☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
ご報告:都知事訪韓に約1000件のメール。大半が反対意見!【これからも意見を送り続けよう!】
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking クリックをお願いいたします!


ひとつ下の記事で公開した、「緊急文例:23日訪韓!「舛添東京都知事の韓国との五輪連携」への反対意見書 *利用・改変可*」に関しまして、下記のような報道がなされました。

***以下は報道を転載***

都知事が訪韓を自賛「暖かい風吹かせた」
 産経新聞 7月26日(土)7時55分配信

 【ソウル=福田涼太郎】東京都知事として18年ぶりに招待を受けて韓国を訪問した舛添要一知事。ソウル市長や京畿道(キョン・ギド)知事らとの交流にとどまらず、朴槿恵(パク・クネ)大統領との会談にもこぎ着けた。「(冷え込んだ日韓関係に)ささやかながら暖かい風を吹かせることができたかな」と自賛してみせた舛添氏。しかし、今回の訪韓について、都庁に届いた約1000件のメールは、大半が反対意見。舛添流外交は、必ずしも評価ばかりではなさそうだ。

 「18年ぶりに招待されたことだけでも大きな歴史の変わり目になっている」

 舛添氏は25日の記者会見で、韓国訪問をこう総括し、「都市外交を活発にすることで、国家の外交を補完することが結果的にできるんだなと思いました」と自負をのぞかせた。

 実際、韓国主要メディアも「閉塞(へいそく)状態にある韓日関係の転換点になるのでは」などと前向きに報じ、日韓首脳会談実現に向けた動きとして、注目された。

 都市間レベルでも、朴元淳(ウォンスン)ソウル市長と会談、両都市が共通して抱える地下鉄の安全対策や少子高齢化対策などで協力することで合意。ソウル市が繁華街に配置している多言語対応の観光案内員については、舛添氏が2020年東京五輪に向け、さっそく施策の参考にすることを宣言した。

 京畿道の南景弼(ナム・ギョンピル)知事との会談でも、国の規制にあえぐ京畿道と、地域限定で規制緩和を行う国家戦略特区構想が進む東京都とで、意見交換をしていくことで一致した。

 舛添氏によると、朴大統領も都市外交の意義について、「韓国人学校の問題、ヘイトスピーチの問題など、都市外交で成果を挙げることは(国家)外交で重要」と歓迎。朴大統領は日本の首都圏に韓国人学校が1校しかないなどとして、舛添氏に土地取得での協力を求め、在日韓国人らに向けたヘイトスピーチへの懸念も告げたという。

 舛添氏は「凍(い)てついた関係は暖かい太陽で溶かす必要がある」と語った。ある都幹部も今回の訪韓について、「低姿勢すぎる部分もあったが、一定の成果はあった」と話す。

 ただ、25日午後3時までに、今回の訪韓などに対して、メールだけで約1000件の意見が都民らから都庁に寄せられ、担当者によると、「大半が反対意見」。「なぜ地方自治体が外交的なことをするのか」「韓国との協力に税金を使うべきではない」といった声が多かったという。


***報道の転載は以上***


≪皆さまへ≫
都知事は勝手に訪韓を自賛しているようですが、寄せられた意見は大半が反対意見とのこと。

都の担当者がメールを開封し、反対意見をカウントしてくれたこと、
またそのことにつき新聞報道があったことによって、
地道に意見を送ることの重要性を、あらためて知ることができました。

この問題は今後も注視を続け、折に触れ反対意見を送りたいと思います。

ご賛同下さり、意見をお送り下さった皆さま、お疲れ様でした。
そして、誠にありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

「これからも地道な送信活動を続けよう!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆

転載記事:「都知事選:田母神氏『一定の成果あった』」
皆さまが既にご承知の通り、平成26年2月9日に投開票された東京都知事選挙においては、舛添要一氏が当選しました。当ブログ、また管理人が個人としてささやかに支援した田母神俊雄氏は残念ながら及びませんでした。

個人的には、
・保守層を増やす作戦とともに、中道層に強く訴える作戦も必要であったのではないかということ
・組織の支援を受けていないことを強調しすぎるのではなく、政治色の無い組織を取り込むことも考慮すべきであったこと
・有事に強い候補者であることを強調するとともに、平時の都政の重要性を認識している堅実性を主張すること
・確かな国家観の主張はもちろん大切だが、地域ごとに存在している都政の課題について具体的な解決策をきめ細かく提示すること
が必要ではなかったかと考えています。

