☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
転載記事:日韓併合首相談話を閣議決定し発表 
※本日8月10日、菅談話に関する閣議決定がなされ発表されました。
下記のとおり、皆さま本日まで頑張ってくださいましたが、大変残念な結果となりました。
署名して下さった皆さま、本当にありがとうございました。
送信して下さった皆さま、本当にお疲れ様でした。


1.8月7日の記事におきまして、
「日韓併合百年」総理談話発表に反対する署名のお願い
を公開しました。

2.7月29日の記事におきまして、
意見書文例:菅首相の『日韓併合100周年謝罪談話』の中止要望書 *利用、改変可*
を公開しました。


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
●この度、菅談話に関する閣議決定がなされ発表されましたので、関連記事を転載いたします。


*****(転載開始)*****

【日韓併合首相談話】全文「韓国は誇り傷付けられた」
2010.8.10 11:40 産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100810/plc1008101141007-n1.htm
 政府は10日午前、日韓併合100年に併せた首相談話を閣議決定し発表した。首相談話では、日本による韓国の植民地支配に対し「多大の損害と苦痛に対し、ここに改めて痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明いたします」と明記した。談話の全文は以下の通り。

 本年は、日韓関係にとって大きな節目の年です。ちょうど百年前の八月、日韓併合条約が締結され、以後三十六年に及ぶ植民地支配が始まりました。三・一独立運動などの激しい抵抗にも示されたとおり、政治的・軍事的背景の下、当時の韓国の人々は、その意に反して行われた植民地支配によって、国と文化を奪われ、民族の誇りを深く傷付けられました。

 私は、歴史に対して誠実に向き合いたいと思います。歴史の事実を直視する勇気とそれを受け止める謙虚さを持ち、自らの過ちを省みることに率直でありたいと思います。痛みを与えた側は忘れやすく、与えられた側はそれを容易に忘れることは出来ないものです。この植民地支配がもたらした多大の損害と苦痛に対し、ここに改めて痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明いたします。

 このような認識の下、これからの百年を見据え、未来志向の日韓関係を構築していきます。また、これまで行ってきたいわゆる在サハリン韓国人支援、朝鮮半島出身者の遺骨返還支援といった人道的な協力を今後とも誠実に実施していきます。さらに、日本が統治していた期間に朝鮮総督府を経由してもたらされ、日本政府が保管している朝鮮王朝儀軌等の朝鮮半島由来の貴重な図書について、韓国の人々の期待に応えて近くこれらをお渡ししたいと思います。

 日本と韓国は、二千年来の活発な文化の交流や人の往来を通じ、世界に誇る素晴らしい文化と伝統を深く共有しています。さらに、今日の両国の交流は極めて重層的かつ広範多岐にわたり、両国の国民が互いに抱く親近感と友情はかつてないほど強くなっております。また、両国の経済関係や人的交流の規模は国交正常化以来飛躍的に拡大し、互いに切磋琢磨しながら、その結び付きは極めて強固なものとなっています。

 日韓両国は、今この二十一世紀において、民主主義や自由、市場経済といった価値を共有する最も重要で緊密な隣国同士となっています。それは、二国間関係にとどまらず、将来の東アジア共同体の構築をも念頭に置いたこの地域の平和と安定、世界経済の成長と発展、そして、核軍縮や気候変動、貧困や平和構築といった地球規模の課題まで、幅広く地域と世界の平和と繁栄のために協力してリーダーシップを発揮するパートナーの関係です。

 私は、この大きな歴史の節目に、日韓両国の絆がより深く、より固いものとなることを強く希求するとともに、両国間の未来をひらくために不断の努力を惜しまない決意を表明いたします。


【日韓併合首相談話】朝鮮半島文化財の儀典書返還 「適切に対応」と宮内庁 
2010.8.10 11:41
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/100810/imp1008101142001-n1.htm
 政府が10日、朝鮮半島に由来する文化財を韓国に渡すと表明したことに対し、対象とされる李氏朝鮮時代の儀典書「朝鮮王室儀軌(ぎき)」を保管する宮内庁の幹部は「宮内庁としてはコメントする立場にない。政府側から今後、話があれば適切に対応していきたい」と述べた。

 宮内庁によると、同庁には民間から購入した4冊を含め、167冊の儀軌を保管している。大半は同様の冊子が韓国側にもあるが、日本にしかない冊子が数冊存在するとしている専門家の論文もあるという。


「朝鮮王室儀軌」の「明成皇后国葬都監儀軌」(宮内庁提供)

【日韓併合首相談話】日韓首脳が電話会談 李首相は談話を歓迎
2010.8.10 11:53
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100810/plc1008101154008-n1.htm
 菅直人首相は10日午前、韓国の李明博大統領と電話で会談し、日本政府が同日閣議決定した日韓併合100年にあたっての菅直人首相談話について説明した。これに対し、李氏は強い謝意を述べるとともに「韓国と日本の将来のより強い協力関係を築くことができる」と歓迎。両首脳は北東アジア情勢の安定に向け、緊密な協力が不可欠との認識で一致した。

*****(転載以上)*****


本日8月10日は「やまと新聞の日」



*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

日韓併合首相談話を閣議決定し発表 受け入れない!とお考えの方は、
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!



