☆『日本解体法案』を阻止するためにコピペでできる周知文例で拡散しましょう!プチ周知祭り常時開催中☆
            
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆文例◆  日教組教育復活法案反対 1
請願書文例◆ 〔日教組教育復活 1〕
・本文例は、一切の著作権を放棄いたします(利用、転載、改変可)。 どうぞ自由にご利用下さい。

――――――――――――――――――――――――

請 願 書

鳩山由紀夫内閣総理大臣殿
平成 年 月 日

【請願する法案】
日教組教育復活

【法案に反対する理由】
1) 日教組教育方針には、道徳教育が含まれていないから

 現在、全国の小中学生全員を対象に、約500万部を無償配布している『心のノート』を、与党民主党が無駄撲滅のための政府全体の予算事業検証の中で、「廃止」と分類したとの事、一国民として強く反対いたします。『心のノート』は、そもそも少年による重大事件が相次いだことを受けて、道徳教育を充実させるために文部科学省が作成したものではなかったのでしょうか。
 向上心を持つことや、他人や社会との関わり方、自然や命の大切さを考え、約束、きまり、法を守る。自分のためだけではなく皆のために生き、家族も大切にし、故郷や日本の文化は尊重する。こうした内容の教育が「無駄」であるとする考えは、何よりの社会の宝である子ども達そのものを疎かにすることであります。
これは将来の日本を担うべき人材の育成を放棄するに等しいことであり、日本人の美徳、経済力、国力を低下させ、ひいては国家の衰退につながる危険をはらむと考えます。

 2) 日教組は教育者という尊い職責を自ら否定していると思われるから

日教組は、本年4月からスタートしたばかりの教員免許更新制について、「国による教育統制が強まる」といった反発の声を上げておられるようです。 しかし、そもそも教員免許更新制は、定期的に最新の知識技能を身に付けることで、教員が自信と誇りを持って教壇に立ち、社会の尊敬と信頼を得ることを目指すものであり、不適格教員を排除することを目的としたものではありません。
たかだか10年に1度の講習を「国による教育統制」として拒まれるのは、将来を担う子ども達を教育するという、尊い職責を自ら否定することであります。 自信も誇りも無いまま教壇に立ち、社会の尊敬と信頼も不要、と考える教員から、誰が進んで学びたい、あるいは我が子を学ばせたいと思うでしょうか。
学業というものは、短い時間で修めるものでないだけに、子ども達の手本となるにふさわしい、教育者としての自覚を持った先生方に教壇に立って頂きたく、切に願います。

以上


住所
氏名             (印)(*ワープロの場合には印鑑が必要)
年齢   歳

―――――――――――――――――――――――― 

 ◆上記文例の作成にあたっての参考資料◆
●「『心のノート』廃止も 民主反対で 背後に日教組の意向」21年10月5日 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091005-00000506-san-pol
 「文部科学省が小中学生に配布している道徳教育補助教材『心のノート』が、廃止になる方向だ。道徳心育成を重視した新教育基本法を踏まえた新学習指導要領実施に備えて今年3月に改訂されたものの、日教組の意向を受けた民主党が廃止を求めているためだ。子供の規範意識低下が指摘され、道徳心養育の重要性が増す中、民主党政権で教育は時代の要請に逆行する懸念がある。」

●文部科学省:学校教育における道徳教育の意義及び位置付け http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/doutoku/07020611/001.htm道徳教育は,児童生徒が人間としての在り方を自覚し,人生をよりよく生きるために,その基盤となる道徳性を育成しようとするものです。」

 ●日本教職員組合 「ゆたかな学びに向けて」
 http://www.jtu-net.or.jp/curriculum.html
「『学び』によって身につける『学力』は、憲法の理念を実現することにつながり、平和・人権・環境・共生を尊重する社会を主体的に築いていく力となるものです。」 (注:「ゆたかな学び」の中に道徳教育は含まれていないようです。)

 ●「日教組出身の民主・輿石氏『教員免許更新制は廃止』」21年9月12日 朝日新聞
 http://www.asahi.com/politics/update/0912/TKY200909120178.html
 「教員免許更新制は、07年に安倍内閣で法改正され、09年度からスタートした。教員を続けるには10年に1度、講習を受けなければならないと定めている。これに対し、教職員組合などから『国による教育統制が強まる』といった反発の声が上がっている。」

●文部科学省:教員免許更新制の目的
 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/koushin/08051422/002.htm
教員免許更新制は、その時々で教員として必要な資質能力が保持されるよう、定期的に最新の知識技能を身に付けることで、教員が自信と誇りを持って教壇に立ち、社会の尊敬と信頼を得ることを目指すものです。更新制は不適格教員を排除することを目的としたものではありません。」

◆主催者の方から頂いた請願書フォームに基づいて、作成しています 。

文例は後日修正する可能性があります。

日教組教育復活に反対の方は
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
クリックをお願いいたします!



スポンサーサイト
Copyright © 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。