いずれにせよ、政党の支援もなく、当選に必要な、およそ200万人もの都民に一人の候補者の名前を書いて頂くことは並大抵の事ではありません。
それは、当選した候補者の陣営が最もよく理解して選挙戦を戦っていたと思います。
ですからもっと私たちも、選挙の戦い方について勉強すべきと実感しています。

しかし今回の戦いを終えて、田母神氏本人が「一定の成果あった」と述べておられます。
是非とも次の機会に期待しましょう。

田母神俊雄氏を応援されていた皆さま、お疲れ様でした!


*****以下は転載記事*****

都知事選:田母神氏「一定の成果あった」 石原氏姿見せず
毎日新聞 2014年02月09日 20時20分(最終更新 02月09日 22時36分)
http://mainichi.jp/select/news/20140210k0000m010066000c.html

「組織票はやはり強いなと思った。それでも一定の成果はあった。満足すべきなのかな」。元航空幕僚長、田母神俊雄氏(65)はそう振り返った。

「靖国神社参拝」「自虐史観からの脱却」など独自の歴史認識について「(訴えは)徐々に広がってきた」と分析。「これを機に日本の保守の政党を誕生させたい」と述べ、今後の活動に意欲を見せた。支援した日本維新の会共同代表の石原慎太郎・元都知事は選挙戦中盤から体調を崩したとされ、この日は事務所に姿を見せなかった。【黒田阿紗子】


*****転載記事は以上*****

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*
「今後も政治を見守ろう!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!


★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆

【靖國参拝】 安倍首相に、支持や賛同、声援のメールを送りましょう! *送信先つき*
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Rankingリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆

既に皆さまが十分ご承知の通り、平成25年12月26日、安倍晋三首相が靖國神社を参拝しました。
これはもちろん、当ブログをご指示下さる皆さまが心待ちにしていたことです!
しかしマスコミは相変わらず、どうにかして安倍首相の参拝にケチをつけようとしています。
内外の様々な批判を覚悟しても、信念を貫き、参拝された安倍首相に、支持や賛同、声援のメールを送りませんか?
ご賛同頂ける方は、よろしくお願い申し上げます。


◆◇◆送信先◆◇◆

首相官邸ご意見募集 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
自民党 http://www.jimin.jp/voice/
安倍晋三事務所 http://www.s-abe.or.jp/contact/contact


◆◇◆ミニミニ文例◆◇◆

「安倍首相の靖國参拝を支持します」や、
「靖国神社参拝、ありがとう」や、
「様々な圧力に負けないで頑張って下さい」など
素朴な一言でも良いと思います。
皆さまのお気持ちを一言でもお伝え頂けると、安倍首相は喜ばれるのではないでしょうか。

ご賛同頂ける方は、是非ともよろしくお願いいたします!


***以下は読売新聞の記事を転載***

「なぜこの時期」「有意義」…突然の参拝に賛否

読売新聞 12月26日(木)16時53分配信

「なぜこの時期」「有意義」…突然の参拝に賛否

靖国神社へ参拝に訪れた安倍首相の一行(26日午前11時32分、東京都千代田区で、読売ヘリから)=佐々木紀明撮影

 昨年12月の就任から1年たった26日、安倍首相が初めて靖国神社に姿を現した。

 第1次政権時の参拝見送りを「痛恨の極み」という言葉で、悔やむ気持ちを表していた首相。外交問題に発展することを気にしながら参拝の機会をうかがってきたが、中国や韓国の批判は必至で、経済界では関係悪化への懸念が広がった。年の瀬の突然の参拝に「なぜこの時期に」「非常に意味のある参拝」と賛否の声が上がった。

 ◆本殿前

 安倍首相は午前11時30分頃、黒塗りの乗用車で靖国神社に到着。年の瀬の平日とあって境内は人影もまばらだったが、国内外の報道陣ら100人以上が詰めかけ、一転して物々しい雰囲気に包まれた。

