☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国会法改正案」5/13に国会提出!阻止のためにご協力をお願いいたします! 
◆◇◆〔『水間条項』さまより〕超緊急拡散《5月13日午九時まで限定:「国会法改正案審議入り反対」要請を、民主党松本剛明議員運営委員長にお願いしましょう!》◆◇◆ ※この項目は5/12 11:15に追記

ジャーナリスト・水間政憲さまの『水間条項』によれば、

「インターネット上に、「国会法改正案審議入り」反対の書き込みが散見していますが。

自民党は強固に反対していますので、スンナリ審議入りになることはありません。民主党が運営委員会を強行突破するようなことになると、すべて国会審議がストップすることになり、与党の単独採決になります。

現在、民主党が強行採決の世論の批判を無視してまで、強行突破する胆力はありません。

インターネットユーザーの方々の心配は、憲法解釈などを民主党が恣意的に解釈することへの危険性を察知しての呼びかけと承知していますが、皆さんの行動が無駄にならないように提案します。


審議入りを止めてもらうには、各党の議員運営委員長にお願いすることが有効です。この「国会法改正案」は、自民党や当然「たちあがれ日本」も反対しています。

ピンポイントで最大級の効果を望むのであれば、民主党松本剛明議員運営委員長に「国会法改正案に断固反対します」などの要請を、FAXかメールでお願いすることが、いま一番有効かと存じます。」

とのことです。また、

「いま、覚醒されているインターネットユーザーの皆様方に、お願いしたい優先順位は、口蹄疫問題の監視も重要ですが、国家の基本法である『重国籍法案の請願取り下げのお願い』を、国益を守る第一位と認識して頂きたくお願いいたします。」

とのことです。

上記は一部抜粋につき、詳しくは、
超緊急拡散《5月13日午九時まで限定:「国会法改正案審議入り反対」要請を、民主党松本剛明議員運営委員長にお願いしましょう!》をご覧ください。

※民主党松本剛明議員運営委員長の連絡先:
松本たかあきオフィシャルウエブサイト
・上記サイト内に記載されたメールアドレス
 info-matsumoto@memenet.or.jp


皆さま、何卒よろしくお願い申し上げます。
※当ブログでも重国籍については近日中に対応いたします(女性選択議定書は対応済み)。
※なお重国籍については、既に当サイトにも「請願書文例」カテゴリの中に文例があります。

◆◇◆皆さまへ◆◇◆
ひとつ下の記事で、
有志の方に作成頂いた、「マスコミが隠す非常事態。宮崎県、口蹄疫発生について」の周知文例を公開し、ご賛同者の方々と共に送信をしています。こちらへのご協力もよろしくお願い申し上げます。

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
●先ほど、当ブログのコメント欄にて「【緊急拡散】国会法改正法案について」と題する重要な情報を頂きました。内容を一部抜粋させて頂きますと、「13日にあの最悪な売国法案の「国会法改正法案」が、国会に提出されます。もはや一刻の猶予 もありません。」とのことです(貴重な情報、誠に有難うございます)。

●そこで当ブログでは、この対応策として平成22年3月27日に公開させて頂いた、
「『国会法改正案』への反対意見書」を緊急に再掲させて頂きたいと思います(下記のコメントの中にも、たまたま当記事が紹介されております)。一度送信下さった方も、この緊急事態を前に、もう一度送信頂ければと思います。

●上記記事の中では、
・皆さまにご提供頂いた資料から「国会法改正(改悪)案」についてのまとめをご紹介し、また
・駄文ながら周知拡散・議会・議員への「国会法改正(改悪)案について」の意見書文例を公開させて頂くとともに、
・これまで皆さまのご協力を頂きながら蓄積した議員等のリスト
メールを一括送信できる無料ソフトのご紹介も致しております。

