☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
応援&周知文例:「口蹄疫」の対応に苦慮される宮崎県関係・農業関係への応援/地方議員への協力依頼&他の日本解体法案の周知 *利用、改変可*
◆◇◆今般の主旨◆◇◆
●現在、当ブログでは5月3日の記事で、
「韓国から伝染し国内へ上陸した『口蹄疫』への対処をお願いする与野党議員への意見書」を公開し、ご賛同者の方々と共に送信をいたしました。

●また、5月8日の記事では、
「口蹄疫」の対応に苦慮されている宮崎県を 応援しましょう!」を開催中です。
宮崎県への応援にご協力頂けます方は、何卒よろしくお願い申し上げます。

●そして、5月9日の記事では、
コメント欄にて有志さまから作成ご協力を頂きました、「マスコミが隠す非常事態。宮崎県、口蹄疫発生について」の周知文例を各所へと送信いたしました。※現在も継続中です。

●こうした活動を続ける中、当ブログのコメント欄において、ある常連さまから
「宮崎県の職員の皆さん休日返上で頑張っています。 応援メールしてもいいんですかね。 一番下にアドレスあるんですが、今は迷惑ですかね。 励ましと、何か拡散してほしい要望がないかメールしてみます。」のコメントを頂きました。
(コメントならびにご提案、誠にありがとうございます)。

●そこで当ブログでは、このコメントでのご提案に応じ、駄文ながら
宮崎県関係・畜産業者さま・農協関係など農業へ携わる方、またこれらの件に協力頂きたい地方議員等へ送信する応援等の文例を公開させて頂くとともに、ついでに他の日本解体法案の周知を試みることに致しました。 

●なお、「口蹄疫」問題につきましては、5月3日の記事にてご紹介し、またそれ以降のコメント欄にて多数の情報を頂いております。

●意見書の送信につきましては、
・コメント欄で頂戴した送信先のほか、〔しーたろう〕がピックアップしました送信先、またコメント欄でご提案頂いた連絡先を公開いたしております(順次追加予定)。
* 今回はメール一括送信ソフトが使えるエクセルリストのある送信先と
“人海戦術”をするしかないエクセルリストのない送信先、送信リストの少ない送信先が混在しています。
* そこで、「一斉送信班」と「人海戦術班」と「一般送信班」に分かれて送信したいと考えております。
人手不足で困っておりますので、ご賛同頂ける方は、ペンネームでの送信も可能ですので何卒ご協力を頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

※今後も、日本解体法案阻止のための周知拡散・意見書送信のご要望がございましたら、コメント欄までお寄せ下さいませ。
数日のお時間を頂くことも ございますが、国家にかかわる、緊急性の高いものから優先し、及ばずながら可能な限り対応させて頂きたいと思います。

<今後の予定>
※「地球温暖化対策基本法への反対意見書」ほか(予定は変更することがあります)。
※従来公開を予告しておりましたもう一つの周知先と文例は、ご提案者のご辞退によりとりあえず保留とさせて頂きます。

◆◇◆「口蹄疫」流行についてのまとめ◆◇◆
◆「口蹄疫」とは:
「口蹄疫」は、牛、豚等の偶蹄類の動物の間に流行する伝染病で、ウィルスの伝播力が非常に強 いので、他の偶蹄類動物へうつさないようにするための措置が必要です。
そうしなければ、畜産業者の方は一瞬にして甚大な被害を受けることになります。

本年4月20日に宮崎県で第1例目が確認されて後、政府の対応の遅れにより被害は拡大中で、本日現在8万頭以上の殺処分が決まっている状況です。
これは畜産業者だけの問題ではありません。日本の産業、日本人の食卓、また日本国家の財政に関る一大事です。

※ ご注意:
皆さまには、「牛肉や豚肉を食べたり、牛乳を飲んだりしても人間が口蹄疫にかかることはない」ということを一言添えた上で、ご周知を下さいますよう、重ね重ねお願い申し上げます(そうしませんと、善意の周知活動が風評被害を作り出すことになりかねません。 この点くれぐれもよろしくお願い申し上げます)。

詳しくは
農林水産省のHP
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/


◆◇◆メールの送信について◆◇◆
●今般の送信先
【一斉送信班】 全部で3つのシートがありますが、Emailのシートをお使いください。
※エクセルのリストにつきましては、送信が完了しましたので非公開にさせて頂きました(5/18 22:00)

◆農協
・農業協同組合.xls

◆宮崎県関係
・畜産・養蜂業.xls
・建設関係.xls
・不動産関係.xls
・飲食卸・小売.xls
・保険.xls
・銀行.xls
・士業.xls
・病院.xls

◆大学農学部 
・大学 農学関係.xls

【人海戦術班】
◆日本会議地方議員連盟
■加盟議員1000名のうち正会員を紹 介します。
北海道東北 関東北陸信越東海近畿中国四国九州

※これらの送信先には、一斉送信をすることができませんので、手分けして送信したいと考えております。
重複を避けるためコメント欄にて、
例:「日本会議の北海道に送信します」などと宣言頂いた上でご参加頂けましたら幸いです。

【一般送信班】<送信先の少ないリスト>
◆宮崎県ホームページ
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/nosei/chikusan/miyazakicow/h22kouteindex.html

◆農業関係のマスコミ(リサーチ中でしたが、非公開コメントでご協力頂きました。有難うございました)
日本農業新聞 
 TEL 03-6910-1130
 FAX 03ー3261-5132

※今後も様々な周知文例を公開予定ですので、ご協力をくれぐれもよろしくお願い申 し上げます。
また、新たにご協力頂ける方も大募集中です!!!
お気軽にご参加下さい~。

◆◇◆応援&周知文例:「口蹄疫」の対応に苦慮される宮崎県関係・農業関係への応援/地方議員への協力依頼&他の日本解体法案の周知 *利用、改変可*◆◇◆

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

   様

【日本の危機を伝えるボランティアとして「口蹄疫」問題の周知などを行っています。被害を受けられた方々に、何かお手伝いできる事はありませんか】

                             平成22年  月  日
                      住所
                      氏名

初めてメールを差し上げます。私は宮崎県とは何のご縁もなく、また畜産業界に携わる者でもありません。
が、報道から宮崎県内において「口蹄疫」が流行していることを知り、その惨状に胸を痛めている者で、
ボランティアで「口蹄疫」問題をはじめとする日本の危機に関する周知活動や、意見書送信をしている者です。
今般は、同様のメールを宮崎県関係・畜産業者さま・農業へ携わる方、
またこれらの件に協力頂きたい地方議員の先生方などへ送信しています。

