☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「置き土産」:誰に対しても使える周知用手紙/メール文例  *利用、転載、改変可*
*****
速報:11月11日に政府・民主党は今国会での参政権法案を提出断念しましたが、戦略をかえて来年の通常国会に提出するという情報もあります。
法務委員会への意見書文例を2パターン、コメント欄に残しておりますので、ご自由にご利用下さい。
*****



◆◇◆初めて『日本解体法案』の問題を知る方は◆◇◆→こちら

*皆さま、今まで大変お世話になりありがとうございました。
この一つ下の記事に、皆さまへのお別れのご挨拶をアップいたしております。
皆さまの今後のご多幸を心よりお祈り申し上げます。


*ご連絡:11/1、このブログ名を【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】から
【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】に変更いたしました。

*下の文例は〔しーたろう〕自身も周知活動に使っていきます。
ですので、その時々に相応しい内容にするため、予告なく内容を加除していくことになると思います。
またその他のブログ内の文書も少しずつメンテナンスをして皆さまが利用しやすいようして参ります。
だから、周知用の手紙/メール文例が欲しくなったら、いつでも好きな時にここへ取りに来て下さい。
今後ブログ自体の更新は予定していませんが、当分の間は非公開にはしません。
ブログランキングも徐々に下がり、いずれ皆様の視界から消えていくと思いますので、
この文例を参考にして頂ける方は、今のうちにブックマークをお願いいたします。

★事務連絡:下記文例追加にともない、「初めてこの問題を知る方へ」の記事を改訂しました★
①10月27日の結果を記載し、
②他の優れた政治ブログへの誘導を試みる内容にいたしました。

*周知先のご提案や情報交換、周知報告などは引き続きこの記事のコメント欄までお寄せください。
(荒らしと思われるコメントや、記事に無関係なコメントは削除しますので、安心して書き込んでください。)
コメント欄にて“プチ周知祭り”続行中!お時間のあるときにご参加下さい。

***************

(平成21年11月3日作成/10日改定・ショートVer.=タイトル込み<スペース含む>626文字)
知って下さい!マスコミが報じない日本の危機を◆民主党、外国人地方参政権法案の今国会提出を表明◆

○○ 御中

突然のメール失礼致します。これは営業のメールではありません。
この欄は本来このようなことをお知らせする場所ではないかもしれません。
しかし、今般マスコミが報じない日本の危機的状況を、どうしてもお知らせしたく送信致します。

このごろのマスコミの報道は、何か変だと思いませんか?

マスコミが報じませんが、実は今、日本は危機的状況にあります。
これを、どうしてもお知らせしたく送信しています。
現政権は、選挙の際にマニフェストに記載しなかった、
日本人に とって全く利益のない、危険な法案や政策を次々と実現しようとしています。

とくに、外国人参政権法案提出については、日本人の主権に関わる事にも関わらず、
一部新聞を除き、報じられていません。
そこで、これをネット上で知った一般国民が周知活動をしています。

この問題は貴○○にとっても、どの日本人にとっても知って頂くべき大切なことです。
「初めてこの問題を知る方へ」
http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-category-22.html
にアクセスして下さい。これが問題だと思われたら、そこに書いてある危険法案をご自身の手で検索し、また周りの方へこの事をお話し下さい。宜しくお願いいたします。

***************

(平成21年10月31日作成/11月16日改定・「外国人住民基本法」 Ver.)
タイトル:知って下さい!マスコミが報じない日本の危機を 

謹啓
時下、ますますご清栄のことお慶び申し上げます。
今般、突然のメールを差し上げますご無礼、何卒ご容赦下さい。

平素、貴○○○ならびにご関係者の皆様におかれましては、
日ごろより社会への甚大なるご貢献を下さっておられますこと、一国民として心より感謝申し上げます。

私は国憂う一個人で、下記にご説明する『日本解体法案』に反対の意を唱えているごく普通の者です。
良識ある皆様は、マスコミの報道全体が「何となく、おかしい」ということにお気づきでいらっしゃるかもしれません。しかし、あまりにもご自身の自然な感覚とかけ離れた内閣支持率が報道されているため、その事を口にできずにいらっしゃる方も多いのです。

あるいは現政権が日本の根幹を揺るがす危険な政策・法案を実現しようとしていることも、薄々ご存知でいらっしゃるかもしれません。

去る平成21年10月27日、こうした危険法案に反対する「10・27『日本解体法案』反対請願受付国民集会&移動(デモ)」が開催され、一般国民各々が請願書を持ち寄り、会場である憲政記念館に提出しました。
この移動(デモ)の参加者と集会に集まった国民は5000人にも達しました。
また請願書の受付先である中山成彬東京事務所に全国から郵送等で届いた請願書と、当日提出された請願書は合計で10万通を超えました。
しかし、新聞・テレビは一切これを報じませんでした。

この請願では4人の国会議員が請願受付仲介議員となって下さり、また前議員、有識者、学者の方々など約50名の方が発起人となって下さいました。
詳しくはこの請願イベントの実行委員会事務局のサイト『水間条項』をご参照下さい。
http://mizumajyoukou.jp/?Word%2F2009-10-27

反対請願を行った法案は、「靖国神社代替施設」「外国人参政権」「偽人権擁護法案」「重国籍」「戸籍制度廃止」「夫婦別姓」「女性差別撤廃条約選択議定書」「1000万人移民推進」「日教組教育復活」「国立国会図書館恒久平和調査局」「地方主権」「CO2 25%削減」「東アジア共同体構想」の13法案でした。

これらの法案は、明らかに近い将来提出が予想されるものであり、その際に国民一人一人が各々の問題として理解して、声を上げるべきものばかりです。この他にも、現政権は日本にとって危険な法案や政策を実現しようと目論んでいます。

たとえば、「外国人住民基本法」 という危険法案が最近問題になっています。概要は、3年間日本に滞在している外国人に、無条件で日本人同等の権利を認めると言うだけでなく、提案の法案をそのまま実施すると、不法滞在でも3年間日本にいれば永住資格が与えられる事になります。そして、永住資格を得れば、日本からどんな理由でも追い出されないという項目まであります。元から日本に住んでいる日本人が、外国人に対してあらゆる配慮をし、搾取されながら、小さくなって生きていかなくてはならなくなります。

政権与党である民主党自身、選挙のときにこうした政策をマニフェストには載せず、マスコミでも殆ど報じませんが、
こうした政策・法案がすべて通過すれば日本が解体してしまうほどの損害を受ける事を気がついた国民が立ち上がり、懸命に周知しているところです。私もその中の一人というわけです。

なぜ、こうした危機的状況をマスコミが報じないのかという理由、また
この問題は貴○○にとっても、どの日本人にとっても知って頂くべき大切なことです。
「初めてこの問題を知る方へ」
http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-category-22.html
にアクセスして下さい。これが問題だと思われたら、そこに書いてある危険法案をご自身の手で検索し、また周りの方へこの事をお話し下さい。宜しくお願いいたします。

今後も、「日本解体法案」に反対する請願や集会などが開催されます。詳細は上記でもご紹介しましたサイトの『水間条項』にアップされますので、今後ともこの問題にご注視頂ければ幸いです。
http://mizumajyoukou.jp/

もはや、政治は「誰かが勝手にやってくれる」というような、空気のようなものではなくなってしまいました。私たち国民が、常に監視をしなくてはならなくなってしまったのです。そして、そうした政権を選んでしまったのは私たち自身の責任です。

しかしいきなり「請願」や「集会」などと言われても、躊躇されるお気持ちもとてもよく理解できます。
良識ある皆様におかれましては、まずは日本国の末永い平穏のために、マスコミが報じない、日本が直面しているこの大きな問題に是非、周囲の方々ともどもご考慮頂けましたら幸いです。

末筆ながら、貴○○○ならびにご関係者の皆様のますますのご活躍とご発展を心よりお祈り申し上げます。
謹白

○○○御中


ご賛同される方は人気ブログランキンク FC2ブログランキンクをクリック!
スポンサーサイト

最終日!様々な団体への周知活動にご協力を!~10月31日限定周知文例~

はじめに人気ブログランキンク FC2ブログランキンクのクリックをお願いします!


