☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意見書文例×2(改訂して再掲):間もなく施行「中国人へのビザ緩和への反対意見書」(有志さま作成&管理人作成) *利用、改変可*
※皆さまへお願い!!!
ひとつ下の記事におきまして、「参議院議員選挙立候補者の方へのアンケート」のご回答を集めております。
よろしくご協力のほど、お願い申し上げます。

※「中国人へのビザ緩和への反対意見書」の送信先が更に追加されました(6月29日13:30)

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
●当ブログでは、6月3日の記事におきまして、「中国人へのビザ緩和への反対意見書」(有志さま作成&管理人作成)
を公開し、ご賛同下さった皆さまと共に意見書送信を行いましたが、

この「中国人へのビザ緩和」が7月1日から施行されるにあたり、送信を継続して下さっている方が、
また皆さまで再度送信してはどうかとのご意見を頂きました(貴重なご意見誠に有難うございました)。

●また、上記記事中の文例を作成して下さった方が、参議院議員選挙公示期間中である事を配慮下さり、
文例を改訂して再度ご提供下さいました(丁寧に対処下さり、本当に有難うございました)。

◆◇◆当ブログでの対応◆◇◆
●当ブログでは施行を目前にしたこの問題を重く見て、
1.有志の方から頂いた文例(参議院議員選挙公示期間中につき、内容を一部改訂頂きました)
2.管理人〔しーたろう〕作成の文例
という、2種類の文例を再度公開させて頂くことに致しました。

●送信先につきましては、あて先を追加し、
1.『国民が知らない反日の実態』さまにおいてピックアップして頂いた送信先
2.また、コメント欄の常連さまがまとめられた入国管理局のFAXリスト(有難うございます!)、
3.それに実際に事前審査にあたられるという、在中国日本大使館の連絡先の重要機関等
4.更にはこの記事の公開後に、読者の方からお知らせ下さった送信先←New
を掲載しております。

●なお、「中国人へのビザ緩和」についての問題は、「中国人へのビザ緩和への反対意見書」(有志さま作成&管理人作成)
をご参照下さいませ。


◆◇◆メール・FAXの送信について◆◇◆
※送信先が更に追加されました(6月29日13:30)
●1.『国民が知らない反日の実態』さまにおいてピックアップして頂いた宛先
◆外務省
★<外務省 http://www.mofa.go.jp/mofaj/comment/index.html
〒100-8919 東京都千代田区霞が関2-2-1
電話(代表)03-3580-3311
FAX 03-5501-8430 ←New

ジャスコ岡田(岡田克也) http://www.katsuya.net/
【国会事務所】
〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1
衆議院第一議員会館443号室  (電話)03-3508-7109
【三重事務所】
〒510-8121 三重県三重郡川越町高松30-1
(電話)059-361-6633 (FAX)059-361-6655
webmaster@katsuya.net

◆防衛省
<防衛省 http://www.mod.go.jp/
〒162-8801 東京都新宿区市谷本村町5-1
電話:03-5366-3111(代表)

北沢俊美 http://www13.ocn.ne.jp/~kitazawa/
【国会事務所】
〒100-8962
東京都千代田区永田町2-1-1
参議院議員会館510号室
TEL. 03(3508)8510    FAX 03(3503)3889
t-kitazawa@beach.ocn.ne.jp

榛葉賀津也 http://www.k-shimba.com/
【国会事務所】
〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館742号室
TEL 03-3508-8742     FAX 03-5512-2790

◆警視庁
★<警察庁 http://www.npa.go.jp/
〒100-8974 東京都千代田区霞が関2-1-2 
電話番号 03-3581-0141(代表)

◆観光庁
★<観光庁 http://www.mlit.go.jp/kankocho/
住所:〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3
観光庁総務課企画室  TEL:03-5253-8111(内線27-115)
                FAX:03-5253-1563←New

2.コメント欄の常連さまがまとめて下さった入国管理局のFAXリスト

1:札幌入国管理局 総務課 011-281-0631(FAX)
2:小樽港出張所 0134-33-9239(FAX)
3:函館港出張所 0138-41-6929(FAX)
4:釧路港出張所 0154-24-7409(FAX)
5:千歳苫小牧出張所 0123-45-2067(FAX)
6:稚内港出張所 0162-23-2094(FAX
****************************************
7:仙台入国管理局 022-298-9102(FAX)
8:仙台空港出張所 022-383-1914(FAX)
9:郡山出張所 024-936-3229(FAX)
10:酒田港出張所 0234-22-2824(FAX)
11:秋田出張所 018-895-5223(FAX)
12:青森出張所 017-777-2963(FAX)
13:盛岡出張所 019-621-1207(FAX)
****************************************
14:東京入国管理局 03-5796-7125(FAX)
15:羽田空港出張所 03-5756-4854(FAX)
16:立川出張所 042-528-7178(FAX)
17:さいたま出張所 048-851-9685(FAX)
18:千葉出張所 043-247-5199(FAX)
19:水戸出張所 029-300-3605(FAX)
20:宇都宮出張所 028-600-7751(FAX)
21:高崎出張所 027-324-3122(FAX)
22:長野出張所 026-232-3422(FAX)
23:新潟出張所 025-275-4848(FAX)
24:甲府出張所 055-221-0631(FAX)
25:新宿出張所 03-5155-0492(FAX)摘発専門
****************************************
26:名古屋入国管理局 052-659-0511(FAX)
27:      総務課 052-659-0511(FAX)
28:豊橋港出張所 0532-34-1931(FAX)
29:四日市港出張所 0593-59-2091(FAX)
30:浜松出張所 053-459-0465(FAX)
31:静岡出張所 054-653-5573(FAX)
32:福井出張所 0776-28-2144(FAX)
33:富山出張所 076-495-1581(FAX)
34:金沢出張所 076-233-8387(FAX)
35:岐阜出張所 058-268-7052(FAX)
****************************************
36:大阪入国管理局 06-4703-2262(FAX)
37:京都出張所 075-762-2121(FAX)
38:舞鶴港出張所 0773-75-7142(FAX)
39:奈良出張所 0742-23-6602(FAX)
40:和歌山出張所 073-422-8779(FAX)
41:大津出張所 077-524-8903(FAX)
42:関西空港支局 総務課 072-455-1465(FAX)
43:神戸支局 総務課 078-325-2097(FAX)
44:姫路港出張所 079-235-3375(FAX)
45:広島入国管理局 総務課 082-502-3193(FAX)
46:下関出張所 0832-31-2091(FAX)
47:福山出張所 084-973-8091(FAX)
48:広島空港出張所 0848-86-8016(FAX)
49:周南出張所 0834-22-0991(FAX)
50:岡山出張所 086-224-9030(FAX)
51:境港出張所 0859-47-3601(FAX)
52:松江出張所 0852-27-5864(FAX)
****************************************
53:高松入国管理局 総務課 087-826-1341(FAX)
54:松山出張所 089-932-0876(FAX)
55:小松島港出張所 08853-3-0672(FAX)
56:高知港出張所 088-831-6529(FAX)
****************************************
57:福岡入国管理局  総務課 092-626-5204(FAX)
58:博多港出張所 092-262-2357(FAX)
59:福岡空港出張所 092-477-7878(FAX)
60:北九州出張所 093-582-5935(FAX)
61:佐賀出張所 0952-22-7970(FAX)
62:長崎出張所 095-828-3871(FAX)
63:対馬出張所 0920-52-6517(FAX)
64:大分出張所 097-536-5030(FAX)
65:熊本出張所 096-363-5431(FAX)
66:鹿児島出張所 099-226-3218(FAX)
67:宮崎出張所 0985-31-3596(FAX)
****************************************
68:那覇支局 総務課 098-834-6411(FAX)
69:那覇空港出張所 098-857-6657(FAX)
70:嘉手納出張所 098-957-5005(FAX)
71:宮古島出張所 0980-73-4179(FAX)
72:石垣港出張所 0980-83-4301(FAX)


3.その他重要機関
在中国日本大使館所在地(直接の審査はココ!)→ http://www.cn.emb-japan.go.jp/aboutus_j.htm#kankatsu ←New

国家公安委員会 http://www.npsc.go.jp/
内閣官房 http://www.cas.go.jp/
内閣府 http://www.cao.go.jp/
官庁まとめてメル凸→ https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose
首相官邸→ http://www.kantei.go.jp/

4.読者の方より、更に新たな送信先のリストを頂きました ←New
◆(社)日中友好協会  
http://www.j-cfa.com/
FAX03-3352-2710 TEL03-5363-6015
副会長 海江田 万里 が日中友好議連のNo2です。

◆(社)日中友好協会
TEL0321-4321 FAX03-3291-4247

★日中友好都市一覧★
http://www.j-cfa.com/local/citylist/index.html
※皆様の自治体は大丈夫ですか?不法残留・滞在・就労の温床です。

◆健康面・疫病等の観点から・・・
WHOにも意見を送りましょう。 World Health Organization へ
(日本語版)
E.Mail   wkc@wkc.who.it.