ご関係者の皆さまにおかれましては、少しでも被害の拡大を食い止めようと休むことなく対応に追われるばかりか、
手塩にかけて育てられたおびただしい数の畜産動物に対する無益の殺生を強いられている現状に、
どんなにか辛い思いでいらっしゃることでしょう。
また、この事態を受けて事業の縮小を強いられている業者様もいらっしゃると伺っております。
まずはこうした方々へ心からお見舞いを申し上げます。

一方、ご関係者の方々のご苦労にもかかわらず、政府の初動の大幅な遅れや、
赤松農林水産大臣の不誠実な言動により、事態の収束が見えない現状に、
関係者で無くとも大きな憤りを覚えます。

国産の食物に対する日本国民の信頼は絶大です。日本の農業全般を保護し、
畜産業を始めとする農業に従事する方々を守り、
わが国の食の安全が確保されることを、私どもは望んでいます。

また、宮崎県は約33億円の緊急の補正予算を組み防疫対策などに充当なさることも知りました。
国の借金も過去最大と報じられたばかりの中、一時も早く有効な対策を講じ、
拡大を防止しなければ、いたずらに被害額を拡大させ、今後対策に更なる巨額の血税を費やすことになり、
こうした意味でも国益に反する重大事態であると認識しております。

*  *  *
そこで私どもは有志で、【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】
というサイトに集い、先の連休から
1.「口蹄疫」への対処をお願いする与野党国会議員への意見書 ならびに
マスコミにこの問題を報じていただけるようお願いする文書の送信を行い、
http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-entry-176.html

2.「『口蹄疫』の対応に苦慮されている宮崎県を応援しましょう! 」として、
宮崎県の特産物やご寄付先を、サイト閲覧の皆さまにご紹介して支援を呼びかけ、
http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-entry-178.html

3.また、「マスコミが隠す非常事態。宮崎県、口蹄疫発生について」と題する周知文を
この問題に関連のあると思われる業種の方にメール送信してまいりました。
http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-entry-179.html

4.そして今般、このようにご関係者の皆さまに、こうして活動している私どもの存在を知って頂き、
更にこの問題をご関係者や国会議員の先生方だけでなく、全国の国思う地方議員の先生方にも同時に呼びかけて、
全国の仲間と共に、何か遠方からでもお手伝いできることがありましたら遠慮なく申し出て頂きたく、
メールを差し上げました次第です。

なお、いずれも「牛肉や豚肉を食べたり、牛乳を飲んだりしても人間が口蹄疫にかかることはない」旨を
必ずお知らせして風評被害を作り出すことにならないように細心の配慮をいたしておりますことも申し添えます。

*  *  *
実は政府は、この「口蹄疫問題」の対処の不手際のみならず、日本人にとって全く利益のない
「外国人参政権」など危険な法案や政策を次々と実現しようとしています。
また例えば、最近話題の「子ども手当」については、日本人だけではなく在日外国人へも支給され、
滞在期間の長短・出身国との国交の有無に関わらず同様であることは、すでにご存知でいらっしゃることと思います。
しかも日本で子どもを養育しているならともかく、子どもを母国に残した親にまで支給され、
養子や婚外子にも支給され、子や養子の人数に制限はないのだそうです。

これでは、ただでさえ財源が懸念される日本の国家財政は、外国へばら撒く「子ども手当」の一事だけで
、一気に崩壊するに違いありません。次には恐らく、大増税が待ち受けていることでしょう。

外国人に支給するお金があるなら、もっと、宮崎県のみならず日本の畜産を守るためにお金を使うべきです。

現政府は、日本人のためになることは殆ど何もしていないのです。

そのほかにも、マスコミが報じない日本の大きな懸案事項が数多く存在しております。
この問題はこのメールを開封下さった貴方様にとりましても、
どの日本人にとりましても知って頂くべき大切なことです。
今はお忙しいでしょうが、是非とも下記のサイトをブックマークして頂き、
お手すきの折にでもお目通し頂けませんか。

「初めてこの問題を知る方へ」
http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-category-22.html
そしてこれが問題だと思われたら、そこに書いてある危険法案をご自身の手で検索し
、また周りの方へこの事をお話し下さいませ。何卒宜しくお願い申し上げます。

私ども素人のこうしたボランティアにはどうしても限界があります。
時としてスパムメールのような扱いを受けることもあります。
私どもは決してそうしたことでは挫けませんが、
政治のプロの方々・社会的影響力のある方々が語られるようにはどうしても周知できないのが現状です。
そこで地方議員の先生方、また各業界のトップとして周囲に影響力のある方々におかれましては、
街頭演説や集会・講演会などでマイクを握られる都度、この「口蹄疫問題」、
また日本の懸案事項を地域の皆さまに提起して頂き、ご周知頂ければ幸いと考え、
お願い申し上げている次第です。

お忙しい中、最後までお読み頂き、有難うございました。
今後、口蹄疫問題の一日も早い収束を願いますとともに、日本の畜産業・農業の発展、
ご関係者一同様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。
また、地方議員の先生方、他の地域の方々等、口蹄疫の問題のためにご尽力下さる皆様におかれましては、
今後一層のご活躍をお祈り申し上げます。

以上

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

日本の農業・畜産業を守りたい!とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!







★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
※お願いが多くて、スミマセン※

1.姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます。

2.宮崎県を中心に感染が広がる「口蹄疫」問題に取り組んでいます。
・有志の方に作成頂いた、
「マスコミが隠す非常事態。宮崎県、口蹄疫発生について」の周知文例を公開し、ご賛同者の方々と共に送信をしています。
こちらの記事をご参照下さい。

・各政党議員さんへ
「韓国から伝染し国内へ上陸した『口蹄疫』への対処をお願いする与野党議員への意見書(マスコミ用おまけ文例つき)」を送信中です。
こちらの記事をご参照下さい。

・また、宮崎県への応援のため
「口蹄疫」の対応に苦慮されている宮崎県を応援しましょう!」を開催中です。
こちらの記事をご参照下さい。
ご協力頂けます方は、何卒よろしくお願い申し上げます。

3.保守派政党の議員さん、民主党議員さんへ
「子ども手当」と「外国人参政権」を参院選の争点にして頂く意見書」1.保守派向けVer.
「子ども手当」と「外国人参政権」を参院選の争点にして頂く意見書」2.民主党向けVer. を送信中です。
こちらの記事
こちらの記事をご参照下さい。

4.市区町村の「子ども手当」窓口へ
「不正受給を予防する厳格な審査の要請依頼&他の日本解体法案の周知祭り」を開催中です。
(周知は一通り終了しましたが、現場では多くの方の声が待たれているようです。引き続き、地元自治体にだけでも送信を宜しくお願い申し上げます)。
こちらの記事をご参照下さい。