★ 初めてこの問題を知る方は→こちら
★ ご質問がある方は→こちら
★ 周知活動をしてくださる方は→こちら
★ 請願文例が欲しい方は
 →◆請願書文例◆◆募集文例◆◆『水間条項』「文例ファイル」◆
★ 印刷するだけ!請願書がすぐ欲しい方は→◆PDF専用サイト◆New!
  
さらに詳しく知りたい方は左の「カテゴリ」からお入りください

 
 
★10月27日の集会&移動のご参加の皆様含め、日本を守ろうとするすべての皆様へ★
 
周知担当者募集広告
請願書をすでに提出された方、
とにかく周知活動のお手伝いをお願いいたします。
人手不足で困っております。
このブログ内の報告を見る限り、現在わずか10名ほどの方だけで
全国神社庁、地方議員、日本商工会議所、商工会議所青年部、日本青年会議所、ロータリークラブ、医師会、自衛隊関係、農協、漁協への連絡を終えました。
 
現在はこの「ライオンズクラブ他への周知活動」
を行っております(文例も連絡先リストもあります。文例コピー&ペーストで作業はかんたーん)。また、最後の最後まで周知活動を続けるため皆さまからの送付先のご提案もお待ちいたしております
とくに本日は最終日ですから、これを機会に徹底的に周知を進めたく存じます。
請願書の受付が終わっても、日本は危機を乗り越えたわけではありません。
参戦いただける方は、下のコメント欄に
例:「ライオンズクラブ○○地区にメールします」とご連絡の上、
よろしくお願い申し上げます。
 
本日の受付締め切り時間まであと少しです!!!!!
もはやメールを受け取った方が請願書の提出に間に合わなくても、次の機会にはご協力頂けるよう、周知しようではありませんか!
 
どうか、ご自分の分だけで安心しないで~。
皆さまのメールが、国思うすばらしいリーダーシップのある方に届くかもしれませんよ。
新しい周知先のご提案があれば、是非お知らせ下さい。〔しーたろう〕は最後まで諦めません。
最後の最後まで、ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。
 

**********

10月30日の記事で「農協・漁協への周知活動にご協力を!」と題し、
全国の名簿を頼りにメールによる周知活動を呼びかけましたところ、
皆さまの大変温かいご支援とご協力により、
昨日一日で全国の上記団体へのメール送信が完了いたしました。
本当にありがとうございました。

そこで、本日の請願書受付締切時刻までは、
ライオンズクラブその他へのご協力依頼のメールをしようという事になりました。
コメント欄に頂いた、皆さまのアイディアに基づくものです。

なお、受付締切りが迫っておりますので、無理をしてすべての連絡先に送信しようと
お考えにならなくて結構です。
ただ、できれば作業の分担をしたいので、
 ・参加するとき 例:「ライオンズクラブ○○地区に送信します」 「日本看護協会の北海道から南下します」
 とコメント欄で宣言してから始めて頂けると有難いです。


●ライオンズクラブ
http://japan-8md.sakura.ne.jp/modules/cclinks/index.php?CatID=2
●日本看護協会
http://www.nurse.or.jp/home/group/index.html
●全日本トラック協会
http://www.jta.or.jp/association/todou.html
●NPO法人日本理美容福祉協会
http://www.f-npo.org/
●その他(ご提案をお待ちしています)

-------------------------------------------------------------
タイトル:知って下さい!マスコミが報じない日本の危機を(できれば10月31日中にお読み下さい)

謹啓
時下、ますますご清栄のことお慶び申し上げます。
今般、突然のメールを差し上げますご無礼、何卒ご容赦下さい。

平素、貴○○○ならびにご関係者の皆様におかれましては、
日ごろより社会への甚大なるご貢献を下さっておられますこと、一国民として心より感謝申し上げます。

私は国憂う個人の者で、下記にご説明する『日本解体法案』に反対の意を唱えている者です。
あるいは既にご承知でいらっしゃるかもしれませんが、現政権が日本の根幹を揺るがす危険な政策・法案を実現しようとしています。

去る平成21年10月27日、これらに反対する「10・27『日本解体法案』反対請願受付国民集会&移動(デモ)」が開催され、一般国民各々が請願書を持ち寄り、会場である憲政記念館に提出いたしました。当日は、高さ3メートルにも達する請願書が提出され、移動(デモ)の参加者と集会に集まった国民は5000人にも達しました。しかし、新聞・テレビは一切これを報じません。

政権与党である民主党自身、選挙のときにこうした政策をマニフェストには載せず、マスコミでも殆ど報じられませんが、
これら政策・法案がすべて通過すれば日本が解体してしまうほどの損害を受ける事を気がついた国民が立ち上がり、周知しているところです。
支援サイトより「初めてこの問題を知る方へ」をご参照下さい。
http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-category-22.html

この請願では4人の国会議員が請願受付仲介議員となって下さり、また前議員、有識者、学者の方々など約50名の方が発起人となって下さいました。
詳しくは実行委員会事務局のサイト『水間条項』 をご参照下さい。
http://mizumajyoukou.jp/?Word%2F2009-10-27

反対請願を行った法案は、「靖国神社代替施設」「外国人参政権」「偽人権擁護法案」「重国籍」「戸籍制度廃止」「夫婦別姓」「女性差別撤廃条約選択議定書」「1000万人移民推進」「日教組教育復活」「国立国会図書館恒久平和調査局」「地方主権」「CO2 25%削減」「東アジア共同体構想」の13法案でした。

これらの法案は、近い将来提出が予想されるものであり、その際に国民一人一人が各々の問題として理解して、声を上げるべきものばかりです。

これら「日本解体法案」に反対する請願書は、その「集会&移動(デモ)」が過ぎても受付けられ、受付期限はこのメールをお送りしている10月31日です。このメールを開封して頂く頃にはもはや期限を過ぎているかもしれません。しかしまた、次の請願書提出の機会がございます。今後の詳細は『水間条項』というサイトにアップされますので、今後ともこの問題にご注視頂ければ幸いです。
http://mizumajyoukou.jp/

良識ある皆さまにおかれましては、日本国の末永い平穏のために、マスコミが報じない日本が直面しているこの大きな問題に是非、周囲の方々ともどもご考慮下さい。

末筆ながら、貴○○○ならびにご関係者の皆様のますますのご活躍とご発展を心よりお祈り申し上げます。
謹白

追伸:
もしこのメールを10月31日中にご開封頂き、内容をご理解頂いた上で請願書送付のご同意を頂けましたならば、
下記の請願支援サイトに印刷するだけの請願書のひな形がございます。
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】PDF専用サイト
http://sitarou09.seesaa.net/
よろしければご参照の上ご利用下さいませ。

13 項目もの請願書の提出に戸惑われるのであれば、早々に成立の動きがある、「外国人参政権」、「夫婦別姓」、また、すべての言論の自由を封鎖可能な 「人権擁護法案」この3つに反対する請願書だけでもご承知頂き、ご協力頂ければ幸いに存じます。

【請願書受付先】は、下記のとおりです。
〒162-0845
東京都新宿区市谷本村町3-17
パシフィックレジデンス市ヶ谷904号室
FAX:03-3269-5873
中山成彬東京事務所
郵便:10/31(土)消印有効
(FAXもOK)

○○○御中
-------------------------------------------------------------


請願書は本日消印有効(FAXもOK)です。
最後まで周知を続け、一通でも多くの請願書を提出して頂きましょう!
☆今後の請願の機会につなぐためにも、受付締切りぎりぎりまで周知活動をよろしくお願いいたします☆


【請願書受付先】
〒162-0845
東京都新宿区市谷本村町3-17
パシフィックレジデンス市ヶ谷904号室
FAX:03-3269-5873
中山成彬東京事務所

 

ご賛同頂ける方は人気ブログランキンク FC2ブログランキンクをクリック!


外国人参政権見送りを弾みに! ~知らせよう、次の請願につなげよう~

はじめに人気ブログランキンク FC2ブログランキンクのクリックをお願いします!


★ 初めてこの問題を知る方は→こちら
★ ご質問がある方は→こちら
★ 周知活動をしてくださる方は→こちら
★ 請願文例が欲しい方は
 →◆請願書文例◆◆募集文例◆◆『水間条項』「文例ファイル」◆
★ 印刷するだけ!請願書がすぐ欲しい方は→◆PDF専用サイト◆New!
  