◆外務省東アジア太平洋局長
斉木昭隆局長宛で・・・TEL03-3580-3311   
 
◆日中友好協会・各地の協会◆
http://www.j-cfa.com/local/index.html

※このリストを下さった方から、
「以上も追加願います。中国の資料等は「大紀元」などで・・・
焦って、調べたので間違えていたら、検索しなおして下さい。」とのことです。

★★さらに 追加連絡★★ ←New

観光庁長官 溝畑宏(媚中・小沢・中共・韓国・在日Love)
  TEL03-5253-8111
在中国大使・丹羽宇一郎 は、岡田克也が就任人事
6月17日に任命した。元 伊藤忠商事相談役です。
※彼は、マスコミが持ち上げる、左傾・屈中です。
★このままでは、中国ビザ緩和のみならず、それ以上に危険人物のトリオです。
辞任要求の方が賢明です。
   Zip Code 100600
    北京市建国外日壇路7号
 在中国大使館 駐中国大使  
    丹羽 宇一郎 さま

 葉書・手紙でが有効です。 葉書 70円  手紙 90円
  FAX +86-(0)10-6532-4625

 ※それに、加担が 岡田克也 です。

 で・・・危険回避 外務事務次官に要請文を。
   STOP THE OUT LAW  ABROAD!!
   100-8919 東京都千代田区霞ヶ関2-2-1
   外務省事務次官 殿 宛  に お願いしましょう。

※是非・・・お願いします。拡散を預かってきました。 

◆◇◆当ブログの今後の予定◆◇◆
(未定)
適宜、公開いたします。ご意見がございましたらコメント欄までお寄せください。


※文例1:有志さま作成 
◆◇◆中国人ビザ発給大幅緩和阻止の要望書 *利用、改変可*(内容一部改訂)◇◆

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

【中国人ビザ発給大幅緩和見送りを強く要望いたします】

                                          2010年*月**日

突然送信する失礼をお許し下さい。
いつも、私ども日本国民、ひいてはわが国の国益の為にご尽力頂きありがとうございます。
私は、わが国のおかれた現在の状況に不安を抱いていると同時に、行く末を大変案じている一国民です。
標題の施策についてメリットばかりが強調され、問題点についてなんら議論されていない現状に危機感を
抱いております。
標題の施策につきまして、懸念される問題点をお伝えしておかなければならないと思い、失礼かとは存じま
すが送信申し上げます。
これらの懸念点は、各感染症などに関する懸念にとどまらず、わが国の安全保障・国防という観点からも非常に重大な問題であると考えます。
是非、ご一読頂けますようお願い申し上げます。

[「中国人観光客へのビザ発給を大幅緩和」は下記の理由から絶対に中止すべきです。]
今回の緩和政策は、経済面のメリットだけががことさら強調されています。
しかし、上記の偽造社会であることと関連しているのかもしれませんが、
中国でのクレジットカードの不払いは日本円にして2.8 兆円にも上るそうです。
これでは、経済的なメリットも全く無いのでは無いかとの懸念もあります。
年間クレジットカード不払い総額2・8兆円、不良債権リスク倍増=中国 大紀元―(10/05/15 09:31)
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/05/html/d44033.html
以下ソースにて中国人の半数 約5.5 億人が結核菌保持者である旨の報道がありますが
ご存知でしょうか?
中国人の半数が「結核の保菌者」、抗生物質効かない耐性菌増加
3 月 24 日18 時56 分配信 サーチナY!【社会ニュース】
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0324&f=national_0324_037.shtml
また、万博開催中の上海では手足口病の感染者が3 万人を超え、上海市衛生局5 月19 日の
発表によると、同日までに上海市ではすでに3 人の死亡者が報告されたとの事です。
現時点で、そのような防疫に関する対策が検討されているとは思えませんし、口蹄疫の現在の感染拡大
を見ても、もしこれが人間の感染症だったらと考えると不安でなりません。
手足口病、万博中の上海を襲う すでに3 人が死亡―大紀元 (10/05/20 08:15)
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/05/html/d80421.html
中国衛生部:手足口病の感染急増、260 人死亡―大紀元 (10/05/08 12:18)
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/05/html/d91393.html
6 月4 日には鳥インフルエンザにより22 歳女性が死亡とのニュースもあります。
―YAHOO ニュース6 月5 日12 時41 分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100605-00000009-rcdc-cn
また、中国では国防動員法を7 月1 日に施行予定です。
これは中国政府の指示で海外の留学生や旅行者までが場合によってはその行き先の
国で蜂起する可能性のある恐ろしい法律です。
中国国内の外資企業の資産凍結・没収もありえます。

【中国 国防動員法 概略】
※中国有事の際には、以下の措置が可能となる。
・中国国内の全財産没収&世界中の中国人の財産没収
・外資系の全財産没収
・全中国人に兵役を課す
・海外の中国人も、兵力として徴用可能
通常、このような法律は目前に差し迫った有事のために施行されると思うのですが、
それが日本のビザ緩和の日と一致しているのも非常に不安です。
平成七年、中国の首相だった李鵬氏がオーストラリアのハワード首相との会談で
「日本という国は20年後には消えてなくなる」と発言しました。
そのような国が、この法律をビザ緩和の日と同じ日に施行させるということは、本来であれば非常に重大に
受け止めなければならないと常識的には考えざるを得ません。
そもそも中国は、汚職が横行し身分証などの偽造社会であることは周知の事実です。
観光客として現在の10 倍程度(約4000 万人)が押し寄せてくるという試算もあります。
これらがもし、観光客ではなくスパイや人民解放軍の兵士だとすれば大変な事態です。
現在でも、中国はわが国における不法滞在者数第2位の国であり、このような施策が行われれば
治安は間違いなく悪化いたします。
最後に不法残留を行った外国人でも、不法入国・残留者であっても、日本人・特別永住者・永住者との
婚姻により、法務大臣の在留特別許可が下され、「日本人の配偶者等」や「永住者の配偶者等」という在留
資格が得られることはご存知でしょうか?
そして、その後わずか数年でその不法入国・残留者自身も「永住者」の在留資格を得ている者が非常に
多く存在することはご存知でいらっしゃいますか?
このようななか、幾度となく国会に提出されている法案「永住外国人参政権」にはこうした方々も対象として
含まれていることは理解されていらっしゃいますか?
このようなこと全てを考慮すると今回の中国人へのビザ要件緩和政策は、事実上の移民政策の一環と考え
るしかありません。
これらのことを多角的に考慮し、わが国の国益を第一に考えるのであれば、ビザの発給基準は緩和どこ
ろか、特別在留許可・永住者の在留資格などとあわせて再度見直すべきと考えます。
以上のことから7 月1 日の中国人のビザ緩和は見送りとし、上記の問題点を広く国民にも全て提起した上
で議論を尽くすべきです。
どうか、至急ご検討のうえ、即刻中止していただけますよう、重ねてお願い申し上げます。

以上



※文例2:管理人〔しーたろう〕作成 


◆◇◆中国人へのビザ発給大幅緩和に関する質問メール *利用、改変可*(再掲)◇◆

【中国人へのビザ発給の大幅緩和に関するご質問】


                              平成22年  月  日

                      住所
                      氏名
【このメールの主旨】
初めてメールを差し上げます。私は日本の行く末を案じる一国民です。
常日頃より私ども日本国民のためにお働き下さり、心より感謝申し上げます。

私は一部の報道から、来る平成22年7月1日より中国の方に対するビザ発給が大幅に緩和される事を聞き、
大変驚愕しております。

中国は現状ですら本邦における不法残留者数第2位の国であります。
中国では反日教育がなされており、その結果、日本人に対する犯罪の罪悪感は乏しいと推測され、平成20年中の来日外国人にかかる国籍等別検挙状況は、中国人が総検挙件数、人数とも最多の状況が継続しています。
このような国の国民を、あえてわざわざビザ要件を緩和して来日を促す目的は、一体何でしょうか?