5.各政党議員さんへ
「人権擁護法案推進議員連盟発足記念(笑)意見書送信祭り」を開催中です。
こちらの記事をご参照下さい。

6.マスコミ各社へ子ども手当他の「日本解体法案」報道依頼のメールを送信中です。
こちらの記事をご参照下さい。

7.各政党議員さんへ
議会制民主主義が崩壊する超危険法案「国会法改正案」への反対意見書 を送信中です。
こちらの記事をご参照下さい。

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆

周知文例(有志さま作成):「マスコミが隠す非常事態。宮崎県、口蹄疫発生について」*利用、改変可*
※文例作成をして下さった方が、時の経過に従い、文例の手直しをして下さいました(5/11 22:00)

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
●現在、当ブログでは 3つ下の記事で、
「韓国から伝染し国内へ上陸した『口蹄疫』への対処をお願いする与野党議員への意見書」を公開し、ご賛同者の方々と共に送信をいたしました。

●また、 ひとつ下の記事では、
「口蹄疫」の対応に苦慮されている宮崎県を応援しましょう!」を開催中です。
宮崎県への応援にご協力頂けます方は、何卒よろしくお願い申し上げます。

●そうした活動を続ける中、当ブログのコメント欄において、ある常連さまから
「マスコミが隠す非常事態。宮崎県、口蹄疫発生について。」として文例のご提供をして下さいました。
また、この文例を「利用、改変可」として皆さまにご活用頂けることもご快諾頂きました。
誠にありがとうございます。

●そこで当ブログでは、この貴重な文例を活かし、
また、コメント欄に頂いたご提案とご協力をもとに、新たに8つの送信先へ送信することに致しました。

●「口蹄疫」の問題に関しましてのまとめもご紹介いたしております。

●意見書の送信につきましては、
メールを一括 送信できる無料ソフトのご紹介も致しております。
ご賛同頂ける方は、何卒ご協力を頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

※今後も、日本解体法案阻止のための周知拡散・意見書送信のご要望がございましたら、コメント欄までお寄せ下さいませ。
数日のお時間を頂くこともございますが、国家にかかわる、緊急性の高いものから優先し、及ばずながら可能な限り対応させて頂きたいと思います。

<今後の予定>
※次回は「『口蹄疫』問題対応に苦慮されている宮崎県ご関係者への応援&日本解体法案周知文例」
※次々回は『水間条項』さまの呼びかけに応じ、国会議員への「重国籍による中国のコントロール下にされることを周知する文例」
※その後は「医師会向け周知文例」
を公開予定です(予定は変更することがあります)。

◆◇◆「口蹄疫」流行についてのまとめ◆◇◆
◆「口蹄疫」とは:
「口蹄疫」は、牛、豚等の偶蹄類の動物の間に流行する伝染病で、ウィルスの伝播力が非常に強いので、他の偶蹄類動物へうつさないようにするための措置が必要です。
そうしなければ、畜産業者の方は一瞬にして甚大な被害を受けることになります。

「口蹄疫」の問題に関しましては、 3つ下の記事、また今般の文例そのものをご参照下さいませ。

※ご注意:
皆さまには、「牛肉や豚肉を食べたり、牛乳を飲んだりしても人間が口蹄疫にかかることはない」ということを一言添えた上で、ご周知を下さいますよう、心よりお願い申し上げます(そうしませんと、善意の周知活動が風評被害を作り出すことになりかねません。この点くれぐれもよろしくお願い申し上げます)。

詳しくは
農林水産省のHP
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/

◆◇◆メールの送信について◆◇◆
※非公開コメントにおきまして、送信先のリストを頂戴しました。ご協力誠に有難うございました。

<送信にご協力頂ける皆さまへ>
今回は送信先が多いので、手分けして送信したいと考えております。
重複を避けるためコメント欄にて、
例:「動物病院に送信します」などと宣言頂いた上でご参加頂けましたら幸いです。
今後も次々と送信先が増える予定ですし、また次の周知文例も近日中に公開予定ですので、
ご協力をくれぐれもよろしくお願い申し上げます。
また、新たにご協力頂ける方も大募集中です!!!
お気軽にご参加下さい~。


●下記の連絡先をエクセルファイルにて公開しております。
下記のエクセルを開いて、
ファイルを「名前を付けて保存」のときにファイルの種類をCSVに指定して保存してお使いください。
(そうすれば、下記一括送信ソフトで利用できます!)
ご面倒ですがよろしくお願いいたします。

※エクセルのリストにつきましては、送信が完了しましたので非公開にさせて頂きました(5/10 23:30)

・動物病院.xls 1216件 ←KENさま送完了
・動物愛護団体.xls 11件 ←〔しーたろう〕送信完了 ※コメント欄にてご忠告を頂きましたため、管理人自ら送信しました
・ペットショップ.xls 1206件 ←桜さま送信完了
・観光牧場.xls 50件 ←KENさま送完了
・料亭.xls 593件 ←桜さま送信完了
・和菓子店.xls 307件 ←桜さま送信完了
・損害保険代理店.xls  730件 ←桜さま送信完了
・スポーツ・芸能新聞社.xls 5件 ←KENさま送完了
・食肉店.xls 554件 ←桜さま送信完了
・料理教室.xls 226件 ←KENさま送完了

<注意事項>※このリストを下さった方より
リストの中身は、sheet1は全部、sheet2はFAXがあるところ、sheet3はEmailがあるところになっております。
よって、この3つは同じもので、sheet1を並べ替えして、Email、Emailがあるところにしただけです。
一括送信される場合にはsheet2をお使いください。
FAX送信される方は、sheet3のEmailがないところに送信してください。
そうすれば、Emailとダブリません。
なお、デーモンは10から20%ぐらいあるかと思いますが、そこのところはご了承ください。
よろしくお願いいたします。

●文例を作って下さった有志さまご提案の送信先一覧

全国焼肉協会 ※この業界への送信につきましてはコメント欄にてご忠告を頂いております。
くれぐれもご無理の無いよう、よろしくお願い申し上げます。
http://www.yakiniku.or.jp/

社団法人 エゾシカ協会
http://www.yezodeer.com/

全国和菓子協会
http://www.wagashi.or.jp/top.htm

全国クリーニング生活衛生同業組合連合会
http://www.zenkuren.or.jp/

全振連ポータルサイト-商店街にぎわいPLAZA
http://www.syoutengai.or.jp/link/index.html

●コメント欄に頂いた送信先のご提案
宮崎でキャンプをやる野球チーム、Jリーグのチーム ←NEW


●メール送信の負担を軽減するフリーソフトについて
1.上記エクセルデータを利用した、
メールを一括して送信できるソフトのご紹介
もさせて頂いております。ご自身の判断でご利用下さいませ。
なお、メールマジックをご使用になられる方は、
エクセルの行とメールマジックの項目を合わせるのをお忘れなく、
送信前には、「送信デビュー」でご確認をお願いいたします。