 出迎えた日本遺族会の幹部らに一礼した後、本殿に昇った安倍首相。約25分後、参拝を終えて再び姿を見せると、「安倍さん、よくやった」と声が飛んだ。

 遺族として参拝に訪れていた千葉市の会社員男性(66)は、「国のために戦った人に首相が哀悼の意をささげるのは当然。靖国参拝に反対する国もあるが、外交で解決してほしい」と語った。

 一方で、靖国神社近くに職場があり、騒ぎを知って駆けつけた会社員男性(57)は、「東アジアの緊張が高まっている中、国民は将来に不安を抱えている。(近隣諸国に)刺激を与えてほしくない」と求めた。

 ◆戦没者遺族ら

 2010年の戦没者追悼式で遺族代表を務めた鳥取県倉吉市の政門(まさかど)初恵さん(70)は、「(ビルマ=現ミャンマーで戦死した)父親に会えるような気がして、靖国神社に年1回は必ずお参りに行っている。もう少し早く参拝してほしかったと思うが、遺族としてはありがたいし、うれしく思う」と話した。

 首相の靖国参拝に反対の立場をとる「平和遺族会全国連絡会」の西川重則代表(86)は、「アジアとの関係があまり良くないこの時期になぜという思い」とあぜんとしながら、「一国の責任者の参拝は閣僚とはわけが違う。追悼の意を表す方法は他にもあるはずだ」と批判した。

 参拝の時期について、外交・安全保障問題に詳しい杏林大の田久保忠衛名誉教授は、「本来なら春の例大祭や終戦記念日に行くべきだが、この時期を選んだのは諸外国の批判をかわすためではないか」と推測した。

***(転載は以上)***


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*
「安倍首相の靖國神社参拝を支持!」とお考えの方は

人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆


祝!自民党圧勝 (でも「日本を、取り戻す。」、本当の政治はこれから)
良識ある皆さまが既にご承知の通り、平成25年7月21日に投開票された参議院議員選挙において自民党が大きく議席を伸ばし、衆・参のねじれ現象を解消しました。
一方、反日政党たる民主党は大惨敗でした。とりあえずは当ブログが危惧する、日本解体の危機は当面、脱したのだと思います。

しかし、「日本を、取り戻す。」、本当の政治はこれからです。

投票日の前には、このような憂うべき情報がありました。↓↓↓
http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-entry-429.html#comment6279
全国比例候補であった赤池まさあき氏が、赤池氏の地元である自民党山梨県連において、冷遇されているという情報が、あちこちに拡散され、〔しーたろう〕のコメント欄にも貼らせて頂きました。
赤池まさあき氏は比例区8位で20万票以上を獲得し、無事に当選なさいましたが、うち山梨県では12万票位ある自民党票のうち、1万5千票ほどしか獲得できなかったとの情報を頂いています。

赤池まさあき氏は元衆議院議員で、人権擁護法や夫婦別姓に反対の立場を取り、教育問題や歴史認識問題においても、当ブログのスタンスや、良識ある皆さまのお考えに近い方です。↓↓↓
◆ウィキペディア「赤池誠章」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E6%B1%A0%E8%AA%A0%E7%AB%A0

ネットでの呼びかけが大きな力を発揮したことを喜ぶと共に、愛国者である公認候補の赤池氏を冷遇する自民党の姿勢には疑念を抱かざるをえません。

ですから、当ブログでは自民党の勝利に安堵せず、これからも意見すべき時はきっちりと意見を送りたいと考えます。
ご賛同頂ける方は、よろしくお願い申し上げます。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*
「自民党の勝利に安堵、でもこれからも政治を見守りたい!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!



★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆

速報!都議会は自民党が第1党へ。惨敗民主は第4党へ転落。菅元首相の地元も逆風
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking クリックをお願いいたします!