さらに詳しく知りたい方は左の「カテゴリ」からお入りください

********
『日本解体法案』【請願書受付先】は、下記のとおりです。
〒162-0845
東京都新宿区市谷本村町3-17
パシフィックレジデンス市ヶ谷904号室
FAX:03-3269-5873
中山成彬東京事務所
10/31(土)消印有効(郵送・FAXもOK)
********

『水間条項』より転載させて頂いた、ひとつ下の記事によれば、外国人参政権の法案提出が見送られたようです。
まずは、この朗報をかみ締めたいと思います。

しかし、5,000人もの心ある日本人が集まった10月27日の集会。
40,000通も事前に届き、当日受付でも3メートルもの高さにまでに届いた請願書のことも、
結局どのメディアも報じませんでした。

明日でいよいよこの請願受付も締め切られます。
でも、本当の戦いはこれからです。
もし外国人参政権を今回ストップできたのが、実行委員会やご関係者の方々のご尽力と私たち草の根国民の力であったとしても、
一般の方々はこうした経緯や他の日本解体法案についてご存知ありません。
多くの方にこうした日本の危機を知っていただくこと、そして立ち上がって頂くことの重要性が
立証されたのではないでしょうか。

実行委員会事務局では次の緊急請願集会の計画もあるようです。
私たちの願いはすべての「日本解体法案」を封じ込めて日本が破壊されないこと、
そのために多くの日本人が目覚めること、、、
そうではないでしょうか?

この朗報を励みに、
次の請願集会の時までに、この問題を一人でも多くの人に知らせる。
そして「日本解体法案」の成立を防ぐ。
回を追うごとに請願書が多く集まる。
来年の参議院議員選挙の時までには、ほとんどの日本人が目覚めている。
「日本を好きだ」と言うことが、ごく普通のことになっている。
―――こうならなくてはならないはずです。

誰しも、「知らない」ことに対して、反対することはできません。
「マスコミの報道は、何かおかしい。」と感じている方は実は意外に多いものです。
しかし、現内閣の支持率が非常に高く報道されているあまり、ご自身の感覚がマイナーなものであることを認められたくないため、感じている違和感を表に出さない方が多いと感じています。
こうした方に丁寧に説明すれば、ご理解頂ける可能性は高いです。

チラシやデモや街宣活動をして下さっている方のおかげで、着実に広がってはいると思います。
でも現状レベルの周知活動での広がりのスピードでは遅いことは、これまでの経緯から明らかです。
ネットで“自然に大きく”広がることは、それほど期待できないように見えます。
このままでは、日本人全体が知ったときには、手遅れになっているかもしれません。

テレビの代わりに、新聞の代わりに、私たちのこの手で、具体的に、
良識ある方々に日本の危機を伝えましょう。
新しくこの問題を知った方の中から、大きな声を上げて下さる方だって、きっと現れるはずです。
少なくとも、一度知ってしまったことを「知らない」ということにはなりません。

請願受付も締切りという区切りを前に、
このブログ上で、懸命に働いて下さっている方がいらっしゃいます。
〔しーたろう〕ごときの拙い文例をもとに、このわずか数日間で
もう、既に数えられない(数千通?)ほどのメールを送っています。

この文例がお気に召さなければ、どうぞご自由に改変してください。

たとえ送られた100通のうちの99通までが、削除され、無視され、忘れ去られたとしても、
残り1通を受け取った方がこの問題を強く受け止めてくれるかもしれない。
もしかするとその方は、100人の方に影響を及ぼす影響力のある人かもしれない。
一気にではないけれど、その方を起点に少しずつ、何百人の人に伝わっていくかもしれない。
そうしたら、捨てられた99通だって全く無駄にはならないことになります。

でも実際には、これよりはるかに高い確率で開封されているようです。
それは、「集会&移動」も終え、終了間近になったこのブログへの新規のアクセス数の増加から推定できます。
働きは、ごく短期間のうちに確実に成果となっています。

今、私たちが知らせなくて、いつ、誰が知らせます?
このブログ上で、〔しーたろう〕と賛同者の方々は請願受付締切りまで戦います。
少なくとも、このブログ上での周知活動は、孤独な戦いではありません。

日本を救いたいと言う願いをこめて送られたそのメールは、きっと開封した人の心に届きます。
次の機会のために、日本を守るために、最後の最後まで周知活動を続けます。
非公開コメントで、いろいろな周知先のヒントを頂いていますが、現状の人数では足りません。

今回の請願だけの周知に止まらない、次につながる文例をアップします。
これに送信先のリストを加えます。
コピー&ペーストにより、1通送信するのに2分間ぐらいの時間です。1時間に30通の送信が可能です。
それに、ほとんどリスクもありません。
ネットでこの問題を知った皆さまと、ネット上で共に戦い、ネットを通じてこの問題を知らせるのです。
そしてメールを受け取った方も、ネットでこれらの問題を調べます。
良い時代になりましたね。

「保守」の皆さま、行動まで「保守」にならないで、今一歩、今少しの行動を!
この「請願&デモ」は、少なくともひとつの成功を見ました。
しかし、それだけにとどまらず、
この請願をきっかけにここに集まった方々が、最後まで周知活動を行うことにより、
この機会に多くの方に知って頂く事ができたら、
この機会は非常に大きな意味を持つものになります。
大勢の皆さまにご賛同頂き、お力添えを頂ければ幸いです。
どうか、左のカテゴリの
☆★☆★ 周知活動 と その報告 ★☆★☆をクリックし、
周知活動にご参加下さい。

最後の最後まで、どうぞよろしくお願い申し上げます。


周知活動により一人でも多くの方が目覚めて下さることを願う方は人気ブログランキンク FC2ブログランキンクをクリック!


農協・漁協への周知活動にご協力を!~10月30日限定周知文例~

はじめに人気ブログランキンク FC2ブログランキンクのクリックをお願いします!


★ 初めてこの問題を知る方は→こちら
★ ご質問がある方は→こちら
★ 周知活動をしてくださる方は→こちら
★ 請願文例が欲しい方は
 →◆請願書文例◆◆募集文例◆◆『水間条項』「文例ファイル」◆
★ 印刷するだけ!請願書がすぐ欲しい方は→◆PDF専用サイト◆New!
  
さらに詳しく知りたい方は左の「カテゴリ」からお入りください

 
 
★10月27日の集会&移動のご参加の皆様含め、この請願の成功を願うすべての皆様へ★
 
周知担当者募集広告
請願書をすでに提出された方、
とにかく周知活動のお手伝いをお願いいたします。
人手不足で困っております。
このブログ内の報告を見る限り、現在数名の方だけで
全国神社庁、地方議員、日本商工会議所、商工会議所青年部、日本青年会議所・ロータリークラブ・医師会・自衛隊関係への連絡を終えました。
 
現在はこの「農協・漁協への周知活動」
を行っております(文例も連絡先リストもあります。文例コピー&ペーストで作業はかんたーん)。
とくに農協の連絡先が多く、申し出た方が悲鳴を上げております。
参戦いただける方は、下のエントリのコメント欄に
「○○県の農協にメールします」とご連絡の上、
よろしくお願い申し上げます。
 
31日の受付締め切りまで時間がありません!!!!!
もはや個別周知ではなく、組織的に周知するのが効率的です。
 
どうか、ご自分の分だけで安心しないで~。
皆で1通でも多くの請願書を出そうではありませんか!
ご協力をよろしくお願い申し上げます。
 

**********

10月28日の記事で「ロータリークラブ・医師会・自衛隊への周知活動にご協力を!」と題し、
全国の名簿を頼りにメールによる周知活動を呼びかけましたところ、
皆さまの大変温かいご支援とご協力により、
昨日までに全国の上記団体へのメール送信が完了いたしました。
本当にありがとうございました。

そこで、本日と10月31日の請願書受付締切日までは、
農協・漁協へご協力依頼のメールをしようという事になりました。
コメント欄に頂いた、皆さまのアイディアに基づくものです。

なお、受付締切りが迫っておりますので、無理をしてすべての連絡先に送信しようと
お考えにならなくて結構です。
ただ、できれば作業の分担をしたいので、
 ・参加するとき 例:「北海道にある農協に送信します」 
 とコメント欄で宣言してから始めて頂けると有難いです。