2.また、今般新たにコメント欄にて別ソフトをご紹介頂きました(ご紹介有難うございました。)
メールを一括して送信できるソフトのご紹介2
こちらのソフトもまたご自身の判断でご利用下さいませ。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

タイトル:隠された非常事態。宮崎県、口蹄疫発生について。


 御中

突然のメール失礼致します。
最初に、これは営業や問い合わせ、注文等のメールでは無い事をお詫びさせていただきます。
私は、現政府・与党に関してマスコミが一切報道しない問題点などについて、ボランティアで周知活動や、意見書送信をさせていただいている者です。
このアドレスは、本来このようなことをお知らせする場所では無い事は、重々承知しているつもりです。
しかし、今回はどうしてもお伝えしたい事があり、かつ、叶うならば皆様のお力をお借りしたく、メールを送信させていただいております。
後にあるサイトへ誘導する内容もありますが、これらのサイトをご訪問頂きましても、メールの送信者である私およびサイト自体にも、一切の経済的利益はなく。皆様に何らかのご負担(閲覧料や会員登録など)をお願いするようなことも断じてございません。

貴重な御時間を頂いてしまい恐縮ですが、最後までお付き合いいただけましたら幸いです。

さて、今回メールを送信させていただいた本題に入らせていただきます。
先日から僅かながら報道され始めましたので、皆様のお耳にも届いているかと思いますが。現在、宮崎県は“口蹄疫”という家畜性伝染病に苦しめられております。

最初に、「口蹄疫」という病気について、説明させていただきます。
この「口蹄疫」と言う病気は、牛肉や豚肉を食べたり、牛乳を飲んだりしても人間が感染する事はありません。
しかし、畜産業に携わる方々が手塩にかけて守り。我が子のように大切に育んでこられた畜産動物達に甚大な被害をもたらします。
なぜならば、この口蹄疫が確認された施設では、施設内の全ての家畜が殺処分されるからです。

施設丸ごとの家畜の処分は、畜産業に携わる方々にとって致命的な打撃であり、文字通り死活問題となります。
さらに、口蹄疫が確認された牧場では、5年間牧場経営が禁止されてしまいます。
そして、宮崎県は農業生産額の60%が畜産が占めています。
この時点で、口蹄疫が宮崎県に与えるダメージの大きさが、想像いただけるかと思います。

また、宮崎牛はとても美味しいが故に、全国の酪農家が宮崎から子牛を買って育てたり、宮崎の雄牛を派遣してもらい、種付けなどを行って地元ブランドとして育てています。
しかし、口蹄疫が発生すると、牛の移動が全面禁止されるため、子牛や種を購入していた全国の農家は、牛を育てるコトさえできなくなります。
このように、宮崎での口蹄疫発生は、その時点で全国の酪農家へも大きな影響をもたらしてしまいます。

また、この口蹄疫と言う伝染病は、牛や豚のような家畜のみに感染する病気ではありません。
偶蹄類(牛、水牛、山羊、羊、鹿、豚、猪、カモシカなど)やハリネズミ、ゾウなどが感染するウイルス性の急性伝染病であり、空気感染のみでなく、人や車に付着して長距離も移動することができます。
そして、一番の問題は家畜への被害ですが、その他にも、カモシカなどの希少種への被害も懸念されます。
コレほど危険な病気であるからこそ、この口蹄疫が確認された国は、肉等の輸出が禁止になります(日本でも、現在牛肉の輸出が禁止されていました)。


この病気が国内に蔓延したら、人間には無害であっても。全国の畜産業および、野生の動物たちは壊滅的な被害を受けることは想像に容易い事です。
当然、私たちが日々美味しく安全に頂いている国産の牛や豚のお肉や加工品。牛乳なども、その姿を消すか、値段が高騰するでしょう。

次に、過去に鳥インフルエンザや口蹄疫を経験している宮崎が、今回コレほどの危機に陥った理由をお話しします。

この口蹄疫は、今年の4月20日に初めて確認されました。
宮崎県では、この伝染病の拡散を食い止めようと、消毒や封鎖など懸命な努力が続けられましたが、政府からの指示も支援も無い状態では、対処が後手後手に回ってしまい。結果、初期の封じ込めに失敗してしまいました。
その後は、宮崎県からの要請で駆けつけた陸上自衛隊や自民党が、宮崎県と協力して懸命に対処している状態です。

なお、この口蹄疫で何もしていない政府ですが。赤松農相としては、「対応を官僚に投げてしまうと“政治主導”でなく“官僚主導”になってしまうので、対応をさせない」のか、「口蹄疫の危険度と影響度をご理解されていない」のかは判断しかねますが、現実問題として指示は出していないのです。
だから、農水省の方々も、動きたくても動けないのです。
また、一部では
「対処しようにも、事業仕分けで、災害時、畜産農家に融資を行う中央畜産会や、災害時に使用する予備費を仕分けてしまったので、対処する費用が無い」
との声もあるようです。

更に現場では、口蹄疫用の消毒薬が圧倒的に不足しています。
国からの支援(消毒薬)が届かないため、宮崎県は現地の組合が何とか用意した消毒薬で対処をしていますが、組合がどれほど頑張ろうと、そのような特殊な消毒薬など、大量に準備できるはずがありません。
その結果、現地ではお酢を薄めたり、専門家などのアドバイスを元に手作りして消毒に当たっていると言います。
ここで皆様も「国が早く出せばいいのに」と思われるでしょう。
しかし。国にもストックはほとんど無いようです(現在輸入待ち)。
今年に入って近隣諸国でも口蹄疫が連続して発生したため、買い占めなどにより、全体的に不足しているようです。
(日本国内でも、全国への感染拡大を恐れ、各県がストックを持とうとする動きもあるようです。ただ、買い占めを行っている国への働きかけなどによる、消毒薬確保のための動きが、どれ程活発に行われているかは不明です)

以上が、現在宮崎が置かれている状態です。
これ程の被害、これほどの伝染病であるにも関わらず、マスコミは3週間近くも報道しませんでした。
報道しなかった事情としては、政府からの報道規制に加え、一部からの圧力が存在したようです(マスコミ内部でも、報道する準備まで整っているのに報道できない。と言う声があったと言います)。