下記に4つの質問を用意いたしましたので、推進しておられる方々におかれましては、国思う日本国民全員が納得のいくような十分なご説明を賜りたく、
また、反対しておられる方々にとりましては国民の声としてお聞き入れ頂きたく、本メールを差し上げました次第です。
何卒よろしくお願い申し上げます。


【中国人のビザ要件緩和に関する質問】
質問1.中国は現状ですら本邦における不法残留者数第2位の国であることについて
現状、本邦における不法残留者数第1位の国は韓国であります。これはひとえに、韓国に対するビザ要件を緩和し、ノービザで観光できるようになったためであります。
7月1日から予定されているビザ要件の緩和により来日可能な対象者は4億人にのぼるとされ、この政策が実施されれば、中国が不法残留者数第1位になるのは想像に難くありません。
この事実につきましては当然ご承知の事と思いますが、あえて今般ビザ要件を緩和しようとなさる理由は何でしょうか?

(参考)
◆本邦における不法残留者数について(平成22年1月1日現在)
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/press_100309-3.html

質問2.中国で反日教育がなされていることについて
反日教育の結果、中国の出身者の一部には、日本人の生命や財産を侵害することに何らの罪悪感も抱かない者もおりましょう。反日国の国民が日本観光などに興味があるはずはなく、日本の魅力は「お金」以外何もないのではないでしょうか?
この件についてはどのようにお考えになりますか?

質問3.来日外国人にかかる国籍等別検挙状況は、中国人が総検挙件数・人数とも最多の状況が継続していることについて
中国における反日教育の結果、日本人に対する犯罪の罪悪感は乏しいと推測され、
平成20年中の来日外国人にかかる国籍等別検挙状況は、中国人(台湾、香港等を除く)が総検挙件数で12,430件(構成比39.8%)、人員で4,864人(同35.0%)と、最多の状況が継続しています。

(参考)
◆来日外国人犯罪の検挙状況(平成20年)
http://www.npa.go.jp/sosikihanzai/kokusaisousa/kokusai6/rainichi.pdf

中国人観光客による経済効果が目的でこの政策を推進なさるというのなら、まずは日本人の犯罪被害の現状をつぶさにご調査頂きたくお願い申し上げます。
「経済効果」というのは、一時的に外国人が観光地にお金を落とすことだけを意味するものではないはずです。
不法残留者、来日した中国人の犯罪者の割合を数値として客観視し、治安維持にかかるであろう膨大なコストを鑑みた場合、結局は これらの行政コストは国民の負担になってくるものであると思われます。
そこで質問でございますが、中国人へのビザ要件緩和の結果が、日本国全体の「安全な国家」というブランドを捨て、国民を危険に晒してまで確保できる大きな経済効果を生むとお考えになりますか?

質問4.不法残留を行った外国人でも、日本人・特別永住者・永住者との婚姻により在留特別許可が与えられていることについて
不法入国・残留者であっても、日本人・特別永住者・永住者との婚姻により、法務大臣の在留特別許可が下され、「日本人の配偶者等」や「永住者の配偶者等」という在留資格が得られることはご存知ですか?
そして、その後わずか数年でその不法入国・残留者自身も「永住者」の在留資格を得ている者が非常に多く存在することはご存知でいらっしゃいますか?
そして民主党政権が推進する「永住外国人参政権」にはこうした方々も含まれていることは理解されていらっしゃいますか?
中国人へのビザ要件緩和政策は、事実上の移民政策の一環ではないと言い切れるでしょうか?

以上4点、推進しておられる方々におかれましては、国民の納得のいくまでご説明ならびにご回答を賜りたく、また、反対しておられる方々にとりましては国民の声としてお聞き入れ頂きたく、よろしくお願い申し上げます。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

「中国への大幅ビザ緩和に反対!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!







★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★

姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!

日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」

是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆
スポンサーサイト

呼びかけ:参議院議員選挙立候補者の方へのアンケート
◆◇◆まずはお知らせ◆◇◆
『水間条項』の水間政憲さまより下記の拡散依頼が参りましたのでご紹介いたします。

(以下拡散内容)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
26日(土)中山成彬先生街頭演説日程
(渋滞などで予定が変更になることもあるようです。)


■京王線 調布駅 10:15~10:30 

■京王線 府中駅 11:00~11:20 

■JR中央線 武蔵小金井駅 11:45~12:00 

■JR中央線 吉祥寺駅 北口ロータリー 13:15~13;35 

■JR中央線 阿佐ヶ谷駅 北口 14:00~14:20 

■JR中央線 中野駅 北口 14:20~14:40 

■JR新宿駅 西口 15:10~15:40 

上記の予定とのことですが、予定が変更になることもあるようです。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

(拡散内容は以上)

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
●当ブログのコメント欄におきまして、常連さまより過日下記のようなご提案コメントを頂戴いたしました(ご提案、誠に有難うございます)。

*****そのコメントを転載*****

身近な人に政治の話をすると「じゃあどの党がいいの?」
「どの候補者がいいの?」って訊かれる事ありませんか。

↓ここのサイトで、確認できますが例えば地方の新人などの場合、
http://senkyomae.com/
その方の政治信条等(特に国益貢献度・売国度など)はわかりにくいところです。

やはり、候補個々の資質を見極めるのは重要なことかなと思います。
そこで、国益貢献度・売国度を確認する為の質問状フォームを作成して
みたらどうかと思うのですが、いかがでしょうか?

私も考えて見ようと思います。
しーたろうさまも御検討ください。
よろしくお願いいたします。

*****頂いたコメントは以上*****

●そこで当ブログではこのご提案を受け、

・簡単ながら「参議院議員選挙立候補者の方へ」と題するアンケートを作成し公開させて頂くとともに、
・もし候補者からご回答を頂いてコメント欄にご報告頂けましたならば、その結果も順次公開いたしたいと考えております。

ご賛同頂ける方は、面談、メール、FAX、電話で候補者にお問い合わせ頂き、結果をご報告頂けましたら幸いです。

この結果は、有権者の皆さまのご判断材料としてご提供できるだけでなく、後々のご参考資料の一つとしても活用いただけるものと思います。

なお、アンケートの項目は、日本人として、日本国国会議員立候補者として即答できるものに厳選いたしました。

よろしくお願い申し上げます。

◆◇◆アンケート結果について◆◇◆
【結果のご報告方法】
下記アンケートにありますとおり、
・立候補者のお名前、政党、○○選挙区もしくは比例代表
・質問1~6の結果
・よろしければアンケートの回答方法(面談、メール、FAX、電話、その他)
をお知らせ下さい。

【ご報告頂いたアンケート結果】
1.
*立候補者名 中山成彬
*政党    たちあがれ日本
*比例代表
*質問1~6の結果 すべてA
*アンケートの回答方法 面談


◆◇◆アンケート◆◇◆
●メール、電話での読み上げ原稿用
【参議院議員選挙立候補者の方へ ~アンケートのご協力をお願いいたします~】

お名前          公認・推薦政党      
          選挙区 / 比例代表

選挙戦の最中のご多忙の折、失礼いたします。
私は近隣に居住する有権者です。このたび、私が参加している政治ブログにおきまして、
来る7月11日投票の、参議院議員選挙に立候補された方々へのアンケートを行っています。

