参拝しますので、観光で小樽に行かれるかたと、16時頃にご一緒できればと思っております。《小樽龍宮神社で「日本鎮護」を祈願した麻生太郎元首相と中山成彬・恭子ご夫妻。龍宮神社は日本復興の聖地です!》 http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=358&cr=b4c25a2cc273801e6f752538a0976932

※ジャーナリスト水間政憲;ネットだけ転載フリー《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/》


****転載は以上****

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

「水間政憲さまの北海道の方々への提言を応援したい!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆
Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。