☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
転載記事:4月17日の「外国人参政権に反対する一万人大会」開催のご案内
「外国人参政権に反対する一万人大会」が17日に開催されます!

この件では、〔しーたろう〕の友人が頑張っていますので、特別にご紹介いたしたく
記事として掲載させて頂きました。
ご都合のつく方は、是非是非ご参加を宜しくお願い申し上げます♪


☆★☆お知らせ☆★☆
ひとつ下の記事において、
「幸&後援会の公選法違反」で連座制(公選法第251条の2)により「鳩を当選無効に追い込む」こと』が目的の『鳩撃ち猟』をご案内中です!

こちらも、ご協力頂ける方は宜しくお願い申し上げます。

その他の当ブログの現在の活動は下方にまとめておりますのでご参照下さいませ。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

※以下一部転載。詳しくは「草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN」さまで必ずご確認下さい。
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-2800.html

「外国人参政権に反対する一万人大会」
【要 項】
日時 4月17日(土) 開場12:30 14:00~15:30頃 
会場 日本武道館
各界有識者と政治家が提言(予定)
佐々 淳行(初代内閣安全保障室長)
亀井 静香(国民新党代表、金融担当大臣)
大島 理森(自由民主党幹事長)
平沼 赳夫(たちあがれ日本代表)
石田 一夫(UIゼンセン同盟副会長)
百地 章(日本大学教授)
関岡 英之(ノンフィクション作家)
エドワーズ 博美(メリーランド大学講師)
ほか、民主党議員、都道府県知事、議会議長などが挨拶予定

主催 永住外国人地方参政権に反対する国民フォーラム

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

日本を絶対に守りたい!とお考えの方は人気ブログランキンク FC2ブログランキンクのクリックをお願いいたします!








★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
※お願いが多くて、スミマセン※
現在、当ブログでは下記のよ うな活動をしています。
1.上記のほか、各政党議員さんへ
「人権擁護法案推進議員連盟発足記念(笑)意見書送信祭り」を開催中です。
こちらの記事をご参照下さい。

2.マスコミ各社へ子ども手当他の「日本解体法案」報道依頼のメールを送信中です。
こちらの記事をご参照下さい。

3.各政党議員さんへ
議会制民主主義が崩壊する超危険法案「国会法改正案」への反対意見書 を送信中です。
こちらの記事をご参照下さい。

4.自民党の国会議員・地方議員さんへ「自民党主導の子供手当反対巨大デモ」依頼要請文を送信中で す。
こちらの記事をご参照下さい。

5.議員さんや都道府県議会事務局へ
「子供手当てを、外国人の母国に残した子供の分まで支 給することへの反対意見書」
を送信中です。
こちらの記事をご参照下さい。

6.各政党議員さんへ
史上例の無い超危険法案「外国人住民基本法案」への反対意見書を送信 中です。
こちらの記事をご参照下さい。

7.姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きにな る!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是 非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

日本を絶対に守りたい!とお考えの方は人気ブログランキンク FC2ブログランキンクのクリックをお願いいたします!




専門家からの拡散依頼に応え、与党の“外国人参政権慎重派”へ拡散しよう 〔文例・送信先・一括送信無料ソフトご紹介付き〕 ~①帰化の厳格化の要請、②「永住者」の問題点、③人権擁護法案の危険性、おまけとして④子ども手当を外国にいる子どもへも支給することへの反対意見~ *利用、改変可
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking クリックをお願いいたします!
また、最後にアンケートがありますので、ご協力をお願いいたします。


【今般の主旨と当ブログでのご提案】
与党である国民新党は、外国人参政権に慎重な姿勢、また民主党にも良識派の議員がいらっしゃるようです。これは大変心強いことです。
一方で、これらの方々の中に「参政権が欲しければ帰化すれば良い」という甘~いお考えの下、帰化手続を簡易化しようとする意見も見受けられます。

しかし、これまで当サイトでご紹介した、外国人入国・在留・帰化の専門家によれば、
1.帰化手続は、すでに容易。むしろもっと厳しくすべき
2.「永住者」の在留資格はかなり安易に付与されている
     という、かねてからの周知依頼がある一方で、
3.人権擁護法案が成立すれば、外国人参政権法案が破棄されてもやがては成立する事になる
     という危険性があること、

また、付加情報として
4.「子ども手当」を自国に残してきた外国人の子に対しても支給する方針があるようだが、
戸籍制度の無い諸外国の身分関係の証明は、非常に困難である。時として偽装書類もある


という現実があり、これを与党保守系議員へ追加周知拡散して欲しい旨の依頼を受けております。

そこで、上記内容をお知らせしてご理解頂き、更にはその議員の関係者の方々にもこれを広めて頂けるよう、メール&FAXをしたいと思います。

なお、今回の文例は、同じ文面が何度送信されても怪しまれないよう、文を一工夫しております。(メールのタイトルはご自身で工夫して頂いた方が良いかもしれませんけれど)。
もちろん、ご自身の言葉に変え、また他にも書きたい事を加えて頂いて、自由に利用して頂いて構いません。
一人でも多くの良識派の議員が、上記の事を理解して下さるまで、何度も何度も送りましょう

ご賛同頂ける方は、どうぞよろしくお願い申し上げます。


【FAX・メールの送信について】
●エクセルファイルにて選挙区ごとの民主党議員・国民新党議員さんの連絡先を公開しております。
  ※なお、このデータはコメント欄のある「常連さま」がまとめて下さいました。
   誠に、有難うございました。
下記のエクセルを開いて、
ファイルを名前を付けて保存するときにファイルの種類をCSVに指定して保存してお使いください。
(そうすれば、次のメールを一括送信ソフトで利用できます!)
ご面倒ですがよろしくお願いいたします。
民主党衆議院議員.xls
民主党参議院議員.xls
衆・参議院 民主党議員.xls メール送信専用です。
 ※メールを2つお持ちの議員さんには両方送信できるようにしました。
  メールのない議員さんは削除してあります。(←New)
国民新党 衆参議院議員.xls (←New)

●FAX、メールのポイント ~一気にメールを送れるソフトのご紹介付き~
※FAXのポイント
とくに選挙区住民からのFAXはじっくりと目を通して頂けるようです。
送信の際は、選挙区の住所+氏名(ペンネームでもOK)をお書き頂くとGOOD!
ご賛同頂ける方は、よろしくお願い申し上げます。
※メールのポイント
メールであまり厳しい事を書くと、秘書さんがさっくりと削除してしまうようです。しっかりと読んで頂けるように心を落ち着けて書きましょう。
下記の一括送信ソフトで、皆さまで何度も何度も送りましょう!(但し、できるだけタイトルは変えて下さいね)

●メール送信の負担を軽減するフリーソフトについて
「有志の方」からのご紹介で、上記エクセルデータを利用した、
メールを一括して送信できるソフトのご紹介
を頂きました。ご自身の判断でご利用下さいませ。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

【文例~①帰化の厳格化の要請、②「永住者」の問題点、③人権侵害救済法案の危険性、④子ども手当を本国にいる子どもへも支給することへの反対意見~】 
※長文につき、ご参考までに重要ポイントを太字にしています。


民主党議員                 先生

【国思う先生を応援し、外国人入国・在留・帰化の専門家からの拡散依頼メッセージを送信しています】

平成22年  月  日

                      住所
                      氏名

こんにちは。私はこの選挙区の有権者です。
私は、先生が国思う素晴らしい国会議員でいらっしゃることに選挙区の住民として、誇りに思っております。

さてこのたび、国思う外国人入国・在留・帰化の専門家の方から、是非とも先生にお伝え頂き、ご理解頂いた上で、できれば先生ご自身のお言葉で周囲の先生方や支持者の方々に周知拡散したい事がある旨、メッセージを預かっておりますので、ここに引用し送信させて頂きました。

拡散依頼に基づいての送信につき、他所からも類似内容の文面が届くかもしれませんが、各々の送信者はこの内容を深く理解しました上で送信しているのであり、決していたずらなどではありません
周知拡散により、多くの有権者がこれらの問題を理解しはじめております。ひとえに国益を第一に考えた、私利私欲無き有権者からの送信でございますので、先生におかれましてもご理解とご協力とを頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

(以下、拡散文)
1.帰化の厳格化の要請について
「外国人参政権」に慎重な、良識あるお考えの先生方の中にも、「帰化手続きのハードルを下げる、あるいは許可制から届出制へと変える」ことにより、外国人の日本人への帰化を容易にし、結果として希望者すべてに帰化をさせて参政権を付与しようとするお考えの方がいらっしゃると伺います。

しかし専門家によれば、帰化はすでに容易に許可されているとのことです。
・現行の帰化許可申請でも、条件を満たし、所定の書類を提出すれば申請者のほとんどが許可されている
・いわゆる「在日」と呼ばれる「特別永住者」の方々には、手続書類の一部が免除されている。それも「帰化の動機書」という、帰化を希望する理由の書面である
・ケースによっては生活保護受給者にも帰化が許可されている
・帰化は、犯罪者などには許可されない
・だが帰化が許可制から届出制に代わるようなことになれば、犯罪者でも帰化できることになる
・参政権は日本人として生きる途上の一つに過ぎない。参政権のために帰化するのではないはず。そもそも、「参政権が欲しいなら帰化せよ」という考え方に違和感あり
・帰化を希望している者が必ずしも親日思想とは限らない
とのことです。先生方にはこの旨をよくよくご理解の上、くれぐれも慎重にお考え頂きたいとのことです。