438名にも上る方が立候補され、「誰に投票すればよいかわからない」有権者が多いものと思います。
そこで、有権者の方々の客観的公正なご判断材料の一つとして頂くため、ご回答の公開を予定しています。

どの質問も、日本国の国会議員立候補者として基本的な、簡単にご回答頂けるものばかりです。
立候補者のアピールにもなりますので、ご協力を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

゚*☆*゚。゚*☆*゚ 。゚*☆*゚ 。゚*☆*゚ 。゚*☆*゚ 。゚*☆*゚ 。゚*☆*゚

【国家の3要素(領土、国民、主権)に関する質問】
 質問1.領土について
 北方領土・竹島・対馬など、他国が領有権を主張している領土につき、日本固有の領土であると断言できますか?
  A.できる      B.できない      C.とくに考えた事がない・その他

 質問2.国民について
 北朝鮮に拉致されて未だ帰国の出来ない被害者の方々の帰国について
  A.一日も早く帰国させたい   B.帰国させなくて良い  C.とくに考えた事がない・その他

 質問3.主権について
 日本国民固有の権利である参政権を外国人に渡すことについて
  A.反対     B.賛成    C.とくに考えた事がない・その他

【国家財政問題からの質問】
 質問4.「子ども手当」は外国に居住する外国人の子弟の分も支給されますが、この問題について
  A.血税の流出になるので即刻見直すべき  B.問題なし  C.とくに考えた事がない・その他

【教育問題からの質問】
 質問5.日本の未来を担う子どもたちに、行き過ぎたジェンダーフリー教育、自虐教育、過激な性教育を行うことについて
  A.反対    B.賛成    C.とくに考えた事がない・その他

【国旗・国家について】
 質問6.日本の国旗は「日の丸」、国家は「君が代」です
  A.はい    B.いいえ   C.とくに考えた事がない・その他

ご回答、有難うございました。ご当選を心よりお祈り申し上げます。


●面談、FAX用(pdf)*内容は「メール、電話での読み上げ原稿用」に同じ

参議院議員選挙立候補者アンケート.jpg

参議院議員選挙立候補者アンケート.pdf



*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

「国民には、投票に際し多くの情報が必要だ!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!








★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★

姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!

日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」

是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆

転載記事:緊急拡散《25日(金):「中山成彬・恭子」両先生・街頭演説日程》
『水間条項』さまより下記の緊急拡散依頼が参りましたのでご紹介いたします。

(以下転載記事)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

緊急拡散《25日(金):「中山成彬・恭子」両先生・街頭演説日程》

■「新橋駅SL広場前   08:50~09:20」

■「有楽町マリオン前  09:50~10:20」

■「秋葉原駅      10:35~11:05」

■「上野駅       11:25~11:55」

■「浅草雷門前     13:00~13:20」

■「巣鴨(とげぬき地蔵) 13:50~14:20」

■「池袋駅東口パルコ前 14:50~15:20」

■「新宿駅西口     15:40~16:00」


予定は変更されることがあります。


以上、拉致と教育問題の日本に於ける象徴的国会議員の肉声に触れて、
マスコミが報道しない現状を認識していただければ幸いです。

今回の参議院選挙は、インターネットユーザーの皆様方の力も試されております。小生の記事は、殆どインターネット転載フリーにしてありますので、一人でも多くの方がメールからメールで広げて頂き、マスコミに一泡ふかしてやりたいものです。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(転載は以上)

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

「拉致問題、教育問題の解決が必要だ!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!






★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★

姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!

日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」

是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆

拡散希望:海外在住の方への貴重な提案~水間政憲さまからのコメントを転載~
◆◇◆まずは“送信祭り”のご報告から◆◇◆

◆当ブログでは、 6月12日の記事において、
「“日本にあるすべての企業は反民主党”を目指す、『企業向け日本解体法案周知』」文例を公開し、送信先リストを日々更新し、参院選公示前日の昨日23:59までご賛同者の方々と共に“送信祭り”を継続してまいりました。

その結果、6月12日~参院選公示前日の昨日23:59まで
総計121,886通のメールを送信することができました!


この“送信祭り”にご協力下さいましたすべての方へ、心からの感謝を申し上げます。
どうぞ、皆さまの国思う情熱が一人でも多くの方に届いておりますように!!!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆

●当ブログの常連さまでいらっしゃる海外在住の方が、『水間条項』の水間政憲さまから頂戴したという貴重なコメントを転載して下さいましたので、ご紹介いたします。

コメントによれば、海外在住の方々は6月24日以降も堂々と選挙の応援ができるようです!
海外の方々、何卒よろしくお願い申し上げます。
(国内の方もこの件を海外の方へ拡散お願い致します!)