★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★

姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます。

何卒皆さまの温かいご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆

転載記事:やまと新聞応援キャンペーン ★菅談話への抗議先も緊急追加掲載★
※本日8月10日、菅談話に関する閣議決定がなされるとの情報が入っております。
最後まで諦めずに尽力したいと思っております。

1.8月7日の記事におきまして、
「日韓併合百年」総理談話発表に反対する署名のお願い
を公開しております。

2.7月29日の記事におきまして、
意見書文例:菅首相の『日韓併合100周年謝罪談話』の中止要望書 *利用、改変可*
を公開しております。

※昨夜、コメント欄で頂いた抗議先をご紹介いたします(ご連絡有難うございました)

せめてこの3人だけでも抗議の声を!!
・玄葉光一郎政調会長
メールアドレス g01748@shugiin.go.jp 
ホームページ http://www.kgenba.com/
電話 03-3508-7252   FAX 03-3591-2635  

・野田佳彦財務大臣
メールアドレス post@nodayoshi.gr.jp
ホームページ http://www.nodayoshi.gr.jp/
電話 03-3508-7141   FAX 03-3508-3441  

・自見庄三郎(郵政改革・金融担当相)国民新党
メールアドレス jimi@jimisun.com 
ホームページ http://www.jimisun.com/
電話03-6550-0901 ファックス03-6551-0901

・国民新党本部
http://www.kokumin.or.jp/
電話03-5275-2671 ファックス03-5275-2675

ご賛同頂ける皆さまには、何卒、何卒よろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
●この度、当ブログコメント欄におきまして、
「8月10日にやまと新聞の応援キャンペーンというものがありまして、以下の記事をご覧下さい。やまと新聞が大きくなれば、反日マスコミに対する大きな力となることは間違いありません。」
というコメントを頂きました(教えて下さり、ありがとうございました)。

「やまと新聞」は、正しく本当のことを報道してくれるただ1つの新聞社、ということです。

◆やまと新聞ホームページ◆
http://www.yamatopress.com/

「やまと新聞の日」とされた本日8月10日、当ブログも一人でも多くの方に「やまと新聞」を知って頂くべく、
やまと新聞ホームページと、このキャンペーンを企画なさったブログ「ねずきちのひとりごと」さまをご紹介させて頂き、「やまと新聞の応援キャンペーン」に参加させて頂きたいと思います。

*****「やまと新聞の応援キャンペーン」概要*****

1. 8月10日をやまと新聞の日と定める(やまと新聞社了承済みだそうです)。
2. 「月々500円で購読者になれる、みんなで入会しようよ」と、やまと新聞を推薦する。
3. 8月10日に向けて、ブログなどの各自の情報発信の場で、一斉にやまと新聞の紹介をする。


*****(以下一部転載。全文は「ねずきちのひとりごと」さまをご覧下さい)*****

今日は、みなさんへのご提案です。
それは、「やまと新聞」をみんなで育てよう!というものです。
今後の保守系市民活動において、民主党の日本解体法案提出の阻止は、とても重要な課題です。

参議院の過半数割れですが、部分連立(政策連立)で、法案が提出されない保証はありません。

これに対抗するのに、もちろん街宣デモも必要ですが、できればもっと広く、日本国民を大々的に巻き込んだ運動への展開が、不可欠です。

そのとき、メディアの力は、とても大きな役割を担いますが、ほぼすべてのマスコミが、反日に与する中、正しく本当のことを報道してくれる新聞社が1つだけあります。「やまと新聞」です。

日本解体法案が提出された時、「やまと新聞」の号外がすぐにでも打ち出せれば、全国各地で日本国民全体に知らせることが可能になります。

そして、やまと新聞が動き出せば、他のマスコミも巻き込んだ「反民主、反日本解体法案」の運動を展開することも、夢ではなくなります。

このことは、「口蹄疫号外」で証明済みです。

この号外の規模をさらに大きくすれば、国民的運動へと広がっていけるものと思います。

ただし、このやまと新聞さんの力を借りた国民運動への準備として、2つの課題をクリアしておく必要があります。

■1つは資金です。
 お金がないと号外を刷れません。

■もう1つは、やまと新聞の存在を多くの保守市民が知る事、興味を持つことです。

この2つをクリアしておく必要があります。

そのために、一万人規模の「やまと新聞応援キャンペーン」を実施したいと思います。




*****(一部転載は以上。全文は「ねずきちのひとりごと」さまをご覧下さい)*****


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

本当のことを報道してくれるマスメディアに頑張ってほしい!とお考えの方は、
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!