●JA農協リンク
http://www.zenchu-ja.or.jp/link/index.html
●「国内旅行観光情報・大好き日本 漁業協同組合」 *新しいリストが見つかりました New!
*昨晩掲示していた「全漁連」もこの中に含まれています
http://www.gojapan.jp/theme/theme32.html
-------------------------------------------------------------

タイトル:10月31日締切りの『日本解体法案』反対請願書提出にご協力頂けませんか
*このメールを開けられるのが期日を過ぎていたとしても、これは日本にとって大切なことですから内容をご理解頂ければ幸いです

謹啓
錦秋の候、ますますご清栄のことお慶び申し上げます。
今般、突然のメールを差し上げますご無礼、何卒ご容赦下さい。

平素、貴農業漁業協同組合の組合員はじめご関係者の皆様におかれましては、
私どもの日本人の食の安全を保持する貴重なお働きにとどまらず、地域経済の活性化を促すお役目を果たされておられますこと、一国民として心より感謝申し上げます。

私は国憂う個人の者で、下記にご説明する『日本解体法案』に反対の意を唱えている者です。
既にご承知でいらっしゃるかもしれませんが、現政権が日本の根幹を揺るがす危険な政策・法案を実現しようとしています。

去る10月27日、これらに反対する「10・27『日本解体法案』反対請願受付国民集会&移動(デモ)」が開催され、一般国民各々が請願書を持ち寄り、会場である憲政記念館に提出いたしました。当日は、高さ3メートルにも達する請願書が提出され、移動(デモ)の参加者と集会に集まった国民は5000人にも達しました。しかし、新聞・テレビは一切これを報じません。

政権与党である民主党自身、選挙のときにこうした政策をマニフェストには載せず、マスコミでも殆ど報じられませんが、
これら政策・法案がすべて通過すれば日本が解体してしまうほどの損害を受ける事を気がついた国民が立ち上がり、周知しているところです。
支援サイトより「初めてこの問題を知る方へ」
http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-category-22.html
をご参照下さい。

なお、この請願受付集会&移動(デモ)は既に終了しましたが、請願書は郵送・FAXにより10月31日まで受け付けています。マスコミが報じない以上、一通でも多くの国民の声を請願書として届けることが必要です。そこで請願書送付のご協力を貴農業漁業協同組合の組合員はじめご関係者の皆様にもお願いしたく、このメールを差し上げました次第です。

受付の期限があまりにも近づいており、あるいはこのメールをご覧になられた頃には期限が過ぎているかもしれません。ですがこれらの法案は、明らかに近い将来提出が予想されるものであり、その際に国民一人一人が各々の問題として理解して、声を上げるべきものばかりです。

この請願では4人の国会議員が請願受付仲介議員となって下さり、また前議員、有識者、学者の方々など約50名の方が発起人となって下さいました。
詳しくは実行委員会事務局のサイト『水間条項』 をご参照下さい。
http://mizumajyoukou.jp/?Word%2F2009-10-27

反対請願を行う法案は、「靖国神社代替施設」「外国人参政権」「偽人権擁護法案」「重国籍」「戸籍制度廃止」「夫婦別姓」「女性差別撤廃条約選択議定書」「1000万人移民推進」「日教組教育復活」「国立国会図書館恒久平和調査局」「地方主権」「CO2 25%削減」「東アジア共同体構想」の13法案です。

13 項目もの請願書の提出に戸惑われるのであれば、次の国会で成立する可能性がある、「外国人参政権」、「夫婦別姓」、また、すべての言論の自由を封鎖可能な 「人権擁護法案」この3つに反対する請願書だけでもご承知頂き、あくまで個人として請願書の提出にご協力頂ければ幸いに存じます。

請願書のひな形につきましては、支援サイト
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】PDF専用サイト
http://sitarou09.seesaa.net/
にございます。よろしければご参照下さいませ。

【請願書受付先】は、下記のとおりです。
〒162-0845
東京都新宿区市谷本村町3-17
パシフィックレジデンス市ヶ谷904号室
FAX:03-3269-5873
中山成彬東京事務所
10/31(土)消印有効(FAXもOK)

締切りまで時間がなく、緊急のお願いになってしまい恐縮でございますが、日本国の末永い平穏のために、貴農業漁業協同組合の組合員はじめご関係者の皆様におかれましては、できますことならば会員ご自身、また会員のお知り合いの方々から一通でも多くの請願書のご協力を賜りたく、お願い申し上げます。

仮にこの請願書提出の締切りを過ぎた後にこれらの問題をご理解頂けたとしても、次の請願書提出の機会がございます。今後の詳細は『水間条項』にアップされます。
http://mizumajyoukou.jp/
マスコミが報じない、日本が直面しているこの大きな問題を是非、周囲の方々ともどもご考慮下さい。

末筆ながら、貴農業漁業協同組合の組合員はじめご関係者の皆様のますますのご活躍とご発展を心よりお祈り申し上げます。
謹白

農業漁業協同組合御中

-------------------------------------------------------------


請願書は10月31日消印有効(FAXもOK)です。
もっともっと周知してたくさんの請願書を提出して頂きましょう!
☆最後まで周知活動をよろしくお願いいたします☆


【請願書受付先】
〒162-0845
東京都新宿区市谷本村町3-17
パシフィックレジデンス市ヶ谷904号室
FAX:03-3269-5873
中山成彬東京事務所

 

ご賛同頂ける方は人気ブログランキンク FC2ブログランキンクをクリック!


成果報告<中間> ~最後まで、諦めません!~

はじめに人気ブログランキンク FC2ブログランキンクのクリックをお願いします!


★ 初めてこの問題を知る方は→こちら
★ ご質問がある方は→こちら
★ 周知活動をしてくださる方は→こちら
★ 請願文例が欲しい方は
 →◆請願書文例◆◆募集文例◆◆『水間条項』「文例ファイル」◆
★ 印刷するだけ!請願書がすぐ欲しい方は→◆PDF専用サイト◆New!
  
さらに詳しく知りたい方は左の「カテゴリ」からお入りください


********
『日本解体法案』【請願書受付先】は、下記のとおりです。
〒162-0845
東京都新宿区市谷本村町3-17
パシフィックレジデンス市ヶ谷904号室
FAX:03-3269-5873
中山成彬東京事務所
10/31(土)消印有効(郵送・FAXもOK)
********

ご承知の通り、「請願受付集会&移動」につきましては、10月27日、無事に開催されました。
一般国民各々が請願書を持ち寄り、会場である憲政記念館に提出しました。
移動(デモ)の参加は3000人、その後集会に集まった国民は5000人にも達しました。
当日受け付けられた請願書は、高さ3メートルにも達し、事前にFAX/郵送された請願書も40000通を超えたそうです。
しかし、ついに新聞・テレビは一切これを報じませんでした。

どんな国民も、こんな「日本解体法案」の存在を知れば絶対に賛成するわけがないのです。
ですが、マスコミが報じなければ多くの国民は知りえないのが現実です。
そこで、拙ブログでは、現在有志の方々のお力を借り、総力を挙げて最後の周知活動を行っております。

上記の通り、請願受付締切りまで時間がありませんし、締切りと同時に拙ブログの更新も停止いたしますが、最後まで諦めず、また次の機会に備えた周知も兼ねる意味合いで、皆頑張っております。

具体的には保守系の団体、社会貢献をなさってる団体を中心に組織的に手分けをして主としてメールで周知しています。
これまでに、全国の神社庁へ郵送、地方議員、日本商工会議所、商工会議所青年部、日本青年会議所へのメール連絡を終えました。
現在はロータリークラブ、医師会、自衛隊関係への周知活動を行っております。

方法としては、〔しーたろう〕がメール文例をアップし、これを皆様にコピー&ペーストで配布して頂いております。
コメント欄を利用して、互いに連絡を取り合っております。

なんと今、この最後の周知活動が、ごく短期間で、着実に目に見える形でデータとなって現れています。ブログ管理人は、自分のブログにアクセスしてきた解析データを見ることができますが、
アクセスデータを見ますと、この半月程、ずっと新規のご訪問者が20%台だったのが、
より積極的に周知活動を始めた昨日から、まったく新しい方のアクセスが34%にも達しました。
今朝もその傾向は続いていて、10時現在、新しい方のアクセスが40%に達しています。

マスコミも報じず、「集会&移動」も既に終わっているのに、新しい方が訪問して下さるのは、周知活動の成果であるとしか考えられません。

これは、凄いことではないですか!