*****そのコメントを転載*****

海外在住者の方々は24日以降も堂々と応援できるようです。

コメント欄にメールに中山先生の応援をしていきたいですね。
その時は海外在住と書いて置く必要がありそうですね。


~~~
水間さんよりコメント欄に海外在住者への貴重な提案です。

http://applecosmos.blog123.fc2.com/blog-entry-161.html#comment751

公職選挙法違反とは!

海外在住日本人の皆様へ!

いよいよ参議院選挙が、24日に告示されます。今回、インターネットのブログが解禁される予定でしたが、民主党の独断で国会が閉会になりました。それによってインターネット選挙の解禁法は、廃案になってしまいました。

そんな中にあって、海外在住日本人の方々への公職選挙法は、今まで通り適用除外になりますので、もし、この参議院選挙がインターネットの力を存分に発揮できる方は、日本国内法が及ばない皆様のお力添えが必要ですので、宜しくお願いいたします。


*****転載させて頂いたコメントは以上*****

海外在住の皆さま、何卒、何卒、よろしくお願い申し上げます。


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

「国思う海外在住の方々、よろしくお願いいたします!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!






★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★

姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!

日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力を頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

今後とも何卒皆さまの温かいご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆


公示日前日!最後の周知活動中です。応援を!!!
◆当ブログでは、 6月12日の記事において、
「“日本にあるすべての企業は反民主党”を目指す、『企業向け日本解体法案周知』」文例を公開し、送信先リストを日々更新し、ご賛同者の方々と共に“送信祭り”を継続してまいりました。

この祭りでは6月12日~現時点で113,000通ほどのメールを送信しております!


いよいよ明日が参院選公示日となり、本日23時59分をもちましてこの送信活動も停止いたします
(明日からはまた別の活動を行ってまいります)。
最後の最後まで諦めず、頑張る方々に支えられております。

早朝から深夜まで送信活動を続けておられる方々へ、何卒皆さまの温かいご声援を宜しくお願い申し上げます

◆また、 6月15日の記事において、
チラシ:「民主党の正体、検索」を公開しています!
このチラシは“ウッカリ”に適しているとのご意見も頂いております。
このご案内も本日をもちまして終了いたします。
ご協力頂ける方は、宜しくお願い申し上げます。


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

マスコミが伝えない、民主党の真実を広めたいとお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!








★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★

1.中山成彬先生ならびに奥様の中山恭子先生のささやかなご支援をしています!
当ブログとしましては、 「10・27「日本解体法案」反対請願受付国民集会&デモ」の請願書の受付先として大変お世話になった、
中山成彬先生ならびに奥様の中山恭子先生のささやかなご支援をさせて頂いております。

現在、中山成彬先生のブログでは、政策について語られる動画が次々と公開されています。
是非ご訪問下さいませ。
ブログ: http://nakayamanariaki.cocolog-nifty.com/blog/

2.姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力を頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

今後とも何卒皆さまの温かいご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆

日テレニュースより転載:「中山恭子元拉致相 たちあがれ日本に入党」☆動画ページへご案内☆
☆★☆皆さまへお知らせ☆★☆
1. 緊急拡散《中山成彬先生・中山恭子先生「拉致と教育を語る夕べIn小樽」ライブ放送決定!》

ライブはいよいよ本日です!
★ライブURL
http://ustre.am/jv5f
日本時間:6月21日午後6時より8時まで

現在上記URLで動画を再生してご覧いただけます。

宜しくお願いいたします。

2. 6月12日の記事において、
「“日本にあるすべての企業は反民主党”を目指す、『企業向け日本解体法案周知』」祭りを開催中です!
この祭りは6月12日~現時点で87,000通ほどのメールを送信しております!

この周知祭りは送信先リストを日々更新し、参議院議員選挙告示まで継続予定です。
皆さまの温かいご声援を、宜しくお願い申し上げます。

3. 6月15日の記事において、
チラシ:「民主党の正体、検索」を公開しています!
このチラシは“ウッカリ”に適しているとのご意見も頂いております。
ご協力頂ける方は、宜しくお願い申し上げます。

◆◇◆今般の主旨◆◇◆

●中山恭子元拉致相 たちあがれ日本に入党が「日テレ」で報道されましたのでご紹介いたします

●当ブログとしましては、 「10・27「日本解体法案」反対請願受付国民集会&デモ」の請願書の受付先として大変お世話になった、
中山成彬先生ならびに奥様の中山恭子先生のささやかなご支援をして参りたいと思います。
ご賛同頂ける方は、今後ともよろしくお願い申し上げます。

(以下転載)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

中山恭子元拉致相 たちあがれ日本に入党
< 2010年6月21日 16:59 >
http://news24.jp/articles/2010/06/21/04161443.html#

 参議院議員・中山恭子元拉致問題相が自民党を離党し、たちあがれ日本に入党した。夫・中山成彬氏が来月の参議院議員選挙でたちあがれ日本から出馬するためとしている。

 「今回、たちあがれ日本の一員となりました中山恭子です。今の政治の世界で、(夫の)中山成彬という政治家の活動の場が欲しいと」-中山氏はまた、たちあがれ日本・平沼赳夫代表と拉致問題で共に活動を続けてきたことなどを理由として挙げた。

 中山氏は、07年の参院選で自民党の比例代表から当選した。任期の途中で所属政党が変わることについては「3年前に、たちあがれ日本という党はなかった。問題ない」と話している。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(転載は以上)

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

中山成彬先生、中山恭子先生をご支持下さる方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!








★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★

1.姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます。

2.上記記事の上方にも書いておりますとおり特に現在は重点的に
「“日本にあるすべての企業は反民主党”を目指す、『企業向け日本解体法案周知』」祭りを開催中です!
こちらの記事をご参照下さい。

何卒皆さまの温かいご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆

転載記事:緊急拡散《中山成彬先生・中山恭子先生「拉致と教育を語る夕べIn小樽」ライブ放送決定!》〔『水間条項』より転載〕
☆★☆皆さまへお知らせ☆★☆
1. 6月12日の記事において、
「“日本にあるすべての企業は反民主党”を目指す、『企業向け日本解体法案周知』」祭りを開催中です!
現時点で85,000通ほどのメールを送信しております!

この周知祭りは送信先リストを日々更新し、参議院議員選挙告示まで継続予定です。
ご協力頂ける方は、宜しくお願い申し上げます。

2. 6月15日の記事において、
チラシ:「民主党の正体、検索」を公開しています!
このチラシは“ウッカリ”に適しているとのご意見も頂いております。
ご協力頂ける方は、宜しくお願い申し上げます。

◆◇◆今般の主旨◆◇◆

●『水間条項』さまにて下記の記事が公開され、緊急拡散依頼が参りましたのでご紹介いたします。

●当ブログとしましては、 「10・27「日本解体法案」反対請願受付国民集会&デモ」の請願書の受付先として大変お世話になった、
中山成彬先生ならびに奥様の中山恭子先生のささやかなご支援をして参りたいと思います。
ご賛同頂ける方は、今後ともよろしくお願い申し上げます。

(以下転載)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

緊急拡散《中山成彬先生・中山恭子先生「拉致と教育を語る夕べIn小樽」ライブ放送決定!》

★ライブURL
http://ustre.am/jv5f
日本時間:6月21日午後6時より8時まで


宜しくお願いいたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

●拡散《座して死を待つのか:「たちあがれ日本」中山なりあき先生が参議院選挙比例から救国の立候補!》

●中山成彬先生の「たちあがれ日本」からの立候補と、中山恭子先生が自民党に離党届けを出されたことは、電光石火のごとく国内外に轟きました。