2.「永住者」在留資格の問題点
参政権の付与対象となっている「永住者」については、
・「永住者」の在留資格は、原則として来日から10年の期間を要することになっているが、法運用の実情としては日本人等との結婚により来日後わずか3年余りで付与される事もあり、不法入国・滞在者にまで付与されている。ところが不法入国・滞在者は「帰化」はかなり困難である。
・来日3年余りだと、日本語の読み書きもできない場合も多い。そうなると自ら参政権を行使せず、票の売り買いが予想される。
・帰化をすれば当然行使できる参政権を、外国人のまま与えるのは、結果として犯罪者や日本語のできない者に付与することになると危惧される。
・詳しい実態は国政調査権を行使し、法務省や地方入国管理局で確認してほしい
とのことです。先生方にはこの旨をよくよくご理解の上、くれぐれも慎重にお考え頂きたいとのことです。

3.人権侵害救済法案の危険性
人権侵害救済法案は、言論統制の可能性がある法案とお見受けいたします。案によれば、人権委員に国籍要件を設けないため、外国人の就任も可能とされることが問題視されています。
つまり、先生方の良識により一旦は「外国人参政権法案」が成立しなくても、「外国人に参政権を付与しないのは人権侵害である」との申し立てがあれば、結局は外国人参政権の成立は回避できないものとなってしまうと思われます。
法案相互の関連も勘案し、総合的に良識的ご判断をお願いいたします。

4.「子ども手当」を本国にいる子どもへも支給することへの反対意見
「子ども手当」を支給するに当たり、現在日本で子を養育している外国人家庭だけでなく、子を本国に残して就労している外国人の、その子どもたちの分まで支給するという案があると伺いました。

これも専門家の意見によれば、非常に国益を害する行為であるとのことです。
  
・現在の所得税法によれば、本国にいる家族も扶養控除の対象となっており、そもそもこうした方々の納税額は大変微々たるものです。例えば、両親・妻・妻の両親・子ども3人の計8人を本国に残し、単身日本で就労して給与所得を得ている場合、他の所得控除を考慮しなくとも年収600万円であっても扶養控除だけで非課税になる計算となり、こうして納税を回避しながら“出稼ぎ”に来ている外国人は決して少なくありません。
・しかもこの家庭に一人26,000円×3人分の「子ども手当」を支給すれば、月々78,000円が海外に送金されることになります。
(仮に上記の扶養控除が廃止になったとしても、支給する金額の方が上回ります)
日本との経済格差がある国の出身である場合、高々一人分の「子ども手当て」だけの金額で、一家が生活できる場合があります。
・また、国柄によっては一夫多妻などで大変大勢の子が本国に存在する場合があります
・戸籍制度の無い諸外国の身分関係の証明は、出生証明、婚姻証明など多くの証明書が必要となりますが、国外に扶養する子の分まで支給しようとする場合、事務を委任される市区町村の窓口は大変な混乱が予想されます。
・さらには、時として偽装書類さえあります。同一人物が複数の氏名、複数の生年月日を保有しているケースもあります。

上記の通り、「子ども手当」につきましては、日本国の外に居住する子の分まで支給しようとすると、日本国の予算を破綻するまで際限なく消化することになり、この財源を確保することは極めて困難になります。
そればかりか、海外に日本の血税を流出させるだけの制度となり、本来の日本における経済効果の期待には全くつながらないことは明白です。

「参政権」という、日本の主権を揺るがす問題において、また、「子ども手当」という日本国の巨額の財源を必要とする問題において様々な角度から検討する事は重要です。

外国人のすべてが日本に敵対心を持っているわけではないでしょう。しかし、他人よりも自分や自分の家族、他国よりも自国を尊重するのは、人間の常です。

上記の件、重々お含み置きの上、日本における「唯一の立法機関」の構成員としてのお役目を果たして頂きたく、心よりお願い申し上げます。
                                      以上


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
※お願いが多くて、スミマセン※
〔お願い1〕現在、当ブログでは“北風と太陽プロジェクト”と題し、民主党議員さんへ、
外国人参政権・人権侵害救済・夫婦別姓の各法案について反対する意見書を
送信中です。
◆送信先ならびに一括でメール送信できるフリーソフトのご紹介、文例については
北風と太陽プロジェクト”北風Ver.
北風と太陽プロジェクト”太陽Ver.
をご参照下さい。

〔お願い2〕現在、当ブログでは全国都道府県議会へ「外国人参政権反対決議」を採択して頂くため、
意見書送信を継続中です。

◆詳しくは◆
こちらの記事までお願い申し上げます。
◆送信先ならびに一括でメール送信できるフリーソフトのご紹介付き文例です◆
文例 「外国人参政権法案反対決議」要望書 短文Ver.ほか
ご参照下さい。

〔お願い3〕姉妹サイトのご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*


〔お願い追加〕
外国人参政権阻止活動を広めたいので、このブログの人気ブログランキンク FC2ブログランキンクのクリックをお願いいたします!




民主党議員さんへ、FAX・メールで叱咤&激励の意見書を送信<“北風と太陽”プロジェクト> 文例 太陽Ver. *利用、改変可(転載不可)*
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking クリックをお願いいたします!
また、最後にアンケートがありますので、ご協力をお願いいたします。


●呼びかけ
【“北風と太陽プロジェクト”のきっかけ】
2010-01-13「参政権阻止の急所!」 〔『水間条項』より転載〕の記事を転載しておりますが、この内容の一つである、新人議員を含む民主党議員の方へ送るべく、今回と前回、意見書文例を作成し公開いたします。
当ブログでは、「“北風と太陽プロジェクト”」と名づけ、
・国民の代表、立法機関の構成員としての自覚を促す“叱咤”FAX用文例:北風Ver.
・身近な地元国民の代表として暖かく励ます“激励”メール用文例:太陽Ver.
を作りました。

なお、外国人参政権法案だけでなく、近々に提出が予想される人権侵害救済法案夫婦別姓法案についても意見書に書き加えて作成しています。

ご賛同頂ける方は、これらを自由にアレンジして送信&できればご報告を下さい!

※北風Ver.は一つ下の記事にあります
※このプロジェクトは、法案が破棄されるまで気長に継続していきたいと思います。
※その他、外国人参政権法案等の阻止のための効率的な意見の送信先、文例のリクエストのご提案があれば積極的に取り入れて参りたいと思いますので宜しくお願い申し上げます。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
※お願いが多くて、スミマセン※
〔お願い1〕外国人参政権阻止活動を広めたいので、このブログの人気ブログランキンク FC2ブログランキンクのクリックをお願いいたします!

〔お願い2〕現在、当ブログでは上記“北風と太陽プロジェクト”の他、全国都道府県議会へ「外国人参政権反対決議」を採択して頂くため、意見書送信を継続中です。
◆詳しくは◆
こちらの記事までお願い申し上げます。
◆送信先ならびに一括でメール送信できるフリーソフトのご紹介付き文例です◆
文例 「外国人参政権法案反対決議」要望書 短文Ver.ほか
ご参照下さい。

〔お願い3〕姉妹サイトご訪問⇒ランキングクリックをお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
本日のエントリ:
穏やかな口調ながら日本の問題を鋭く指摘!「一阿のことば」 好評掲載中!

是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

(ここから本文)
●拡散先一覧=民主党議員 
【意見書はバランスよく全員に送りましょう!】
※外国人参政権についてまだお考えの定まっていない、新人議員の先生を中心に送信しましょう!
※ゆとりのあるの方は、新人議員以外の議員にも送りましょう!