なお、今回頂戴したコメントの中には、当ブログの記事に無かった送信先のリストも頂いております。
皆さまのご協力を、心よりお願い申し上げます。

●頂いたコメントより

***頂いたコメントはここから***

すいません。口蹄疫の件ではないのですが、緊急性が高いので、コメントさせていただきます。
この忙しい時期に、国会法改正法案を国会提出しようとしている外道がおります。
しかも、13日に。
兎に角時間がありません。詳しくは以下の転載記事をご確認ください。

以下、my日本からの転載です。

*****************

超緊急事態発生です。

13日にあの最悪な売国法案の「国会法改正法案」が、国会に提出されます。もはや一 刻の猶予もありません。
皆さん!!何としても阻止しなければ、小沢独裁が完成してしまいます。

今私達にできることは、断固反対の意思を表明することです。
どうかご協力をお願いいたしますm(__)m

参議院選挙が終わった後に、数々の売国法案を通すための第一歩です。
外国人参政権や夫婦別姓、外国人住民基本法などの法案に反対な皆さんはぜひご協力お願いいたします。
とにかく時間がありません。

口蹄疫問題や重国籍法案に隠れてますが、こちらの阻止の方が緊急を要します。
どうか全力でメール・ハガキの一つでもいいので送って下さい。

国会法改正法案って何?って方は
こちら↓をご覧ください。抗議先も載ってます。

◆国会法改正案wiki
http://www37.atwiki.jp/kokkaihou/pages/17.html

◆公務員法案「13日衆院通過」民主、自民に伝達
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C938...
(日経)
民主党の山岡賢次国会対策委員長は10日、 自民党の川崎二郎国対委員長と会談し、 中央省庁の幹部人事を一元化する国家公務員法改正案を13日の衆院本会議で採決する方針を伝えた。
川崎氏は沖縄の米軍普天間基地の移設問題や民主党の小沢一郎幹事長の政治資金問題など3分野で衆院予算委員会の集中審議を求めたが、山岡氏は拒否した。
与党は12日に衆院内閣委で公務員法案を採決。
13日の衆院本会議で同法案を可決した後、ただちに国家戦略室を「局」に格上げする政治主導確立法案の趣旨説明をする構え。 18日の衆院本会議で、郵政改革法案の審議入りを目指す。
山岡氏は党役員会で、官僚答弁の原則禁止を柱とする議員立法の国会法改正案を13日に国会に提出する方針も示した。
自民、公明両党は10日の国対委員長会談で、予算委の集中審議を引き続き求め、26日の党首討論開催も要求していくことを確認。 法案には反対するが、審議には応じる方針だ。
与党は来月16日の国会会期末が迫るなか、重要法案の処理を急ぐ。
山岡氏は10日の記者会見で「国民の生活に必要な法案は粛々とやっていく。これ以上、引き延ばしに応じるわけにはいかない」と述べ、強行採決も辞さない構えを強調した

こちらも同様の記事です。
◆公務員法案、13日に衆院通過=民主方針、自民は反発
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010051000648
(時事ドットコム)

-------------------------------------------------------

口蹄疫の対策も施さず畜産業を見殺しにする政治家達がぬけぬけと
「国民の生活に必要な法案は粛々とやっていく」だそうです。
ご存じ、山岡は外国民の生活を何より重視する売国奴です。 
この国民は当然日本国民のことではありません。

支持率低下で、売国法案提出もままならないため、せめてこの法案だけはと普天間問題や口蹄疫問題の陰に隠れて、強行採決するつもりのようです。

<中略>

今まで拡散、反対してきた外国人参政権・夫婦別姓・
人権侵害救済法案・外国人住民基本法・重国籍法などの闇法案が
あっという間に量産されてしまいます。

民主党の独裁体制が完全に整います!!

今こそ皆で一致団結してマスコミ、民主党本部、議員への電話凸、
ハガキでの抗議を中心としてできる行動を集大成化して徹底し、
活動しましょう。

強制可決に後ろ向きな国民新党、社民党へもどんどん抗議しましょう。

どうか皆さん、拡散&ご協力をよろしくお願いいたします!

