☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
◆拡散希望◆結論:安倍さんしかいない!【自民党総裁5候補の違いまとめ】
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
自由民主党の総裁選挙が始まり、党員の方々には投票用紙が届いています。

今回の選挙は、自民党国会議員の数が少なく、党員票の行方が大きな鍵を握るとされていますが、
そのような折、下記のような報道がなされました。

多くの報道で、5氏の政策の方向性は大差ないように報じられていますが、実のところ、全く違うとしか言いようがありません!

そこで、自民党員の方々を中心に、5氏の違いを拡散頂き熟慮頂きたく、このまとめを作成いたしました。

◆◇◆転載記事◆◇◆
【河野談話、靖国、尖閣で各候補の違い浮き彫り】2012.9.14 23:52 msn産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120914/stt12091423530023-n1.htm

自民党総裁選の共同記者会見では、5候補全員が保守政治家を自任するだけに政策の大きな方向性についてはおおむね一致してみえた。だが「河野談話」「靖国神社」「尖閣諸島」など個別の分野になると、主張や政治姿勢の相違が浮き上がった。

資料的裏付けも日本側証言者も見つからないまま、政治判断で慰安婦募集の強制性を認めたのが平成5年の河野洋平官房長官談話だ。韓国の李明博大統領の島根県・竹島上陸や天皇陛下への謝罪要求をきっかけに、この談話の見直し機運が再び高まっている。

「私たちの子孫にこの不名誉(慰安婦強制連行)を背負わせるわけにはいかない。国内、国外に対し、新たな談話を出すべきだ」こう明確に主張したのは安倍晋三元首相だ。安倍氏は自身の首相時代に、「強制連行を直接示すような資料はない」と閣議決定したことにも言及した。

対照的に、石原伸晃幹事長は河野談話が韓国に配慮してあいまいな書きぶりとなっている点を称賛した。「河野談話はすごくよくできていた。談話を読む限りでは、広義においてはそういうこと(強制連行)もあったんではないかとうかがえる文面になっている。そこに知恵があった」

町村信孝元官房長官も「当時の官房長官の一つの知恵として出された。全面否定するつもりはない」と一定の評価を与えた。


首相となった場合に靖国神社に参拝するかについては、石破茂前政調会長と石原氏は直接答えず、異口同音にこう語った。
「天皇陛下のご親(しん)拝(ぱい)が実現するために務めるのが政治の使命だ」(石破氏)
「天皇陛下がご参拝できるような靖国神社にすることも大切だ」(石原氏)
両氏とも、いわゆる「A級戦犯」の分(ぶん)祀(し)などによる環境整備が先決だとの考えを示唆したとみられる。

林芳正政調会長代理は「参拝するかしないかを言うのは差し控える」と述べ、町村氏は「行くかどうかは、首相になって考える」と結論を先送りした。

一方、安倍氏は「国の指導者が参拝し、英霊に尊崇の念を表するのは当然だ。首相在任中に参拝できなかったのは痛恨の極みだ。今言ったことから考えてほしい」と事実上、参拝する考えを表明した。

尖閣諸島問題に関しては安倍氏が「国家管理をさらに進める」、石破氏が「実効支配をさらに強める」と述べたのに対し、町村氏はこう懸念を示した。

「実効支配を強めるために施設をつくる話は、そう簡単に考えてよいものか」

林氏は「中国とは大国間の大人の関係を目指していくべきだ」と指摘し、石原氏は尖閣諸島を国有化した野田政権の手法を批判してこう強調した。

「政府は『虎の尾を踏む』と言っては過言かもしれないが、十分な話が中国とできていなかった。事前に、中国との打ち合わせがあってしかるべきだった」

近隣諸国に対する各候補の姿勢の違いは、総裁選の重要な争点となりそうだ。
(阿比留瑠比)


◆◇◆上記記事からのまとめ◆◇◆

*****拡散希望*****
〔9/14 産経記事より各氏の主張まとめ〕
◆河野談話の見直しについて◆
◎安倍晋三:「強制連行を直接示すような資料はない。私たちの子孫にこの不名誉(慰安婦強制連行)を背負わせるわけにはいかない。国内、国外に対し、新たな談話を出すべきだ」

-(石破茂:?)