今回は「周知活動」ではないのですから、誰か一人送れば良いということは決してありません。送信して頂いたら、できればコメント欄にそのご報告を頂きたいのですが、「請願書」ではないので、破棄されてしまう可能性もあります。
そこで、当ブログからのご提案としては、
・議員の先生方が移動中に目にすることが出来るものとして、簡潔な意見の「北風Ver.」はFAXで(メールもOK)
・議員の先生方へ温かい励ましを送るものとして「太陽Ver.」はメールで(FAXもOK)
できるだけ効率よく沢山意見書を送りませんか。

●FAX、メールのポイント ~一気にメールを送れるソフトのご紹介付き~
※FAXのポイント
とくに選挙区住民からのFAXはじっくりと目を通して頂けるようです。
送信の際は、選挙区の住所+氏名(ペンネームでもOK)をお書き頂くとGOOD!
ご賛同頂ける方は、よろしくお願い申し上げます。
※メールのポイント
メールであまり厳しい事を書くと、秘書さんがさっくりと削除してしまうようです。
しっかりと読んで頂けるように穏やかな文体を心がけましょう。
下記の一括送信ソフトで、皆さまで何度も何度も送りましょう!(但し、できるだけタイトルは変えて下さいね)

【FAX・メールの送信先について】
*エクセルファイルにて選挙区付きの民主党議員さんの連絡先を公開しております。
  ※なお、このデータはコメント欄のある「常連さま」がまとめて下さいました。
   誠に、有難うございました。
下記のエクセルを開いて、
ファイルを名前を付けて保存するときにファイルの種類をCSVに指定して保存してお使いください。
(そうすれば、次のメールを一括送信ソフトで利用できます!)
ご面倒ですがよろしくお願いいたします。
民主党衆議院議員.xls
民主党参議院議員.xls
衆・参議院 民主党議員.xls メール送信専用です。
 ※メールを2つお持ちの議員さんには両方送信できるようにしました。
  メールのない議員さんは削除してあります。(←New)

【メール送信の負担を軽減するフリーソフトについて】
「有志の方」からのご紹介で、上記エクセルデータを利用した、
メールを一括して送信できるソフトのご紹介
を頂きました。ご自身の判断でご利用下さいませ。


●文例:太陽Ver. 〔メール用として推奨。<FAXもOK>〕

民主党議員     先生
           
〔民主党を応援しています!〕

                             平成22年  月  日

                      住所
                      氏名

こんにちは。私はこの選挙区の民主党の支持者の者です。
いつも先生には私たち地域住民がお世話になり、また国民全体のためにお働き下さり、本当に有難うございます。民主党の先生方が、卓越した政治の才覚を持って、従来の腐敗した政治を刷新し、日本を明るい良い国に変えてくださる事を信じ、とても期待し、応援をさせて頂いています。

ところで、少し気になることを耳にしました。
今の民主党中心とした政権が、外国人地方参政権・人権侵害救済・夫婦別姓といった、これまであまり聞いたことのない法案を提出されようとしているということです。
一部の新聞やテレビ番組などで取り上げられていましたので、私なりに少し調べてみましたが、これらは大変危険な法案のようで、とても気がかりになってきました。

・外国人参政権は、地方参政権とはいえ、日本の安全保障に関わる問題だと聞きました。それに憲法違反だそうです。最初に「合憲」として論文を書かれた大学の先生も、最近主張を変更されたそうです。日本人の国会議員である先生は、まさか憲法違反の法律制定に賛成などなさったりしないことを信じています。
第一、日本の事は日本人だけで決めたいです。そうでないと、日本が外国の思いのままになってしまうと思います。そうなると私たちが民主党に託したはずの未来は、暗澹たる者になってしまうかもしれません。
もっとこの問題が大きく取り上げられると良いのですけれど、なぜかマスコミもあまり取り上げません。
これもとても不自然なことだと思っています。

なお、外国人参政権が好ましくないならば「帰化を簡単にすれば良いではないか」という意見があるようですが、これにはとても違和感があります。参政権のために帰化するなんて、不自然すぎます。まず日本人として様々な義務を果たし、その上で権利を行使する、あくまでその権利の一部が参政権なのではないでしょうか。
参政権のために帰化を簡単にしてしまったら、外国人に参政権を上げるのと同じではないかと思います。
私にも帰化した親しい友人がいますけれど、帰化手続はとても簡単だったそうです。それに一連の帰化手続の中で日本に対する特別な忠誠心を誓う対応も無かったと聞きました。
友人の知人には、生活保護を受けながら帰化できた人もいるそうです。
これ以上簡単にしたら、犯罪者だとか、日本に悪意を持つ人までも日本人になってしまうかもしれません。
そうなれば、先生方は今後の選挙で、そうした方々にまで有権者として特別の配慮をしなければならなくなるのではありませんか?
そのような方々にまで、「参政権を上げるために」わざわざ帰化の条件を緩和して、日本人にさせようとするなんて、どうにも合点がいきません。

・人権侵害救済法案というのは、とても綺麗な名前ですが、実は「人権」の定義があいまいで、外国人も人権委員になれて、令状も無く捜査ができる法案だと聞きました。そうなると、憲法で保証された「言論の自由」は無くなり、誰も自由な発言はできなくなってしまうし、外国人にとって都合の悪い日本人は次々と逮捕されてしまうかもしれないそうです。この法律で守られるのは「人権意識」に敏感な方の人権であり、そうでない方の人権は無視される可能性があるそうです。
とても怖い法律だと思います。

・夫婦別姓法案は、家族の一体感が失われるように思います。私にも子どもがいますけれど、「お母さんと別々の苗字になるなんて絶対イヤ!」と言います。家族の姓がバラバラだなんて、子どもが可哀想です。
夫婦の姓が同じなのは、日本の長年の伝統としてごく自然に定着していることだと思います。
別姓は中国や韓国の風習ですが、この法案を考えた方は、どうして日本の伝統を否定なさるのでしょうか。
現代では、結婚して姓が変わった女性も、職場では旧姓のままで働いている方が多いですから、この制度をバックアップする政策を行えば、それらの女性たちに不都合はないのではないでしょうか。

どれを見ても、日本にとって都合の悪い、外国に都合の良い法律ばかりのように思います。
民主党は、「国民の生活が第一」とのキャッチフレーズで私たち日本人の心を惹きつけました。
昨年の選挙の時、マニフェストに書かれていなかったので、私はこれらのような法案が提出される事など決して無いと思っています。もし何かの間違いで提出されても、きっと先生はこれに果敢に反対して下さり、私たち一般国民を守って下さると信じています。
そうでなければ、この選挙区の住民だけでなく、日本人は誰しも二度と民主党を信じなくなるし、もちろん先生にも投票しなくなってしまいます。それは非常に残念なことです。

民主党の先生は一人残らず知的で、高潔で、聡明な、日本人の代表であり、日本国民の味方ばかりでいらっしゃるはずです。まず「日本人の生活を第一」に考えて下さり、日本人に都合の悪いことなど決してなさらないはずです。
そう信じて、民主党の先生に投票し、政治を託しました。
これからも先生を心から応援させて頂きたいと思います。
この地域の、そして日本国民の代表として、今後とも賢明な正しいご判断をよろしくお願い申し上げます。
                                 以上


ご賛同頂ける方は、このブログの人気ブログランキンク FC2ブログランキンクのクリックをお願いいたします!





「帰化手続はもっと厳しくすべき」(専門家談) *拡散希望
はじめに人気ブログランキンク FC2ブログランキンクのクリックをお願いします!

※本日の記事は、外国人入国・在留・帰化手続の専門家へのインタビューを行って作成しました※
※この内容について拡散を強く希望します※

《本日のエントリの要点=帰化は現行制度でも充分に容易に許可されている。むしろもっと厳しくすべき》
●現行の帰化許可申請でも、条件を満たし、所定の書類を提出すれば申請者のほとんどが許可されている
●いわゆる「在日」と呼ばれる「特別永住者」の方々には、手続書類の一部が免除されている。
それは「帰化の動機書」という、帰化を希望する理由の書面である
●ケースによっては生活保護受給者にも帰化が許可されている
●帰化は、犯罪者などには許可されない
●だが帰化が許可制から届出制に代わるようなことになれば、犯罪者でも帰化できることになる
●参政権は日本人として生きる途上の一つに過ぎない。参政権のために帰化するのではないはず。
そもそも、「参政権が欲しいなら帰化せよ」という為政者の考えに違和感あり

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
〔お願い1〕外国人参政権阻止活動を広めたいので、このブログの人気ブログランキンク FC2ブログランキンクのクリックをお願いいたします!

〔お願い2〕現在、当ブログでは全国都道府県議会へ「外国人参政権反対決議」を採択して頂くため
意見書送信をしております。

◆詳しくは
こちらの記事までお願い申し上げます。

★送信先ならびに一括でメール送信できるフリーソフトのご紹介付き文例です★
文例 「外国人参政権法案反対決議」要望書1 一般Ver.
文例 「外国人参政権法案反対決議」要望書2 ミセスVer.
文例 「外国人参政権法案反対決議」要望書3 未成年Ver.
文例 「外国人参政権法案反対決議」要望書4 ナイスミドルVer.
文例 「外国人参政権法案反対決議」要望書5 拡散希望!エキスパートVer.
ご参照下さい。

〔お願い3〕姉妹サイトご訪問⇒ランキングクリックをお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
本日のエントリ:
的確な文章で日本の問題を鋭く指摘して下さる「瑞雪の「『平和』を軽々に口にする無礼」 好評掲載中!