しかし、これは噂でもデマでも、ましてや政府・与党へのネガキャンなどではありません。
実際に農林水産省では連日、口蹄疫の情報があげられています。
(http://www.maff.go.jp/j/press/index.html)
宮崎県知事も日記などで非常事態を訴えておられます。
(http://ameblo.jp/higashi-blog/)
また、此方は宮崎県の方が作成されたまとめ情報です。かなり詳しく今回の件を記載されています。
(http://dic.nicovideo.jp/a/%E8%B5%A4%E6%9D%BE%E5%8F%A3%E8%B9%84%E7%96 %AB)
此方のサイトでは、動画なども使ってこの問題を解説しております。
(http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1196.html)


宮崎の方々は、想像を絶する苦しみの中に突き落とされてしまったのです。
それも、あろう事か、国民を守ってくれる筈の日本政府によって。


ここからは皆様にお願いしたい事となります。
どうか、この口蹄疫問題を、一人でも多くの方にお伝え願えないでしょうか?
(ただし、人体には影響が無いなど、現地の風評被害へのご配慮をいただければ幸いです)

今後マスコミがこの問題を取り上げたとしても、半月以上、宮崎を見捨てるように無視し続けた。この不条理な事実をご記憶願いたいのです。
場合によっては、マスコミは「政府は精一杯やっていた」「宮崎県の対応が拙かった」などと言い始める可能性があります。
また、政府も「できる限りのことはやっていた」「本来は県の行うべき範疇」などと、支離滅裂な言い逃れを始める可能性があります。
しかし、現実は「政府は何もしなった」「宮崎県は県も酪農家達も、皆必死に対応した」「実際に宮崎県のために奔走していたのは自民党と自衛隊だった」と言うことをご記憶いただけますよう、切にお願い申し上げます。

突然にも不躾なお願いとなり、誠に恐縮ではございますが。ご一考いただけますよう、宜しくお願いいたします。
末筆ながら、御社ならびにご関係者の皆様のますますのご活躍とご発展を心よりお祈り申し上げます。
最後までお付き合い、誠にありがとうございました。

以上です。



<追伸>
この問題について、時系列で簡単に並べさせていただきます。宜しければ、ご一読くださいませ。
****時系列情報以下**********

4/20 宮崎県で10年ぶりに口蹄疫感染確認。農水省、日本産牛肉輸出全面停止
   政府、口蹄疫の疑似患畜の確認及び口蹄疫防疫対策本部設置
   赤松農水相、宮崎選出の外山いつき議員から、消毒液が足らない報告を受ける

4/21 政府から指示なし、仕方なく現地で対応。消毒薬は現地の組合が用意したが不足

4/22 農水副大臣「現場の状況について今初めて聞いた」

4/25 殺処分の対象が1000頭を突破、過去100年間で最多

4/27 東国原知事、赤松農水相や谷垣自民党総裁に支援要請

4/28 国内初の「豚」への感染疑いを確認
   自民党口蹄疫対策本部設立。本部長の谷垣総裁、現場視察

4/29 農水副大臣が宮崎県出張。
   現場には入らず生産者への面会もなし。27日に知事が上京した時にした話を再び聞く

4/30 自民党口蹄疫対策本部、政府に42項目の対策要請を申し入れ
   対応を予定していた鳩山総理・赤松農水相は当日になってドタキャン。
   赤松農水相は夕刻に南米へ外遊出発
   自民党、政府に6日7日の委員会開会を要求。政府は拒否
   民主仕分け組、口蹄疫により被害を受けた畜産農家に融資を行う中央畜産会を仕分け
   移動・搬出制限区域を宮崎・鹿児島・熊本・大分の4県に拡大
   自民党口蹄疫対策本部記者会見
   (http://www.youtube.com/watch?v=UOSIYeXZIuA#t=8m57s)
   「10年前の感染の際はただちに100億の予算が確保され対策がなされた」
   「ところがこの段階になっても国から宮崎県には一箱も消毒薬が支給されていない」
   「それどころか、舟山康江農林水産大臣政務官に申し入れた際には、“県の対応の遅れ”を指摘された」
   「この状況で農水大臣が外遊するとは自民政権時代からすれば前代未聞」
   「国からは消毒液一箱も届かず。国があたかも配ったように報道されているが、全くの誤報」

5/1 宮崎県、自衛隊に災害派遣要請を行う。
   家畜の殺処分は8000頭超へ
   総理、熊本県水俣慰霊式に出席、ついでにイグサ農家を視察。宮崎は素通り

5/2 1例目のウイルスがアジア地域で確認されているものと近縁であることを確認

5/3 感染17例目確認 殺処分9000頭突破

5/4 感染19例目確認 殺処分27000頭突破
   総理、普天間問題で沖縄訪問。宮崎は素通り
   舟山農林水産大臣政務官、デンマーク出張

5/5 1例目から約70km離れたえびの市で感染確認
   感染23例、殺処分34000頭に

5/6 感染35例目確認 殺処分44000頭突破(45000頭弱)
   自民党が口蹄疫に関する追加対策を政府に申し入れ

5/7 小沢幹事長、宮崎県訪問。『選挙協力要請』のため東国原知事と会見
   感染43例、殺処分59000頭越え

5/8 赤松農水相帰国
   感染49例、殺処分60,000頭越え

5/9 舟山政務官帰国
   感染56例、殺処分数62,000頭越え
   原口総務大臣、風評被害を防ぐために発生後すぐに報道規制を指示したとTwitterで発言

5/10 赤松農林水産大臣宮崎出張
   現地には行かず、県庁のみ。ホテルで意見交換(関係者は宮崎市まで来いとのこと)。
    知事、農家への支援拡充を要請(本来の5分の4保証を、全額保証とするよう要請)
     →赤松農林水産大臣「(殺処分の補償を)全額、国と県で面倒見るからと言えば農家も安心する。 まずは県にやってもらい、後で国が処理する」
     (なお、この時点で、宮崎県は口蹄疫対策のため、県の今年度予算を使い切っている状態)
    大臣と知事・議長との意見交換の場で、自民党の古川・松下両議員が発言しようとしたが、「自民党議員の同席は認めたが、発言は許してない」と制止。更に選挙パフォーマンス発言は許さないと非難。
    (小川・松下両議員は被害者代表達からの陳情を預かっていた。更に、今まで1度も被害者の声を聞こうとせず、現場にも行かない民主党員の態度に対し、あまりに酷いと抗議の声を上げようとしていたらしい)
    更に赤松農林水産大臣は、現地の職員代表者の声も一切受け付けず、参加さえ許さず。
   感染67例、殺処分数74,000頭越え

5/11 赤松農林水産大臣閣議後会見「やるべきことはやりきってきた」と発言


****時系列情報以上**********


また、この口蹄疫とは別に、政府与党が密かに進めている法案など、マスコミが報じない大きな懸案事項も数多く存在しております。
これらの法案は、この日本で生活する全ての日本人にとって、無視することのできない重大な問題を抱えております。
お手数をおかけしてしまい恐縮ですが、以下のページをご確認いただきたく存じます。
「初めてこの問題を知る方へ」
  http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-category-22.html

また、これらに問題を感じていただけましたら、各危険法案をご検索いただき、また周りの方へこの事をお話しいただけましたら幸いです。
なお、上記のページ(初めてこの問題を知る方へ)にも掲載されていない危険法案も次々と急浮上しており、同サイト内で終始意見交換や周知報告などが行われております。
もし宜しければ以下のトップページから、各記事にも目を通していただければ幸いです。
【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】
 http://sitarou09.blog91.fc2.com/

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

日本の農業・畜産業を守りたい!とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!