×石原伸晃:「河野談話はすごくよくできていた。談話を読む限りでは、広義においてはそういうこと(強制連行)もあったんではないかとうかがえる文面になっている。そこに知恵があった」河野談話が韓国に配慮してあいまいな書きぶりとなっている点を称賛

×町村信孝:「当時の官房長官の一つの知恵として出された。全面否定するつもりはない」として河野談話に一定の評価

△林芳正:「未来永劫変えないと言うつもりはない」

◆首相になったら靖国参拝するか◆
◎安倍晋三:「国の指導者が参拝し、英霊に尊崇の念を表するのは当然だ。首相在任中に参拝できなかったのは痛恨の極みだ。今言ったことから考えてほしい」として参拝を事実上表明

×石破茂:直接答えず(「A級戦犯」の分祀などによる環境整備が先決との考えを示唆)

×石原伸晃:直接答えず(「A級戦犯」の分祀などによる環境整備が先決との考えを示唆)

△町村信孝:「行くかどうかは、首相になって考える」

△林芳正:「参拝するかしないかを言うのは差し控える」

◆尖閣諸島問題◆
◎安倍晋三:「国家管理をさらに進める」

○石破茂: 「実効支配をさらに強める」

×石原伸晃: 「十分な話が中国とできていなかった。事前に、中国との打ち合わせがあってしかるべきだった」  ※石原氏は11日に出演したTV番組「報道ステーション」で司会の古舘氏に「(中国側が)攻め込んでくるのでは?」と問われ、「攻めてこない。誰も住んでいないんだから」と断言しています。

×町村信孝:「実効支配を強めるために施設をつくる話は、そう簡単に考えてよいものか」

×林芳正: 「中国とは大国間の大人の関係を目指していくべきだ」

*****拡散希望コメントは以上*****


※と、いうわけで当ブログでは、安倍晋三氏を強く支援いたしたいと思います。

投票締切日は9月25日(必着)!

自民党党員の皆さま、何卒よろしくお願いいたします。

※ご賛同頂ける方は、拡散のご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*
「安倍晋三氏を支えよう!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!



★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆

意見書文例:「自民党総裁選で領土問題を争点にしてもらう要望書」(超短文Ver.もあり)*利用、改変可*〔自民党本部あて〕
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆

当ブログでは、政党を問わず、私益や外国のために利する政治ではなく、日本のための政治を行う政治家を応援しています。

残念ながら民主党政権下のこの3年間は、混迷する日本の政治をさらに混乱させただけでなく、著しく国益を損なってきたとしか言えない状況です。

◆自由民主党政権の時代も、マスコミに情報操作をされたままそれに有効な対処もとらず、左傾化した教育問題に正面から取り組むこともできず、誤った歴史認識を国民に植え付け、拉致問題や領土問題に具体的な解決策を講じられないまま、長い期間に徐々に徐々にと国益を損なってきたことは間違いありません。
また個別に見れば、「保守」から遠い考えの政治家もいらっしゃるようです。

しかしながら自民党は、「外国人でも党員資格があり、そもそもの党の目的が外国人参政権付与」という民主党や、マスコミが作り上げた無責任な「第三極」とは、大きく一線を画しているはずですし、古くから信頼関係を構築し、組織的な支持者も数多く存在する、わが国を代表する大政党であることは間違いありません。

◆そこで当ブログとしましては、民主党が政権の座を下りるときには、もう一度自民党へ政権復帰を果たして頂き、自民党を中心とした保守の政権を運営して頂きたいと思っております。

◆来る9月26日には、自民党総裁選があり、14日には告示がなされます。
13日の時点で、安倍晋三氏、石原伸晃氏、石破茂氏、町村信孝氏、林芳正氏の出馬が決まっているようです。
消費増税、原発問題、TPP、それに尖閣諸島問題などが議論されるようで、それはどれも大切なことに違いはありませんが、
今般、喫緊の課題である領土問題をとくに大きく取り上げて頂きたいと思います。


◆なぜなら、有力候補者と目される石原伸晃氏が、↓↓↓

中国は「尖閣に攻めてこない」 自民・石原氏が断言
  2012.9.12 00:25 msn産経ニュース

自民党の石原伸晃幹事長は11日夜のテレビ朝日番組で、政府の沖縄県・尖閣諸島の国有化に関連し、領有権を主張する中国側が「攻め込んでくるのでは」と問われ、「攻めてこない。誰も住んでいないんだから」と断言した。国家主権に関わる領土問題について認識の甘さを露呈した格好だ。
同時に「いい漁場だから周辺海域には来る」とも強調。日本と中国の排他的経済水域(EEZ)の中間にあたる日中中間線までは中国の漁業監視船などが航行するとの認識を示し、灯台などの施設の整備が必要と指摘した。(後略)