是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

本日は、「都道府県議会への送信用文例「外国人参政権法案反対決議」要望書5 拡散希望!エキスパートVer.」の作成に当たってもお世話になった外国人入国・在留・帰化手続の専門家へ再度インタビューを行い、記事を作成しました。内容については拡散を希望いたします。
*Aさん=外国人入国・在留・帰化手続の専門家  Q=当ブログ管理人〔しーたろう〕

Q:先日は外国人参政権法案反対決議の要望書作成にあたって取材をさせて頂き、有難うございました。おかげ様で多くの方が、来日外国人の永住者ビザ取得の現実を新たに知って下さったと思います。

A:どういたしまして。私個人でも、同様の要望書を地元議会に送信予定で意見をまとめようとしたところでしたので、丁度よかったです。

Q:本日は、帰化手続についてお尋ねしたいのですが。宜しくお願い申し上げます。

A:こちらこそ、宜しくお願いいたします。

Q:早速ですが、現在少しずつ外国人参政権の問題が表面化して、段々に「外国人に参政権を与えるのは問題だ」という世論が出来つつあるように思います。一方で、「参政権が欲しい外国人には帰化の要件を緩和すれば良い」という声が聞こえます。でもこれはこれで一般国民の目線から見た場合、問題だと思います。そこで本日はブログ「日本解体法案反対請願.com」を代表しまして、帰化手続の実態についてお尋ねし、ブログ読者の皆さまにご紹介させて頂きたいと思います。

まず、帰化の条件はどうなっているのですか?

A.帰化をするにはおおまかに言って6つの条件が必要です。
1.住所条件(国籍法第5条第1項第1号)
 正当な在留資格を有して引き続き5年以上日本に住んでいることが必要です。
2.能力条件(国籍法第5条第1項第2号)
 年齢が20歳以上で、本国の法律によっても成人の年齢に達していることが必要です。
3.素行条件(国籍法第5条第1項第3号)
素行が善良であることが必要です。犯罪歴の有無や態様,納税状況や社会への迷惑の有無等を総合的に考慮して,社会通念によって判断されます。
4.生計条件(国籍法第5条第1項第4号)
 生活に困るようなことがなく,日本で暮らしていけることが必要です。
5.重国籍防止条件(国籍法第5条第1項第5号)
帰化しようとする方は,無国籍であるか,原則として帰化によってそれまでの国籍を喪失することが必要です。
6.憲法遵守条件(国籍法第5条第1項第6号)
日本の政府を暴力で破壊することを企てたり,主張するような者,あるいはそのような団体を結成したり,加入しているような者は帰化が許可されません。

※また、日本語の読み書き能力が必要とされています
※なお,日本と特別な関係を有する外国人(日本で生まれた者,日本人の配偶者,日本人の子,かつて日本人であった者等で,一定の者)については,上記の帰化の条件を一部緩和しています(国籍法第6条から第8条まで)。
法務省の国籍Q&A http://www.moj.go.jp/MINJI/minji78.html#a09

Q:帰化の手続は「永住者」と比べて難しいのでしょうか?

A:人によります。たとえば、就労系の在留資格で日本に滞在している方が「永住者」の在留資格を得るには原則として10年の日本滞在が必要です。しかし、「帰化」は5年で要件が満たされます。この場合、帰化の方が条件としては早く満たされるということになります。

Q:素行条件とは具体的には何ですか。

A:刑法犯罪歴がある場合はもちろん、自動車の交通違反程度でも許可されないことがあります。また、不法入国・滞在者はまず申請の受理がされません(しかし不法滞在が在留特別許可などの措置により解消され、その後かなりの年月が経過すれば受理され、許可されることがあります)。

Q:生計条件としては、多額の納税をしていないと帰化できないのでしょうか。

A:そのようなこともありません。中には生活保護受給者でも帰化が許可されるケースがあるようです。

Q:日本語の読み書きが要求されると伺いましたが、どの程度のレベルが要求されるのですか。

A:平仮名、片仮名、小学校2年生程度の漢字の読み書きが要求されます。ですが、この程度であっても漢字を使わない国の出身の方々にはとても厳しいと感じられるようです。なお、永住許可申請にはこのような制約はありません。

Q:「なぜ帰化をしたいのか」という理由などを述べる必要はありますか。

A:はい。「帰化の動機書」という書類の提出が要求されています。「日本の文化や生活習慣が好きだ。一生日本人として生活したい」という主旨の事を書く方が多いです。
ですが、この書類はいわゆる「在日韓国・朝鮮人」と呼ばれる、「特別永住者」の方には免除されています。
なぜなら、この書類の提出こそが“日本語のテスト”の意味合いになっているからです。

Q:帰化手続の過程の中で、日本に忠誠を誓うような場面は無いのですか。

A:帰化を申請するとき、「宣誓書」という書類にサインします。そこには、日本の法律を遵守し善良な日本国民となることを誓う旨が書かれてあります。
その他には、ありません。

Q:帰化を申請して許可が下りるケースは少ないのでしょうか。

A:いいえ。ほとんど許可されています。申請の前に「相談」を受けますので、その折に条件が満たされないと判断された場合には、申請を待つよう促されます。満たされない条件を隠して申請した場合で後に問題がわかった場合も申請の取り下げを促されます。従って「相談」の時に来日までの状況と日本での在留状況をありのままに語られた場合で必要な書類を提出し、申請を受付けられた場合は、ほぼ全員が許可されます。

Q:「永住者」と「帰化」の手続にはどのような違いがありますか。

A:「永住者」の許可申請は、私ども専門家が代わりに入国管理局に出向いて手続を行うことが可能ですが、帰化申請は、本人が必ず法務局で面接を受けなければなりません。
また帰化では出生から来日までの身分関係、また来日から申請までの日本滞在歴と出入国歴を明らかにしなければならず、こうしたことが明らかに出来ない場合には帰化はできません。

・ですから、すでに特別永住者である在日の方々は「永住者」と「帰化」を比較する必要は無く、「帰化するか否か」の問題です。
・つまり、「永住者」のビザがまだ得られていない「就労系のビザ」「結婚ビザ」の方が比較されますが、帰化すると今度は本国で「外国人」になってしまうため、敬遠される場合があります
・また、小学校2年生程度の日本語の読み書きができない方は「永住者」を選ぶしかありませんし、
もちろん、不法入国・滞在者は帰化できませんから、「永住者」を選ぶことになります。

Q:帰化手続を簡便にするとか、許可制度から届出制度に変えようとする動きがあるようですが?

A:帰化手続は既にかなり容易だと思います。確かに、法務局へ出向く回数が多いとか、提出書類が多いというご指摘はあります。ですがそれさえ満たされれば、申請をした殆どのケースで許可は下ります。帰化というのは、国籍を変える手続なのですから、ある程度の書類収集の煩雑さ程度はやむを得ないのではないでしょうか。

それに許可制度ですから「審査」というものがありますが、これが届出になると、希望者には誰にでも日本国籍を与えることになります。そうなると、素行条件や、憲法遵守条件を満たさない方、つまり犯罪者にまで不用意に日本国籍を与えることになるのです。

もちろん、外国籍の方がそうした方ばかりでないのは、私はよくわかっています。ですが、日本国籍を付与する法律を変えようとする以上、何事にも多角的な視野で議論して頂きたいと願います。

Q:個人的なご意見はありますか。

A:日本人になるということの一つには、日本国のパスポートを持って外国を旅するということです。海外においては各々の日本人が日本の代表です。日本国のパスポートは、世界中で最も信頼の高いパスポートです。安易に許可すべきではありません。
もちろん、参政権問題も、表見上は日本人になっても「中身が外国人」ということであれば、外国人に参政権を与えて主権を渡すのと何ら変わりはありません。

あくまで私見ですが、「日の丸」を日本国の国旗と認識し、「君が代」を国家として歌える方に、帰化申請をして頂きたいですね。
私も専門家である前に日本人ですから、実態を知る立場から、要件はむしろ厳しくすべきだと思います。

また、そもそも「参政権が欲しいなら帰化せよ」という為政者の考え方に違和感があります。参政権のために帰化するのではないはずです。参政権は日本国民の固有の権利には違いありませんが、国民としての様々な義務を果たし、その上で行使できる権利の一つであると考えます。

Q:いろいろと貴重なお話を有難うございました。

A:どういたしまして。できればこの話を、広めて下さい。


外国人参政権阻止活動を広めたいので、このブログの人気ブログランキンク FC2ブログランキンクのクリックをお願いいたします!





文例おまけ:お問い合わせフォーム&手書き対応 「外国人参政権法案反対決議」の要望書 短文Ver. *利用、改変可(転載不可)*
★はじめに:管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
〔お願い1〕外国人参政権阻止活動を広めたいので、このブログの人気ブログランキンク FC2ブログランキンクのクリックをお願いいたします!