★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★

姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます。

何卒皆さまの温かいご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆

「日韓併合百年」総理談話発表に反対する署名のお願い
※まずはご連絡:
1.8月4日の記事におきまして、
意見書文例:「朝鮮学校無償化」への反対意見書 *利用、改変可*
を公開しております。

2.7月29日の記事におきまして、
意見書文例:菅首相の『日韓併合100周年謝罪談話』の中止要望書 *利用、改変可*
を公開しております。

ご賛同頂ける皆さまには、何卒よろしくお願い申し上げます。

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
●この度、創生「日本」におきまして、
菅首相の『日韓併合100周年謝罪談話』の中止を目的とした署名を集めておられる旨、
コメント欄の常連さまからご連絡を頂きました
(教えて下さり、ありがとうございました)。

そこで、当ブログでも一人でも多くの方にこの署名を頂くべく、
サイトのご紹介とともに、
声明文、共同声明文、賛同者署名フォーム(「日韓併合百年」総理談話発表に反対する署名のお願い)
の転載をさせて頂きます。

こちらも、ご賛同頂ける皆さまには、何卒よろしくお願い申し上げます。

*****(以下転載)*****

http://sosei-nippon.jp/data/report100805.pdf
「日韓併合百年」における政府の対応に対する声明

政府は、七月十六日、今月二十九日に「日韓併合百年」を迎えるに当たり、菅首相の「談話」を検討している旨、明らかにした。
また、仙谷官房長官は、同月七日、同じく「日韓併合百年」に当たり、韓国との戦後処理の問題につき、「法律的に正当性があると言って、それだけで物事は済むのか」とし、日韓関係の改善に向け「新たな個人補償」を政府として検討するが如き考えを示した。
しかし、もしこのような方向で政府の対応がなされるとすれば、ことはきわめて重大である。
まず第一に、歴史の評価は基本的に歴史家に任せるべきであり、歴史認識について政府が特定の認識を示すことは慎むべきである。政府の見解であれば、真実の探求よりも、外交的、政治的配慮に重点を置かざるを得なくなるのは自明の理である。また、このような配慮によって問題が決着しないことは、過去の河野談話、村山談話の経緯が示すところでもある。
第二に、韓国との戦後処理の問題は、既に日韓請求権協定において、「両国及びその国民の財産並びに両国及びその国民の間の請求権に関する問題」は「完全かつ最終的に解決された」とされている。「新たな個人補償」の可能性を提起すること自体、この原則を覆し戦後処理の根幹を否定することであり、わが国民が放棄した請求権を含め、解決した問題を再び蒸し返すことにもつながりかねない。
「日韓併合百年」に当たっての政府の動きは、両国関係を損いこそすれ、何ら益するものではないのみならず、国民や歴史に対する重大なる背信でもあり、断じて容認できるものではない。
われわれはかかる動きは断固として阻止されるべきものであることを表明し、国民に対し広く呼びかけるものである。
平成二十二年八月五日
創生「日本」


http://sosei-nippon.jp/data/report100806.pdf
共 同 声 明

私たちは、創生「日本」の声明(別紙)を踏まえ
「日韓併合百年」に当たり、菅総理が「談話」を軽
率に発表しようとすることに対し断固反対を表明
するとともに、広く国民の方々に反対運動を呼びか
けるものである。
平成二十二年八月六日
(賛同者)
たちあがれ日本代表 平沼 赳夫
日本創新党党首   山田 宏
創生「日本」会長  安倍 晋三
神奈川県知事    松沢 成文
埼玉県知事     上田 清司
前横浜市長     中田 宏
ジャーナリスト   櫻井 よしこ
杏林大学名誉教授  田久保 忠衛
京都大学大学院教授 中西 輝政
高崎経済大学教授  八木 秀次


賛同者署名フォーム(「日韓併合百年」総理談話発表に反対する署名のお願い)
https://secure160.chicappa.jp/chicappa.jp-sosei-nippon/shomei.html

「日韓併合百年」総理談話発表に反対する署名

「日韓併合百年」総理談話発表に反対する署名 バーナー

うまく開けない方は、創生「日本」のホームページからお入りください。
http://sosei-nippon.jp/

コメント欄の常連さまから、「セキュリティの表示が出ましたら(いいえ)を選んでください。」
しかし、「はい(Y)を押したら、フォームが開きましたよ!」というお方もいらっしゃいますので、
パソコンの状況によって違うようですので、お手数ですが、両方お試しください。


*****(転載は以上)*****


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」など要らない!とお考えの方は、
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!