という、驚くべき発言をしているからです。

◆一方、新党である、「日本維新の会」は、下記のとおり尖閣、竹島問題を強調しています(パフォーマンスかもしれませんが)。↓↓↓

尖閣、竹島も入ってます! 「日本維新の会」ロゴ発表  2012.9.13 06:48 Sankei Biz

新党「日本維新の会」代表に就任する橋下徹大阪市長は12日、市内で開いたパーティーの席上、新党のロゴマークを披露した。
もっとも強調したことは「日本地図こだわりました。尖閣諸島も竹島も入っています」。
実際に目視できるかどうかはわからないが、「ナショナルパーティーになるんだったら…」と気合を入れて語った。


当ブログでは今般、いずれ総理大臣になって頂くべき人物を決める、自民党総裁選において領土問題をとくに大きく取り上げて頂き、総裁となる方の国家主権に関する自覚を再確認いただくと共に、議論により国民の意識を喚起させることにもつながると考え、
自民党本部宛に意見を送信することにいたしました。



※送信につきましては、ペンネームで結構です。
※ご賛同頂ける方は、よろしくお願い申し上げます。


◆◇◆メール・FAXの送信について◆◇◆

◆自民党・「自民党へのご意見」フォーム◆
https://ssl.jimin.jp/m/contact

◆◇「自民党総裁選で領土問題を争点にしてもらう要望書」超短文Ver,*利用、改変可*◆◇◆

「自民党総裁選で、竹島、尖閣、北方領土を争点にして下さい。領土問題は国家主権に関わる重大事項です。以上。 自民党支持者より」
送信先(再掲)
https://ssl.jimin.jp/m/contact


◆◇「自民党総裁選で領土問題を争点にしてもらう要望書」*利用、改変可*◆◇◆

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*
私は自民党の支持者です。
本日は、来る9月26日に投開票が行われる自民党総裁選にあたり、竹島、尖閣諸島をはじめとする領土問題を取り上げて頂きたくこの送信をいたします。

今夏多くの国民が、竹島と尖閣諸島についての韓国や中国に対する民主党内閣の及び腰の外交に立腹しており、これが民主党に政治を任せられないと判断する大きな理由になっていると思います。
ところが、自民党総裁選の候補者のうち、有力候補と目されている某候補者も、テレビ番組に出演された際、政府の沖縄県・尖閣諸島の国有化に関連し、領有権を主張する中国側が「攻め込んでくるのでは」と問われ、「攻めてこない。誰も住んでいないんだから」と断言したと伺い、これには大きく失望しています。

この候補者の主張は、「憲法9条があれば戦争は起きない」と主張する政治グループと類似の思考回路に基づいた見識であるとしか思えません。

この候補者は、再選を希望する現職の総裁を押しのけて出馬した人物であり、こうした人物を推薦する議員の先生方についても、世論を読むことができないというその資質に疑念を抱かせることとなり、自民党全体に対する失望を招いていることは、党本部としてご理解なさっているでしょうか?

これでは、衆議院の解散・総選挙が行われても、「日本地図こだわりました。尖閣諸島も竹島も入っています」。として発表した「日本維新の会」ロゴ発表のパフォーマンスに負けてしまうであろうことは、火を見るより明らかです。

他の問題も大切ですが、自民党総裁選において領土問題をとくに大きく取り上げて頂き、総裁となる方の国家主権に関する自覚を再確認いただき、議論により国民の意識を喚起させることは、党全体のプラスになると考えます。

何卒、自民党総裁選で竹島・尖閣をはじめとする領土問題を争点にして下さい。自民党のご発展を心よりお祈りいたします。
以上
*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*
「保守の政治家は、もっと領土問題を語れ!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆

転載記事&要請書文例:拡散《西川京子先生講演会:2011年1月28日(金曜)・13時15分開場・13時45分開演-武蔵野公会堂ホール》 *文例は利用、改変可*
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking クリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
ブログ『水間条項』さまの12月14日の記事におきまして、下記の拡散依頼がございました。