〔お願い2〕姉妹サイトご訪問⇒ランキングクリックをお願いいたします!
CMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCM
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」

本日のエントリは2つ:
①熱い執筆者初登場!「いちたろうの 『鳩山由紀夫総理を糾弾』」
②優しく温かい文章でわかりやすく日本の良さを伝えて下さる「一阿のことば27〔しーたろうのクリスマスメッセージへの返信〕」


是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

CMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCM


今日はこれまでに公開した、都道府県議会に送信する5つの「外国人参政権法案反対決議」の要望書文例を
字数制限のある「お問い合わせフォーム」用、また手書きで作成を希望する方のために
ぎゅぎゅっと短文(300字)に圧縮してみました☆


◆お問い合わせフォームスタイルで投稿する都道府県議会
・東京都  FAX 03-5388-1779 
(HP問い合わせフォーム) https://ssl.gikai.metro.tokyo.jp/FormMail/demand/FormMail.html300字以内
・神奈川県       045-210-8907    
(HP問い合わせフォーム) http://www.pref.kanagawa.jp/sosiki/gikai/9001/index.html
・山梨県         055-223-1817
(HP問い合わせフォーム) https://www.pref.yamanashi.jp/gikaisom/form/mail_gichou.html800字以内

※手書きでFAX送信したい方のために、全都道府県の送信先再掲
都道県議会事務局.xls

※その他、できればお住まいの市区町村の「議会事務局」をお調べの上、送信のご協力を頂ければ幸いです

◆長文5パターンはこの下の各記事へ↓↓↓↓↓
★送信先ならびに一括でメール送信できるフリーソフトのご紹介付き★
文例 「外国人参政権法案反対決議」要望書1 一般Ver.
文例 「外国人参政権法案反対決議」要望書2 ミセスVer.
文例 「外国人参政権法案反対決議」要望書3 未成年Ver.
文例 「外国人参政権法案反対決議」要望書4 ナイスミドルVer.
文例 「外国人参政権法案反対決議」要望書5 拡散希望!エキスパートVer.

◆上記の短文5パターン(各300字)
●短文要望書1 一般Ver.
全国15県議会が既に採択した「外国人参政権法案反対決議」を要望致します。
同法案は違憲であるというだけでなく、民主党が過去に提出した同法案では、単に「外国人が選挙で投票するだけ」ではなく、公安委員や教育委員を選定する権利もあります。そうなると、我が国の治安や安全保障が脅かされ、教育において自虐史観へ拠り所が置かれやすくなります
また、地方議会で外国人の影響力が強まれば、例えば「外国人は減税」、「日本人は重税」というような外国人優遇政策が行われる危険性があります。
更に、彼らが参政権行使のために組織的に外国人登録を移し、帰化した同胞を首長や議員に立候補させれば、人口の少ない地方は容易に乗っ取られます。


●短文要望書2 ミセスVer.
次回議会で「外国人参政権法案反対決議」を要望します。
上記の法案が成立すると、反日教育が行われている犯罪検挙率1位の国、また日本において通名使用等の特権を得ている国の方々が新たに参政権を行使できるようになります。
こうした方々は、自国民だけの都合を考え参政する事が容易に考えられます。
そうなれば、更に多くの他国民が来日し、彼らを受け入れるための福祉や教育などの行政コストのみならず、治安維持にかかるであろう膨大なコストがかかり、日本人の生活が大きく変化することが予想されます。
外国人に参政権を与えない事は、外国人差別ではなく、国家として当然の世界の常識です。何卒、良識的ご判断をお願い申し上げます。


●短文要望書3 未成年Ver.
現状、大学ですら日本人の権利が外国人によって侵害されています。
・多くの日本人が金銭面で学業を断念している一方、留学生や外国籍者に奨学金が給付されています。
・入試制度も問題です。センター試験の外国語科目では、日本人受験生の殆どが選択する英語と、中国語・韓国語との平均点に著しい差がありますが、得点調整は毎年実施されません。
大学では既に、日本人は入試の段階から逆差別が生じ、留学生や外国籍者に奨学金を奪われています。
・外国籍のまま参政権を使うという事は、自分たちだけに都合の良い候補者を選び、類似の事が自治体の中でも起こるという事です。僕たち未成年者の未来の事も考え、外国人参政権反対決議をして下さい。


●短文要望書4 ナイスミドルVer.
他の15県議会で行われたような、永住外国人地方参政権法案成立への反対決議を行ってほしい。
・上記法案が成立し、主権が外国人の手に渡れば、行政全般のみならず、教育、治安、防衛、さまざまな場面で外国人に有利になり、日本人は辛酸を舐めることになろう。最もこの問題を危惧し阻止に努めなければならないのは地方議会であるはずである。
・良識ある地域住民の声を代弁し、住民を守ろうとすることは地方議会の役割として当然であるが、なぜかマスコミがこれを余り取り上げようとせず、国民の議論が尽くされているとは言い難い。
そこで、地方議会を構成する議員の先生方の生の声により、住民の議論を尽くすべく、自ら周知を願いたい。以上。


●短文要望書5 拡散希望!エキスパートVer.
以下の理由により、永住外国人への参政権付与反対決議をお願いします。
外国人ビザ手続の専門家によると、
・「永住者」ビザは、日本人等との結婚により来日後わずか3年余りで付与される事もあり、不法入国・滞在者にまで付与されている。ところが不法入国・滞在者は「帰化」は出来ない。
・来日3年余りだと、日本語の読み書きもできない場合も多い。そうなると自ら参政権を行使せず、票の売り買いが予想される。
・帰化をすれば当然行使できる参政権を、外国人のまま与えるのは、結果として犯罪者や日本語のできない者に付与することになると危惧される。
・詳しい実態は法務省や地方入国管理局で確認し、議会に諮ってほしい。以上


外国人参政権阻止活動を広めたいので、このブログの人気ブログランキンク FC2ブログランキンクのクリックをお願いいたします!





「法案は明らかに違憲」外国人参政権の理論的支柱が自説を撤回 *でも当サイトは活動を継続します
★はじめに:管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
〔お願い1〕外国人参政権阻止活動を広めたいので、このブログの人気ブログランキンク FC2ブログランキンクのクリックをお願いいたします!

〔お願い2〕姉妹サイトご訪問⇒ランキングクリックをお願いいたします!
CMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCM
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」

1月29日のエントリは2つ!
①熱い執筆者初登場!「いちたろうの 『鳩山由紀夫総理を糾弾』」
②優しく温かい文章でわかりやすいと評判の「一阿のことば27「〔しーたろう〕のクリスマスメッセージへの返信1」


是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

CMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCM

*****ここから引用*****

「法案は明らかに違憲」 外国人参政権の理論的支柱が自説を撤回
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100128/plc1001282149019-n1.htm
2010.1.28 21:47

 外国人に地方参政権を付与できるとする参政権の「部分的許容説」を日本で最初に紹介した長尾一紘(かずひろ)中央大教授(憲法学)は28日までに産経新聞の取材に応じ、政府が今国会提出を検討中の参政権(選挙権)付与法案について「明らかに違憲。鳩山由紀夫首相が提唱する東アジア共同体、地域主権とパックの国家解体に向かう危険な法案だ」と語った。長尾氏は法案推進派の理論的支柱であり、その研究は「参政権付与を講ずる措置は憲法上禁止されていない」とした平成7年の最高裁判決の「傍論」部分にも影響を与えた。だが、長尾氏は現在、反省しているという。

 長尾氏はドイツにおける部分的許容説に影響を受け、昭和63年に論文「外国人の人権-選挙権を中心として」を発表。「地方議会選挙において、外国人に選挙権を認めることに、憲法上特段の障害は存在しない」と主張し、「部分的許容説は合憲」との立場をとった。ただ、当時から「政策論としての(参政権)導入には大反対だった」という。

 昨年9月に民主党政権が誕生し、外国人への地方選挙付与が現実味を帯びたことで、長尾氏は自説に疑義を抱き始めた。政治思想史の文献を読み直し、昨年12月の段階で、理論的にも状況の変化という理由からも、「部分的許容説は維持できない。違憲である」との結論に達した。

 また、昨年2月、韓国での在外選挙権法成立で、在日韓国人が本国で国政参政権を行使できるようになり、状況は一変したと考えた。長尾氏は「現実の要素が法解釈に影響を与える『立法事実の原則』からも、部分的許容説はもはや誤りである」と語る。自身が学説を紹介したことで外国人参政権付与が勢いづいたことに関しては「私の読みが浅かった。慚愧(ざんき)に堪えない」と述べた。

 さらに、焦点は「在日韓国人問題から中国人問題に移る」との認識を表明。政府が法案提出を検討していることについては、「とんでもない。国家解体に向かう最大限に危険な法律を制定しようというのは、単なる憲法違反では済まない」と警鐘を鳴らした。

*****ここまで引用*****

大学教授の方が、一旦発表した自説を撤回することは、大変な勇気が要ることだと思います。
これにより、外国人参政権推進の流れが止まる事を祈ります。

でも当サイトでは簡単に安心しないで、活動を継続します。
ご賛同頂ける方は、これからもご協力を宜しくお願い申し上げます。


【当サイトでの現在の活動のまとめ】(再掲)
現在、当ブログでは多くの皆さまの賛同を頂き、
外国人参政権を阻止するための都道府県議会への
「外国人参政権法案反対決議」の要望書を送信しています。

上記の記事を励みに都道府県議会へ良識ある多くの国民の声を届け、
一つでも多くの議会で反対決議を採択して頂きましょう!

当サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、この2-3月議会で
更に最低10都道府県議会での反対決議採択を目指して送信
しています。

(昨年末までの反対決議14県議会 + この2-3月議会での反対決議で更に10都道府県議会
=24都道府県議会。これで47都道府県のうち過半数の議会で反対決議が採択されることになります)

1通でも多くの意見が必要です。
ご賛同頂ける方は、是非ご一緒に意見の送信を!