小生の所にも、故田中正明先生門下の旧友の方々から、激励の電話をいただきました。

それらの方の中には、旧軍の方もいらっしゃって、「中山成彬先生と恭子先生に日本をお願いします。と、伝えてくれ。成彬先生が国会に行くことを見届けるまで、まだまだわしは死なんぞ!」とか「中山恭子先生は『はやぶさ』の母艦のようだ!感動的だった!」など、胸に迫る檄をいただきました。

二十年来の保守本流のど真ん中で活動して来た方々は、誰が本物かを見抜いており、『南京の実相』を出版した「自民党歴史議連」中山成彬会長は、「本物だ!」と絶賛しておりました。

与野党が、今回の参議院選挙の候補者に「芸能・野球・柔道・競輪」などの業界人を擁立してますが、国民を舐めています。

それは、哨戒艦問題の北朝鮮の出方次第では、戦争になる可能性もあり、どれ程の日本人が理解しているか定かでないが、仮に、衆参ダブル選挙になったとき、国会議員の不在を回避し、緊急国会を開けるために残されているのが、非改選参議院議員なのです。その参議院議員に、我々の生命を託すことがあるのです。

そのような日本国の安全装置の役割を担っているのが参議院議員なのです。戦後教育史に残る大改革を実行した中山成彬先生を、参議院選挙比例区に公認せず、未知数の各業界人を公認するような政党が日本を溶解させているのです。

今、日本は崖っぷちに立たされていて、未知数の新人を国会議員として育てる時間的余裕はありません。

人災「口諦疫」問題は、過去の経験と実績がある中川義雄先生の右にでるものはいないのです。農業関連業界が参議院選挙で選出すべきは誰か、すでに答えがでているのです。

また、「日教組問題と教育改善」は、戦後教育史にすでに名声を残されている中山成彬先生に並ぶ参議院選挙比例区候補者はおりません。

今回の参議院選挙は、インターネットユーザーの皆様方の力も試されております。小生の記事は、殆どインターネット転載フリーにしてありますので、一人でも多くの方がメールからメールで広げて頂き、マスコミに一泡ふかしてやりたいものです。

中山成彬先生は、日本解体法案を阻止する象徴として、いまこそ日本に必要な政治家です。

★中山成彬先生がツイッターとブログを始められましたが、6月24日公示以降の選挙期間中は、更新できなくなりますので、激励の一言を入れて頂ければ参議院選挙を戦うエネルギーになると思われます。
ブログ: http://nakayamanariaki.cocolog-nifty.com/blog/
Twitter: http://twitter.com/nakayamanariaki

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(転載は以上)

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

中山成彬先生、中山恭子先生をご支持下さる方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!








★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★

1.姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます。

2.上記記事の上方にも書いておりますとおり特に現在は重点的に
「“日本にあるすべての企業は反民主党”を目指す、『企業向け日本解体法案周知』」祭りを開催中です!
こちらの記事をご参照下さい。

何卒皆さまの温かいご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆

転載記事:緊急拡散《「はやぶさ」に中山成彬先生を重ね:祝【たちあがれ日本】から参議院比例出馬決定。中山恭子先生もご一緒に「たちあがれ日本」に移られます。》(記者会見:21日午前11時、「たちあがれ日本」党本部)〔『水間条項』より転載〕
☆★☆皆さまへお知らせ☆★☆
1. 6月12日の記事において、
「“日本にあるすべての企業は反民主党”を目指す、『企業向け日本解体法案周知』」祭りを開催中です!
この周知祭りは送信先リストを日々更新し、参議院議員選挙告示まで継続予定です。
ご協力頂ける方は、宜しくお願い申し上げます。

2. 6月15日の記事において、
チラシ:「民主党の正体、検索」を公開しています!
このチラシは“ウッカリ”に適しているとのご意見も頂いております。
ご協力頂ける方は、宜しくお願い申し上げます。

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
●『水間条項』さまにて下記の記事が公開され、拡散依頼が参りましたのでご紹介いたします。

●なお、中山成彬先生関連の記事が続いておりますが、当ブログの開設のきっかけとなった、
「10・27「日本解体法案」反対請願受付国民集会&デモ」の請願書の受付先がこの中山成彬先生でございました。

当ブログとしましては、大変お世話になった方でございます。

そこで、当ブログでは中山成彬先生ならびに奥様の中山恭子先生のささやかなご支援をして参りたいと思います。
ご賛同頂ける方は、今後ともよろしくお願い申し上げます。

(以下転載)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
緊急拡散《「はやぶさ」に中山成彬先生を重ね:祝【たちあがれ日本】から参議院比例出馬決定。中山恭子先生もご一緒に「たちあがれ日本」に移られます。》(記者会見:21日午前11時、「たちあがれ日本」党本部)


●日本の崩壊を首の皮一枚残し、日本を再興できる可能性が出てきたことを、覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様方に報告できる喜びに浸っております。

中山成彬先生並びに中山恭子先生ご夫妻が、日本を救済し再興して戴けれる決断を、熟慮の末に断行されました。

中山成彬先生の政治家としての活躍の場を、夫唱婦随で応援するため、中山恭子先生もご一緒に「たちあがれ日本」に参加する決断に感動をおぼえた一人です。
今回の中山恭子先生のご決断は、将に「日本の母」のお姿そのものでした。

日本人の一人として、中山成彬先生並びに中山恭子先生に心から深甚の謝意を表させて戴きます。

中山成彬先生には、国内外で日本を憂いているインターネットユーザーのロマンを載せて、参議院選挙比例区の最高得票を勝ちとることを、皆様方のご協力のもと実現できばと願っております。

中山成彬先生は、昨年10月27日、日本解体法案阻止の先鞭をきって「10・27『日本解体法案』反対請願受付国民集会:中川昭一先生追悼」を発起人代表として開催され、その時に国内外から集まった請願書は約10万筆でした。

今回、中山成彬先生に参議院選挙比例区の投票を集中することは、そのまま「日本解体法案反対」の国民の怒りの尺度になります。また、それがそのまま「日本解体法案反対請願書」の意味合いにもなりますので、「たちあがれ日本」の応援団長、石原慎太郎知事が参議院選挙比例区で取った過去の最高得票「300万票」が再来できることを夢見ております。

何卒宜しくお願い申し上げます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

●拉致と教育問題を語る夕べ!In 小樽」中山成彬元文科大臣:中山恭子元拉致担当大臣
●国会も閉会して、参議院選挙モードに突入しました。

過去現在未来塾共催の「拉致と教育問題を語る夕べ!In小樽」が、小樽の塾員有志の方々の尽力で、いよいよ6月21日午後6時から、小樽市民会館大ホール (定員1200名)で開催されることになりました。当日、中山成彬先生は、榎本武揚が建立した小樽龍宮神社の例大祭に立ち寄り、参拝・記念植樹のあと、境内で行われる「少年少女の空手の演武」を観戦し、市民会館へ向かわれる予定です。因みに、中山成彬先生は空手六段です。

中山成彬先生が、小樽を訪れ「教育問題」を語ることは、不思議な縁に導かれているように思えます。
それは、戦後、日教組発祥の地、小樽で語られることのない樋口季一郎将軍との不思議な縁です。

ソ連は、北海道を南北に分割する狙いから、日本が1945年8月15日にポツダム宣言を受諾し、国内外で武装解除に応じていた時、北海道分割計画に基づき戦闘行動を止めておりませんでした。

その時、ソ連の攻撃に対して、果敢に、自衛のための決断をされた偉大な将軍がいなければ、今でも北海道は,朝鮮半島のように南北に分割されたままになっていたのです。

その将軍とは、第五方面軍司令官樋口季一郎中将でした。

樋口将軍は、1945年8月18日、千島列島北端の占守(シュムシュ)島にカムチャツカ半島南端から、一斉攻撃して来たソ連軍へ「これは自衛戦である反撃せよ!」の、至急電を発したことで、北海道がソ連に分断されずにすんだのでした。

ソ連軍は、占守島上陸戦で数千名の死傷者を出し、北海道分割計画が頓挫しました。

現在、北海道民が平和に暮らしていれるのは、樋口将軍の決断があったからでした。

日本人が樋口将軍を忘れていても北海道民は、決して忘れてはいけない大恩人なのです。

戦後、樋口将軍はスターリンから戦犯指名されました。それは、ソ連の新聞が、占守島での敗北の日を「第二次世界大戦での我が国最大の悲しみの日」と、記載していたことでもわかります。

ところが、樋口将軍がソ連から戦犯指名されていた情報は、瞬くまに世界のユダヤ人の知るところになり、世界中に戦犯阻止運動が巻き起こりました。

それは、樋口将軍がハルビン特務機関長時代、満州国境のソ連領オトポールにヒトラーの弾圧から逃れてきたユダヤ人2万が足止めされ、生死の淵にたたされていた窮状を救ってくれた樋口将軍の「恩」に報いるには、今を於いてないと、マッカーサー司令部にユダヤ人組織からの要請により、不起訴になりました。

その頃、樋口将軍は、1946年春かは約1年の間、小樽郊外の朝里で隠棲していたのです。

その後、樋口将軍が小樽を去るときには、GHQ司令部の特別な計らいで、貨車が用意されたのでした。
樋口将軍が小樽から向かわれたところが、中山成彬少年が暮らしていた、天孫降臨の高千穂の峰を仰ぎ見る宮崎県小林市だったのです。その後、樋口将軍は小林市に13年間隠遁していたのでした。