おまけに、昨日の「政治ブログランキング」のクリック数は、最も多かったはずの「集会&移動」の当日よりも200も多かったのです!!!
また、FC2人気ブログランキングの「政治・経済ランキング」では、初の3位/4290人中 を頂きました。

皆様のご尽力により、この問題を初めて知った方が拙ブログを訪れ、内容を読んでご理解下さり、支援のクリックを下さったのです。

きっと、この問題を初めて知った多くの方からさらに周知は拡大し、少しずつ少しずつ広がりを見せるものと思います。
そうしてまたその中から、積極的に活動して下さる方も現れるに違いありません。

残念ながら、貴重なお時間とお手間をおかけ頂いて、これをお手伝い頂いても、〔しーたろう〕は皆様にコーヒーの一杯もご馳走できませんが、
一度もお会いしたこともない方々と一体となって、国思う活動ができる、感動を味わえます。

というわけで、、、
募集広告↓

 
 
周知担当者募集広告
請願書をすでに提出された方、
とにかく周知活動のお手伝いをお願いいたします。
人手不足で困っております。
このブログ内の報告を見る限り、現在数名の方だけで
全国神社庁、地方議員、日本商工会議所、商工会議所青年部、日本青年会議所への連絡を終えました。
 
現在はこの「ロータリークラブ・医師会・自衛隊への周知活動」
を行っております(文例も連絡先リストもあります。文例コピー&ペーストで作業はかんたーん)。
提示したすべての団体の連絡先が多く、担当者各々が悲鳴を上げております。
参戦いただける方は、ひとつ下のエントリのコメント欄に
例:「○○県の医師会にメールします」とご連絡の上、
よろしくお願い申し上げます。
 
31日の受付締め切りまで時間がありません!!!!!
もはや個別周知ではなく、組織的に周知するのが効率的です。
 
どうか、ご自分の分だけで安心しないで~。
皆で1通でも多くの請願書を出そうではありませんか!
ご協力をよろしくお願い申し上げます。
 

皆さまの積極的なご参加をお待ちしております。

***このブログの今後の予定***
・本日(29日) ロータリークラブ、医師会、自衛隊関係への周知活動を継続
・明日(30日) ロータリークラブ、医師会、自衛隊関係への周知活動を継続
(終了していれば皆様とご相談の上で新たな周知活動を検討)
・明後日(31日) 請願書提出期日にこだわらない、今後も使えるオールマイティーな周知文例をアップ予定(次の請願に備える)。
・その後   ブログの更新は停止します。ただ、上記周知活動の結果としてご訪問下さる方・ご質問のある方がいらっしゃいますので、当面ブログはこのままの状態にしておきます。
*****************

最後の最後まで、どうぞよろしくお願い申し上げます。

請願書が一通でも多く提出されることを願う方は人気ブログランキンク FC2ブログランキンクをクリック!

 


ロータリークラブ・医師会・自衛隊への周知活動にご協力を!

はじめに人気ブログランキンク FC2ブログランキンクのクリックをお願いします!


★ 初めてこの問題を知る方は→こちら
★ ご質問がある方は→こちら
★ 周知活動をしてくださる方は→こちら
★ 請願文例が欲しい方は
 →◆請願書文例◆◆募集文例◆◆『水間条項』「文例ファイル」◆
★ 印刷するだけ!請願書がすぐ欲しい方は→◆PDF専用サイト◆New!
  
さらに詳しく知りたい方は左の「カテゴリ」からお入りください


 
 
★10月27日の集会&移動のご参加の皆様含め、この請願の成功を願うすべての皆様へ★
 
周知担当者募集広告
請願書をすでに提出された方、
とにかく周知活動のお手伝いをお願いいたします。
人手不足で困っております。
このブログ内の報告を見る限り、現在数名の方だけで
全国神社庁、地方議員、日本商工会議所、商工会議所青年部、日本青年会議所への連絡を終えました。
 
現在はこの「ロータリークラブ・医師会・自衛隊への周知活動」
を行っております(文例も連絡先リストもあります。文例コピー&ペーストで作業はかんたーん)。
とくにロータリークラブの連絡先が多く、申し出た方が悲鳴を上げております。
参戦いただける方は、下のエントリのコメント欄に
「○○県のロータリークラブにメールします」とご連絡の上、
よろしくお願い申し上げます。
 
31日の受付締め切りまで時間がありません!!!!!
もはや個別周知ではなく、組織的に周知するのが効率的です。
 
どうか、ご自分の分だけで安心しないで~。
皆で1通でも多くの請願書を出そうではありませんか!
ご協力をよろしくお願い申し上げます。
 

**********

10月26日の記事で「日本商工会議所・商工会議所青年部・日本青年会議所への周知活動にご協力を!」と題し、
全国の「日本商工会議所・商工会議所青年部・日本青年会議所」の名簿を頼りにメールによる周知活動を呼びかけましたところ、
皆さまの大変温かいご支援とご協力により、
昨日までに全国の上記団体へのメール送信が完了いたしました。
本当にありがとうございました。

そこで、本日から10月31日の請願書受付締切日までは、
下記の団体等へご協力依頼のメールをしようという事になりました。
コメント欄に頂いた、皆さまのアイディアに基づくものです。

なお、受付締切りが迫っておりますので、無理をしてすべての連絡先に送信しようと
お考えにならなくて結構です。
ただ、できれば作業の分担をしたいので、
 ・参加するとき 例:「東京都内にあるロータリークラブに送信します」 
 とコメント欄で宣言してから始めて頂けると有難いです。


●ロータリークラブ: *一覧が見つかりました
日本のロータリークラブ関連http://www.tateshina-rc.gr.jp/japanRC.htm

●各地の医師会へのリンク:
http://www.med.or.jp/kakuti/kakuti/link.html

●自衛隊関係 
*〔注記〕公務員の方に組織的に周知をお願いすることは無理があるような気がいたしますが、
せっかくの機会ですし、コメント欄に寄せられた強いご要望に押され、
メールのご担当者だけにでもお知らせしたく下記のリストと文例をアップいたします。
防衛省・統合幕僚監部http://www.mod.go.jp/jso/
海上自衛隊http://www.mod.go.jp/msdf/
〔JASDF] 航空自衛隊http://www.mod.go.jp/asdf/index.html
陸上自衛隊http://www.mod.go.jp/gsdf/
自衛官募集ホームページ
http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/contact/index.html

〔しーたろう〕なりに、①ロータリークラブ・医師会あての文例
             ②自衛隊関係あての文例 を下記に作ってみました。
よろしければ参考になさってください。

-------------------------------------------------------------
①ロータリークラブ・医師会あての文例 
ロータリークラブ医師会のうち不要なものを削除してください(全部で5か所あります)。

 


タイトル:10月31日締切りの『日本解体法案』反対請願書提出にご協力頂けませんか

謹啓
錦秋の候、ますますご清栄のことお慶び申し上げます。
今般、突然のメールを差し上げますご無礼、何卒ご容赦下さい。

平素、貴ロータリークラブ医師会におかれましては、会員ご自身のご職業を通じての社会貢献のみならず、そこから広がる社会全体への尊いご奉仕を下さっておられますこと、一般市民としてご尊敬申し上げると共に厚く御礼申し上げます。

私は国憂う個人の者で、下記にご説明する『日本解体法案』に反対の意を唱えている者です。
ご承知のこととは存じますが、現政権が日本の根幹を揺るがす危険な政策・法案を実現しようとしています。

去る10月27日、これらに反対する「10・27『日本解体法案』反対請願受付国民集会&移動(デモ)」が開催され、一般国民各々が請願書を持ち寄り、会場である憲政記念館に提出いたしました。当日は、高さ3メートルにも達する請願書が提出され、移動(デモ)の参加者と集会に集まった国民は5000人にも達しました。しかし、新聞・テレビは一切これを報じません。

政権与党である民主党自身、選挙のときにこうした政策をマニフェストには載せず、マスコミでも殆ど報じられませんが、
これら政策・法案がすべて通過すれば日本が解体してしまうほどの損害を受ける事を気がついた国民が立ち上がり、周知しているところです。
支援サイトより「初めてこの問題を知る方へ」
http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-category-22.html
をご参照下さい。