◆この活動のきっかけ 
2010-01-13緊急拡散「参政権阻止の急所!」 〔『水間条項』より転載〕

◆送信先ならびに一括でメール送信できるフリーソフトのご紹介、文例5パターン
文例 「外国人参政権法案反対決議」要望書1 一般Ver.
文例 「外国人参政権法案反対決議」要望書2 ミセスVer.
文例 「外国人参政権法案反対決議」要望書3 未成年Ver.
文例 「外国人参政権法案反対決議」要望書4 ナイスミドルVer.
文例 「外国人参政権法案反対決議」要望書5 拡散希望!エキスパートVer.
(この他、「手書き&お問い合わせフォーム対応 短文Ver.を明日公開予定)

皆さまのご協力を、心よりお願い申し上げます。


外国人参政権阻止活動を広めたいので、このブログの人気ブログランキンク FC2ブログランキンクのクリックをお願いいたします!





外国人参政権 首都圏の知事、相次ぎ「反対」 ※当サイトでの現在の活動のまとめ付き
★はじめに:管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
〔お願い1〕外国人参政権阻止活動を広めたいので、このブログの人気ブログランキンク FC2ブログランキンクのクリックをお願いいたします!

〔お願い2〕姉妹サイトご訪問⇒ランキングクリックをお願いいたします!
CMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCM
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」

本日のエントリ:理知的な文章で読者を魅了する「蒼海の 『鈴木貫太郎の孫子観 6』」

是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

CMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCM

*****ここから引用*****

外国人参政権 首都圏の知事、相次ぎ「反対」
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100127/plc1001270859008-n2.htm
2010.1.27 08:56

 鳩山内閣が進める永住外国人に対する地方参政権をめぐる問題で、石原慎太郎東京都知事や上田清司埼玉県知事、松沢成文神奈川県知事、森田健作千葉県知事ら首都圏の知事が相次いで外国人参政権の付与に反対や疑義を表明している。全国都道府県議会議長会も反対の立場から特別決議を採択。閣内、党内がまとまらず、国家の主権・独立を脅かしかねない重大問題を十分な議論なしに進めようとする政権への異議申し立てが広がっている。(安藤慶太)

 石原知事は今月15日の記者会見で外国人参政権付与について「絶対反対。発想そのものがおかしい」と批判した。地方に限って参政権を認めるといっても、地方政治が国家の問題とつながっている案件はたくさんある。わが国と他国の間に軋轢(あつれき)が生じた場合、永住者を政治利用し、国民の意思決定が脅かされる恐れもあるだけに「危ない試み」と憂えている。

 千葉県の森田知事も14日の記者会見で「国籍を持って投票すべきだというのが私の考えだ」と述べた。

 民主党系の知事からも批判や注文が相次ぐ。神奈川県の松沢知事は「国民の主権をいじる問題で一方的に国会で決めていいのか」。埼玉県の上田知事も反対の立場を表明。「ナーバスな問題。国家の基本の話は1回の国会の多数決で片づける話ではない」とし、「基地問題など外交、安全にかかわる話が市長選のテーマになることもある。国の運命を左右する話には、日本国籍を持った人が投票すべきだ」と語った。

 都道府県議会でも反対の動きは広がっている。全国都道府県議会議長会は21日、「民主主義の根幹にかかわる問題で、拙速に法案提出や審議されるべき案件ではない」とする特別決議を採択。ある議長は「党利党略のにおいがする」と話し、在日本大韓民国民団(民団)の選挙支援の見返りに、国の主権や独立を売り渡しかねない今の状況に警鐘を鳴らした。

 かつて都道府県議会では34、市町村では1200を超える議会が、参政権付与に賛成する立場から意見書や決議を採択したが、鳩山政権発足後、参政権付与が現実味を増すにつれて危機感が拡大。昨年10月に熊本県で反対決議が採択され、12月には茨城、香川、石川、島根、埼玉、大分、長崎、佐賀、秋田、新潟、富山、山形、千葉の14県議会で次々と採択された。

 これまで賛成していた茨城や千葉、石川、富山、島根、佐賀、長崎、大分の8県が昨年の政権発足後に反対決議に転じ、都道府県で賛否逆転の可能性も出ている。

*****ここまで引用*****

【当サイトでの現在の活動のまとめ】
現在、当サイトでは多くの皆さまの賛同を頂き、
外国人参政権を阻止するための都道府県議会への
「外国人参政権法案反対決議」の要望書を送信しています。

上記の記事を励みに都道府県議会へ良識ある多くの国民の声を届け、
一つでも多くの議会で反対決議を採択して頂きましょう!

当サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、この2-3月議会で
更に最低10都道府県議会での反対決議採択を目指して送信
しています。

(昨年末までの反対決議14県議会 + この2-3月議会での反対決議で更に10都道府県議会
=24都道府県議会。これで47都道府県のうち過半数の議会で反対決議が採択されることになります)

1通でも多くの意見が必要です。
ご賛同頂ける方は、是非ご一緒に意見の送信を!

◆この活動のきっかけ 
2010-01-13緊急拡散「参政権阻止の急所!」 〔『水間条項』より転載〕

◆送信先ならびに一括でメール送信できるフリーソフトのご紹介、文例5パターン
文例 「外国人参政権法案反対決議」要望書1 一般Ver.
文例 「外国人参政権法案反対決議」要望書2 ミセスVer.
文例 「外国人参政権法案反対決議」要望書3 未成年Ver.
文例 「外国人参政権法案反対決議」要望書4 ナイスミドルVer.
文例 「外国人参政権法案反対決議」要望書5 拡散希望!エキスパートVer.
(この他、「手書き&お問い合わせフォーム対応 短文Ver.を近々公開予定)

皆さまのご協力を、心よりお願い申し上げます。

外国人参政権阻止活動を広めたいので、このブログの人気ブログランキンク FC2ブログランキンクのクリックをお願いいたします!





◆強く拡散希望!! 文例 「外国人参政権法案反対決議」の要望書5 エキスパートVer.  *利用、改変、転載可*
はじめに人気ブログランキンク FC2ブログランキンクのクリックをお願いします!

◆本日の文例は、外国人入国在留手続の専門家に
取材をして書きました。

すると、参政権付与対象である「永住者」に関し驚愕の事実判明
内容の概略:
 ●「永住者」の在留資格は来日からごく短期間で
            容易に与えられているケース多数
 ●その「永住者」を頼りに来日する外国人が増え、
           「移民」状態は始まっている
 ●不法入国・滞在者にも、日本語の読み書きのできない者にも
           「永住者」の在留資格が与えられている
 ●しかし、不法入国・滞在者や日本語の読み書きのできない者は
           「帰化」はできない
 ●つまり、「帰化」できない犯罪者も、日本語のできない者も
      「永住者」にはなることが出来る→参政権の付与対象
                           など
 ※詳しくは、下記文例をご参照下さい。
議会への送信だけでなく、多くの皆さまへこの内容の拡散を強く希望!!


★はじめに:管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
〔お願い1〕この活動を広めたいので、まず始めにこのブログの人気ブログランキンク FC2ブログランキンクのクリックをお願いいたします!

〔お願い2〕姉妹サイトご訪問⇒ランキングクリックをお願いいたします!
CMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCM
お知らせ:*毎日更新!執筆者続々登場中!姉妹サイト『ガラス瓶に手紙を入れて』*
本日のエントリ:理知的な文章で読者を魅了する「蒼海の 『鈴木貫太郎の孫子観 2』」

当ブログ管理人〔しーたろう〕が管理する、国想う人生の先輩方からのメッセージサイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」へ、是非ともご訪問を!

***大正末期~昭和初期生まれの人生の先輩方からの貴重なお話満載サイトです
こちらもランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます***

CMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCM

★ここから本文★
【要望書シリーズの主旨】
2010-01-13「参政権阻止の急所!」 〔『水間条項』より転載〕の記事を転載しておりますが、この内容の一つである、岩手・栃木両県議会を中心に全国の都道府県議会へ送るべく、1/18から要望書を作成し公開しており、本日までに全部で5つのパターンを順次公開いたしました。皆様は、よろしければこれらを自由にアレンジして送信して下さい。

【要望書は数が必要!】
※ 要望書は内容も重要ですが、絶対的に数が必要です。
議長経験者の地元議員の話によれば、地方議会には地元の些細な事情を含む非常に多くの要望書、意見書などが届くそうです。そのため、あまりに少ない要望は無視されてしまうようです。

今回は「周知活動」ではないのですから、誰か一人送れば良いということは決してありません。送信
して頂いたら、できればコメント欄にそのご報告を頂きたいのですが、「誰かがやってくれた」といって安心するのではなく、
・「岩手県と栃木県の両県議会+ご自身がお住まいの都道府県議会」はFAXで
・「その他の都道府県議会」にはメールで
できるだけ沢山要望書を送りませんか。ご賛同頂ける方は、よろしくお願い申し上げます。

【FAX・メールの送信先について】
*エクセルファイルにて「岩手県と栃木県の両県議会」を含む全国の都道府県議会の連絡先を
公開しております。
下記のエクセルを開いて、
ファイルを名前を付けて保存するときにファイルの種類をCSVに指定して保存してお使いください。
(そうすれば、次のメールを一括送信ソフトで利用できます!)
ご面倒ですがよろしくお願いいたします。
都道県議会事務局.xls