反日政党たる民主党は、平成25年6月23日の東京都議会議員選挙において菅直人元首相の地元を含む多くの選挙区で落選が相次ぎ、惨敗した結果、第1党から第4党へ転落しました。一方自民党は擁立した59人のすべての候補者が当選し、第1党へ返り咲きました。

***以下は報道を2件転載***

惨敗民主、元首相の地元も逆風 幹事長「厳しい結果」
 朝日新聞デジタル 6月23日(日)23時28分配信


 前回の都議選で、第1党の座を初めて自民党から奪った民主党。大敗した昨年衆院選と同様、厳しい戦いとなった。

 菅直人元首相のおひざ元、武蔵野市(定数1)。3選をめざした松下玲子氏(42)は午後11時前、市内の選挙事務所で落選の連絡を受けた。「大逆風の中で僅差(きんさ)だったが悔しい。現実を直視し、信頼を取り戻すためにゼロから闘っていきたい」と語った。

 在職中の都議として初めて出産した経験を踏まえ、子育て支援策を訴えてきたが、支援者から「自民との違いが見えない」と言われて方針転換。中盤から「原発ゼロ」と「改憲反対」を前面に出した。だが、党への失望は強く、「離れた人の心を動かすのは難しいと痛感した」。

 前回、民主が2人を擁立して、いずれも当選を果たした北区。しかし、今回は共倒れとなった。

 都議会議長も務めた和田宗春氏(69)も落選。「4年前は波が高まった状態での選挙だったが、今回は波が下がった中での戦いになった。組織的なものがなかったので、波どおりの結果になってしまった」

 民主は都議選で、1997年に12議席を獲得以降、議席を増やしてきた。前回は54議席を得て、自民が40年守ってきた第1党を奪った。だが、国政での消費増税法案などへの反発で、都議会でも離党が相次ぎ、改選前は43人にまで減っていた。

 東京・永田町の民主党本部の開票センター。苦戦が予想された今回は、当選した候補者の顔写真に花を付けるパフォーマンスは最初から取りやめた。次々と花が付いた前回とは対照的な光景となった。

 細野豪志幹事長は午後10時半過ぎ、「非常に厳しい結果。政策に理解はいただいたと思うが、結果として議席に結びついていない。反省すべきところはして、参院選に備えたい」とテレビのインタビューで語った。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆

東京都議選:自民59人全員当選 第1党奪還 民主惨敗
 毎日新聞 2013年06月23日 22時28分(最終更新 06月24日 00時02分)

◇公明も23人全員が当選

 参院選の前哨戦として注目された東京都議選(定数127)は23日投開票され、自民党が全42選挙区に擁立した59人全員の当選を果たし、都議会第1党の座を奪い返した。自民の獲得議席は過去10回では1977年と85年の56議席を抜き最多で、全員当選は史上初めて。協力関係にある公明党も23人全員が当選した。共産党は現有8議席から倍増以上の17議席を獲得し、第3党に躍進。前回54議席と大勝した民主党は15議席にとどまり、第4党まで転落した。都議選では初の本格参戦となった日本維新の会も2議席と伸び悩んだ。投票率は前回(54.49%)を大きく下回り、過去2番目に低い43.50%となった。

 今回の都議選は都政課題の明確な争点がなく、各党は安倍政権の経済政策「アベノミクス」への評価を主要な争点に取り上げた。

 自民党は「準国政選挙」(安倍晋三首相)と位置づけて、3分の1の14選挙区に複数擁立するなど攻めの戦いを展開。港区で2議席独占、3人を立てた大田、世田谷、練馬区でも全員当選を果たすなど強さを見せつけた。現職のみを公認した堅実な選挙で第2党になった公明と引き続き協力体制を敷き、都政運営を主導する構えだ。

 民主党は公認を前回より14人少ない44人に絞ったが、1人区で全敗したほか、定数6の杉並区、同5の八王子市でも議席ゼロになるなど、昨年の衆院選から続く失速に歯止めがかからなかった。都議会ではこの4年間で離党者が相次ぎ、第1党としての存在感を発揮できなかったことも、都民の失望につながった。

 3回連続で議席を減らしてきた共産は、自公の大量得票で当選ラインが下がった定数3以上の選挙区などで健闘し、現有議席を大きく上積みした。みんなの党も無党派層の一定の受け皿となり、支持を伸ばした。

 一方、大量の34人を擁立した維新は、共同代表の橋下徹・大阪市長の従軍慰安婦問題などを巡る発言による逆風をはね返せなかった。昨年の衆院選に続いて首都圏で足場を築くのに失敗し、参院選に向けての戦略見直しが迫られる。【清水健二】