【各党連絡先】

民主党本部「国民の声」係
https://form.dpj.or.jp/contact/
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-1
TEL:03-3595-9988(代表) FAX:03-3595-9961

国民新党本部
http://www.kokumin.or.jp/opinion/
〒102-0093 東京都千代田区平河町2丁目14番7号 
平河町コハセビル3階
TEL:03-3239-4545または03-5275-2671
FAX:03-5275-2675

亀井議員のHP
https://secure.pise.co.jp/kamei-shizuka/txmail/index.cgi

社民党本部
http://www5.sdp.or.jp/central/inq/inq.htm
〒100-8909  東京都千代田区永田町1-8-1社会文化会館

自由民主党本部
http://www.jimin.jp/jimin/goiken/index.html
〒100-8910 東京都千代田区永田町1-11-23 
 TEL:03-3581-6211(大代表)
 FAX:03-5511-8855(ふれあいFAX)

各省庁への一斉メール送信
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose


◆今ハガキがないからという方
 カード払いでインターネットからハガキが送れます
   http://www.netpost.jp/


◆出したくても何を書いたらいいかわからない方
  文例です。参考にどうぞ↓
http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-category-45.html
(こちらのサイトに各議員の連絡先もあります)

とにかく時間がありません。
どれかひとつでもいいので、お願いいたしますm(__)m
私達の日本を一緒に護りましょう。

この日記を読んでいただいた方へ
コミュの参加や抗議活動はもちろんですが、
この情報をmy日本内および外部へ拡散お願いいたします。

****転載以上*******************

国会に勝手に住み着いた売国モグラが、また巫山戯たコトを始めようとしています。
兎に角、民意を叩き付けて提出を阻止するしかありません。

次から次に急き立てるようで誠に申し訳御座いませんが、可能な範囲でのご協力、拡散をお願いいたします。

***頂いたコメントはここまで***

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

日本を売国法案から守りたい!とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!








★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
※お願いが多くて、スミマセン※

1.姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます。

2.保守派政党の議員さん、民主党議員さんへ
「子ども手当」と「外国人参政権」を参院選の争点にして頂く意見書」1.保守派向けVer.
「子ども手当」と「外国人参政権」を参院選の争点にして頂く意見書」2.民主党向けVer. を送信中です。
こちらの記事
こちらの記事をご参照下さい。

3.市区町村の「子ども手当」窓口へ
「不正受給を予防する厳格な審査の要請依頼&他の日本解体法案の周知祭り」を開催中です。
(周知は一通り終了しましたが、現場では多くの方の声が待たれているようです。引き続き、地元自治体にだけでも送信を宜しくお願い申し上げます)。
こちらの記事をご参照下さい。

4.各政党議員さんへ
「人権擁護法案推進議員連盟発足記念(笑)意見書送信祭り」を開催中です。
こちらの記事をご参照下さい。

5.マスコミ各社へ子ども手当他の「日本解体法案」報道依頼のメールを送信中です。
こちらの記事をご参照下さい。

6.各政党議員さんへ
議会制民主主義が崩壊する超危険法案「国会法改正案」への反対意見書 を送信中です。
こちらの記事をご参照下さい。

7.議員さんや都道府県議会事務局へ
「子供手当てを、外国人の母国に残した子供の分まで支給することへの反対意見書」
を送信中です。
こちらの記事をご参照下さい。

何卒皆さまの温かいご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*
スポンサーサイト

文例:「国会法改正案」への反対意見書 *利用、改変可*
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking クリックをお願いいたします!
また、最後にアンケートがありますので、ご協力をお願いいたします。


◆◇◆今般の主旨◆◇◆
●今般、当ブログのコメント欄において、
「国会法改正(改悪)案について」の問題を知った方から、
周知拡散と意見書送信のご提案を頂きました(情報のご提供とご提案、誠にありがとうございます)。