【題名】
・拡散《西川京子先生講演会:2011年1月28日(金曜)・13時15分開場・13時45分開演-武蔵野公会堂ホール》

【その要旨1】自民党への西川京子先生の選挙区支部長選出要請を!
・西川京子先生は、「女性差別選択議定書」など「日本解体法案」を、国民から見えない自民党(与党時代)の部会段階で潰す「先陣」を切って実直な行動をなさっておられた方である。
・日本の保守派は、得てして「本物」の政治家を隠そうとする力がはたらいており保守派が弱体化しているが、保守(日本の常識)を復活できるか否かに日本の命運がかかっている。
・西川京子先生は、昨年の衆議院議員選挙では2005年の「小泉郵政選挙」の投票数を、10,000票以上も上乗せしたにも拘わらず議席を維持できなかった。
・総選挙後、自民党執行部が提示した選挙区支部長(衆議院選挙区候補者)の選出条件をクリアしているにも拘わらず、自民党執行部は、西川先生を選挙区支部長に指名していない。
・執行部がどんなにパフォーマンスをしても西川京子先生を選挙区支部長に選出しない自民党は、保守政党として認めることはできないことを、自民党総裁と幹事長に要請をお願いしたい。

【その要旨2】「西川京子先生講演会:「女子力」が日本を救う!」開催のご案内
・会場:【武蔵野公会堂ホール】
吉祥寺南口から2分・丸井デパート正面左隣
・日時:1月28日(金曜)・
13時15分開場・13時45分開演
・参加費:一般1000円・学生500円
・内容
■第1部:西川京子先生講演『「女子力」が日本を救う!』「男女共同参画社会との美名の欺瞞・家族の絆が日本復活の原点」
■第2部:対談・西川京子先生-水間政憲『永田町に求められる「女子力」の展望!』
■第3部:質疑応答


当ブログでは今般、『水間条項』さまで要請されている「自民党への西川京子先生の選挙区支部長選出要請書」文例を、駄文ながら公開させて頂くことに致しました(この記事の後半にございます)。
※送信につきましては、ペンネームで結構です。

送信先は、転載記事より抜粋いたしました。

■自民党への意見送信先
・自民党ホームページ:
http://www.jimin.jp/index.html
・自民党に対するなまごえ(ご意見・ご要望):
https://youth.jimin.or.jp/cgi-bin/info/meyasu_form.pl
・谷垣総裁お問い合わせ:
http://entry.tanigaki-s.net/contents/code/inquiry?re=1292224445
・石原幹事長ご意見:
http://www.nobuteru.or.jp/feedback/iken.html

※ご賛同頂ける方は、よろしくお願い申し上げます。

(以下転載)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
拡散《西川京子先生講演会:2011年1月28日(金曜)・13時15分開場・13時45分開演-武蔵野公会堂ホール》



● 西川京子先生は、永田町に精通している誰しもに、一目置かれている存在です。


それは、西川京子先生の実直な行動が、パフォーマンスだらけの永田町で稀有な存在だからです。

一例を上げると、覚醒されているインターネットユーザーの皆様方が、日々、不安にさせられている
女性差別選択議定書」など「日本解体法案」を、国民から見えない自民党(与党時代)の部会段階で潰す「先陣」を切っていたことは、ほとんど知られていません。

その落差が、そのまま保守派の弱体化に直結していることに気づいているものも、殆どおりません。

保守(日本の常識)を復活できるか否か、そこに日本の命運がかかっています。

現在の閉塞感の中で、「歴女」や「仏女」「殺陣女」などがブームになっているのは、偶然の一致だけで語れない深刻な状況が現れているととらえることが出来るのです。

この状況は、日本崩壊を直感的に感じ取った女性陣が、日常生活の中で無意識に行動し始めたと解釈できるのです。

その「旗」を振れる政治家は、故中川昭一先生の信頼が篤かった西川京子先生です。

日本の保守派は、得てして「本物」の政治家を隠そうとする力がはたらいています。


西川京子先生は、昨年の総選挙では2005年の「小泉郵政選挙」の投票数を、10,000票以上も上乗せしたにも拘わらず議席を維持できませんでした。

総選挙後、自民党執行部が提示した選挙区支部長(衆議院選挙区候補者)の選出「3条件」を、西川先生はすべてクリアしているにも拘わらず、自民党執行部は、西川先生を選挙区支部長に指名しておりません。


自民党が保守政党として復活できるか否かは、西川京子先生を選挙区支部長に選出できるか否かで、すべて分かります。

自民党執行部がどんなにパフォーマンスをしても、西川京子先生を選挙区支部長に選出しない自民党を保守政党と認めることは出来ません。

西川京子先生を選挙区支部長に選出しない自民党は、保守政党として認めることはできないことを、自民党総裁と幹事長に要請をお願いいたします。

自民党ホームページ:
http://www.jimin.jp/index.html

自民党に対するなまごえ(ご意見・ご要望):
https://youth.jimin.or.jp/cgi-bin/info/meyasu_form.pl

谷垣総裁お問い合わせ:
http://entry.tanigaki-s.net/contents/code/inquiry?re=1292224445

石原幹事長ご意見:
http://www.nobuteru.or.jp/feedback/iken.html

それらの訳の分からない「力」を打ち破る講演会になるように、西川京子先生に日本人への「檄」をお願いする次第です。


【西川京子先生講演会:「女子力」が日本を救う!】

■第1部:西川京子先生講演『「女子力」が日本を救う!』「男女共同参画社会との美名の欺瞞・家族の絆が日本復活の原点」
(40分間)