***報道の転載は以上***


≪皆さまへ≫
4年前の東京都議会議員選挙、衆議院議員選挙で民主党が大勝した結果、多くの日本解体法案の成立の脅威に晒されたことを発端として、当ブログは開設しました。

ですから今回の都議選の結果はまことに喜ばしいことです。

しかし、公明党が第2党になった他、共産党が第3党になったことも新たな問題を生むのではないかと懸念します。
これは投票率が著しく低下した結果、堅固な支持基盤を持つ公明党・共産党の躍進を許してしまったものに他なりません。
もっと多くの方々が政治に興味を持ち、選挙に行くことも重要であると考えます。

ですがとりあえず、ここまで当ブログにご賛同下さり、地道に周知活動や意見書をお送り下さった皆さま、お疲れ様でした。
そして、誠にありがとうございました!!!


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

「これからも地道な送信活動を続けよう!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆

成果報告!「朝鮮学校を無償化対象外に 20日に文科省令改正」*意見をお送り下さった皆さま、誠にありがとうございました!
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking クリックをお願いいたします!


当ブログで本年1/14に公開した、「意見書文例:期限は1/26!朝鮮学校無償化廃止の要望書×4(「公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律施行規則の一部を改正する省令案に関するパブリックコメント」用意見書)*利用・改変可*」に関しまして、下記のような報道がなされました。

***以下は報道を転載***

朝鮮学校を無償化対象外に 20日に文科省令改正
 2013.2.19 11:25 MSN産経ニュース

 下村博文文部科学相は19日の記者会見で、朝鮮学校を高校無償化の対象外とするため、20日付で省令を改正することを明らかにした。省令改正と同時に無償化適用を申請していた各校に不指定を通知する。下村氏は「朝鮮学校は在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の影響下にある」と述べた。

 文科省は昨年末、日本人拉致問題が進展していないことなどを理由に無償化対象から朝鮮学校を外す方針を表明した。約1カ月間、一般から意見を公募した結果、約3万件の意見が寄せられ、無償化対象にしない方針への賛成意見が反対意見をわずかに上回った。下村氏は「賛成、反対の多い少ないによらず、政府として対象にしないと決定した」と説明した。

 高校無償化は、大使館などを通じて「日本の高校に類する課程」と確認できた外国人学校も対象にしている。


***報道の転載は以上***


≪皆さまへ≫
「賛成、反対の多い少ないによらず、政府として対象にしないと決定した」との説明がなされている一方、「無償化対象にしない方針への賛成意見が反対意見をわずかに上回った」とされています。

安倍内閣発足後、政府に意見を送る事そのものに対して躊躇する方がみられますが、組織的に「無償化にしないことへの反対意見」を送る方々に対し、個々に「無償化にしないことへの賛成意見」を送る良識ある皆さまのお声がわずかでも多く届いたことは、下村大臣の決断の後押しになったと考えます。

ご賛同下さり、地道に「無償化にしないことへの賛成意見」をお送り下さった皆さま、お疲れ様でした。
そして、誠にありがとうございました!!!


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

「これからも地道な送信活動を続けよう!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆

朗報!「『女性宮家』創設、一般意見で反対が多数」→政府は「今後の議論の参考とする」
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking クリックをお願いいたします!


当ブログで本年10/14に公開した、意見書文例:女性宮家創設への反対意見書(「皇室制度に関する有識者ヒアリングを踏まえた論点整理」に対するパブリックコメント用意見書)*利用、改変可*
また10/31に追加公開した、意見書文例:もっともっと多くの声を届けよう!「女性宮家創設への反対意見書」その2(パブリックコメント用意見書)*利用、改変可*
に関しまして、下記のような報道がなされました。


***以下は報道を転載***


「女性宮家」創設、一般意見で反対が多数 日本テレビ系(NNN) 12月18日(火)22時18分配信

政府は18日、女性皇族が結婚後も皇室にとどまることができる「女性宮家」の創設に対する一般からの意見募集の結果を公表した。

「女性宮家」の創設について、政府は10月初めに、天皇の子や孫に当たる内親王のみを対象とするなどとした案を示していた。一般からの意見募集は今月10日まで行われ、26万件を超える意見が寄せられた。

皇位継承とは切り離して議論を行うという検討の前提自体に対して疑問を示す意見や、女系天皇を作り出すプロセスになり得るとして、政府が示した「女性宮家」創設案に反対する意見が多くを占めたという。

今回寄せられた意見について、政府は「今後の議論の参考とする」としている。


***報道の転載は以上***


この問題に関しましては、当ブログだけでなく多くの方が呼びかけをなさっておられました。26万件を超える意見を寄せて下さった皆さま、お疲れ様でした。
そして、誠にありがとうございました!!!