なお、この請願受付集会&移動(デモ)は既に終了しましたが、請願書は郵送・FAXにより10月31日まで受け付けています。マスコミが報じない以上、一通でも多くの国民の声を請願書として届けることが必要です。そこで請願書送付のご協力を貴ロータリークラブ医師会の会員ならびにご関係者の皆さまにお願いしたく、このメールを差し上げました次第です。

この請願では4人の国会議員が請願受付仲介議員となって下さり、また前議員、有識者、学者の方々など約50名の方が発起人となって下さっています。
詳しくは実行委員会事務局のサイト『水間条項』 をご参照下さい。
http://mizumajyoukou.jp/?Word%2F2009-10-27

反対請願を行う法案は、「靖国神社代替施設」「外国人参政権」「偽人権擁護法案」「重国籍」「戸籍制度廃止」「夫婦別姓」「女性差別撤廃条約選択議定書」「1000万人移民推進」「日教組教育復活」「国立国会図書館恒久平和調査局」「地方主権」「CO2 25%削減」「東アジア共同体構想」の13法案です。

13 項目もの請願書の提出に戸惑われるのであれば、次の国会で成立する可能性がある、「外国人参政権」、「夫婦別姓」、また、すべての言論の自由を封鎖可能な 「人権擁護法案」この3つに反対する請願書だけでも、ご承知頂き、請願書をお集め頂ければ幸いです。

請願書のひな形につきましては、支援サイト
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】PDF専用サイト
http://sitarou09.seesaa.net/
にございます。よろしければご参照下さいませ。

【請願書受付先】は、下記のとおりです。
〒162-0845
東京都新宿区市谷本村町3-17
パシフィックレジデンス市ヶ谷904号室
FAX:03-3269-5873
中山成彬東京事務所
10/31(土)消印有効(FAXもOK)

締切りまで時間がなく、緊急のお願いになってしまい恐縮でございますが、日本国の末永い平穏のために、貴ロータリークラブ医師会会員の皆様におかれましては、できますことならば会員ご自身、また会員のお知り合いの方々から一通でも多くの請願書のご協力を賜りたく、お願い申し上げます。

末筆ながら、貴ロータリークラブ医師会と会員の皆様のますますのご活躍とご発展を心よりお祈り申し上げます。
謹白

ロータリークラブ医師会御中



-------------------------------------------------------------
②自衛隊関係あての文例

タイトル:10月31日締切りの『日本解体法案』反対請願書提出にご協力頂けませんか
謹啓
錦秋の候、ますますご清栄のことお慶び申し上げます。
今般、突然のメールを差し上げますご無礼、何卒ご容赦下さい。

平素、防衛省・自衛隊の皆々様におかれましては、日本国家の安全を保つのみにとどまらず、御身を挺してわが国の平和と独立をお守り下さっておられる尊いお働きに、一国民として心より感謝申し上げます。

私は国憂う個人の者で、下記にご説明する『日本解体法案』に反対の意を唱えている者です。
既にご承知でいらっしゃるかもしれませんが、現政権が日本の根幹を揺るがす危険な政策・法案を実現しようとしています。

去る10月27日、これらに反対する「10・27『日本解体法案』反対請願受付国民集会&移動(デモ)」が開催され、一般国民各々が請願書を持ち寄り、会場である憲政記念館に提出いたしました。当日は、高さ3メートルにも達する請願書が提出され、移動(デモ)の参加者と集会に集まった国民は5000人にも達しました。しかし、新聞・テレビは一切これを報じません。

政権与党である民主党自身、選挙のときにこうした政策をマニフェストには載せず、マスコミでも殆ど報じられませんが、
これら政策・法案がすべて通過すれば日本が解体してしまうほどの損害を受ける事を気がついた国民が立ち上がり、周知しているところです。
支援サイトより「初めてこの問題を知る方へ」
http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-category-22.html
をご参照下さい。

なお、この請願受付集会&移動(デモ)は既に終了しましたが、請願書は郵送・FAXにより10月31日まで受け付けています。マスコミが報じない以上、一通でも多くの国民の声を請願書として届けることが必要です。そこで請願書送付のご協力を防衛省・自衛隊のご関係者の皆様にもお願いしたく、このメールを差し上げました次第です。

国家公務員としてお働きでいらっしゃる以上、組織的にこうしたお願いに対するご協力が困難であることは重々承知いたしております。
それでもあえてこうしてメールを差し上げますのは、これらの『日本解体法案』はどの国民にも無関係な事柄が一つもないのみならず、こと防衛省・自衛隊の皆々様の職務にはまず間違いなく強い影響を及ぼす事が考えられるからです。
組織的なお願いがたとえ不可能であっても、このメールを開封されたご担当者様だけにでもこの事柄をご理解頂き、一国民、一個人として周囲のご家族やご友人にお知らせ頂きたくお願いするものでございます。

なおこの請願では4人の国会議員が請願受付仲介議員となって下さり、また前議員、有識者、学者の方々など約50名の方が発起人となって下さっています。
詳しくは実行委員会事務局のサイト『水間条項』 をご参照下さい。
http://mizumajyoukou.jp/?Word%2F2009-10-27

反対請願を行う法案は、「靖国神社代替施設」「外国人参政権」「偽人権擁護法案」「重国籍」「戸籍制度廃止」「夫婦別姓」「女性差別撤廃条約選択議定書」「1000万人移民推進」「日教組教育復活」「国立国会図書館恒久平和調査局」「地方主権」「CO2 25%削減」「東アジア共同体構想」の13法案です。

13 項目もの請願書の提出に戸惑われるのであれば、次の国会で成立する可能性がある、「外国人参政権」、「夫婦別姓」、また、すべての言論の自由を封鎖可能な 「人権擁護法案」この3つに反対する請願書だけでもご承知頂き、あくまで個人として請願書の提出にご協力頂ければ幸いに存じます。

請願書のひな形につきましては、支援サイト
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】PDF専用サイト
http://sitarou09.seesaa.net/
にございます。よろしければご参照下さいませ。

【請願書受付先】は、下記のとおりです。
〒162-0845
東京都新宿区市谷本村町3-17
パシフィックレジデンス市ヶ谷904号室
FAX:03-3269-5873
中山成彬東京事務所
10/31(土)消印有効(FAXもOK)

締切りまで時間がなく、緊急のお願いになってしまい恐縮でございます。できますことならば防衛省・自衛隊の皆様全員にこれをお伝えし、請願書提出のご協力を賜りたいところでございますが、
それが不可能であれば、今後国会で実際に審議されるであろうこれら法案について、日本国民個人としてとくにご注視頂ければ幸いに存じます。

末筆ながら、防衛省・自衛隊の皆々様とその活動を支えるご家族様のますますのご活躍とご発展を心よりお祈り申し上げます。
謹白

防衛省・自衛隊御中

-------------------------------------------------------------


請願書は10月31日消印有効(FAXもOK)です。
もっともっと周知してたくさんの請願書を提出して頂きましょう!
☆今日からまた周知活動をよろしくお願いいたします☆


【請願書受付先】
〒162-0845
東京都新宿区市谷本村町3-17
パシフィックレジデンス市ヶ谷904号室
FAX:03-3269-5873
中山成彬東京事務所

 

ご賛同頂ける方は人気ブログランキンク FC2ブログランキンクをクリック!


日本商工会議所・商工会議所青年部・日本青年会議所への周知活動にご協力を!

日本商工会議所・商工会議所青年部・日本青年会議所への周知活動にご協力を!