★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★

姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます。

何卒皆さまの温かいご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆


意見書文例:「朝鮮学校無償化」への反対意見書 *利用、改変可*
◆◇◆今般の主旨◆◇◆
●今般、当ブログのコメント欄で下記のような記事と関連事項のご紹介、ならびに意見書送信のご提案がございました。
<転載記事>
「朝鮮学校」も無償化へ、高校授業料
8月3日14時2分配信 TBS
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20100803/20100803-00000026-jnn-pol.html
 今年4月にスタートした高校無償化は、公立高校の授業料は徴収せず、私立高校生には世帯に応じて年間およそ12万円から24万円の「就学支援金」を援助する制度です。
 政府は制度の開始時点では朝鮮学校を無償化の対象から外し、文部科学省が外部の有識者による非公開の検討委員会を設置して、適用するかどうか慎重に検討してきました。
 検討チームは朝鮮学校の視察を行い、会合を重ねた結果、「日本の高校に類する教育課程」にあたると判断。これを受けて、政府も朝鮮学校を原則として無償化の対象とする方針を固め、近く発表します。
 対象として認められた朝鮮学校の授業料は、4月にさかのぼって無償化が適用されます。(03日13:08)

<関連記事>
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2010/06/1006j0205-00002.htm
〈第32回在日朝鮮学生「コッソンイ」作文コンクールから〉 中級部1年 作文部門 1等作品

ウェハルモニ
 ぼくは歴史に興味があります。
 歴史と言えば、高句麗を建国した東明王や、亀甲船を造り日本を負かした李舜臣将軍、伊藤博文を暗殺した安重根、朝鮮史は習えば習うほど楽しいです。ぼくは、「朝鮮の名人」という本が大好きで、よく読みます。
 だけど、歴史を習うたび、1910年に日本に国を奪われた、あの時がいつもぼくの胸を刺します。
 あの時、朝鮮民族がどれだけの苦しみを味わったか、日本に残酷なことを強いられたのか、どれだけ多くの朝鮮人が血を流したのか、朝鮮人の姓と名を奪われ、美しい朝鮮語まで奪われたのかと思うと、悔しさを押え切れません。
 ぼくのウェハルモニ(母方の祖母)は、国を奪われた日帝の植民地期に、大邱で生まれました。
 歴史好きのぼくは、ウェハルモニから過去の話や、故郷にいたときの話などをよく聞くし、その時間がとても好きです。
 両班の家の娘として生まれたウェハルモニは、幼い頃から勉強が好きだったようです。
 けれども、昔は、学校は男が行くところで、女は行くところではなかったといいます。
 曾祖母に学校に行きたいとせがんでも、当然反対され「女は裁縫や家事をしっかりやればいい」と、とがめられたそうです。
 しかし、勉強をしたいというウェハルモニの心は折れなかったようです。
 山を一つ、二つ越え、何十里も歩き、字の勉強をしたそうです。
 だから、ウェハルモニは80歳にもなるけれど、字の読み書きが上手です。
 「女が何の勉強だというのか」と、反対していた曾祖母が、ニワトリが鳴く前に家を出るウェハルモニに、人知れず温かいご飯を炊いてくれた、そのありがたみを今でも忘れられないと、涙ながらにぼくに話してくれました。
 ある日は、紙さえも十分になく、土に木の枝で「天地玄黄…」と、千字文を覚えたそうです。
 そのように暮らしてきたウェハルモニが、どうして日本に渡り、苦労しながら暮らしてきたかを、ぼくは幼い頃からウェハルモニと一緒に生活しなが ら、いつも聞いてきたし、いつの間にかウェハルモニの話を聞くことが、日課のようになっていました。中級部1年生になっても、ぼくはウェハルモニの近くで話を聞くことを楽しみにしています。
 ウェハルモニの話を聞きながら、一番すごいと思うことは、6人の子どもたちをみんなウリハッキョで学ばせたことです。
 日本に渡ってきて、ありとあらゆる苦労をしてきたけれど、「子どもたちをしっかりとした朝鮮人に育てることが、私の願いだ」と、食うや食わずの 生活をしながら叔父とオモニを育ててきたので、みんな朝鮮人として堂々と生きています。のみならず、ぼくのいとこたちもみんなウリハッキョに通っています。
 ある日、ウェハルモニがぼくにこんなことを言いました。
 「私は故郷にいるとき、朝鮮独立のためにたたかい、犠牲になった人たちをたくさん見てきた。私も祖国統一のためにたたかう。そのためには、ウリハッキョを支え、組織を守らなければならない…」
 そして、群馬の学校を建てるのにウェハラボジ(母方の祖父)と共に、たくさんのお金を出したり、まだ各地のウリハッキョに「オモニ会」がなかっ た40余年前に、初めて「オモニ会」を作り会長を務め、先生たちにチマ・チョゴリやスーツを仕立ててあげたことや、毎月学校に出ては、ほかのオモニたちと 校舎内の掃除、校庭の草むしりなどをしたそうです。
 今、車椅子で生活するウェハルモニを見ると、胸が張り裂けるように痛みます。
 過去にどれだけの苦労をしたから、そうなのかと思うと、とても悲しいです。
 付き添ってお手伝いしなければと、いつも思います。
 ウェハルモニは、ぼくが学校から帰ってくるのを心待ちにしていて、ぼくが帰ってくるなり、「今日は、先生の話をよく聞いて、一生懸命勉強した?」「通学路では、静かに過ごした?」などと、学校や少年団、部活のこと、すべて聞いてきます。
 あるときは、疲れて答えるのが面倒くさいときもあるけれど、いつも家にいて自由に外出もできないウェハルモニを考えると、そうしてはいけないと思います。
 ウェハルモニも、ぼくも歴史好きだから、最近では南朝鮮の歴史ドラマを一緒によく観ます。
 「朱蒙」「不滅の李舜臣」「淵蓋蘇文」「龍の涙」「善徳女王」…を一緒に観ながら、祖先たちの話や先祖たちがどれだけ知恵がすぐれ、誇らしい民族なのかを語ってくれます。
 そのときがぼくにとって、一番楽しい時間です。
 ウェハルモニが健康な間、もっとたくさん歴史の話を聞こうと思います。そして、ぼくの生活の足がかりにします。ぼくの夢は、名のある歴史研究者になることです。
 朝鮮の歴史と一緒に、世界史の勉強をがんばって、自国と民族を愛し、在日同胞社会に貢献できる立派な人になります。
 そのために、ぼくはハラボジ、ハルモニたちが建ててくれ、アボジ、オモニたちが守り輝かせてくれたウリハッキョで、一生懸命学びます。