【メール送信の負担を軽減するフリーソフトについて】
有志の方からのご紹介で、上記エクセルデータを利用した、
メールを一括して送信できるソフトのご紹介
を頂きました。ご自身の判断でご利用下さいませ。

           ◆◇◆◇◆          ◆◇◆◇◆
※この文例は外国人入国在留手続の専門家の意見を聞いて作成しました※
※この内容について拡散を希望します※
※そこで、他の要望書文例は転載不可ですが、この要望書のみ転載可といたします※
〔利用、改変についてはどの要望書もご自由にどうぞ〕


○○○都道府県議会 御中
             【永住外国人地方参政権付与法案反対決議要望書】
                                              平成22年1月  日
                    氏 名
〔この要望書の目的〕
①「永住外国人地方参政権付与法案反対」の決議をして頂きたいこと
②参政権を付与しようとしている「永住者」の実態を把握して頂きたいこと

〔永住外国人地方参政権付与法案反対決議を要望する理由〕
日本国憲法違反であり、国民の主権を移譲しようとする永住外国人地方参政権付与法案には一国民としては基より、外国人入国在留手続の専門家として断固とした反対意見がある為

〔外国人参政権付与法案に関する意見〕
外国人参政権付与法案に関しては、良識ある多くの一般国民から反対意見が寄せられていることと思います。私は一国民として当然に、それらの反対意見に賛同します。
それだけでなく私は若干、外国人入国在留の仕事に携わっており、一般の方よりは数多く「永住者」と呼ばれる方々、また帰化しようとする方々に接する機会を得ています。
そうした目線から見た場合、永住者たる外国人に参政権を付与しようとする事に、一層強く危惧します。
これをお読み下さいましたならば、必ずや議会の責任ある方が法務省ならびに地方入国管理局に問い合わせて、この状況が真実のものであるか否かを確認願いたく、またその確認した事実の内容をもって議会にお諮り頂きたく、宜しくお願い申し上げます。

1.「永住者」の在留資格を取得が極めて容易な件について
「永住者」の在留資格を取得するには、原則として10年の日本滞在の条件がありますが、
これが「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」であれば、最短3年余りで「永住者」になれるのが法運用の実情です。
(摘発されなければ)偽装結婚でも、「永住者」の資格を取るまでの“契約”に基づく結婚でも同様な訳です。

2.「永住者」の在留資格を取得した後の再婚について
「日本人の配偶者等」から「永住者」への在留許可の後、非常に高い割合でその配偶者とは離婚し、本国から本当の交際相手を呼び寄せて再婚している実情があります。
その場合、再婚相手の在留資格は「永住者の配偶者等」です。この方がまた3年余りで「永住者」の在留資格を得ることになります。
こうして少しずつ「永住者」が増え、この「永住者」を頼りに本国から「留学」やら日本語学校で学ぶ「就学」、また不法入国・滞在者までもがねずみ算のように増えていっているのです。
私はこうした意味において、移民は既に始まっている、と考えています。

3.不法入国・滞在者の「永住者」の在留資格について
不法入国・滞在者でも、「日本人」や「永住者」との婚姻により、在留特別許可が下されます。この場合の在留資格は、上記に見た「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」です。そして何と、この方々もその後3-4年で「永住者」になれる可能性があります。
※つまり、日本語をろくろく解さず、読み書きすらできない「永住者」が非常に多く存在しているのに、この方々にも参政権を与えようと言う訳です。
これは、票の「売り買い」も考えられることを意味します。

4.「帰化」と「永住者」について
日本に「帰化」すれば、当然に日本人として参政権が行使できます。また、帰化を希望する方が必ずしも日本を好きでないという場合も多々見受けられますが、そうした方にも帰化の許可は下りています。
ちなみに、「帰化」の手続き自体は、提出書類が非常に多く、必ず本人が直接法務局に何度か足を運ばなければならない手間はありますが、条件さえ満たされれば容易に許可されます(容易すぎるぐらいです)。

*ただし、不法入国・滞在者や犯罪者はそもそも申請さえさせてもらえません。仮に申請しても取下げを促されます。
*また小学校2年生程度の日本語の読み書きができることも条件の一つです。

そうなりますと、「永住者」への参政権は、そもそも不法入国・滞在者や犯罪者、日本語の読み書きができない者への付与をも当初から予定して草案されたものであると、私はその職責から考えております。

5.なぜ「帰化」をせず、参政権だけ欲しがるのか
「帰化」さえすれば当然に行使できる参政権を、わざわざ外国人のまま望んでいるのは、日本が混乱し衰退して日本から搾取できるものが無くなった時に、いつでも祖国へ帰れるようにとの思慮があるものと、私見ながら想像しております。

こうした外国人入国在留、永住許可の実情を踏まえた上で、議会で十分な審議をして頂きたくお願い致します。初めに申し上げましたとおり、この情報が真実であるか否か、必ず議会の手により法務省、地方入国管理局に問い合わせることをお奨めいたします。
その上で、昨年中に全国14の県議会で議決されたような、外国人参政権反対決議をして下さい。
この地域に居住する日本国民のため、何卒宜しくお願い申し上げます。
                                             以 上


(次回はお問い合わせフォーム、手書き対応の短文別バージョンを公開します。
繰り返しになりますが、一通でも多くの送信が必要です。皆さまのご協力をお願い申し上げます。)

ご賛同頂ける方は人気ブログランキンク FC2ブログランキンクをクリック!





文例 「外国人参政権法案反対決議」の要望書4 ナイスミドルVer.              *利用、改変可(転載不可)*
★はじめに:管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
〔お願い1〕この活動を広めたいので、まず始めにこのブログの人気ブログランキンク FC2ブログランキンクのクリックをお願いいたします!

〔お願い2〕姉妹サイトご訪問⇒ランキングクリックをお願いいたします!
CMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCM
お知らせ:*毎日更新!執筆者続々登場中!姉妹サイト『ガラス瓶に手紙を入れて』*
本日のエントリは2つ!:
       ①理知的な文章で読者を魅了する「蒼海の 『鈴木貫太郎の孫子観 1』」
       ②80歳代の男性からの熱~いレポート「仙道の 『民主党大会と抗議行動』」
当ブログ管理人〔しーたろう〕が管理する、国想う人生の先輩方からのメッセージサイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」へ、是非ともご訪問を!

***大正末期~昭和初期生まれの人生の先輩方からの貴重なお話満載サイトです
こちらもランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます***

CMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCM

★ここから本文★
【要望書シリーズの主旨】
2010-01-13「参政権阻止の急所!」 〔『水間条項』より転載〕の記事を転載しておりますが、この内容の一つである、岩手・栃木両県議会を中心に全国の都道府県議会へ送るべく、1/18から要望書を作成し公開しており、全部で5つのパターンを順次公開予定です。皆様は、よろしければこれらを自由にアレンジして送信して下さい。

【要望書は数が必要!】
※ 要望書は内容も重要ですが、絶対的に数が必要です。
議長経験者の地元議員の話によれば、地方議会には地元の些細な事情を含む非常に多くの要望書、意見書などが届くそうです。そのため、あまりに少ない要望は無視されてしまうようです。

今回は「周知活動」ではないのですから、誰か一人送れば良いということは決してありません。送信
して頂いたら、できればコメント欄にそのご報告を頂きたいのですが、「誰かがやってくれた」といって安心するのではなく、
・「岩手県と栃木県の両県議会+ご自身がお住まいの都道府県議会」はFAXで
・「その他の都道府県議会」にはメールで
できるだけ沢山要望書を送りませんか。ご賛同頂ける方は、よろしくお願い申し上げます。

【FAX・メールの送信先について】
*エクセルファイルにて「岩手県と栃木県の両県議会」を含む全国の都道府県議会の連絡先を
公開しております。
下記のエクセルを開いて、
ファイルを名前を付けて保存するときにファイルの種類をCSVに指定して保存してお使いください。
(そうすれば、次のメールを一括送信ソフトで利用できます!)
ご面倒ですがよろしくお願いいたします。
都道県議会事務局.xls

【メール送信の負担を軽減するフリーソフトについて】
有志の方からのご紹介で、上記エクセルデータを利用した、
メールを一括して送信できるソフトのご紹介
を頂きました。ご自身の判断でご利用下さいませ。

           ◆◇◆◇◆          ◆◇◆◇◆

○○○都道府県議会 御中
             <永住外国人地方参政権付与法案反対決議等要望書>
                                              平成22年1月  日
                    氏 名
〔要望目的〕
①次の議会で、「永住外国人地方参政権付与法案反対」の決議をして頂きたい
②議会の構成員たる議員は、同法案問題について国民の賛否を問うべく地域住民に周知願いたい

〔永住外国人地方参政権付与法案反対決議の要望理由〕
・外国人参政権法案成立への反対決議を行い、良識ある地域住民の声を代弁し、住民を守ろうとすることは地方議会の役割として当然である。
・しかし、その地域住民も、多くがこの問題について熟知しているとは言い難い。ついては議員の方々の生の声により、住民の議論を尽くすべく、自ら周知を願いたい