★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
※お願いが多くて、スミマセン※

1.姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます。

2.保守派政党の議員さん、民主党議員さんへ
「子ども手当」と「外国人参政権」を参院選の争点にして頂く意見書」1.保守派向けVer.
「子ども手当」と「外国人参政権」を参院選の争点にして頂く意見書」2.民主党向けVer. を送信中です。
こちらの記事
こちらの記事をご参照下さい。

3.市区町村の「子ども手当」窓口へ
「不正受給を予防する厳格な審査の要請依頼&他の日本解体法案の周知祭り」を開催中です。
(周知は一通り終了しましたが、現場では多くの方の声が待たれているようです。引き続き、地元自治体にだけでも送信を宜しくお願い申し上げます)。
こちらの記事をご参照下さい。

4.各政党議員さんへ
「人権擁護法案推進議員連盟発足記念(笑)意見書送信祭り」を開催中です。
こちらの記事をご参照下さい。

5.マスコミ各社へ子ども手当他の「日本解体法案」報道依頼のメールを送信中です。
こちらの記事をご参照下さい。

6.各政党議員さんへ
議会制民主主義が崩壊する超危険法案「国会法改正案」への反対意見書 を送信中です。
こちらの記事をご参照下さい。

7.議員さんや都道府県議会事務局へ
「子供手当てを、外国人の母国に残した子供の分まで支給することへの反対意見書」
を送信中です。
こちらの記事をご参照下さい。

何卒皆さまの温かいご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

呼びかけ:「口蹄疫」の対応に苦慮されている宮崎県を応援しましょう!
◆◇◆今般の主旨◆◇◆
●現在、当ブログでは ふたつ下の記事で、
「韓国から伝染し国内へ上陸した『口蹄疫』への対処をお願いする与野党議員への意見書」を公開し、ご賛同者の方々と共に送信をしています。

●4月20日に第1例目の発症が確認されて早や半月余が経過しましたが、相変わらずマスコミは「口蹄疫」の問題、宮崎県が苦慮されていること、政府が対応しないこと、またこの問題の指揮を取るべき農林水産大臣が外遊しており農林水産省の対応が不十分となっていることをほとんど報じていません
(それは、「外国人参政権」法案や「『子ども手当』を外国にいる外国人の子女にも支給する事」などの、日本解体法案について報じない事と同根ではないかと管理人は考えております)。

●残念なことに、政府の具体策が遅れたまま、この「口蹄疫」の被害は拡大の一途を辿っており、宮崎県の畜産業者の方々は対応に苦慮されているばかりか、
5月7日の時点で43例目の事例が確認されており、畜産業者の方々が手塩にかけて飼育された豚などの処分頭数は計5万9104頭になるそうです。
多くの方が休日を満喫されたこのゴールデンウィークも、関係者の方は休日返上で収束の気配のない状況に、どれほど悲痛なお気持ちでいらっしゃることでしょう。

●当ブログにも公開/非公開コメントにおきまして、宮崎県の方々を励ましたいというご要望、またその手段についてのアイディアをいくつかお寄せ頂きました(真心のこもったコメント、誠に有難うございました)。
そこで、頂戴したご意見をもとに、今般、宮崎県の特産物を紹介させて頂くことにいたしました。

皆さまも、もし間に合うのであれば母の日のプレゼントに、少し気の早い父の日ギフトに、お世話になったあの方へ、それとも普通にご家庭で・・・
宮崎県の特産物をお買い物リストの一つにお加え頂ければ、と思います。

※なお皆さまには、「牛肉や豚肉を食べたり、牛乳を飲んだりしても人間が口蹄疫にかかることはない」ということをご理解頂きますよう、改めましてお願い申し上げます。

◆ご参考: 農林水産省ホームページ


◆◇◆宮崎県の特産物について◆◇◆

口蹄疫で苦しんでいる宮崎県を応援しましょう!

★「ふるさと宮崎応援寄付金」 ★

★宮崎県産品オンラインショッピング ★

★新宿みやざき館KONNE★

★ミヤチク オンラインショップ★


※下記サイトより
宮崎県“てげうめ”グルメフェア - 宮崎県推賞の名産品が大集合!
「九州の南東部に位置する宮崎県は、全国有数の生産高を誇る牛・豚・鶏やウルメイワシ、うなぎをはじめ、山の幸も海の幸にも恵まれたグルメの宝庫。
その数ある宮崎グルメのなかでも、材料や製法にこだわって作られた宮崎県推奨優良県産品を中心に、老舗や秘蔵のグルメを大特集。」

物産展 宮崎県“てげうめ”グルメフェア

宮崎県の皆さま、どうぞ頑張って下さい!
心から応援しています。


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

「宮崎県の皆さまに頑張ってほしい!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!







★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
※お願いが多くて、スミマセン※

1.姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます。

2.上記の件、各政党議員さんへ
「韓国から伝染し国内へ上陸した『口蹄疫』への対処をお願いする与野党議員への意見書(マスコミ用おまけ文例つき)」を送信中です。
こちらの記事をご参照下さい。

3.保守派政党の議員さん、民主党議員さんへ
「子ども手当」と「外国人参政権」を参院選の争点にして頂く意見書」1.保守派向けVer.
「子ども手当」と「外国人参政権」を参院選の争点にして頂く意見書」2.民主党向けVer. を送信中です。
こちらの記事
こちらの記事をご参照下さい。

4.市区町村の「子ども手当」窓口へ
「不正受給を予防する厳格な審査の要請依頼&他の日本解体法案の周知祭り」を開催中です。
(周知は一通り終了しましたが、現場では多くの方の声が待たれているようです。引き続き、地元自治体にだけでも送信を宜しくお願い申し上げます)。
こちらの記事をご参照下さい。