(群馬朝鮮初中級学校 楊昌根) [朝鮮新報 2010.2.5]

<ご提案>
当ブログにおけるこうした情報を受け、非公開コメントにおきまして、この問題に関する意見書を作成してはどうかとのご提案を頂きました。
(情報のご提供、ならびにご提案、ありがとうございました)。

●当ブログではこのご提案に応じ、
・意見書文例を公開させて頂くとともに、
・これまで皆さまのご協力を頂きながら蓄積した送信先のリスト
メールを一括送信できる無料ソフトのご紹介も致しております。

●送信先につきましては、
各政党、政府、衆議院議員、地方議会のリストを公開いたしております
(*申し訳ありませんが、まだ民主党・自民党の参議院議員のリストは更新できておりません)

ご賛同頂ける方は、何卒ご協力を頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

◆◇◆当ブログの今後の予定◆◇◆
(未定)
※日本解体法案阻止のための周知拡散・意見書送信のご要望がございましたら、コメント欄までお寄せ下さいませ。
管理人の事情により、現在各々数日のお時間を頂いておりますが、国家にかかわる、緊急性の高いものから優先し、及ばずながら可能な限り、対応させて頂きたいと思います。

※読者の方のリクエストに従い、現在、「帰化」条件を厳しくする旨の要望書文例作成を検討中です

◆◇◆メールの送信について◆◇◆
◆国会議員◆
民主党・国民新党・自民党・たちあがれ日本 各議員さんの連絡先をエクセルファイルにて公開しております。
※申し訳ありませんが、民主党・自民党参議院議員のエクセルリストはまだ更新できておりません。

下記のエクセルを開いて、
ファイルを「名前を付けて保存」のときにファイルの種類をCSVに指定して保存してお使いください。
(そうすれば、下記一括送信ソフトで利用できます!)
ご面倒ですがよろしくお願いいたします。

民主党衆議院議員.xls

自民党衆議院議員.xls

立ちあがれ日本 衆参議員連絡先.xls (更新)
*園田博之議員、藤井孝男議員、中山恭子議員、片山虎之助議員はアドレスが見つかりませんでしたのでお分かりの方はコメント欄でお知らせください。