そこで当ブログでは、このご提案に応じ、このご提案を下さった方からのコメントと資料を参考にさせて頂きながらこの問題についてのまとめをご紹介し、また
駄文ながら
・周知拡散・議会・議員への「国会法改正(改悪)案について」の意見書文例を公開させて頂くとともに、
・これまで皆さまのご協力を頂きながら蓄積した議員等のリスト
メールを一括送信できる無料ソフトのご紹介も致しております。
ご賛同頂ける方は、何卒ご協力を頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

※今後も、日本解体法案阻止のための周知拡散・意見書送信のご要望がございましたら、コメント欄までお寄せ下さいませ。
数日のお時間を頂くこともございますが、国家にかかわる、緊急性の高いものから優先し、及ばずながら可能な限り、対応させて頂きたいと思います。

◆◇◆「国会法改正(改悪)案について」のまとめ◆◇◆
●以下は、このご提案を下さった方からのコメントを拝借し、また資料を参考にさせて頂きながらまとめさせて頂きました。

《ソース》
民主、国会法改正案を了承2010.3.17 19:01
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100317/stt1003171902014-n1.htm
 民主党 は17日、政治改革推進本部(本部長・小沢一郎幹事長)の全体会議を都内で開き、官僚答弁の原則禁止を柱とする国会法など国会審議活性化関連法案と衆参両院規則改正案を了承した。近く衆院議会制度協議会に提示する方針だ。
(1)国会で答弁する政府特別補佐人から内閣法制局長官を除く
(2)副大臣、政務官の定数を増やす
(3)政府参考人制度の廃止
(4)行政機関の職員や学識経験者らからの意見聴取会の開催     -が盛り込まれている。
    ↓ ↓ ↓
 《解説》
(1)⇒「余計な解釈するやつは国会に出てくんな」
(2)⇒「脱官僚を見せつつ、内閣の方針に従う人間を増やす」
(3)⇒「余計な説明するやつは国会に出てくんな」
(4)⇒「支持母体(日教組・北教組・マスコミ・サラ金団体などなど)の意見を重視!!」

 《影響 *コメント欄より拝借》
分かりにくいですが、オセロで例えれば、個別で裏返してきた13の日本解体法案も、
この1発の角取りで、全てひっくり返されてしまう恐ろしいものです。
トランプ7並べのジョーカーや、白紙の先日付の小切手のよなうな。
3権分立の上に民主党が存在することとなり、議会制民主主義が崩壊します。

外国人参政権などの直接的な売国闇法案はとりあえず参議院選挙までは留保されるかも知れませんが、
今最も重要な自民党が断固反対しなければならない法案は国会法改正案ではないでしょうか。

 《参考サイト/意見のご紹介》
*ブログ「博士の独り言」さま 民主「国会法改正案を了承」について
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-3274.html
*主張 国会法「改正」 解釈改憲への懸念は消せない
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-12-11/2009121102_01_1.html
*教えて!goo なぜ、ドイツは全権委任法案を阻止できなかったのか
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4326782.html
*ネットリサーチ「国会法改正案【全権委任法目前】て何よ?」
http://research.news.livedoor.com/r/42573


◆◇◆メールの送信について◆◇◆
●民主党議員・国民新党・自民党議員さんの連絡先をエクセルファイルにて公開しております。
下記のエクセルを開いて、
ファイルを名前を付けて保存するときにファイルの種類をCSVに指定して保存してお使いください。
(そうすれば、上記一括送信ソフトで利用できます!)
ご面倒ですがよろしくお願いいたします。

●民主党議員・国民新党・自民党議員さんの連絡先
民主党衆議院議員.xls
民主党参議院議員.xls
衆・参議院 民主党議員.xls メール送信専用です。
 ※メールを2つお持ちの議員さんには両方送信できるようにしました。
国民新党 衆参議院議員.xls
自民党衆議院議員.xls
自民党参議院議員.xls
メール専用 自民・民主・国民新党衆・参議院議員.xls

