☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆文例◆ 重国籍法案反対 1
請願書文例
重国籍 1〕
・本文例は、一切の著作権を放棄いたします(利用、転載、改変可)。
どうぞ自由にご利用下さい。

――――――――――――――――――――――――
 
請 願 書

鳩山由紀夫内閣総理大臣殿
平成 年 月 日

【請願する法案】
重国籍

【法案に反対する理由】
1)重国籍を認めることは、即ち日本国籍保持をしながら外国籍を離脱しない者に対し、日本国民固有の権利を渡すことになり、日本国の利益を著しく損なう虞があるから

選挙権や被選挙権、教育を受ける権利といった日本国民固有の権利を享受する目的で、あえて複数の国籍を保持する者が出現する虞があります。
また仮に反日教育を施す国家の国籍保持者が、日本国家の利益を著しく損なう事を目的として、あえて日本国籍を併せて保持する可能性があり得ます。この場合、事実上の外国人に日本の主権を渡し、政治や教育など公権力を持つことになり、国家的利益を著しく損なうことになりかねないと考えます。

2)重国籍を認めることは、即ち日本国籍保持をしながら外国籍を離脱しない者に対し、複数の国家に対する義務が生じることになるから

日本国籍と日本国籍以外の国籍の重国籍を認めると、重国籍者は、勤労、納税、子女に教育を受けさせる義務、といった日本国民の義務を負わなければならない一方で、多くの諸外国で実施されている徴兵義務等も果たさなければならないことになり、重国籍者自体の負担は計り知れません。
また、徴兵義務等を果たした外国籍者が同時に日本国籍も保持するとなると、有事の際には国防上の脅威となりかねません。

以上

住所
氏名             (印)(*ワープロの場合には印鑑が必要)
年齢   歳

―――――――――――――――――――――――― 

◆上記文例の作成にあたっての参考資料◆
●「日本国憲法」
http://www.houko.com/00/01/S21/000.HTM#s3
・第15条第1項 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。
・第26条第1項 すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。

・第26条第2項 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。
・第27条第1項 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。
・第30条 国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。

●「反日教育」とは:出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8D%E6%97%A5%E6%95%99%E8%82%B2
中国・韓国・北朝鮮などで行われているようです(検索すれば動画もあります)。

徴兵制を施行している国家
徴兵制度」:出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B4%E5%85%B5%E5%88%B6%E5%BA%A6
ドイツ、スウェーデン、デンマーク、オーストリア、フィンランド、ノルウェー、スイス、ロシア、韓国、北朝鮮、イスラエル、トルコ、中華民国(台湾)、エジプト、シンガポール、ポーランド、カンボジア、ベトナム、タイ、コロンビア、マレーシア、中国、アルジェリア、キューバ、ギリシャ


◆皆様へのご連絡◆
※主催者の方から頂いた請願書フォーム
に基づいて、作成しています(10月6日変更)

文例は後日修正する可能性があります。

重国籍に反対の方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!







スポンサーサイト
Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。