※休憩10分間

■第2部:対談・西川京子先生-水間政憲『永田町に求められる「女子力」の展望!』
(40~50分間)

■第3部:質疑応答(30分)

●会場:【武蔵野公会堂ホール】
吉祥寺南口から2分・丸井デパート正面左隣

●日時:1月28日(金曜)・
13時15分開場・13時45分開演

●参加費:一般1000円・学生500円

●問合せ先:090-5560-9728
(担当・ミズマ)

●協賛:
NPO法人・家族の絆を守る会(FAVS)、
そよ風

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(転載は以上)

◆◇◆文例「自民党への西川京子先生の選挙区支部長選出要請書」*利用、改変可*◆◇◆

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

(題名は皆さま各々でお考え頂ければ幸いです)

自由民主党御中
                                         住所
                                         氏名
謹啓
時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。私は自由民主党を支持させて頂いている者です。日頃、自由民主党の先生方におかれましては、保守のお考えを礎に、日本国民のための堅実かつ多大なるご尽力を下さっておりますことと存じ、誠に頼もしく思い、厚く御礼申し上げます。
 
さて、本日このように突然の送信を申し上げますご無礼、何卒ご容赦下さいませ。
私は今般、衆議院議員小選挙区福岡県第10区で出馬を予定されている元衆議院議員、西川京子先生が未だこの選挙区の支部長として選出されておられないことを知りました。つきましては、西川京子先生をこの選挙区の支部長としてご選出頂きたくお願いを申し上げる次第でございます。

西川先生が与党時代の自由民主党で「女性差別選択議定書」などの、ともすれば日本という国を解体に導きかねない危険な法案を、部会の段階で廃案にする実直な行動をなさった方であることを、良識ある多くの自由民主党支持者が承知致しております。
(下記はこの件に関しYoutubeで公開されている動画のURLです)
「女性議定書退治・西川京子衆院議員」2009年4月24日
http://www.youtube.com/watch?v=p2bnYbrGKcw

現状、良識ある多くの国民が、何ら国家感のない与党民主党の政治に失望しております。政権交代から1年半近くが過ぎましたが、財政・経済、外交・安全保障、国民生活どれをとっても政治のプロとは到底思えない失政が続いていると認識しています。そのことは、菅内閣の支持率低下からも明らかであると思います。

中でも国民が最も危惧しているのは、与党政治家の愚策により、日本の内外から「国のかたち」が変えられてしまおうとしていることではないでしょうか。現状、甚だ失礼ながら、保守政党であるはずの自由民主党が弱体化しているように思えます。しかし、「国のかたち」を変え、あわよくば日本を解体しようとしている現政権与党の勢力から、この国を守る命運は、自由民主党が「保守」という日本の常識を復活できるか否かにかかっているのではないでしょうか。

西川京子先生は、2005年の「小泉郵政選挙」におかれましては97,000票余りを得票して当選なさいました。昨年の衆議院議員選挙においては残念ながら議席を維持なさることは叶いませんでしたが、「小泉郵政選挙」の投票数を10,000票近くも上乗せした高い実績のある方です。

西川先生は、自由民主党執行部において提示なさった選挙区支部長の選出条件をクリアしていると聞き及んでおります。執行部におかれましては、政権奪還のためにあらゆる試みをなさっておられることと存じますが、このように国民の代表として相応しい政治家を選挙区支部長に選出しない自民党は、決して保守政党として認めることはできません。

民主党の失策が続く限り、徐々に国民の目は覚め、実際に衆議院が解散されるまでの間には、これまで「国家観」や「保守」についてあまり考えたことの無かった方も、政治に深い興味を抱かれるものと思います。今後は他の保守派政党も台頭してくることでしょうし、そうした場合に、多くの国民が自由民主党に投票するか否かは、西川先生のような真の国民の代表を候補者として擁立し、積極的に当選に向けたご支援をなさるか否かにかかっているのではないでしょうか。

