☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
◆募集文例◆  国立国会図書館恒久平和 1
◆募集文例◆
〔国立国会図書館恒久平和 1〕

作成者: 瑠璃さま
ご応募ありがとうございました。

・本文例は、応募者のご了解の下、一切の著作権を放棄して頂いております(利用、転載、改変可)。
どうぞ自由にご利用下さい。

なお、現在皆様の文例を募集しております。
◇募集要項◇は
こちら

皆さまも、奮ってご応募下さい。

――――――――――――――――――――――――

請 願 書


鳩山由紀夫内閣総理大臣殿
平成 年 月 日

【請願する法案】
国立国会図書館恒久平和局設置に反対します

【法案に反対する理由】
・国内唯一の国立図書館である国立国会図書館は、政治的中立が求められるにも関わらず、事実を歪曲する歴史観を持つ民主党中心政権の下に、いわゆる『従軍 慰安婦の強制』などの日本の戦争冤罪を固定させる道具となり、中国・韓国・北朝鮮などから不必要な戦後賠償を要求されかねないから
・国立国会図書館の役割として、国会の活動(立法、行政監視)に、立法府自前の、客観的な、資料に基づいた調査と情報が必要だから、と位置づけられているから
・国立国会図書館恒久平和局設置に伴う「国会の活動に必要な客観的な資料に基づいた調査」の中には、すでに多くの歴史学者の方の多年にわたる研究の下、結 論が出ているものもあり、その内容は政府見解として出されている複数の「談話」や、「恒久平和局」と意見を異にするものがある事から、恒久平和局設置に伴 い、現存する書籍、文献、文書、資料等が廃棄される懸念があるから
・民主党が1999年に国会に提出した「恒久平和調査局」設立法案の目的は、(1) 大戦に至った経緯、(2) 政府・軍による労働者の徴用、(3) 軍の直接間接の関与による女性への性的行為の強制、(4) 生物・化学兵器の生産・使用・廃棄の実態、(5) 身体・財産に生じた損害の実態などについて、主に日本人以外の人間に対する日本の加害責任を調査するものであり、日本の歴史歪曲を図る意図は明らかで、法 案施行に要する経費を2億5千万円と見積もっており、自国に戦争冤罪を着せる為に莫大な税金を投入する事は許せないから


以上

住所
氏名         (印)(*ワープロの場合には印鑑が必要)
年齢   歳


国立国会図書館恒久平和局設置に反対の方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!



Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.