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

「これからも地道な抗議活動を続けよう!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆

速報:祝!「自民新総裁に安倍元首相 決選投票で石破氏を逆転」*〔しーたろう〕の会場内ミニレポートつき*
はじめに、
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

〔しーたろう〕の会場内ミニレポートを追加記載しました(9月26日17:00)

◆◇◆◇◆

「自民新総裁に安倍元首相 決選投票で石破氏を逆転」
2012年9月26日14時19分 朝日新聞
http://www.asahi.com/politics/update/0926/TKY201209260314.html

当ブログで9月15日に公開し、皆さまのご協力を頂きました、
◆拡散希望◆結論:安倍さんしかいない!【自民党総裁5候補の違いまとめ】に関連し、
嬉しい結果が発表されました!

皆さまの力強いご協力に、
改めまして心から感謝いたします!!!


なお、安倍総裁には今後、マスコミの猛烈なバッシングが予想されます。皆さまで力強く安倍総裁を支えて参りましょう!

※自民党本部総裁選会場にて 〔しーたろう〕

(以下記事を転載)

◆◇◆◇◆

自民新総裁に安倍元首相 決選投票で石破氏を逆転
2012年9月26日14時19分

自民党総裁選は26日午後、東京都千代田区の党本部で投開票され、安倍晋三元首相(58)が新総裁が選出された。党員・党友による地方票(300票)で過半数を獲得した石破茂前政調会長(55)が1回目の投票でトップに立ったが、国会議員票(198票)だけによる決選投票で逆転した。決選投票は40年ぶりで、決選で逆転したのは56年ぶりとなる。

 計498票で争う1回目の投票では、石破氏が199票(議員票34票、地方票165票)、安倍氏が141票(議員票54票、地方票87票)、石原伸晃幹事長(55)が96票(議員票58票、地方票38票)、町村信孝元官房長官(67)が34票(議員票27票、地方票7票)、林芳正政調会長代理(51)が27票(議員票24票、地方票3票)だった。議員で投票しなかった票が1票あった。

 国会議員による決選投票では安倍氏が108票、石破氏が89票だった。


◆◇◆◇◆

(転載は以上)

◆◇◆◇◆
※以下は会場内での〔しーたろう〕のミニレポート
*時間は〔しーたろう〕の時計による。

13:02 開会宣言、投票箱確認

・衆議院50音順、参議院50音順で淡々と投票が進む

・候補者などの投票の際には会場内の議員席から拍手が起こる

・ちなみに投票中、一番拍手の多かった議員は、谷垣 禎一氏
(これは決戦投票の時も同じ)

・カメラのフラッシュが多かったのは、小泉進次郎氏

13:20投票箱閉鎖。開票

・壇上で、6人の選挙管理事務局員が開票作業

13:33開票作業終了

13:40開票発表
*党員300をドント式で配分
*議員197
(過半数249)

安倍:党員87 議員54 合計141
石破:党員165 議員34 合計199
石原:党員38 議員58 合計96
町村:党員7 議員27 合計34
林 :党員3 議員24 合計27
→決戦投票へ

・決戦で両候補者が同数の場合は、「くじ」による、と発表(会場内、どよめき)

13:45決戦投票開始

・また淡々と投票が進む

14:00投票箱閉鎖。開票

・開票作業

14:10開票作業終了

14:15開票発表 *議員198 *有効投票数197 *無効票1

安倍:108
石破:89

14:18両院議員総会

14:21安倍新総裁挨拶
「政権奪回する。それは単に自民党のためではない。日本を取り戻す」との力強い発言

14:26谷垣総裁挨拶
「今、安心して安倍新総裁にバトンタッチして、私は陰の男となります」と、爽やかな笑顔と共に退席。会場内、割れんばかりの拍手

14:30万歳三唱。散会

自民党総裁選 

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*
「安倍晋三氏を支えよう!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

「日本海」の呼称変更せず=韓国にも理解―米政府
はじめに、
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

◆◇◆◇◆

「日本海」の呼称変更せず=韓国にも理解―米政府
時事ドットコム (2012/07/03-17:46)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012070300729

当ブログで平成24年4月26日に公開し、皆さまのご協力を頂きました、
呼びかけ:「日本海」呼称を守る署名のお願いに関連し、
至極まっとうな嬉しいニュースが発表されました!