●メール送信の負担を軽減するフリーソフトについて
上記エクセルデータを利用した、
メールを一括して送信できるソフトのご紹介
もさせて頂いております。ご自身の判断でご利用下さいませ。


◆◇◆文例:「国会法改正(改悪)案」への反対意見書 *利用、改変可*◆◇◆

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

   様
【「国会法改正(改悪)案」への反対意見書】

平成22年  月  日

                      住所
                      氏名

突然の送信、失礼致します。私は国思う一国民で、この選挙区の住民です。
私は3月17日のニュースで、与党民主党が官僚答弁の原則禁止を柱とする国会法などの改正案を了承なさったことを知りました。
この法案の具体的な内容はインターネット上に公開され、良識ある国民が徐々に知るところとなっていますが、これを読んで大変驚愕すると共に、このような悪法が成立すれば、事実上議会制民主主義が崩壊し、今後どのような悪法も全て成立する事が可能になってしまうことを大変懸念しています。
何卒、良識ある先生には近未来の日本に大いなる禍根を残すだけとなるこの法案に断固反対の意を唱えて頂きたく、宜しくお願い申し上げます。

<参考記事>
●民主、国会法改正案を了承2010.3.17 19:01 産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100317/stt1003171902014-n1.htm
民主党は17日、政治改革推進本部(本部長・小沢一郎幹事長)の全体会議を都内で開き、官僚答弁の 原則禁止を柱とする国会法など国会審議活性化関連法案と衆参両院規則改正 案を了承した。近く衆院議会制度協議会に提示する方針だ。(1)国会で答弁する政府特別補佐人から内閣法制局長官を除く(2)副大臣、政務官の定数を増やす(3)政府参考人制度の廃止(4)行政機関の職員や学識経験者らからの意見聴取会の開催-が盛り込まれている。

【この意見書の目的】
「国会法改正案」は議会制民主主義と民主主義を崩壊させ、どのような悪法の成立も招き、日本国家が独裁国家となる内容であるので断固反対頂きたい。

【国会法改正案の内容】
上記参考記事を用いて説明申し上げますと、
(1)国会で答弁する政府特別補佐人から内閣法制局長官を除く
 というのは、「余計な解釈する者は国会に出てくるな」という意味であり、
(2)副大臣、政務官の定数を増やす
 というのは、「脱官僚を見せつつ、内閣の方針に従う人間を増やす」ということであり、
(3)政府参考人制度の廃止
 というのは、「余計な説明する者は国会に出てくるな」と解釈され、
(4)行政機関の職員や学識経験者らからの意見聴取会の開催
 という曖昧な定義は実は「与党の支持母体などの意見を重視する」とも取れるものであります。

【国会法改正案への反対意見】
上記内容の通り、このような悪法が成立すれば、法令などの解釈を行うプロである官僚の答弁の機会を無くし、代わりに素人同然の者が憲法解釈まで行うようになってしまいます。

それは、事実上の議会制民主主義の崩壊を意味し、私ども良識ある国民が反対の意を唱えている、外国人参政権法案、人権侵害救済法案、外国人住民基本法案などどのような悪法も、違憲法案も、今後全て容易に成立する事を可能にする前提を築くことになり、非常にこれを懸念しています。
また良識ある国民が反対する法案をいとも容易に成立させることは、民主主義の崩壊にも繋がります。

私ども国民は、独裁国家になることを願って先生方に政治を託しているのではありません。このように日本国家を亡国へと導き、国家解体の懸念のある法案を十分理解なさった上で賛成なさる政党や個人には、今後一切投票できません。私ども良識ある国民は今後、この悪法の問題を総力を挙げて選挙区内の住民はじめ国民全体に周知し、同時にこのような法案に賛成なさる政党・個人に投票しないよう呼びかけて参りたいと思います。

何卒、良識ある先生にはこの法案に断固反対の意を唱えて頂き日本国民の代表として聡明なるご判断を下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

以上



*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

日本を絶対に守りたい!とお考えの方は
人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!









Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。