樋口季一郎将軍が守ってくれた北海道は、現在、民度が低下し、国政選挙で選出された民主党国会議員の不祥事が後を絶ちません。

それは、樋口将軍が、ソ連からの分割占領を阻止してくれた北海道に、ソ連発の共産主義思想が蔓延し、日教組の前身の北海道教組が設立されて、教育の現場から道徳観・倫理観が喪失したことが大きな原因になっています。

その日教組発祥の地の小樽に、「日教組は教育のガンだ!」と、宣言して「日本の教育を建て直す!」と、情熱をもって政治に立ち向かわれている中山成彬元文科大臣が、小樽に於いて北海道民に教育の重要性を説かれます。

まだ、定員に余裕があるようですので、お誘い合って参加して頂ければ幸いです。


●6月21日、日教組発祥の地の小樽に於いて、中山成彬元文科大臣と中山恭子元拉致問題担当大臣をお招きし【拉致と教育問題を語る夕べ!In小樽】を開催することになりました。

鳩山首相が辞任して、新首相に菅直人氏が就任しました。
菅氏は日本人拉致実行犯シンガンス服役囚の釈放嘆願書に、署名した拉致被害者の敵です。

また、鳩山首相が退任挨拶で、北海道教組から不正献金を受けていた北海道選出の小林千代美衆議院議員を名指しで批判し、暗に日教組の政治活動にも苦言を呈しました。

このような政治状況で、中山成彬先生と中山恭子先生は、「政治とカネと教育そして安全保障」を語れる最高レベルの政治家です。

この時期に、過去現在未来塾に登録されて戴いた小樽の有志の方々が立ち上がり、「拉致と教育問題を語る夕べ!」を企画していただきました。

日本再興の狼煙が、日教組発祥の地から上がることは、歴史の必然のように思われます。

小樽方面に旅行される方や、小樽札幌方面にお知りあいがいらっしゃる
皆様、是非、この歴史的シンポジウムに参加して戴けるよう周知を宜しくお願いいたします。

■【拉致と教育問題を語る夕べ! In小樽】

■講師:中山成彬元文科大臣・前国交大臣
■講師:中山恭子元拉致問題担当大臣

■日時:平成22年6月21日

■開場:午後5時30分・開演:午後6時

■場所: 小樽市民会館大ホール・TEL:0134(25)8800

■参加費:一般・1000円:学生・500円

■主催:「拉致と教育問題を語る夕べ!」実行委員会・問合せ・0134-22-0030

■共催:過去現在未来塾

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

(転載は以上)


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

中山成彬先生、中山恭子先生をご支持下さる方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!







★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★

1.姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます。

2.上記記事の上方にも書いておりますとおり特に現在は重点的に
「“日本にあるすべての企業は反民主党”を目指す、『企業向け日本解体法案周知』」祭りを開催中です!
こちらの記事をご参照下さい。

何卒皆さまの温かいご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆

速報!転載記事:中山恭子氏、「たちあがれ」へ 夫・成彬氏支援が目的
☆★☆皆さまへお知らせ☆★☆
1.この記事の ひとつ前の記事において、
「転載記事:《地方が主それに従属化する中央で、国も自民党も破綻する!》〔『水間条項』より転載〕を公開しています。
下の新聞記事の前段階としての記事です。この記事をお読みになる前に、是非ご覧下さい。

2. 6月12日の記事において、
「“日本にあるすべての企業は反民主党”を目指す、『企業向け日本解体法案周知』」祭りを開催中です!
この周知祭りは送信先リストを日々更新し、参議院議員選挙告示まで継続予定です。
ご協力頂ける方は、宜しくお願い申し上げます。

3. 6月15日の記事において、
チラシ:「民主党の正体、検索」を公開しています!
このチラシは“ウッカリ”に適しているとのご意見も頂いております。
ご協力頂ける方は、宜しくお願い申し上げます。


*****転載記事*****

中山恭子氏、「たちあがれ」へ 夫・成彬氏支援が目的
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2010061802000061.html
2010年6月18日 朝刊 東京新聞

 自民党参院議員の中山恭子・元拉致問題担当相が同党幹部に対し「離党して、たちあがれ日本に入党する」と伝えていたことが十七日、分かった。夫で自民党前衆院議員の中山成彬元文部科学相が参院選比例代表に、たちあがれ日本から出馬を予定しており、夫を支援するのが目的だと説明したという。

 関係者によると、成彬氏は自民党比例代表の公認を得られず、たちあがれからの出馬を模索。同党側から、拉致問題の解決に尽力し、知名度の高い恭子氏の入党という条件を示されていた。自民党執行部は恭子氏を慰留しない方針。

 成彬氏は昨年の衆院選で落選した。

*****転載は以上*****


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

中山恭子氏、中山成彬氏をご支持下さる方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!







★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★

1.姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます。

2.上記記事の上方にも書いておりますとおり特に現在は重点的に
「“日本にあるすべての企業は反民主党”を目指す、『企業向け日本解体法案周知』」祭りを開催中です!
こちらの記事をご参照下さい。

何卒皆さまの温かいご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆

転載記事: 《地方が主それに従属化する中央で、国も自民党も破綻する!》 〔『水間条項』より転載〕
☆★☆皆さまへお知らせ☆★☆
1. 6月12日の記事において、
「“日本にあるすべての企業は反民主党”を目指す、『企業向け日本解体法案周知』」祭りを開催中です!
この周知祭りは送信先リストを日々更新し、参議院議員選挙告示まで継続予定です。
ご協力頂ける方は、宜しくお願い申し上げます。

2. 6月15日の記事において、
チラシ:「民主党の正体、検索」を公開しています!
このチラシは“ウッカリ”に適しているとのご意見も頂いております。
ご協力頂ける方は、宜しくお願い申し上げます。

◆◇◆今般のご報告◆◇◆
●当ブログの 6月15日の記事において、
転載記事&要望書文例:緊急拡散 《中山成彬先生に日本を建て直して貰おう!》〔『水間条項』より転載〕&文例「中山成彬先生を自民党参議院選挙比例区に公認頂く要望書」を公開し、多くの方にご賛同とご協力とを頂きましたが、
残念ながら中山成彬先生の自民党公認による参議院選挙比例区からの出馬は、皆様方のご尽力の甲斐もなく自民党執行部から認められませんでした。

『水間条項』さまにて、下記の記事が公開されましたのでご紹介いたします。

なお、中山成彬先生には今後も何らかの形で参議院選挙比例区からご出馬頂き、多くの国民が懸念している
「日本解体法案反対」のためにお働き下さることを期待させて頂きたいと思います。


(以下転載)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

●覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様、中山成彬先生の自民党公認による参議院選挙比例区からの出馬は、皆様方のご尽力の甲斐もなく自民党執行部が認めませんでした。

その要因の一つは、中村幸一自民党宮崎県連会長が、私の「自民党本部が中山成彬先生を参議院選挙比例区の公認にしたら県連はどうしますか」との問いかけに、中村会長は「宮崎県連は解散です…」と、切れのよい回答をしていました。結局、皆様方の「口諦疫へのお見舞い」も「国と宮崎の危機に必要な中山成彬先生の参議院選挙比例区からの信任のお願い」も、馬耳東風になってしまいました。宮崎県連の中でも事務局長は「参議院選挙比例区の公認は党本部が決めることで、県連に決定権は無く従うだけです」との返答もあり、少しは期待もしていたのですが。結果は、部下が道理をわきまえた良識を持ち合わせていても、宮崎県連トップが感情に左右され、物事の本質が判らない者が就任していることで道理が通らなかったようです。

国家主権に関わる外交や安全保障問題は、「国あっての地方」なのですが、沖縄に振り回され危機的状況に瀕し、それら国家の一大事を決める国会議員の取捨選択権を、自民党一部県連は、会長の県会議員に牛耳られていることを認めている指導力のない自民党本部に明日はないのです。自民党県連会長に県会議員が就任している県連は、宮崎県以外にも兵庫県などもあり、悪貨(地方エゴ)が良貨(国家主権)を駆逐する状況になっている日本(自民党)は危ないのです。
外国人選挙権は、地方だけだからといっても、如何に問題があるかは、沖縄だけでなく、今回の宮崎のことでも恐ろしいことが実感できました。

中山成彬先生には、覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様方の象徴として、どのような形になろうとも、今参議院選挙比例区から出馬して戴ければ、「日本解体法案反対」を意思表明するために、中山成彬先生に投票を集中して戴ければと思っております。

その方向に進むことに一縷の望み託し、中山成彬先生には、国内外の日本人インターネットユーザーが、意思表明できる参議院選挙比例区からの出馬を切に願うものであります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

●拉致と教育問題を語る夕べ!In 小樽」中山成彬元文科大臣:中山恭子元拉致担当大臣