5.各政党議員さんへ
「人権擁護法案推進議員連盟発足記念(笑)意見書送信祭り」を開催中です。
こちらの記事をご参照下さい。

6.マスコミ各社へ子ども手当他の「日本解体法案」報道依頼のメールを送信中です。
こちらの記事をご参照下さい。

7.各政党議員さんへ
議会制民主主義が崩壊する超危険法案「国会法改正案」への反対意見書 を送信中です。
こちらの記事をご参照下さい。

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

意見書文例(緊急):韓国から伝染し国内へ上陸した「口蹄疫」への対処をお願いする与野党議員への意見書(マスコミ用おまけ文例つき)*利用、改変可*
皆さまへ:
当ブログ管理人〔しーたろう〕は、皆さまのアンケートの結果を反映して意見書作成のヒントにさせて頂いています♪ 
当ブログ内に設置されたアンケートのクリック、できれば一言コメントもよろしくお願い申し上げます。


◆◇◆今般の主旨◆◇◆
●当ブログのコメント欄において、ある常連さまから
「緊急拡散切望!!宮崎、口蹄疫の件について!」として拡散依頼と情報のご提供を下さいました
(情報のご提供、誠にありがとうございます)。

●そこで当ブログでは、この情報を活かし、駄文ながら
議員さんへ送信する意見書文例を公開させて頂き、送信することに致しました。
また、マスコミに報道要請のためのおまけ文例(マスコミ一覧付)も公開させて頂きました。

●「口蹄疫」についてと、今般の問題に関する情報ソースをご紹介しております。

●意見書の送信につきましては、
・これまで皆さまのご協力を頂きながら蓄積した議員等のリスト
メールを一括 送信できる無料ソフトのご紹介も致しております。
ご賛同頂ける方は、何卒ご協力を頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

※今後も、日本解体法案阻止のための周知拡散・意見書送信のご要望がございましたら、コメント欄までお寄せ下さいませ。
数日のお時間を頂くこともございますが、国家にかかわる、緊急性の高いものから優先し、及ばずながら可能な限り対応させて頂きたいと思います。

※お断り:「女子差別撤廃条約『選択議定書』批准を求める決議を食い止めるための周知活動」のご提案を受け、対応予定でございましたが、以下の通り緊急拡散のご要望がございましたのでこれを優先させて頂きました。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。
※女子差別撤廃条約「選択議定書」批准への反対意見書は次回公開予定です。

◆◇◆「口蹄疫」流行についてのまとめ◆◇◆
◆「口蹄疫」とは:
「口蹄疫」は、牛、豚等の偶蹄類の動物の間に流行する伝染病で、ウィルスの伝播力が非常に強いので、他の偶蹄類動物へうつさないようにするための措置が必要です。
そうしなければ、畜産業者の方は一瞬にして甚大な被害を受けることになります。

※ご注意:
皆さまには、「牛肉や豚肉を食べたり、牛乳を飲んだりしても人間が口蹄疫にかかることはない」ということを一言添えた上で、ご周知を下さいますよう、心よりお願い申し上げます(そうしませんと、善意の周知活動が風評被害を作り出すことになりかねません。この点くれぐれもよろしくお願い申し上げます)。

◆コメント欄で頂いた情報
***転載開始***
ご存じの方もいらっしゃるとは思いますが、 現在、半島経由で伝染病が宮崎県に入り込んだ模様です。
http://mainichi.jp/select/jiken/news /20100502ddm041040107000c.html

「口蹄疫」は、牛、豚等の偶蹄類の動物の間に流行する伝染病であり、人に感染することは無いそうです。 しかし、口蹄疫は、多くの畜産動物に被害をもたらします。

この件について、政府与党民主党は全く動かず、農水相の赤松大臣は、南米へ行ってしまいました。農水省も政府が動かないので後手後手。政府や農水省が動かないため、そのまんま東さんや、県が依頼して自民党と陸自が動いているそうです。

「伝染病の隔離」を県レベルでの対処では、いくら何でも無理がありましすし、県を越えてしまえば、感染対策が遅れてしまいます。

いくら自民党や陸自が動いていても洩れが出ているでしょうし、政府与党ではない為、出来る事は限られています。

このGW中で、ウィルスが人にくっついてあちらこちらに飛んで行く危険性も考えられます。
今は宮崎県と陸自が頑張ってますけど、政府の全面支援が無ければ、ウィルスが蔓延してしまう危険性が高いのです。

日本は農業大国、世界第五位です。 これがどの様な意味を持つか皆さんはお分かりになるはずです。

民主党の政権担当能力は疑問視されていましたし、仕事が出来ないのはこれまでの政権運営で分かってます。
しかし、問題に対処できない、出来る人にも振れないのなら、怠慢以外の何物でもありません。
長くなりましたが、この事実を多くの方に知っていただければと思います。

詳しくは
農林水産省のHP
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/

自民党 口蹄疫対策本部記者会見(2010.4.30)
http://ldp.channel.yahoo.co.jp/index.php?itemid=988

口蹄疫防止 6日から競り自粛
http://news.livedoor.com/article/detail/4748871/

***転載以上***

(参考)
◆フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 赤松広隆 より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E6%9D%BE%E5%BA%83%E9%9A%86
「2010年5月、春の大型連休中、宮崎で口蹄疫の発生が大問題となっているにもかかわらず、具体的な対策を何も打たないまま外遊へと出かけた。」

◆4月29日 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819891E0EAE2E19D8DE0EAE2E6E0E2E3E293918BE2E2E2;at=ALL
「宮崎県、口蹄疫対策に33億円緊急予算」

◆◇◆メールの送信について◆◇◆
●民主党・国民新党・自民党・たちあがれ日本党各議員さんの連絡先をエクセルファイルにて公開しております。
下記のエクセルを開いて、
ファイルを「名前を付けて保存」のときにファイルの種類をCSVに指定して保存してお使いください。
(そうすれば、下記一括送信ソフトで利用できます!)
ご面倒ですがよろしくお願いいたします。
民主党衆議院議員.xls
民主党参議院議員.xls
衆・参議院 民主党議員.xls メール送信専用です。
 ※メールを2つお持ちの議員さんには両方送信できるようにしました。
国民新党 衆参議院議員.xls
自民党衆議院議員.xls
自民党参議院議員.xls
たちあがれ日本党 議員.xls
*園田博之議員、藤井孝男議員はアドレスが見つかりませんでしたのでお分かりの方はコメント欄でお知らせください。
・各府省への政策に関する意見・要望 https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose
へ要望を全省庁にチェックを入れて送信して下さい。

●メール送信の負担を軽減するフリーソフトについて
1.上記エクセルデータを利用した、
メールを一括して送信できるソフトのご紹介
もさせて頂いております。ご自身の判断でご利用下さいませ。

2.また、今般新たにコメント欄にて別ソフトをご紹介頂きました←New!
(ご紹介有難うございました。)
メールを一括して送信できるソフトのご紹介2
こちらのソフトもまたご自身の判断でご利用下さいませ。