西川先生は、決して売名行為につながるパフォーマンスはなさらず、そのために、政治に特段の興味の無い方々には、あるいは知名度は高くないのかもしれません。しかし、もしそうであるなら尚のこと、西川先生を支部長としてご選出頂き、その上で是非とも「福岡県第10区の顔」としてのみならず、「良識ある女性政治家の顔」として、党を挙げて選挙区に、全国に、広報して頂きたく、伏してお願い申し上げます。

時節柄、ご関係者のどなた様もくれぐれもお体にはご自愛下さいまして、今後自由民主党が与党として力強く復活し、ますます発展され、所属される先生方お一人お一人が真の国民の代表として末永くご活躍下さいます事を、心より祈念申し上げます。

謹白
☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

真の保守の政治家を応援したい!とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

日テレニュースより転載:「中山恭子元拉致相 たちあがれ日本に入党」☆動画ページへご案内☆
☆★☆皆さまへお知らせ☆★☆
1. 緊急拡散《中山成彬先生・中山恭子先生「拉致と教育を語る夕べIn小樽」ライブ放送決定!》

ライブはいよいよ本日です!
★ライブURL
http://ustre.am/jv5f
日本時間:6月21日午後6時より8時まで

現在上記URLで動画を再生してご覧いただけます。

宜しくお願いいたします。

2. 6月12日の記事において、
「“日本にあるすべての企業は反民主党”を目指す、『企業向け日本解体法案周知』」祭りを開催中です!
この祭りは6月12日~現時点で87,000通ほどのメールを送信しております!

この周知祭りは送信先リストを日々更新し、参議院議員選挙告示まで継続予定です。
皆さまの温かいご声援を、宜しくお願い申し上げます。

3. 6月15日の記事において、
チラシ:「民主党の正体、検索」を公開しています!
このチラシは“ウッカリ”に適しているとのご意見も頂いております。
ご協力頂ける方は、宜しくお願い申し上げます。

◆◇◆今般の主旨◆◇◆

●中山恭子元拉致相 たちあがれ日本に入党が「日テレ」で報道されましたのでご紹介いたします

●当ブログとしましては、 「10・27「日本解体法案」反対請願受付国民集会&デモ」の請願書の受付先として大変お世話になった、
中山成彬先生ならびに奥様の中山恭子先生のささやかなご支援をして参りたいと思います。
ご賛同頂ける方は、今後ともよろしくお願い申し上げます。

(以下転載)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

中山恭子元拉致相 たちあがれ日本に入党
< 2010年6月21日 16:59 >
http://news24.jp/articles/2010/06/21/04161443.html#

 参議院議員・中山恭子元拉致問題相が自民党を離党し、たちあがれ日本に入党した。夫・中山成彬氏が来月の参議院議員選挙でたちあがれ日本から出馬するためとしている。

 「今回、たちあがれ日本の一員となりました中山恭子です。今の政治の世界で、(夫の)中山成彬という政治家の活動の場が欲しいと」-中山氏はまた、たちあがれ日本・平沼赳夫代表と拉致問題で共に活動を続けてきたことなどを理由として挙げた。

 中山氏は、07年の参院選で自民党の比例代表から当選した。任期の途中で所属政党が変わることについては「3年前に、たちあがれ日本という党はなかった。問題ない」と話している。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(転載は以上)

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

中山成彬先生、中山恭子先生をご支持下さる方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!








★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★

1.姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます。

2.上記記事の上方にも書いておりますとおり特に現在は重点的に
「“日本にあるすべての企業は反民主党”を目指す、『企業向け日本解体法案周知』」祭りを開催中です!
こちらの記事をご参照下さい。

何卒皆さまの温かいご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆

速報!転載記事:中山恭子氏、「たちあがれ」へ 夫・成彬氏支援が目的
☆★☆皆さまへお知らせ☆★☆
1.この記事の ひとつ前の記事において、
「転載記事:《地方が主それに従属化する中央で、国も自民党も破綻する!》〔『水間条項』より転載〕を公開しています。
下の新聞記事の前段階としての記事です。この記事をお読みになる前に、是非ご覧下さい。

2. 6月12日の記事において、
「“日本にあるすべての企業は反民主党”を目指す、『企業向け日本解体法案周知』」祭りを開催中です!
この周知祭りは送信先リストを日々更新し、参議院議員選挙告示まで継続予定です。
ご協力頂ける方は、宜しくお願い申し上げます。

3. 6月15日の記事において、
チラシ:「民主党の正体、検索」を公開しています!
このチラシは“ウッカリ”に適しているとのご意見も頂いております。
ご協力頂ける方は、宜しくお願い申し上げます。