10月21日の記事で「地方議員・東京近郊の大学生への周知活動にご協力を!」と題し、
全国の「日本会議地方議員連盟」にご加盟の方へのメールによる周知活動を呼びかけましたところ、
皆さまの大変温かいご支援とご協力により、
本日までに全国の地方議員の先生方へのメール送信が完了いたしました。
本当にありがとうございました。

そこで、本日から10月31日の請願書受付締切日までは

●日本商工会議所: http://www.jcci.or.jp/
 -商工会議所連合会名簿: http://www.cin.or.jp/cin-cgi/kenren_list.asp
 -各都道府県の商工会議所名簿: http://www.cin.or.jp/cin-cgi/me_list99open.asp
(なお、各名簿は日本商工会議所ホームページのトップから行く事ができます)

●商工会議所青年部:
http://yeg.jp/2009/index.php (下の方に各地YEGリンクがあります)

●日本青年会議所: http://www09.jaycee.or.jp/
 -各地の青年会議所 http://www09.jaycee.or.jp/kakuchi.html

の皆さまへご協力依頼のメールをしようという事になりました。
コメント欄に頂いた、皆さまのアイディアに基づくものです。

*名称が似ていますが、各々別の団体です

〔しーたろう〕なりに、日本商工会議所・商工会議所青年部・日本青年会議所あての文案を
下記に作ってみました。
よろしければ参考になさってください。


また、
●当日デモに集まってくれそうな、東京およびその近郊の大学生などへのご周知も引き続き
よろしくお願い申し上げます。 
         ↓
大学生の集まりそうなサイト、掲示板へ行って知らせて下さい~。
*例:手ぶらでもOK。とにかく日比谷公園→憲政記念館に来て!
   :ごく一般の国民が政治を変える、その歴史の目撃者になれますよ、など


以下は、日本商工会議所・商工会議所青年部・日本青年会議所へのメールの文案です。
※日本商工会議所・商工会議所青年部・日本青年会議所のうち不要なものを削除してください。
-------------------------------------------------------------

タイトル:「10・27『日本解体法案』反対請願受付国民集会&デモ」にご協力頂けませんでしょうか

謹啓
秋たけなわの候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は地域経済の発展のためにご尽力下さり、厚くお礼申し上げます。
突然のメールを差し上げますご無礼、何卒ご容赦下さい。
私は国憂う個人の者で、下記にご説明する『日本解体法案』に反対の意を唱えている者です。
ご承知のこととは存じますが、現政権が日本の根幹を揺るがす危険な政策・法案を
実現しようとしています。

10月27日に、これらに反対する集会・デモである「10・27『日本解体法案』反対請願受付国民集会&デモ」
が開催され、一般国民各々が請願書を持ち寄り、会場である憲政記念館に提出します。
4人の国会議員が請願受付仲介議員となって下さり、また前議員、有識者、学者の方々など約50名の方が発起人となって下さっています。
詳しくは実行委員会事務局のサイト『水間条項』 をご参照下さい。
http://mizumajyoukou.jp/?Word%2F2009-10-27

民主党は選挙のときにこうした政策をマニフェストには載せず、マスコミでも殆ど報じられませんが、
これら政策・法案がすべて通過すれば日本が解体してしまうほどの損害を受ける事を気がついた国民が立ち上がり、周知しているところです。
支援サイトより「初めてこの問題を知る方へ」
http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-category-22.html
をご参照下さい。

反対請願を行う法案は、「靖国神社代替施設」「外国人参政権」「偽人権擁護法案」「重国籍」「戸籍制度廃止」「夫婦別姓」「女性差別撤廃条約選択議定書」「1000万人移民推進」「日教組教育復活」「国立国会図書館恒久平和調査局」「地方主権」「CO2 25%削減」「東アジア共同体構想」の13法案です。

国思う日本商工会議所・商工会議所青年部・日本青年会議所の皆様におかれましては、会員ご自身、また会員のお知り合いの方々から一通でも多くの請願書のご協力を賜りたく、お願い申し上げます。

この請願の集会とデモの開催が明日に迫っていますが、思うように周知されていないので、焦りを感じています。
13 項目もの請願書の提出に戸惑われるのであれば、次の国会で成立する可能性がある、「外国人参政権」、「夫婦別姓」、また、すべての言論の自由を封鎖可能な 「人権擁護法案」この3つに反対する請願書だけでも、ご承知頂き、請願書を集めて頂ければ幸いです。

また、可能であれば当日のデモへの参加も頂けましたら幸いです。
なお、デモの開催日は10月27日ですが、請願書は郵送・FAXにより31日まで受け付けています。

請願書のひな形につきましては、支援サイト
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】PDF専用サイト
http://sitarou09.seesaa.net/
にございます。よろしければご参照下さいませ。

開催まで時間がなく、緊急のお願いになってしまい恐縮でございますが、
日本国の末永い平穏のために、是非とも日本商工会議所・商工会議所青年部・日本青年会議所の皆様ご協力を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。
末筆ながら、日本商工会議所・商工会議所青年部・日本青年会議所と会員の皆様のますますのご活躍とご発展を心よりお祈り申し上げます。
謹白

日本商工会議所・商工会議所青年部・日本青年会議所御中

-------------------------------------------------------------

請願書を早く提出し、今は何卒、周知にご協力を!!!


周知活動が必要と思われる方は人気ブログランキンク FC2ブログランキンクをクリック!


参院補選 民主が2勝 ~ラスト・チャンス~ <周知活動のお願い>
参院補選 民主が2勝、衆院選の勢い持続 
10月25日20時6分配信 産経新聞
「参院統一補欠選挙(神奈川、静岡選挙区)は25日投開票され、神奈川はエコノミストの金子洋一氏(47)、静岡は医師の土田博和氏(59)の民主党2新人が自民党候補らを破り初当選した。政権交代後初の国政選挙は「民主2勝」となり、民主党の勢いが衰えていないことを裏付けた。民主党は会派として参院過半数まで1議席と迫り、来夏の参院選で目指す単独過半数にも前進した。」

*********

政権交代が実現され、衆議院・参議院ともに民主党が多勢であり、ただでさえどのような悪法も強行採決が可能となっている現状、先の衆議院選挙から2ヶ月近く経った本日の参院統一補欠選挙でも、やはり民主党候補者が当選してしまいました。

相次ぐ閣僚のスキャンダル、巨額の国債発行表明、岡田外相の天皇陛下への不敬な発言等、マスコミが隠しきれない民主党の危険なサインがあるにもかかわらず、まだ国民はそれに気付いていない現状が明らかになった訳です。

一方で、「外国人参政権法案」を始めとする、『日本解体法案』が次々と実現の動きです。
このような状況の中、「10・27『日本解体法案』反対請願受付国民集会&移動」は、もしかしたら保守派の最後の抵抗になってしまうかもしれません。

例えば『日本解体法案』のうち「偽装人権擁護法案」1つだけが成立してしまったとします。するとこの法律はすべての言論の自由を奪う力を持つ可能性があるので、他の法案に反対の声を上げることも出来なくなってしまうのです。「悪法もまた法」なのであって、一旦成立してしまえばもはや国民はそれに従うしかないのです。

もう二度と、国政に私たちの国民の声を届けることはできなくなってしまうかもしれないのです。

マスコミが無視できないほどの多くの方の請願集会&移動への参加、また国会が無視できないほどの多くの請願書が提出され、『日本解体法案』のストッパーとなること―――これが最大目標であるはずですが、

こうした草の根活動を含め、保守派で実際に行動を起こしている人は極めて少ない現状を実感しています。

皆、政治など自分とは無縁の遠い世界の事だと思っていらっしゃるからだと思います。
そして、少々現政権の政策に疑問を持っている方であっても、「同じ日本人の国会議員が、そんな危険な法律を作るわけがない」と政治家を信用し、高をくくっています。

もし『日本解体法案』が成立してしまったら、本当に日本は解体され、日本人全員が気付いたときにはもう手遅れの状態になり、日本はチベットやウィグルのようになってしまうかもしれません。
今の子供たちは生涯労苦を負わねばならなくなってしまいます。
次に日本が再生するのには、最低でも後何十年もかかってしまうでしょう。

少なくとも、再起不能なまでに日本が壊滅しないように、今出来ることをやる。
今の子供たちに後々、「あの時いくばくかの大人は、ちゃんと声を上げたのだ」と教え、立ち上がる勇気と力を残してあげる―――それが「『日本解体法案』反対請願」の最低限の意義だと思い、この保守派が団結する“最後の機会”を最大限に活かせることを願っています。

『日本解体法案』反対請願受付集会まであと2日を切ってしまいました。
でも請願書の送付は6日の時間が残されています。

この記事にたどり着いている皆さまは、この日本の危機に気付いていらっしゃる方ばかりだと思います。
皆さまもいろいろとご都合がおありでしょうが、今月31日まで
一人でも多くの方にこの問題を伝え、請願のご協力を頂けるよう、
可能な限りにおいてこの問題の周知についての優先順位を上げて頂けませんでしょうか。
ネット上で、匿名で、皆さまにリスクのない方法で構わないのです。

皆さまどうか、あと数日、この日本の未来のために、
各々ほんの少しのお時間とお手間をこの問題の周知のためにお貸し下さいますよう、
このブログの管理人として申し上げているのではなく、
国家の問題に気付いてしまった一国民として、伏してお願い申し上げます。


この請願を成功させたい方は人気ブログランキンク FC2ブログランキンクをクリック!