国民新党 衆参議員連絡先.xls (更新)

◆政府・政党◆
首相官邸・ご意見募集
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

各府省への政策に関する意見・要望
(外務省、内閣官房、内閣府など)
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

民主党・ご意見フォーム
http://www.dpj.or.jp/header/form/contact.html

国民新党・国民の声を聞く
http://www.kokumin.or.jp/opinion/

自民党に物申す!
http://www.jimin.jp/jimin/goiken/index.html

◆都道府県議会◆
都道県議会事務局.xls

●メール送信の負担を軽減するフリーソフトについて
1.上記エクセルデータを利用した、
メールを一括して送信できるソフトのご紹介
もさせて頂いております。ご自身の判断でご利用下さいませ。

2.また、読者の方よりコメント欄にて別ソフトをご紹介頂きました(ご紹介有難うございました)。
メールを一括して送信できるソフトのご紹介2
こちらのソフトもまたご自身の判断でご利用下さいませ。

※送信につきましては、ペンネームで結構です。


◆◇◆意見書文例:「朝鮮学校無償化」への反対意見書 *利用、改変可*◆◇◆

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

   様
【「朝鮮学校無償化」への反対意見書】

平成22年  月  日

                      住所
                      氏名


突然の送信、失礼致します。私は国思う一国民です。日ごろは国民のための尊いお働きを下さり、深謝申し上げます。
今般の報道により、政府が本年4月にスタートさせた高校無償化の対象から朝鮮学校を除外していた件につき、検討チームが朝鮮学校の視察を行った結果、朝鮮学校を「日本の高校に類する教育課程」にあたると判断され、これを受けて、朝鮮学校を無償化対象とする方針を固められたことを知りました。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20100803/20100803-00000026-jnn-pol.html

私ども多くの国民は、そもそも義務教育でもない高校の無償化政策に巨額の財源が必要であることを理由に、反対をいたしておりました。しかし、日本の税金は日本人の子女が通う高校のためだけに使って頂けるのならまだしも、日本人が入学しない、朝鮮学校が対象とされることにはより一層の反対の意を述べさせて頂きます。
良識ある皆様には朝鮮学校を無償化対象とする方針に断固反対の意を唱えて頂きたく、宜しくお願い申し上げます。

【反対理由1】 朝鮮学校において反日教育を行っている事
日本人が入学しない、朝鮮学校においてどのような教育が行われているのかそもそも周知されておりませんが、下記作文を読む限り、相当の反日教育・偏向教育がなされていることが想像できます。

〈第32回在日朝鮮学生「コッソンイ」作文コンクールから〉 中級部1年 作文部門 1等作品
 http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2010/06/1006j0205-00002.htm

この作文によれば朝鮮学校において、「日本が悪い国である」との教育を強烈に行い、一方では自国と朝鮮民族を深く愛するよう教えられているか、を推定することができます。
また、このような作文が「1等作品」として評価されている実情を見るとき、こうした考え方が朝鮮学校関係者が最も好むところであることが推察されます。
日本に居住していながら日本と日本人を憎み、在日同胞社会にのみ貢献しようとする教育を施す朝鮮学校を無償化とする理由は皆無であると考えます。

【反対理由2】 北朝鮮の拉致問題や核問題が未解決であること
北朝鮮による拉致問題や核問題は、未だ解決を見ていません。これらの問題について日本政府として経済制裁を行っていながら、一方で、その国が運営する教育機関に日本が血税を投入することには矛盾があると考えます。

【反対理由3】 朝鮮学校が「各種学校」である事
朝鮮学校は「各種学校」として位置づけられています。
日本人が中学校卒業後、高校に進学せず手に職をつけようとして理容学校や料理学校といった各種学校に通う場合は無償化されず、外国人が朝鮮学校に通う場合に無償化される事は、政府の日本人に対する差別ではないかと考えます。

【反対理由4】 外国に存在する日本人学校は無償化の対象となっていない事
高校無償化からは、海外の日本人学校に通う日本人の高校生を除外しておられますが、教育基本法の精神を踏まえれば、海外在住の日本人子女に支援金を支給し、国内に住む外国人には一律不支給とすべきではないでしょうか。
国籍よりも住所を重視する姿勢が伺え、政府による居住地による差別であると考えます。


私どもはあらゆる機会を通じ、朝鮮学校の無償化を行うことで、政府が朝鮮学校の反日教育を黙認する立場を取る事、拉致問題等が未解決のまま北朝鮮を支援することになる事、政府が日本人の通学する各種学校や海外日本人学校を無償化せず、朝鮮学校を無償化するという明白な差別をしようとしている事、またこのような誤った政策を実現しようとする政府与党を支持できない事は勿論、これに反対できない弱腰の政党や候補者にも今後一切投票すべきでないことを周知して参ります。
 
何卒皆様の日本国民としての良識的ご判断に基づいた確固たるご信念の下、朝鮮学校への無償化には断固反対頂きたく、日本国民として伏してお願い申し上げます。
                                                        以上
☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★

姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

朝鮮学校の無償化に反対!とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!