*****転載記事*****

中山恭子氏、「たちあがれ」へ 夫・成彬氏支援が目的
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2010061802000061.html
2010年6月18日 朝刊 東京新聞

 自民党参院議員の中山恭子・元拉致問題担当相が同党幹部に対し「離党して、たちあがれ日本に入党する」と伝えていたことが十七日、分かった。夫で自民党前衆院議員の中山成彬元文部科学相が参院選比例代表に、たちあがれ日本から出馬を予定しており、夫を支援するのが目的だと説明したという。

 関係者によると、成彬氏は自民党比例代表の公認を得られず、たちあがれからの出馬を模索。同党側から、拉致問題の解決に尽力し、知名度の高い恭子氏の入党という条件を示されていた。自民党執行部は恭子氏を慰留しない方針。

 成彬氏は昨年の衆院選で落選した。

*****転載は以上*****


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

中山恭子氏、中山成彬氏をご支持下さる方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!







★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★

1.姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます。

2.上記記事の上方にも書いておりますとおり特に現在は重点的に
「“日本にあるすべての企業は反民主党”を目指す、『企業向け日本解体法案周知』」祭りを開催中です!
こちらの記事をご参照下さい。

何卒皆さまの温かいご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆

ご案内:自由民主党が参議院選挙公約(マニフェスト)への意見を募集しています! (文例つき)
ひとつ下の記事におきまして、
「『口蹄疫』の対応に苦慮される宮崎県関係・農業関係への応援/地方議員への協力依頼&他の日本解体法案の周知」を行っています。
まだ周知は完了していませんし、今後も他の文例を次々と文例を公開予定ですので多くの皆さまのご協力をよろしくお願い申し上げます。

◆◇◆今般の主旨◆◇◆

●自由民主党が参議院選挙公約(マニフェスト)の「原案」を公開し、「なまごえプロジェクト」として
5月末を期限に、意見を募集しています!

●そこで当ブログでは、皆さまに奮ってご応募頂きたく、この記事を公開させて頂きました。
※ハンドルネームでのご応募が可能です。

●参議院選挙公約(マニフェスト)の「原案」と意見のご投稿はこちらです。

◆◇◆以下は上記ページより転載◆◇◆

◆みなさんの“なまごえ”が政策になりました。
わが党 はこれまで、“なまごえプロジェクト”を通じ、みなさんから様々ななま声をいただきました。ご協力に心から感謝申し上げます。
 この度、参議院選挙の公約(マニフェスト)原案がまとまりましたので、早速みなさんにお示しいたします。ぜひ原案をご高覧いただき、積極的なご意見を賜れば幸いです。
 なお、原案取りまとめにあたり、わが党議員の議論の中で出された基本的な考え方をご参考として、以下の通りお示し致します。
・民主党マニフェストが破綻していることは明らかだが、財源を含め、わが党の政策を明確に示し、民主党との違いを鮮明に国民に示す。
・自民党立党50周年で発表した自民党憲法草案に基づいた「自主憲法の制定」を明確に示す。
・政府民主党の「子ども手当」など、バラマキ政策に対して、わが党が行おうとしている少子化対策の「理念」と具体的政策(幼児教育無償化、待機児童 対策など)を示す。
・高齢化の進展に伴い、増大する医療・年金・介護など社会保障費の財源を確保し、その制度の安定を図るため、「消費税(税率・実施時期)」を含めた 税制改革を示す。
・わが国財政状況の破綻を食い止めるための財政規律と財政再建の具体的工程を示す。
・経済成長戦略において何%の成長を目指すのか、を明確にする。
・国会議員定数削減目標の明示と行政改革の断行(無駄撲滅・国家公務員・地方公務員の削減)。
・普天間問題と日米安全保障、アジアにおける平和と繁栄に関する自民党の具体的考え方を明確にする。 など

 みなさんからの多くのご意見、お待ち申し上げております。

※転載は以上

◆◇◆〔しーたろう〕が送信した内容◆◇◆

以下の意見を、マニフェスト草案にご反映頂きたい。
1.マスコミが報じない日本の危機的状況を、インターネットで知った国民が集会、街宣活動、デモ、チラシのポスティング、自治体掲示板への掲示、各所へのメールなど、あらゆる方法で周知しようとしている。こうした国民が多数存在することをまずはご承知頂きたいこと。