●国会も閉会して、参議院選挙モードに突入しました。

過去現在未来塾共催の「拉致と教育問題を語る夕べ!In小樽」が、小樽の塾員有志の方々の尽力で、いよいよ6月21日午後6時から、小樽市民会館大ホール (定員1200名)で開催されることになりました。当日、中山成彬先生は、榎本武揚が建立した小樽龍宮神社の例大祭に立ち寄り、参拝・記念植樹のあと、境内で行われる「少年少女の空手の演武」を観戦し、市民会館へ向かわれる予定です。因みに、中山成彬先生は空手六段です。

中山成彬先生が、小樽を訪れ「教育問題」を語ることは、不思議な縁に導かれているように思えます。
それは、戦後、日教組発祥の地、小樽で語られることのない樋口季一郎将軍との不思議な縁です。

ソ連は、北海道を南北に分割する狙いから、日本が1945年8月15日にポツダム宣言を受諾し、国内外で武装解除に応じていた時、北海道分割計画に基づき戦闘行動を止めておりませんでした。

その時、ソ連の攻撃に対して、果敢に、自衛のための決断をされた偉大な将軍がいなければ、今でも北海道は,朝鮮半島のように南北に分割されたままになっていたのです。

その将軍とは、第五方面軍司令官樋口季一郎中将でした。

樋口将軍は、1945年8月18日、千島列島北端の占守(シュムシュ)島にカムチャツカ半島南端から、一斉攻撃して来たソ連軍へ「これは自衛戦である反撃せよ!」の、至急電を発したことで、北海道がソ連に分断されずにすんだのでした。

ソ連軍は、占守島上陸戦で数千名の死傷者を出し、北海道分割計画が頓挫しました。

現在、北海道民が平和に暮らしていれるのは、樋口将軍の決断があったからでした。

日本人が樋口将軍を忘れていても北海道民は、決して忘れてはいけない大恩人なのです。

戦後、樋口将軍はスターリンから戦犯指名されました。それは、ソ連の新聞が、占守島での敗北の日を「第二次世界大戦での我が国最大の悲しみの日」と、記載していたことでもわかります。

ところが、樋口将軍がソ連から戦犯指名されていた情報は、瞬くまに世界のユダヤ人の知るところになり、世界中に戦犯阻止運動が巻き起こりました。

それは、樋口将軍がハルビン特務機関長時代、満州国境のソ連領オトポールにヒトラーの弾圧から逃れてきたユダヤ人2万が足止めされ、生死の淵にたたされていた窮状を救ってくれた樋口将軍の「恩」に報いるには、今を於いてないと、マッカーサー司令部にユダヤ人組織からの要請により、不起訴になりました。

その頃、樋口将軍は、1946年春かは約1年の間、小樽郊外の朝里で隠棲していたのです。

その後、樋口将軍が小樽を去るときには、GHQ司令部の特別な計らいで、貨車が用意されたのでした。
樋口将軍が小樽から向かわれたところが、中山成彬少年が暮らしていた、天孫降臨の高千穂の峰を仰ぎ見る宮崎県小林市だったのです。その後、樋口将軍は小林市に13年間隠遁していたのでした。

樋口季一郎将軍が守ってくれた北海道は、現在、民度が低下し、国政選挙で選出された民主党国会議員の不祥事が後を絶ちません。

それは、樋口将軍が、ソ連からの分割占領を阻止してくれた北海道に、ソ連発の共産主義思想が蔓延し、日教組の前身の北海道教組が設立されて、教育の現場から道徳観・倫理観が喪失したことが大きな原因になっています。

その日教組発祥の地の小樽に、「日教組は教育のガンだ!」と、宣言して「日本の教育を建て直す!」と、情熱をもって政治に立ち向かわれている中山成彬元文科大臣が、小樽に於いて北海道民に教育の重要性を説かれます。

まだ、定員に余裕があるようですので、お誘い合って参加して頂ければ幸いです。


●6月21日、日教組発祥の地の小樽に於いて、中山成彬元文科大臣と中山恭子元拉致問題担当大臣をお招きし【拉致と教育問題を語る夕べ!In小樽】を開催することになりました。

鳩山首相が辞任して、新首相に菅直人氏が就任しました。
菅氏は日本人拉致実行犯シンガンス服役囚の釈放嘆願書に、署名した拉致被害者の敵です。

また、鳩山首相が退任挨拶で、北海道教組から不正献金を受けていた北海道選出の小林千代美衆議院議員を名指しで批判し、暗に日教組の政治活動にも苦言を呈しました。

このような政治状況で、中山成彬先生と中山恭子先生は、「政治とカネと教育そして安全保障」を語れる最高レベルの政治家です。

この時期に、過去現在未来塾に登録されて戴いた小樽の有志の方々が立ち上がり、「拉致と教育問題を語る夕べ!」を企画していただきました。

日本再興の狼煙が、日教組発祥の地から上がることは、歴史の必然のように思われます。

小樽方面に旅行される方や、小樽札幌方面にお知りあいがいらっしゃる
皆様、是非、この歴史的シンポジウムに参加して戴けるよう周知を宜しくお願いいたします。

■【拉致と教育問題を語る夕べ! In小樽】

■講師:中山成彬元文科大臣・前国交大臣
■講師:中山恭子元拉致問題担当大臣

■日時:平成22年6月21日

■開場:午後5時30分・開演:午後6時

■場所: 小樽市民会館大ホール・TEL:0134(25)8800

■参加費:一般・1000円:学生・500円

■主催:「拉致と教育問題を語る夕べ!」実行委員会・問合せ・0134-22-0030

■共催:過去現在未来塾

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
■ 小沢一郎氏が無役になったいま、小沢氏にトドメを刺す千載一遇のチャンスですので、現在、東京第一検察審査会が小沢氏の2007年度分の政治資金規制法違反を審議中ですので、適正審査の要請をお願いしてください。

★東京第一検察審査会:
http://www.courts.go.jp/kensin/seido/itiran.html

★東京国税局:
https://www.nta.go.jp/tokyo/suggestion/mail/input_form.html

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


【バナー転載フリー】


■「過去現在未来塾」の今後の展開は、皆様方のご協力次第で啓蒙活動も変化します。

【過去現在未来塾概要】


■ 塾長: 中山成彬先生

■講師陣: 伊藤玲子(日教組問題など)、島袋伸子(お産問題など)、土屋たかゆき(民主党マニフェスト違反問題など)、戸井田とおる(靖国神社公式参拝問題など)、西川京子
(女性問題法案など)、牧原秀樹(二重・三重「重国籍」問題など)、小山和伸(CO2、25%削減問題など)、
水間政憲(歴史認識問題など)

■事務局: 中山成彬東京事務所
〒162-0845
東京都新宿区市谷本村町3-17
パシフィックレジデンス市ヶ谷904号室
*FAX03-3269-5873
*お問い合わせ先:
  kakogenzaimiraijyuku@gmail.com
(@を半角に替えてください。尚、「塾」のお問い合わせ以外の用件は、お返事は出来ませんのでご了承ください。)

■塾員に登録希望の皆様は、事務整理の都合上、往復「ハガキ」にてFAX番号かメール番号を明記の上お申し込み下さい。講演会の御案内等をFAXかメールにて送信します。

■ 尚: 塾員会費は無料です。

■今後、「過去現在未来塾」は、覚醒されているインターネットユーザーの皆様方にご協力をいただき、より多くの国民が参加しやすい企画を整え、国内外へ向けての「オンライン塾」とか「シンポジウム」などを企画し、一人でも多くの国民の賛同を得られるよう展開していきます。

尚、「過去現在未来塾」は、中山成彬塾長のもとに集結した同志と活動して行きますが、アメリカ大統領戦でも明らかになっておりますが、広く国を憂うる市民の皆様方からのご支援を浄財として、周知活動を国内外に発信してまいります。

★塾へのご支援は、

【みずほ銀行市ヶ谷支店 普通2098113 口座名:過去現在未来塾】

◆米国在住の方はポストオフィスで頼むと作ってくれる、インターナショナル・マネーオーダーでご支援して頂く事も可能です。
 宛先は、中山成彬東京事務所気付・ 過去現在未来塾事務局 までお願いいたします。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■皆様方の親族・友人・知人に「過去現在未来塾」のバナーを国内外に周知していただき、一人でも多くの国民の目に触れてもらえば、劇的な変化を及ぼす可能性もあります。

「バナーのリンク先はトップのバナーにリンクされている4月6日更新のページでお願いいたします。」
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-19.html


■「4・10:過去現在未来塾:講演会」登壇者動画一覧の拡散をお願いいたします。
http://applecosmos.blog123.fc2.com/blog-entry-68.html

■「過去現在未来塾」の講演をご自分の地域で催したい、とお考えの方は上記メールアドレスにてご相談ください。

何卒宜しくお願い申し上げます。

以上
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(転載は以上)


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

「どのような形になろうとも、今中山成彬先生に参議院選挙比例区から出馬して戴きたい!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!







★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★

1.姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます。

2.上記記事の上方にも書いておりますとおり特に現在は重点的に
「“日本にあるすべての企業は反民主党”を目指す、『企業向け日本解体法案周知』」祭りを開催中です!
こちらの記事をご参照下さい。

何卒皆さまの温かいご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆
Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。