意見書文例:菅首相の『日韓併合100周年謝罪談話』の中止要望書 *利用、改変可*
◆◇◆今般の主旨◆◇◆
●先日、下記のような報道がなされました。
「『おわび』で緊密調整 来月の併合100年向け 岡田氏が韓国外相と一致」
2010.7.23 01:13 MSN産経ニュース

*****(以下転載)*****

 岡田克也外相は22日午後、韓国の柳明桓外交通商相とハノイ市内で会談し、来月の「日韓併合100年」に際して日本政府が植民地支配への「おわび」の意を示す方向で検討に入ったことを踏まえ、未来志向の関係強化につながるよう両国間で緊密に連携、意見調整していく方針で一致した。

 両外相は、今年が「両国にとってセンシティブ(敏感)な年」であるとの認識を確認した。

 韓国では併合100年を前に歴史認識問題をめぐる日本の対応に注目が集まっている。岡田氏は会談後、記者団に「併合100年に関し、さまざまな議論をした。過去だけでなくこれからの100年についての話もした」と述べ、柳氏との間で突っ込んだやりとりがあったことを示唆した。(共同)

*****(転載は以上)*****

●当ブログでは上記等報道でなされている「日韓併合100周年謝罪談話」には大きな問題があると判断し、
・駄文ながら国会議員さん等へ送信する意見書文例を公開させて頂くとともに、
・これまで皆さまのご協力を頂きながら蓄積した送信先のリスト、
・メールを一括送信できる無料ソフトのご紹介も致しております。
ご賛同頂ける方は、何卒ご協力を頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

●送信先につきましては、
各政党、衆議院議員、地方議会のリストを公開いたしております
(*申し訳ありませんが、まだ民主党・自民党の参議院議員のリストは更新できておりません)

●なお、この問題について詳しくご説明下さっておりますサイトを下記にご紹介いたします。
〔しーたろう〕も文例作成につき、大きく参照させて頂きました。有難うございました。
皆さまもどうぞご訪問下さいませ。


◆◇◆メールの送信について◆◇◆
◆国会議員◆
民主党・国民新党・自民党・たちあがれ日本 各議員さんの連絡先をエクセルファイルにて公開しております。
※申し訳ありませんが、民主党・自民党参議院議員のエクセルリストはまだ更新できておりません。

下記のエクセルを開いて、
ファイルを「名前を付けて保存」のときにファイルの種類をCSVに指定して保存してお使いください。
(そうすれば、下記一括送信ソフトで利用できます!)
ご面倒ですがよろしくお願いいたします。

民主党衆議院議員.xls

自民党衆議院議員.xls

立ちあがれ日本 衆参議員連絡先.xls (更新)
*園田博之議員、藤井孝男議員、中山恭子議員、片山虎之助議員はアドレスが見つかりませんでしたのでお分かりの方はコメント欄でお知らせください。

国民新党 衆参議員連絡先.xls (更新)


◆下記ご参考サイト「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」さまで紹介されていた連絡先◆

首相官邸・ご意見募集
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

各府省への政策に関する意見・要望
(外務省、内閣官房、内閣府など)
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

民主党・ご意見フォーム
http://www.dpj.or.jp/header/form/contact.html

国民新党・国民の声を聞く
http://www.kokumin.or.jp/opinion/

自民党に物申す!
http://www.jimin.jp/jimin/goiken/index.html

◆都道府県議会◆
都道県議会事務局.xls

●メール送信の負担を軽減するフリーソフトについて
1.上記エクセルデータを利用した、
メールを一括して送信できるソフトのご紹介
もさせて頂いております。ご自身の判断でご利用下さいませ。

2.また、読者の方よりコメント欄にて別ソフトをご紹介頂きました(ご紹介有難うございました)。
メールを一括して送信できるソフトのご紹介2
こちらのソフトもまたご自身の判断でご利用下さいませ。

※送信につきましては、ペンネームで結構です。

◆◇◆ご参考サイトついて◆◇◆
●ブログ「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」さま 7月17日の記事
「電凸!韓国への謝罪談話を検討している首相官邸と外務省に・韓国併合100周年で最大限の誠意、『痛切な反省』(村山談話)を超える可能性も・首相名義の談話発表を阻止し、積極的な岡田外相や仙谷官房長官を辞めさせろ」