◆◇◆おまけ: 「マスコミへ赤松農水大臣が『口蹄疫』への対処をしないで海外バカンスに行っちゃった♪件」の報道のお願い *利用、改変可*◆◇◆
マスコミ一覧 メール送信専用.xls

タイトル:宮崎県で「口蹄疫」の発生が大問題となっているにもかかわらず、具体的な対策を何も打たないまま外遊へと出かけた赤松広隆農林水産大臣の海外でのバカンスの状況を、きっちりと取材し御社で取り上げてください。

マスコミ各位:
ご承知のとおり、「口蹄疫」は、牛、豚等の偶蹄類の動物の間に流行する伝染病であり、
人に感染することは無いそうです。
しかし、口蹄疫は、多くの畜産動物に被害をもたらします。

宮崎県では本年4月20日に第1例目の「口蹄疫」が発生し、
職員が休日返上、また巨額の予算を投じてこの問題にあたり、
一部には風評被害まで出て非常に対応に苦慮されている折、
赤松広隆農林水産大臣はこの事態をご存知であるにもかかわらず、外遊されているとの事です。

これは、わが国の畜産業を先頭に立って保護しなければならない農林水産大臣の職務放棄であり、
政府の政権担当能力に疑念を抱きかねない事態です。
どうかこの件を御社のニュースとして取り上げ、広く国民の知るところとして下さい。
とくに、赤松広隆農林水産大臣の外遊の様子を事細かに取材して報道して頂く事は、
多くの方の興味を惹くところでありましょう。

何卒、ご検討を賜りたくよろしくお願い申し上げます。

◆◇◆意見書文例:与野党議員へ「口蹄疫」への対処をお願いする意見書 *利用、改変可*◆◇◆

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

   先生

【「口蹄疫」への対処をお願いする意見書】
                               平成22年  月  日
                      住所
                      氏名

突然の送信、失礼致します。私は国思う一国民で、この選挙区の住民です。
私は一部の報道から宮崎県内において「口蹄疫」が流行していることを知りました。
牛肉や豚肉を食べたり、牛乳を飲んだりしても人間が口蹄疫にかかることはないとはいうものの、
口蹄疫は、畜産業に携わる方々が手塩にかけて育んだ多くの畜産動物に甚大な被害をもたらし、
それは畜産業者にとって死活問題になることを意味します。

この件について、政府与党民主党は全く動いて頂くことがなく、赤松広隆農林水産大臣にいたっては、
海外で休日をお過ごしであると聞き及んでおります。
農林水産省も政府が動かなければ対応が後手に回るのはやむを得ず、
宮崎県が依頼した自民党と陸上自衛隊が対応しているそうです。

そもそも、「口蹄疫」は本年1月に大韓民国の京畿道での発生が確認され、
その後中国大陸全域、また台湾にも広がっている旨、農林水産省のホームページにも記載されています。
宮崎県の農場の飼養牛に、家畜伝染病である口蹄疫の疑似患畜が確認されたのは本年4月20日で、
同県では5月2日現在、口蹄疫の疑い事例の15例目が確認され、流行の広がりを見せています。
対応が遅れれば今後、他県への伝染は免れないものと推測できますが、
県レベルでの対応しか出来ていない現状をどのようにお考えでいらっしゃいますか。

韓国での発生から4ヶ月近くも経過した現在、もっと早くこの問題への危機管理を認識し、
他国での流行状況を見極め、いつ頃わが国に上陸し、どのような速度でこの病気が流行するのか。
また、それをいかにすれば防止できるのか。
実際に病気が蔓延する前に充分な対策手段を講じることはできた筈です。

与党ではなく野党の自民党が対応している状況で、出来る事が限られている状況は、
私のような素人でも容易に想像のつくことです。
しかもこの大型連休中の日本国中の人々の移動により、
ウィルスが広範囲に伝染し全国へと蔓延する危険性も否定できません。

大型連休前に国内でこのような重大事態が発生しているにもかかわらず、
担当大臣が具体策を何も打たず海外バカンスを楽しんでいる事を、
与党は恥じ入るべきであるし、野党はもっと追及すべきです。

国産の食物に対する日本国民の信頼は絶大です。日本の農業全般を保護し、
農業に従事する方々を守り、わわが国の食の安全を確保することは言うまでも無く政府の大きな役目です。
この問題は、畜産業者だけの問題ではありません。日本国全体の問題です。

また、宮崎県は約33億円の緊急の補正予算を組み防疫対策などに充当するそうです。
一時も早く対策を講じ、拡大を防止しなければ、いたずらに被害額を拡大させ、
今後対策に更なる巨額の血税を費すことになり、こうした意味でも国益に反する重大事態です。

私ども国民は、安心して暮らせることを信じて先生方に政治を託しています。
このような緊急事態に対応できない政府には失望いたします。
このような政権担当能力を疑われるような政党や個人には、今後一切投票できません。
マスコミの取り上げ方はまだ小さいですが、私どもは総力を挙げて選挙区内の住民はじめ国民全体に周知し、
私どもの食卓、生活、日本の産業を守って下さる政党・個人に今後投票して頂くよう、
呼びかけて参りたいと思います。
何卒、良識ある先生には適切な対処を頂きたく、宜しくお願い申し上げます。

以上

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

日本の農業・畜産業を守りたい!とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!









★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
※お願いが多くて、スミマセン※

1.姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます。

2.保守派政党の議員さん、民主党議員さんへ
「子ども手当」と「外国人参政権」を参院選の争点にして頂く意見書」1.保守派向けVer.
「子ども手当」と「外国人参政権」を参院選の争点にして頂く意見書」2.民主党向けVer. を送信中です。
こちらの記事
こちらの記事をご参照下さい。

3.市区町村の「子ども手当」窓口へ
「不正受給を予防する厳格な審査の要請依頼&他の日本解体法案の周知祭り」を開催中です。
(周知は一通り終了しましたが、現場では多くの方の声が待たれているようです。引き続き、地元自治体にだけでも送信を宜しくお願い申し上げます)。
こちらの記事をご参照下さい。

4.各政党議員さんへ
「人権擁護法案推進議員連盟発足記念(笑)意見書送信祭り」を開催中です。
こちらの記事をご参照下さい。

5.マスコミ各社へ子ども手当他の「日本解体法案」報道依頼のメールを送信中です。
こちらの記事をご参照下さい。

6.各政党議員さんへ
議会制民主主義が崩壊する超危険法案「国会法改正案」への反対意見書 を送信中です。
こちらの記事をご参照下さい。

7.議員さんや都道府県議会事務局へ
「子供手当てを、外国人の母国に残した子供の分まで支給することへの反対意見書」
を送信中です。
こちらの記事をご参照下さい。

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*
Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.