☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆募集文例◆ 女性差別撤廃選択議定書 1
◆募集文例◆
〔女性差別撤廃選択議定書 1〕

作成者: 瑠璃さま
ご応募ありがとうございました。

・本文例は、応募者のご了解の下、一切の著作権を放棄して頂いております(利用、転載、改変可)。
どうぞ自由にご利用下さい。

なお、現在皆様の文例を募集しております。
◇募集要項◇は
こちら


皆さまも、奮ってご応募下さい。

――――――――――――――――――――――――


請 願 書

鳩山由紀夫内閣総理大臣殿
平成 年 月 日

【請願する法案】
女性差別撤廃条約の選択議定書の批准に反対します

【法案に反対する理由】
・わが国においては、女性であるということだけで差別されている現状にないから
・批准した国の個人または集団が、条約が定める権利が侵害されたとし、国際連合の女性差別撤廃委員会に対し直接通報できる制度を悪用し、例えば不法滞在の外国人女性が滞在国において不当な権利要求を行い、それが国連に認められて内政干渉が行われる恐れがあるから
・性別による経済的不公平を無くす目的であれば、例えば、寡婦年金や母子手当に見られる、男性や父子家庭への差別から是正すべきであり、国連の手を煩わせずして解決できる問題だから
・「女子差別撤廃委員会」は、国連憲章第7条に定められた機関に該当すると思われるが、日本のような女性差別の存在しない国家に対し、日本の最高裁判所の 上位の裁判機関としての性格を帯びる女性差別撤廃委員会が干渉することは、国際連合憲章第2条にある、「国内管轄権内にある事項に干渉する権限を国際連合 に与えるものではなく」に反するものであると考えるから
・女性を守る社会を作る目的であれば、まず凶悪性犯罪に対する刑を厳罰化するべきであるのに、それさえ行わずに司法に対して国際的圧力を行使する制度だけ を整備しようとするのは、守られるべき治安を軽んじ、一部の人間の不当な権利要求を認めさせる目的の倫理破壊に過ぎず、女子差別撤廃の名を借りた悪質な行 為だから
・わが国の家族制度に大きな弊害をもたらす、非嫡出子の相続、夫婦別姓制度が差別であると、国が「女子差別撤廃委員会」に訴えられるから
・言論弾圧法案との指摘がされている、人権擁護法案が再び浮上し、独立した人権擁護委員会設立が必要であると、国が「女子差別撤廃委員会」に訴えられるから
・児童の権利条約等の議定書を批准する障害がなくなり、全ての人権条約の議定書が批准された結果、例えば不法滞在親子の問題も「父母と共に生活する権利侵害」にすり替えられて国連に通報、国家主権が侵害されるから
・わが国の司法制度は軽んじられ、司法権の独立を侵す事になり、わが国の法律や制度を揺るがす訴訟が次々に起こされることが予想されるから


以上

住所
氏名         (印)(*ワープロの場合には印鑑が必要)
年齢   歳


女性差別撤廃条約の選択議定書の批准に反対の方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!







スポンサーサイト
Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。