◆◇◆当ブログの今後の予定◆◇◆
(未定)
※日本解体法案阻止のための周知拡散・意見書送信のご要望がございましたら、コメント欄までお寄せ下さいませ。
管理人の事情により、現在各々数日のお時間を頂いておりますが、国家にかかわる、緊急性の高いものから優先し、及ばずながら可能な限り、対応させて頂きたいと思います。

※読者の方のリクエストに従い、現在、「帰化」条件を厳しくする旨の要望書文例作成を検討中です


◆◇◆文例:菅首相の『日韓併合100周年謝罪談話』の中止要望書 *利用、改変可*◆◇◆

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

【菅首相の『日韓併合100周年謝罪談話』の中止を強く要望いたします】
                                  平成22年 月 日
                           住所 
                           氏名

 突然の送信、失礼いたします。日ごろは日本国にとりましての尊いお働きに深く感謝申し上げます。
 私は先日の報道で、韓国併合100周年がまもなく迫るこの機に、内閣の承認を経た首相名義の談話発表が積極的に検討されていることを知りました。この談話が過去に発表された首相談話のように、後々大きな禍根を残すものになるのではないかと非常に懸念し、日本の国益を最大限に重んじて下さるはずの政府が、この談話発表を検討すること自体、何かの間違いではないかと考えております。

先生方には何卒本文を最後までお読み下さり、ご理解頂きました上で、断固たる反対の意を政府に申し入れて頂きたくお願い申し上げる次第でございます。宜しくお願い申し上げます。

反対理由1. 日韓併合条約は双方の同意である事
 まず、日韓併合条約は日本と大韓帝国の双方の合意であり一方的に日本が押しつけたものではない事、また国際社会がそれを認めていたという事をご理解頂きたくお願い申し上げます。その証拠として、日本は併合後の韓国を植民地として搾取したわけではなく本土日本とほぼ同等に扱い、経済破たん寸前の韓国を支援し、インフラ整備などを行うことによって復興させたことが挙げられます。
 よって岡田外務大臣の発言にあるような「国を奪われ、民族の自尊心を傷つけられた人々の心情をよく理解する」と言うような内容は全くの筋違いと言うことがご理解頂けるかと考えます。

反対理由2. 日韓基本条約で賠償問題は解決済みである事
 1965年に日本と韓国が国交正常化した際に締結された日韓基本条約と、同時に締結された付随協約の「日韓請求権並びに経済協力協定」によって、賠償金の支払いの完了が明記され、日韓両政府は日韓両国民(北朝鮮も含む)の個人の請求権を放棄しています。よって、戦後問題は明らかに解決している事を、日本・韓国双方が深く理解すべきだと思います。

反対理由3. 談話は一度発表されれば撤回されにくい事
 次に、一度談話が発表されてしまうとその談話の撤回は大変困難です。談話の発表には慎重な判断を重ね、わが国の将来に責任を持って発表をする必要があると考えます。この「談話」というものに本来拘束力は無い筈ですが、内閣の公式会見として歴代内閣総理大臣に受け継がれているのが現状です。例えば1995年の村山首相の際に発表されたいわゆる「村山談話」と呼ばれる談話については、侵略戦争と植民地支配という明確な根拠のないものに関する謝罪を繰り返すものでした。こうした現実とは全く逆で撤回がされにくい「謝罪談話」を易々と内閣の公式見解として発表するというのは大いに問題があると考えます。

 上記の通り、日韓併合100年について「謝罪談話」を発表することは、子々孫々に誤った歴史認識を植え付け、わが国の国民から国家の誇りを奪う結果を導きかねません。
日韓併合条約が日本政府と韓国政府の双方が合意して成立し、世界各国も認めた正式な条約と認識されているにも拘らず、これを否定し蔑ろにする誤った内容の談話をわざわざ発表する事は、そもそも国際社会の一員として恥ずべきことではないでしょうか。

現在、多くの国民がこの問題に気付き始めています。私どもはあらゆる機会を通じ、政府が国益に反する談話発表を画策していること、このような誤った談話の発表を強行しようとする政府与党を支持できない事は勿論、これに反対できない弱腰の政党や候補者にも今後一切投票すべきでないことを周知して参ります。

何卒皆様の日本国民としての良識的ご判断に基づいた確固たるご信念の下、菅首相の『日韓併合100周年謝罪談話』の中止を頂きたく強く要望し、伏してお願い申し上げます。
                                                        以上


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」など要らない!とお考えの方は、
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!



★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★

姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます。

何卒皆さまの温かいご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆



Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.