〔外国人参政権付与法案に関する意見〕
先に開幕した第174回通常国会で提出が予定されている法案の一つに永住外国人地方参政権付与法案がある。
この法案は明らかに違憲であり、主権を他国へ渡そうとする亡国法案である。既に議会へは、この法案の危険性を理解した、良識ある住民から多くの意見が寄せられていると思う。

主権が日本人以外の手に渡れば、日本人には何一つ利益をもたらすものはない。
行政全般のみならず、教育、治安、防衛、さまざまな場面で日本人は辛酸を舐めることになろう。そして永住外国人「地方」参政権である以上、最もこの問題を危惧し阻止に努めなければならないのは地方議会であるはずである。

これを危惧した全国14の県議会で、昨年のうちに外国人参政権反対決議がなされたと聞く。
当地方議会にも良識というものがあるならば、是非とも次の議会の会期中に同決議を願いたい。

我々はこれまで永年にわたり国民の義務を全うしてきた。当然の事である。しかしそれは我が国の地方自治を含む行政・立法・司法に信頼をおいていたからに他ならない。
ある地域では良識ある議会が当然のごとく危険法案を察知して反対決議の声を上げ、当議会では反対しないというのは我が地域に居住する日本国民に対する背信行為ではないか。

遺憾であるのは、国民の主権に関わる斯様な危険法案について、何故か殆どマスコミが報じないことである。
報じなければ一般国民は知りようがない。知らぬことは議論しようもない。
日本国民たる住民として望むことは、この地域住民の代表たる議会の中で、この議論を充分に尽くし、議論するだけでなく、こうした危険性を、議会の構成員たる議員一人一人が、支持者との会合、集会、駅頭での演説等あらゆる場面において責任を持って地域住民に告知し、白日の下に晒すことである。
この問題は、たとえどのような思想・信条があろうとも、正しい知識さえ与えられたなら日本人であれば必ず反対する法案の筈である。

そうであるか否かは、この地域でも論戦が繰り広げられるであろう、次の国政選挙で争点として頂ければ容易に理解できるであろう。

我々一般国民は政治の素人である。その我々とて多くの声を上げ、周知につとめてはいるが、所詮は民間人の声である。この問題を多くの国民に一度に届ける術は持たない。だが議会やその構成員たる議員は我々地域国民の代弁者である筈である。
何としてもその職責として、自身の声でこの問題を地域住民に知らせ、議論を尽くして欲しい。

本来ならばこうした指摘をしないまま、議会ならびに議員の良識を待ちたい。我々の多くが、社会生活において日夜最善を尽くして勤勉しているよううに、議会ならびに議員の方々にはしっかりと各々の務めを果たし、我々日本国民の権利を死守して頂きたい。

我々は当地方議会ならびに構成員たる議員の方々の良識を信じている。
何卒この信頼を裏切ることの無きよう、伏してお願い申し上げる。 
                            以上


(明日も別バージョンで公開します。繰り返しになりますが、一通でも多くの送信が必要です。
ご協力をお願い申し上げます。)

ご賛同頂ける方は人気ブログランキンク FC2ブログランキンクをクリック!





文例「外国人参政権法案反対決議」の要望書3 未成年Ver.*利用、改変可(転載不可)*
★はじめに:管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
〔お願い1〕この活動を広めたいので、まず始めにこのブログの人気ブログランキンク FC2ブログランキンクのクリックをお願いいたします!

〔お願い2〕姉妹サイトご訪問⇒ランキングクリックをお願いいたします!
CMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCM
お知らせ:*毎日更新!執筆者続々登場中!姉妹サイト『ガラス瓶に手紙を入れて』*
      本日のエントリ:「瑞雪の 『国家権力と与党が闘う変な話』」
当ブログ管理人〔しーたろう〕が管理する、国想う人生の先輩方からのメッセージサイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」へ、是非ともご訪問を!

***大正末期~昭和初期生まれの人生の先輩方からの貴重なお話満載サイトです
こちらでもランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます***

CMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCMCM

(ここから本文)
【要望書シリーズの主旨】
2010-01-13「参政権阻止の急所!」 〔『水間条項』より転載〕の記事を転載しておりますが、この内容の一つである、岩手・栃木両県議会を中心に全国の都道府県議会へ送るべく、一昨日から要望書を作成し公開しており、全部で5つのパターンを順次公開予定です。皆様は、よろしければこれらを自由にアレンジして送信して下さい。

【要望書は数が必要!】
※ 要望書は内容も重要ですが、絶対的に数が必要です。
議長経験者の地元議員の話によれば、地方議会には地元の些細な事情を含む非常に多くの要望書、意見書などが届くそうです。そのため、あまりに少ない要望は無視されてしまうようです。

今回は「周知活動」ではないのですから、誰か一人送れば良いということは決してありません。送信して頂いたら、できればコメント欄にそのご報告を頂きたいのですが、「誰かがやってくれた」といって安心するのではなく、
・「岩手県と栃木県の両県議会+ご自身がお住まいの都道府県議会」はFAXで
・「その他の都道府県議会」にはメールで
できるだけ沢山要望書を送りませんか。ご賛同頂ける方は、よろしくお願い申し上げます。

【FAX・メールの送信先について】
*エクセルファイルにて「岩手県と栃木県の両県議会」を含む全国の都道府県議会の連絡先を公開しております。
下記のエクセルを開いて、
ファイルを名前を付けて保存するときにファイルの種類をCSVに指定して保存してお使いください。
(そうすれば、次のメールを一括送信ソフトで利用できます!)
ご面倒ですがよろしくお願いいたします。
都道県議会事務局.xls

【メール送信の負担を軽減するフリーソフトについて】
有志の方からのご紹介で、上記エクセルデータを利用した、
メールを一括して送信できるソフトのご紹介
を頂きました。ご自身の判断でご利用下さいませ。

           ◆◇◆◇◆          ◆◇◆◇◆

○○○都道府県議会 御中
                   <外国人参政権反対の決議をして下さい>
                                              平成22年1月  日
                    氏 名
●この要望書は、
次の議会で、「外国人参政権反対」の決議をして頂きたく、送信しています。

●外国人参政権反対決議を要望する理由
外国人参政権法案が成立すると、日本人が逆差別されるのではないかと考えるからです。

●外国人参政権への反対意見
僕は19才の大学生です。それこそまだ「参政権」もありませんが、日本の未来のことはとても気がかりです。
僕は学生の視点から、外国人参政権が成立したらどのようなことが起こるのか類推し、この法律の成立の危険性を推測したいと思います。

僕の大学にも、どの大学にも多くの留学生や外国籍者がいます。だけど、同じ学生として納得のいかないところがあります。それは、日本人が受けるべき権利を、留学生や外国籍者に奪われているのではないかということです。

まずは、奨学金のことです。
家庭の事情で学費が納められず、進学を断念した知人や、せっかく入学した大学を退学する友人もいます。
「貸与」の奨学金を受けた学生も、卒業後に奨学金の返済が遅れると、ブラックリストに登録されてクレジット会社からの借金を滞納したときのように、その後のクレジットカード利用などに支障が出るそうです。

一方で、多くの留学生や外国籍者が「給付」の奨学金を受けています。「給付」なので返還もなく、当然ブラックリストに載ることなどありません。
僕は、留学生や外国籍者に使うお金があるならば、日本人の学生がもっと学業に専念できるよう、まず日本人の学生を支援し、負担を減らすべきだと思います。

それと、入学試験制度にも疑問があります。僕が大学受験した年の大学入試センター試験の外国語科目の平均点は、200点満点で日本人受験生の殆どが選択する英語が116点である一方、韓国語は171点で、その差は55点もあったにもかかわらず、得点調整は実施されませんでした。この傾向は毎年のようです。

すでに、「大学」においてすら、入学試験から在学、卒業後に至るまで、日本人の逆差別が生じています。
これは、外国人参政権が成立すれば、日本人に不利な条例ができてしまい、この町のいたるところで外国人優遇、日本人冷遇の制度が出来上がるであろうことを示唆していると思うのです。

僕にはまだ「参政権」はありませんが、こうして僕の考えられる限りにおいて、日本のことを心配しています。ただでさえ就職のこと、将来のこと、漠然としたいろいろな不安があります。その上、日本人がこれ以上冷遇されるようなことになるかもしれないことには、悲観気味になります。
でもそれはずっと日本人として生きていこうとしているからだと思います。

外国籍のまま参政権を使うということは、そもそも帰化して日本人として生きていく覚悟もないということなのだから、日本人にとって有利な候補者を選ぶはずがありません。自分たちだけに都合の良い候補者を選ぶようになると思います。

議会の議員の方々には、僕たち未成年者の未来のことも考えて、外国人参政権反対の決議をして下さい。
心から、よろしくお願いいたします。
                                                          以上

(明日も別バージョンで公開します。繰り返しになりますが、一通でも多くの送信が必要です。
ご協力をお願い申し上げます。)

ご賛同頂ける方は人気ブログランキンク FC2ブログランキンクをクリック!




Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.