地方議員・東京近郊の大学生への周知活動にご協力を!
地方議員・東京近郊の大学生への周知活動にご協力を!

10月16日の記事で「周知活動にご協力を!」と題し、
全国の神社庁への郵送による周知活動を呼びかけましたところ、
皆さまの大変温かいご支援とご協力により、
本日までに全国47都道府県の神社庁への郵送が完了いたしました。
ありがとうございました。

そこで、本日からは

●地方議員の皆さまへご協力依頼のメールをしようという事になりました。
コメント欄に頂いた、皆さまのアイディアに基づくものです。

地方議員さんの中でも、国思う議員さんの集まりである「日本会議地方議員連盟」
http://0901plala.blog81.fc2.com/
の議員さんで、メールアドレスをお持ちの方にメールを送ってみることにしました。

〔しーたろう〕なりに、下記に文案を作ってみました。
よろしければ参考になさってください。

また、
●当日デモに集まってくれそうな、東京およびその近郊の大学生などへのご周知も
よろしくお願い申し上げます。 
         ↓
大学生の集まりそうなサイト、掲示板へ行って知らせて下さい~。

(以下は、地方議員さんへのメールの文案です)
*コメント欄にお寄せいただいたご意見を踏まえ、
「なお、デモの開催日は10月27日ですが、請願書は郵送・FAXにより31日まで受け付けています。」
の一文を加えております。(10月26日変更)

----------------------------------------------------------------------
タイトル:「10・27『日本解体法案』反対請願受付国民集会&デモ」にご協力頂けませんでしょうか

謹啓
秋たけなわの候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は地域の発展のためにご尽力下さり、厚くお礼申し上げます。
突然のメールを差し上げますご無礼、何卒ご容赦下さい。
私は国憂う個人の者で、下記にご説明する『日本解体法案』に反対の意を唱えている者です。
ご承知のこととは存じますが、現政権が日本の根幹を揺るがす危険な政策・法案を
実現しようとしています。

10月27日に、これらに反対する集会・デモである「10・27『日本解体法案』反対請願受付国民集会&デモ」
が開催され、一般国民各々が請願書を持ち寄り、会場である憲政記念館に提出します。
4人の国会議員が請願受付仲介議員となって下さり、また前議員、有識者、学者の方々など約50名の方が発起人となって下さっています。
詳しくは実行委員会事務局のサイト『水間条項』 をご参照下さい。
http://mizumajyoukou.jp/?Word%2F2009-10-27

民主党は選挙のときにこうした政策をマニフェストには載せず、マスコミでも殆ど報じられませんが、
これら政策・法案がすべて通過すれば日本が解体してしまうほどの損害を受ける事を気がついた国民が立ち上がり、周知しているところです。
支援サイトより「初めてこの問題を知る方へ」
http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-category-22.html
をご参照下さい。

反対請願を行う法案は、「靖国神社代替施設」「外国人参政権」「偽人権擁護法案」「重国籍」「戸籍制度廃止」「夫婦別姓」「女性差別撤廃条約選択議定書」「1000万人移民推進」「日教組教育復活」「国立国会図書館恒久平和調査局」「地方主権」「CO2 25%削減」「東アジア共同体構想」の13法案です。

国思う地方議員であられる先生におかれましては、先生ご自身、また先生の支持者の方々から一通でも多くの請願書のご協力を賜りたく、お願い申し上げます。

この請願の集会とデモの開催が明日に迫っていますが、思うように周知されていないので、焦りを感じています。
13 項目もの請願書の提出に戸惑われるのであれば、次の国会で成立する可能性がある、「外国人参政権」、「夫婦別姓」、また、すべての言論の自由を封鎖可能な 「人権擁護法案」この3つに反対する請願書だけでも、ご承知頂き、請願書を集めて頂ければ幸いです。

また、可能であれば当日のデモへの参加も頂けましたら幸いです。
なお、デモの開催日は10月27日ですが、請願書は郵送・FAXにより31日まで受け付けています。

請願書のひな形につきましては、支援サイト
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】PDF専用サイト
http://sitarou09.seesaa.net/
にございます。よろしければご参照下さいませ。

開催まで時間がなく、緊急のお願いになってしまい恐縮でございますが、
日本国の末永い平穏のために、是非とも先生のご協力を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。
末筆ながら、先生のますますのご活躍とご発展を心よりお祈り申し上げます。
謹白

日本会議地方議員連盟   先生

----------------------------------------------------------------------

請願書を早く仕上げ、今は何卒、周知にご協力を!!!


周知活動が必要と思われる方は人気ブログランキンク FC2ブログランキンクをクリック!

周知活動にご協力を!!!
周知活動へご協力のお願い!!!

皆さまがあちこちに『日本解体法案』反対請願の件、ならびに拙ブログのご周知を下さっているようで、本当にありがとうございます。
おかげ様で、新しい方への周知も徐々に進んでいるように思います。

そうした皆さまへ更なるご協力の要請をいたしますのは誠に心苦しいのですが、
10月27日まで残り11日となった今、周知の拡大を願いたく、この記事をアップいたしました。

実行委員会が発表されている、
・請願書は外国人参政権だけで60万通
・デモは1万人      が目標との数字、
組織的に動いて頂かないと達成困難な数字と考えています。
これは支援ブログを管理している者としての、実感です。

そこで昨日より、拙ブログでは具体的な周知活動の呼びかけをさせて頂いております。
効率よく請願書を集める方法として、
全国8万もあるという神社に各々10枚の請願書を出して頂けば、
80万枚の請願書が集まるという考えで、各都道府県にある神社庁へ
手紙を書いていただくというものです。
10月15日のエントリ「周知活動とその報告

神社への周知活動は、実行委員会事務局からの要請でもあります

神社庁の多くはメールアドレスが公開されていません。だから「手紙」なのですが、
これは費用がかかります。
〔しーたろう〕もできる限りの努力をしてはいますが、ブログの管理もあり、仕事も持っており、
なかなかこのごく限られた短期間で一人で実行するのは難しいです。

そこで、皆さまのご協力を頂けましたら大変有難く、お声がけをしている次第です。

郵送料を負担するのは難しい、そうした手間もかけたくない、という方も
恐れ入りますが、あちこちのブログのコメント欄などに行って周知して頂けないでしょうか。
とくに若い方のブログ、学生さんの集まる掲示板などにデモの件を知らせて頂きたいのです。

若い方々なら、こうした問題の理解も早く、更にはこのデモに「お祭り気分」でご参加頂けるかもしれません。

なお、神社へ出す手紙の文例と、コメント欄などに書いていただく文例も、
ご参考までにアップしております。
そしてできれば、周知のご報告を拙ブログに頂きたいのです。
周知がどこまで進んでいるのか、あるいは作業の分担の目安になると考えるからです。

念のために申し上げますが、私はこの件に関して一切の個人的利益はありません。
周知活動の都合上、拙ブログへ誘導して頂く結果にはなりますが、
それもすべてはこの請願イベントの成功を支援し、その結果日本を「日本解体法案」から守る、
という目的の達成を祈願するゆえであります(そのため、ブログも「期間限定」です)。

お手すきの方は、いえ、できますことならば何とかあと11日間、
この周知活動のためにお時間を割いて頂き、ご協力くださいますこと、切に切にお願い申し上げます。

***
なお、まだいろいろと請願書に関するご質問が届いていますが(明日にでもまた取りまとめます)、
今回提出する請願書自体は基本的に、あまり些細なことに拘る必要はない、と伺っております。
「国民の声を総理大臣官邸に届ける」ことが主旨の請願ですので、少しの文言の間違いで皆さまの貴重なご意見が破棄されたりするような事は無いはずです。

いろいろご心配ならば、10月14日の『水間条項』から転載した記事に「文例ファイル」がアップされていますのでそちらを印刷してそのままお使いになればよろしいかと思います。
周知活動でお使いになる文例も、こちらをお使いになられれば良いと考えています。

請願書を早く仕上げ、今は何卒、周知にご協力を!!!


周知活動が必要と思われるの方は人気ブログランキンク FC2ブログランキンクをクリック!
Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。