2.昨年秋、下記の13法案についての反対請願書を合計10万通近く提出した。この折に請願仲介国会議員となって下さったのは、すべて稲田朋美衆議院議員、北村茂男衆議院議員、西田昌司参議院議員、義家弘介参議院議員という、自由民主党所属の国益を第一に考える先生方であったこと。
  ◆その反対した13法案は
靖国神社代替施設、外国人参政権、重国籍、戸籍制度廃止、偽装人権擁護法案、
国立国会図書館恒久平和局、1000万移民推進、女性差別撤廃選択議定書、夫婦別姓(選択制別姓)、
日教組教育復活、地方主権、CO2 25%削減、東アジア共同体構想であったこと。
ちなみに原案のマニフェストにはこのうち、「外国人地方参政権」と「夫婦別姓」への反対しか記載されていないが、これら13法案につき全て反対する旨、明確に示して頂きたいこと。

3.上記13法案に代表される、民主党が推進する「日本解体法案」の多くは、良識ある国民が実態を知れば必ずや反対し、これらを強力に推進する民主党には失望し、真に国益を考え国民を守る自由民主党に信頼が戻ってくるであろうこと。
マスコミが隠すこれら「日本解体法案」を白日の下に晒す、まずはこれが第一であること。

4.原案のマニフェストには「ビジット・ジャパン・キャンペーンの高度化や入国審査の円滑化により、『観光立国』を実現」とあるが、不法残留の割合の高い国からの入国審査はむしろ強化すべきである。一時的に観光が推進されても、その後の治安維持に巨額の費用を要するようでは国益に合致しないこと。

5.著名人が参議院選挙の立候補者として予定されていることにつき、「新人議員に真の保守教育を行う」旨を明確に宣言して頂きたいこと。

6.党内の無駄な対立や分裂を極力避け、一致団結して総選挙を戦って頂きたいこと。

7.インターネットで与党民主党の反日の実態を知った国民の声は、私利私欲無き、無垢な国民の声であるから、無党派層を取り込みたければこれら一般国民の声を決して無視しないで頂きたいこと。

以上

◆◇◆当ブログの今後の予定◆◇◆
1.「地球温暖化対策基本法への反対意見書」の文例作成と送信
2.「大規模集会・デモの呼びかけ&解散総選挙を求める署名」の周知文例作成と周知
3.「国家公務員法改正案への反対意見書」の文例作成と送信
4.「中国人へのビザ緩和への反対意見書」の文例作成と送信 ほか
※予定は前後し、また変更することがあります。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

自由民主党に「ネットユーザーの声をもっと聞いてほしい」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!



★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
※お願いが多くて、スミマセン※

1.姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます。

2.上記記事内のご案内の他、宮崎県を中心に感染が広がる「口蹄疫」問題に積極的に取り組んでいます。
・有志の方に作成頂いた、
「マスコミが隠す非常事態。宮崎県、口蹄疫発生について」の周知文例を公開し、ご賛同者の方々と共に送信をしています。
こちらの記事をご参照下さい。

・各政党議員さんへ
「韓国から伝染し国内へ上陸した『口蹄疫』への対処をお願いする与野党議員への意見書(マスコミ用おまけ文例つき)」を送信中です。
こちらの記事をご参照下さい。

・また、宮崎県への応援のため
「口蹄疫」の対応に苦慮されている宮崎県を応援しましょう!」を開催中です。
こちらの記事をご参照下さい。
ご協力頂けます方は、何卒よろしくお願い申し上げます。

3.保守派政党の議員さん、民主党議員さんへ
「子ども手当」と「外国人参政権」を参院選の争点にして頂く意見書」1.保守派向けVer.
「子ども手当」と「外国人参政権」を参院選の争点にして頂く意見書」2.民主党向けVer. を送信中です。
こちらの記事
こちらの記事をご参照下さい。

4.市区町村の「子ども手当」窓口へ
「不正受給を予防する厳格な審査の要請依頼&他の日本解体法案の周知祭り」を開催中です。
(周知は一通り終了しましたが、現場では多くの方の声が待たれているようです。引き続き、地元自治体にだけでも送信を宜しくお願い申し上げます)。
こちらの記事をご参照下さい。

5.各政党議員さんへ
「人権擁護法案推進議員連盟発足記念(笑)意見書送信祭り」を開催中です。
こちらの記事をご参照下さい。

6.マスコミ各社へ子ども手当他の「日本解体法案」報道依頼のメールを送信中です。
こちらの記事をご参照下さい。

7.各政党議員さんへ
議会制民主主義が崩壊する超危険法案「国会法改正案」への反対意見書 を送信中です。
こちらの記事をご参照下さい。

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆
Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.