皆さまの力強いご協力に、
改めまして心から感謝いたします!!!


とくにこの署名の呼びかけ人になって下さった参議院議員片山さつき先生、大変お疲れ様でした!!!

(以下記事を転載)

◆◇◆◇◆

「日本海」の呼称変更せず=韓国にも理解-米政府

 【ワシントン時事】米ホワイトハウスは3日までに、ホームページ上で、日本海の呼称について「日本列島と朝鮮半島の間にある水域は『日本海』と呼ぶのが長年にわたる米国の方針だ」と、韓国が求める「東海」に変更する考えのないことを表明した。日本人と韓国人のグループからそれぞれ出されていたオバマ政権の見解を求める請願に答えたもの。
 回答は国務省のキャンベル次官補(東アジア・太平洋担当)の名前で示され、「それぞれの海を単一の名称で言及することは米国の長年の方針で、全ての海洋に適用されている」と指摘。同時に、韓国が「東海」の呼称を使っていることに関しては、「米国は韓国にその命名を変更するよう求めてはいない」と一定の理解を示した。
 また、呼称問題について「韓国と日本にとり、重要で慎重に扱うべき問題であることを理解している」と説明。「地域的、世界的な課題に共に対処するため、両国と協力し続ける」と表明した。 (2012/07/03-17:46)


◆◇◆◇◆

(転載は以上)

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*
「『日本海』は、未来永劫、『日本海』!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

プチ成果報告:東京入国管理局の入国・在留手続の窓口から外国人らしき人は見当たらなくなりました
はじめに 人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking クリックをお願いいたします!

◆◇◆今般の主旨◆◇◆
●当ブログで昨年8/13に公開した意見書文例:驚愕!!!入国・在留手続の窓口業務を外国人がやっている?!ことへの抗議文 *利用、改変可*につきまして、

最近、その記事中にご登場いただいた、外国人在留手続の専門家「Aさん」より、皆さまの成果報告といえる情報を頂きました↓↓↓

その「Aさん」の情報によりますと、
「皆さまの働きかけが成功したようで、今年度は東京入国管理局の窓口に外国人らしき人は見当たらなくなっております。」とのことでした。

この報を受け、〔しーたろう〕も東京都港区に所在する、東京入国管理局2階の入国・在留の審査書類提出窓口に確認に出かけてみましたところ、
http://www.immi-moj.go.jp/soshiki/kikou/tokyo/sinagawa.html

確かに昨夏、入国・在留の審査書類提出窓口で業務を行っていた外国人ら?(苗字が漢字、名前がカタカナの日系人風の人々)は姿を消しておりました。

ただし昨年度同様、受付付近に「アイエーカンパニー合資会社」が業務を受託しているとの明記はありましたので、残念ながら民間委託については変わっていないようです。

そこで、今般「プチ」成果報告として、皆さまにお知らせ申し上げます。

「Aさん」と私との見聞によるお知らせとなり、また窓口の写真を撮ることすらも出来ませんでしたが、
地道な抗議活動が、こうして実を結ぶことがあることをどうしてもお知らせいたしたく、
ソースを出せることなく報告させて頂く事をご了承下さいませ。

ご協力下さった皆さま、お疲れ様でした。
そして、誠にありがとうございました!!!


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

「これからも地道な抗議活動を続けよう!」とお考えの方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
のクリックをお願いいたします!

★管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★
姉妹サイトをご紹介しておりますのでご支援をお願いいたします!
日本がもっと好きになる!大正末期~昭和初期生まれの方々からの貴重なお話満載の姉妹サイト
「ガラス瓶に手紙を入れて」
是非ともご訪問⇒ランキングクリックのご協力をよろしくお願い申し上げます

何卒皆さまの温かい ご理解とご協力とをよろしくお願い申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆


Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.